HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち5

仮面ライダーSPIRITS~共闘・旅立ち③
「仮面ライダーSpirits」

ZXが仮面ライダーを名乗り、仮面ライダーとなるための旅が始まりました。
最初に出会ったのはスカイライダー。
摩周湖に潜んでいたバダンピラミッドが湖上に上昇し、そこでの戦いはお互いの存在を具体的に視覚や感覚で感じることで、ネオショッカーの改造人間を駆逐していきましたね。
アジトをぶち破っていくことや装甲を破るために使われていたスカイドリルが戦闘用として表現されていました。
仮面ライダーZXも衝撃集中爆弾の連発、十字手裏剣だったかもしれませんが、多数にわたるネオショッカー改造人間を次々に倒していくには、非常に効果的でした。
仮面ライダーSPIRITS~共闘・旅立ち
ネオショッカーと言えば大幹部はゼネラルモンスターや魔人提督の二人だけであったのは、スカイライダーが1年以上演じられたことを思うと、意外なことでしたね。
この仮面ライダーSpiritsを書いた作者は、後にスカイライダーは描きにくかったと言ってたようですが、それはショッカー時代の仮面ライダー1号、2号とダブるところが多かったということもありますけど、いわゆる独自性が乏しく、途中で番組の基軸がユニークさに行ってしまったkとと無縁ではないでしょう。

このゼネラルモンスターを仮面ライダーZXが仮面ライダー1号から会得したライダーきりもみシュート、魔人提督をスカイライダーが竹とんぼシュートで倒しましたけど、戦闘についてはここが一番の見どころでした。
仮面ライダーSPIRITS~共闘・旅立ち①
仮面ライダーSPIRITS~共闘・旅立ち②


















































共闘と言えば共闘ですけど、仮面ライダーは人間のためい戦い続けていることを基本として、それはどんな背景があるにしても歴代の仮面ライダーは変わらず、その中での進化は肉体的なことだけではなく、気持ちの問題でもありました。
それを仮面ライダーZXに焼き付けるにはスカイライダーが最も適役だったことは、人間体に戻った二人に様子に現れ、そこが2人のライダーが共闘した意味があったということになります。

この後、スカイライダーから得た仮面ライダーとしての立ち位置を抱え、仮面ライダーZXは次の戦地へ赴くことになりますが、そこで初めてSpiritsに出会うことになり、また、北海道に残ったスカイライダーがネオショッカー大首領に単身立ち向かう痺れましたね。
仮面ライダーSPIRITS~共闘・旅立ち④


ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンガイア~レザイト3

レザイト①
「光熱魔石 レザイト」

様々な結晶があります。
いわゆる原子核のような感じですけど、それを繋ぎとめるものがないと結晶はやっぱり結晶で、いくら重なり合っても動くはずがありません。
異常な高熱を発したレザイトは、液体窒素を打ち込まれて身体の組織バランスが崩れ、破壊されたような形になった熱反応があった自体で、それは生命体であることがはっきりしてました。
表面の結晶体を繋ぎとめるものは、この後リパルサーミサイルを撃ち込まれたことで手足のようなものが生えて、行動できるようになりましたけど、そこにはやっぱり何らかの生命が宿っていたのでしょうね。
地球人類が想定するような生命体は、大気と水を基に手足と目鼻口があるものと思いがちですけど、そういうことは一切通用しない生命体だったのでしょう。

レザイトの発する高熱は、メルトダウンを起こしてしまうかもしれない状態にまで行ってましたが、それは地球制圧への一つのきっかけに過ぎなかったのは、人類がレザイトのメルトダウンを防ぎに出てくることまで根源的破滅招来体は想定していたんでしょうね。
それとウルトラマンガイアがどこまでレザイトに対抗してくるのか、ウルトラマンガイアがそもそも何者なのか、いろんなことをレザイトを通して探っていたような気がします。

単純な結晶体の集まりのようなレザイトは、その意思とは有無関係に根源的破滅招来体によって地球に差し向けられ、どのような効果が上がるのか、それと結晶体とは言っても一筋縄ではいかないところをどう見抜いて対抗してくるのか、いろんな要素が含まれていました。
結晶体のような怪獣と言えば帰ってきたウルトラマンにプリズ魔がいました。
プリズ魔の逆バージョンのようなレザイト。
そこには魔性の力があったと思いますね。
レザイト⑥



クライシス怪人第11号~スクライド3

スクライド②
「怪魔ロボット スクライド」

見た目が完全にミイラ男でしたね。
ミイラ男を施した改造人間や怪人はそれまでも見ましたけど、それでもミイラ男然とした怪人等であり、正体は怪人であることははっきりしてました。
しかもミイラ男という妖怪の存在に捕らわれ、改造人間とか怪人のうまみはなかったように感じました。
でも、現実感のあった改造人間や怪人よりも、得体の知れない妖怪の魔力には感じるところがありましたけどね。

仮面ライダーBlackRXはそれまでの仮面ライダーとは一線を画して見なければなりません。
仮面ライダーBlackRXの前身は仮面ライダーBlackですが、まるで違う仮面ライダーの様です。
仮面ライダーの世界に初めて正式に宇宙というか異次元世界を持ち込んできたわけですが、そこには主軸となる4大隊長とそれを統率していた将軍がいました。
仮面ライダー史上、初めての試みでしたけど、そのためかなり違和感をを感じつつもどこか惹かれるものがありました。
そんな将軍と4大隊長ですら恐れたという怪魔ロボットがスクライドだったようです。
仮面ライダーの世界観に宇宙とか異次元を取り込んだこと自体に違和感がありましたけど、ましてやスクライドはミイラ男然としたロボットがその正体でしたから、違和感も相当なものでした。
一般に考えられそうなロボットとしての姿より、得も言われぬミイラ男然としていましたが、能力としては優れ過ぎた能力があってロボットとしてストレートな能力でしたから、その違和感も逆にとらえていてもよかったと思います。
優れ過ぎた能力は将軍や4大隊長ですら恐れ、クライシス工程の怒りを買ってスクラップ状態にされていたというのですから、スクライドの自我意識が少しでも自惚れたものでなければ、仮面ライダーBlackRXの叶うと頃ではなかったと思いますね。
鈎爪や機銃に変化する右手、腿からのミサイル、腹部から発射する機銃とメタルテープ、目からのビームといった多彩な武器に、人間を取り込んだスクラップ達を操る能力があって、仮面ライダーBlackRXと言えど正式には覚醒前でしたから、その時点での全能力を出せたとしても危ういところでした。

まるで人造人間のようなスクライドは、それでもロボットでしたから電波が大きく作用していたことが、妨害電波で攪乱してしまうところはロボットの宿命のようなものでしたね。
多種多様の能力はジャーク将軍や4大隊長が恐れたということにつながっていましたが、よくよく観察できていれば制御出来たところ、錯乱状態にまでなってしまうところを見ると、ジャーク将軍や4大隊長には大いなる能力があったとは言え、十分に対抗できる素地を感じさせたのも、このスクライドだったような気がします。

しかし、スクライドの能力とその姿は前衛的過ぎて、受け入れずらいところが多々あったというのは見事な欠点でしたね。
スクライド④



マクシウムソード~ウルトラマンマックス4

マクシウムソード
「マクシウムソード」

ウルトラセブンのアイ・スラッガーに始まったウルトラ戦士の頭部器官をブーメランのように飛ばす必殺技は、ウルトラセブン21のヴェルザードに続いて、ウルトラマンマックスのマクシウムソードが3代目でした。
いずれもウルトラ戦士の脳波であるウルトラ念力で縦横無尽に飛ばしてしまうからこそ、これはウルトラ戦士の身体の一部を武器化したものと言えそうです。
光の国の住人にマン族とかセブン族、或いは銀の戦士とか赤の戦士という区別があるのなら、いわゆるそのセブン族、赤の戦士特有の攻撃能力かもしれません(例外はありそうですが)。
こうした頭部器官の武器化は、やっぱりウルトラセブンが最高潮だったと思います。
その後、セブン族と思われるウルトラマンタロウとか、故郷は違えどウルトラマンレオが出てきましたが、こうした頭部器官を武器化する能力は見られず、残念なことでもありました。
ウルトラシリーズは昭和でも平成でも一連の流れがありましたから、スポット的に作られたウルトラマンネオスにサブキャラとして登場したウルトラセブン21は戦闘シーンが少なく、従ってヴェルザードは満足な演出がなかったように思います。
アイ・スラッガーに続いて頭部器官を利した攻撃能力はウルトラマンマックスのマクシウムソードが2代目となったものの、そこに至るまで結構長い時間が流れていました。
マクシウムソード①
マクシウムソード②
マクシウムソードの能力はウルトラセブンのアイ・スラッガーとそん色ないところでしょうけど、マクシウムソード自身がかなり細身でウルトラマンマックスの頭部から浮き上がるような感じで出てきていました。
マクシウムソードありきの戦い方をしていなかったウルトラマンマックスは、自身の最大の決め技はあくまでマクシウムカノンであり、マクシウムソードは状況に応じ、効果的に使用されていた感が強いですね。
空中に飛ばしてウルトラ念力で操作する宇宙ブーメランのような使い方だけではなく、手刀として使うこともあれば、地中に潜っていた敵に打ち込むこともあり、その威力は見た目の細さとは無関係のようでもありました。
実際には光の速度以上の速さで打ち込まれているのでしょうから、振れただけではなく至近距離を通過しただけでも身体が切れてしまう威力があったのでしょう。

ウルトラマンマックス特有の使い方はマクシウムソード分身シュートだったと思いますが、こうしたことは時代の推移と変化に伴って使い方に特有の超能力が幅を広げて生かされていた典型なんでしょうね。

ウルトラセブンが好きだった自分にとってマクシウムソードはうれしくもあり、懐かしさもあった必殺技でしたね。
マクシウムソード③




V3スクリューキック~仮面ライダーV35

V3スクリューキック
V3スクリューキック①
V3スクリューキック③
「V3スクリューキック」

仮面ライダーV3は技に長けた仮面ライダー1号と力に優れた仮面ライダー2号の双方の長所を併せ持った仮面ライダーでした。
単にV3キックと言えば仮面ライダーV3によるライダーキックと称されることが多々ありますが、それは違いますね。
キレのあった仮面ライダー1号のライダーキックと力感溢れた仮面ライダー2号のライダーキックを併せ持ったキック技のはずです。
だから単にV3キックと言ったって、従来のライダーキックよりも威力は数段上だったはずです。

新たな秘密結社だったデストロンは、仮面ライダー1号・仮面ライダー2号によって打ち破られたショッカー・ゲルショッカーの上に成り立った組織ですから、対仮面ライダー用の準備と装備は備えていたはずですから、そこから生み出されてくるデストロン改造人間に対しても単純に攻め込むようなV3キックでは対抗し切れなかったかもしれません。
しかし、仮面ライダーV3も仮面ライダーには違いないわけですからキック技を基本とし、そこに創意工夫を盛り込む必要があったわけです。
仮面ライダーV3には26の秘密があり、その一つにV3反転キックがありました。
キックを放つ流れの中で新たな足場を利用してキックを打ち込むことでキック力の威力を引き上げようとした技ですが、反転キックと言えば仮面ライダー1号も多用していた技でした。
ストレートな威力の引き上げを反転キックには感じるのですが、それでいて敵の盲点を突くことでの威力発揮の側面も見られた技でした。
ストレートなキックの威力を引き上げには、いわゆる捻りという行為での引き上げもありました。
仮面ライダーV3が戦闘中にその捻りによる威力の引き上げに気が付いたかのように放った技がV3スクリューキックでした。
V3スクリューキックも、26の秘密の一つでしたね。
V3スクリューキック④
V3スクリューキック⑤
V3スクリューキック⑦
V3スクリューキック⑧
仮面ライダー1号も1度だけ、ライダースクリューキックを放ったことがありました。
この時、ライダージャンプで飛び上がった後、捻り、いやスクリュー回転を行った後に前方回転をしてライダーキックを放っていましたが、純粋なスクリューキックではないような気がしました。
大きくジャンプし、敵目掛けけてキックを打ち込む態勢になった時にスクリュー回転を行い、回転速度を上げていきながらそのままキックを打ち込むところに、スクリューキックの威力とキレを増す意味があったと思います。
仮面ライダーV3は、一旦V3キックを打ち込むことで足場を作り、その反動を利用してスクリュー回転を始めていました。
スクリューキックと言えば、後にスカイライダーも使っていましたけど、このスクリューキックは大いに身体的動作としては難しく、体力もエネルギーも費やしてしまう高度な技だったかもしれません。

V3スクリューキックは対ハンマークラゲに使用されただけでしたけど、思い切り柔軟で、それでいて頑丈なハンマークラゲにはこの技しかなく、威力を思い切り高めてパワーで粉砕した感じの技でした。
仮面ライダー1号は難しく、それでいて威力たっぷりのこの技を仮面ライダーV3に伝えたかったのかもしれません。
発案者は仮面ライダー1号で、それを授かって形にしたのが仮面ライダーV3だったのかもしれませんね。
それだけ仮面ライダーV3には優れた格闘センスがあったということになると思います。
V3スクリューキック⑨



ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンダイナ~ギアクーダ3

ギアクーダ
「吸電怪獣 ギアクーダ」

雷の閃光とともにいきなり現れた怪獣でした。
帯電体質のギアクーダは電気を帯びていること自体が本能であり、身体が電気をすしなってしまうと自らの意思とは無関係に電気を求めてしまうのでしょう。
電気はエネルギーであり、人間が人工的に作り出してしまったものが顕著ですが、天然の電気はより強力であるものの、偶然からしか人間はその電気を目にしたり抗うこともできませんね。
ギアクーダはその自然から生まれてまう電気に本質があるために、その電気なしにギアクーダは生きられないといういわば厄介な怪獣でした。
雷という大きな電気エネルギーの中から生まれたようなものですから、当初は強大な怪獣でしたけど、分離してしまえば人間大であるものの、帯電体質は巨大であろうと人間大であろうと変わらなかったようです。

電気がなければ生きられず、電気を求めて活動してしまうのは本能的でありながら純粋なギアクーダの意思ではなかったかもしれません。
自分の行動を止めるには自分ではどうしようもないことは本能による行動であったためですが、もはやウルトラマンダイナの超能力に頼るしかなかったかもしれませんね。

人間が電気エネルギーを生み出すため、あらゆる化石エネルギーを求めて地球の自然を枯渇に導くかもしれず、そこに警鐘を鳴らそうとして生み出されてしまった怪獣かも知れませんね。
人工的に作り出す光ではなく、それの源となった電気精製について問題視して登場してしまった怪獣、、、それがギアクーダだったのかもしれません。
ギアクーダ⑤
ギアクーダ②



ゴルゴム怪人第11号~サボテン怪人3

サボテン怪人④
「サボテン怪人」

仮面ライダーBlackはゴルゴムが作り出してしまった改造人間、だけど仮面ライダーBlackと対峙するゴルゴムが出してくるのは改造人間ではなく怪人であったところに面白みみたいなものがありました。
従来は怪人と言いつつ、改造人間対改造人間という構図であり、大幹部の指示のもととは言え、その知能は結構なものがあったと思います。
ですけど、ゴルゴムの場合は超古代から生き延びてきた怪人でしたから、その行動は大神官たちの指令と本能だけだったかもしれません。

超古代から生き延びてきたのは、その本能だけではなし得ず、ゴルゴム大神官が生き延びる環境を作らないとそこまでできなかったのかもしれません。
しかも従来の改造人間のようにメカが内蔵されていたわけでもなく、仮面ライダーBlackのようの太陽の石に様な神秘的エネルギーを有していたわででもありません。
要するに怪人の動力となるエネルギーとしての食料が必要となっていたわけです。
サボテン怪人登場の話で、それがゴルゴメスの実ということが演出されましたね。

面白かったのは、十分でなかったゴルゴメスの実の精製に大神官たちが必死になり、いたずらに消費しないよう仕向けていたにも関わらず、サボテン怪人が食べてしまったところでした。
怪人としての能力はその知能と比例していたわけでもないようです。

溶解性の棘や背中から伸ばした蔦がサボテン怪人の攻撃能力でしたけど、これは自らの身を守るための防衛能力も兼ねそなえて、仮面ライダーBlackも攻めあぐねていました。
サボテン怪人を見て、仮面ライダー2号の時のショッカー改造人間サボテグロンを思い出したりはしませんでしたけど、それでもサボテンの能力を純粋に、そして植物的に発展させて怪人としたのがサボテン怪人だったのでしょうね。
サボテン怪人②






ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンティガ~ガギ4

ガギ③
「バリアー怪獣ガギ」

ガギは宇宙繁殖怪獣だったんですね。
子供が多く集まる場所を狙っていたかように地底に潜んでいたのも、子供の成長ホルモンを狙っていたんでしょう。
怪獣は怪奇な獣ですから、繁殖行為に出てくる者も結構いたはずです。
繁殖のための行為はなにも宇宙怪獣の特権ではなく、地球怪獣にもそうしたものはいましたね。
身体の器官が異常発達してしまったために火を吐く怪獣等々はいましたけど、繁殖のためにそのエリアを固めるかにようにバリアーを張るなんて言う特殊能力は、宇宙怪獣だったという設定がなければ納得ができる者ではありませんでした。
ガギはもともと宇宙から飛来した怪獣で、地底で眠っており、活動エネルギーを欲すると蟻地獄の巣のようなものを作って成長ホルモンを得ようとした、、、ということは長く地底に眠りながら、何処から成長ホルモンが得られるのかということを探っていたのかもしれません。

頭部の角からの破壊赤色光線も、宇宙怪獣だった影響なのかもしれません。
しかし、眠っていた状態が長かったこともあって、地球と同化しかけていたのははさみ状の両手にある長い触手と、二股に分かれたはさみ状の尻尾に見ることができます。
しかし繁殖行為といっても、成長ホルモン満載の子供に卵を産み付けるという行為は、地球産ではなく駆虫怪獣に多くみられていたような気がします。
ガギ⑥
ウルトラマンティガに出てきた怪獣は、初期のものを除き、もう一つ感があって怪獣をめぐるGUTSの行動とウルトラマンティガの織り成すストーリーが重い白いものでした。
でも、ガキは怪獣としてのデザインもよかった怪獣の一つです。
見た目地球怪獣のようでありながら、実は宇宙怪獣だったなんて、意外と痛快なことでした。
ガギ⑤



ドグマ改造人間第11号~ライギョン4

ライギョン
「ライギョン」

ドグマ改造人間ライギョンの正体は、ギョストマでした。
人間の姿からライギョン、そしてギョストマへと極端に言えば二段変身の様でしたけど、拳法家という人間の姿は強烈なものがあり、そこからライギョンでしたからとてつもなく強力なんじゃないのかという気もしてました。
改造のモチーフが雷魚だったこともあって外見的には見事な造形であり、そこから来そうなイメージも相当なものがありました。
ドグマは仮面ライダースーパー1の力を身をもって知ろうとしたのでしょうけど、ライギョンを肩を並べる強力改造人間に仕立て上げようとすれば出来てたんじゃないでしょうか。
ライギョンの人間体は拳法家でしたけど、そこにドグマ拳法を交えなかったからこそ疑いも薄れ、そこからギョストマが現れる疑いも感じさせないという効果があったかもしれません。

ドグマにとって仮面ライダースーパー1は最大の敵であり、倒さなければ理想郷も叶わないということから念には念を入れてというところだったかもしれませんが、それでもギョストマの存在は軽いものではありませんでしたね。
ライギョン③
改造素体でもある人間が改造されているのですから、そこから怪人に変身していくことはそれまでもよくありました。
けれど、怪人が更に強力怪人になっていくことはそうなかったと思います。
よくよく考えてみれば、スゴイ改造技術だと思いますよ。
ギョストマが単なる改造人間でなかったことは、武器として「ライギョン火花電流」というものが持たされていたことにも現れていました。
呆気なく倒されたようで、実は仮面ライダースーパー1の力を図ることについての役目は果たしていたのかもしれませんね。
「スーパーライダー閃光キック」で呆気なく倒されたように見えて、結構見事な捨て石ぶりだったようにも思えました。
ライギョン②



ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマン80~ズルズラー3

ズルズラー③
「変形怪獣ズルズラー」

象は非常に知能が高い動物とされ、目は悪いものの低音波で象同士が会話のような交信までするとされている草食動物ですね。
ウルトラマン80に出てきたズルズラーは、宇宙生物ジャッキーを象がその長い鼻でつまみ上げて食べてしまったことでへにしてしまった怪獣でした。
草食であり知能の高い象が、まるでサザエのような姿をした宇宙生物ジャッキーを食べてしまったのか、、、結構不思議でした。
知能が高い分だけサザエのような姿をしたジャッキーに興味をもってしまったのか、わかりませんが、食べてしまったジャッキーがクセの悪い宇宙生物で、人間が生み出してしまうマイナスエネルギーを多分に含んでいたために、それを食べてしまった象が怪獣になってしまったというところでしょうか。
元々は象という草食動物であったことから、迂闊に攻撃できなかったところに苦戦してしまった要因がありましたね。
怪獣とみれば何でも倒そうとしていた時代から、時代が変化しつつあることが感じられました。

古くはウルトラQでモグラが突然変異してしまったモングラーがいました。
モングラーは自衛隊に砲撃されるという運命を辿ってしまいましたが、これは時代がとにかく信じられない強大な怪獣は倒さないといけないモノと決めてかかっていたことによるものかもしれません。
それはウルトラマン80の時代も同じだったのでしょうけど、少なくとも怪獣の元が罪のない動植物であれば、倒す前に救う行為に出ていたことは1歩前進の様な感じが持てました。
ズルズラーの場合、宇宙生物を体内に取り込んでしまったことで象が怪獣化してしまったのはウルトラマン80と惑星調査員 アルマしか分からなかったところでありますが、それでも象が目の前で怪獣化してしまったことは原因がなんであるにせよ、人間も見ていたことですから同じことのように思えます。

ウルトラマン80は、ズルズラーを何とかする前にジャッキーをどうにかしようとしたことに戦う意味があり、」それが成功したことでズルズラー元の姿にもどせたのは、如何にも鳥人の超能力が上手に生かされていたという感じがしましたね。
ズルズラー



プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンガイア~レザイト
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンガイア~レザイト
  • クライシス怪人第11号~スクライド
  • クライシス怪人第11号~スクライド
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ