HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

スペースビースト第1号~その③:ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア)5

ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア)③
「ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア)」

ULTRAMANは初代ウルトラマンの第1話がモチーフでしたから、ULTRAMANの敵となったビーストにもそおの時のエッセンスが散りばめられていました。
初代ウルトラマンの時の怪獣第1号と言えばベムラーですが、そのベムラー設定の要素の一つに7悪魔のような怪獣というのがりました。
これを現在の特撮技と撮影技術を駆使して本格的に演出すると、段階を経ながらザ・ワンは姿・形態を見事の変えていきましたね。
イドロビア、レプティリアとその形態を変えてきたザ・ワンは、大量のネズミを身体の取り込み融合しながら、ベルゼブア形態となって巨大化しました。
ザ・ワンの身体自体がこの世のものとは思えないほど怪奇、不気味であり、ザ・ワンの首や両肩の辺りには取り込んでしまったネズミの醜い姿が体表と共に露出し、しかも目つきが鋭い上に瞳がない感じが、より効果を上げて、まさしく悪魔のような怪獣となっていました。
ULTRAMANと語る映画の一つの作品でしたから、その相手となる怪獣には期待してたのですけど、ザ・ワン(ベルゼブア)は想像を超えていました。
ULTRAMANの戦いの状況に応じるように、ベルゼブアはベルゼブア・コローネに変異していましたけど、悪魔のような怪獣であり、怪獣というからには思い切り巨大化し、超絶青色破壊光弾を連射して破壊の限りを尽くすその模様からは、人間が想像の世界で描いた悪魔ではなく、人間の知るところでない宇宙のどこからか邪悪な意思も元にやってきてしまった地獄の番人の如き悪魔でした。

ザ・ワンを考えデザインしてた方は、おそらくこのベルゼブアの形態となった姿が肝としてあったんでしょうね。
ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア)②
人間をはじめ、ヤモリやネズミ、そのネズミにしたって新宿界隈で取り込んだものですから、ほとんどドブネズミという危険度の高い細菌をもったものを取り込んだのがザ・ワン(ベルゼブア)でしたから、身体の隅々というよりも細胞の一つ一つまでその命の元を宿わせた、まるで帯電体のような身体だったんでしょう。
ULTRAMANもジュネッス形態に進化したことにより、エボルレイ・シュトロームというスペシウム光線のような光線でザ・ワン(ベルゼブア)との戦いに終止符を打とうとしましたけど、倒すというより細々に分解させてしまうにとどまってしまったのは、ULTRAMANが進化し切れてなかったこと以外に、ザ・ワン(ベルゼブア)の身体にそういうレベルでの信じられない生命力が宿っていたからこその結末だったんでしょうね。

『ULTRA N PROJECT』という企画について走るところではなかったのですが、このULTRAMANと初めて演出されたスペース・ビーストが物語の始まりだったことは想像に難くありません。
それ位、見応えのあった怪獣とはある意味異質のスペース・ビーストだったと思います。
ビースト・ザ・ワン(ベルゼブア)①

UHN ザ ネクスト(アンファンス)

新品価格
¥3,363から
(2017/7/21 23:19時点)



劇場版 ULTRA MAN THE NEXT ウルトラヒーローシリーズ ウルトラマン・ザ・ネクスト アンファンス クリアVer. ローソン限定

新品価格
¥18,900から
(2017/7/21 23:20時点)



ウルトラマンthe next (Tanosuke)

新品価格
¥53,360から
(2017/7/21 23:20時点)


ウルトラ怪獣第3号:ウルトラマンコスモス~スピットル3

スピットル①
「スピットル」

襟巻怪獣と言えば古くは初代ウルトラマンの時にジラースがいましたね。
首周りに特徴のある怪獣はジラースにとどまらず、ガボラやケムラーなどがいましたけど、首周りの襟に特徴がありながら、しっかり怪獣然としたデザインから出てきてる見応えのある怪獣たちでした。
どの怪獣も楽しめたし、本気で見入ってしまいましたけど、そこから35年も経って襟巻怪獣が見られるとは思いませんでしたね。
それがスピットルでした。
時代が平成に入り、ウルトラマンネオス、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナと出てきましたが、そこに登場した怪獣たちのデザインにはもう一つの感じがあったものの、ウルトラマンガイアではストーリーはともかく、怪獣たちに目を見張るものが出てきて、それはそれは喜ばしいと思っていました。
一時ブームになったエリマキトカゲは時代が昭和でしたし、時代が変わると共に当然のようにブームが去って、そこにはエリマキトカゲの影は見ることが出来なくなりました。
ジラース、ガボラ等々はエリマキトカゲがブームになるずっと以前のものでしたから、やっぱりこうした怪獣たちが出てきた初代ウルトラマンの時の怪獣は名作だったと思います。
怪獣のデザインがよくなったウルトラマンガイアの時に、ひょっとすると襟巻怪獣みたいなものが出てくるかなと思いましたけど、根源的破滅招来体という前提があった物語の展開上、エリマキトカゲのようなペットではなく、強力怪獣をと考えられていたとしてもおかしくはないですね。
ウルトラマンコスモスは、怪獣を懐柔して同じ地球に住む仲間としていこうとした側面が大きかったことから、いわゆるペットがモチーフの元となったのかもしれません。
スピットルのモチーフがそこにあったかどうかは分かりませんが、エリマキトカゲの突然変異体とされたスピットルの姿を見るに、一時でも夢中になったペットを思いさせるのは姿だけではなく、全体的にその影響があったと思いますね。

飛行機の爆音に驚いて、それを敵視して溶解液を吐き出すのは、昔の要素に満ちた怪獣らしいと思います。
でもそこはウルトラマンコスモス登場の怪獣で、初めてカオス化しなかった怪獣でしたから、後頭部近くに麻酔を打ち込まれて鎮められた結末は、やっぱりなという感じがありました。
スピットル②

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥11,260から
(2017/7/19 20:22時点)



ウルトラマンコスモス コアモジュールシステム テックライガー 2号

新品価格
¥4,980から
(2017/7/19 20:24時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

中古価格
¥49,800から
(2017/7/19 20:25時点)


ウルトラ怪獣第3号:ウルトラマンガイア~ギール4

ギール③
「ギール」

根源的破滅招来体が地球外生命体を地球にいきなり遣わしたことで地球環境に変化が生じ、地底で眠っていたはずの怪獣が目を覚まし、地上へと姿を現したのがギールでしたね。
如何にも外骨格が硬くて丈夫そうなその姿は、マントルが流れる地層の岩石の中で眠っていた姿そのものだったと思います。
花崗岩かそれに近い岩石を食べるように生き続けていたかもしれず、それはマントルの近くだったこともあってマグマの影響をもろに受けていたんでしょう。
コッヴが地球外生命体の戦闘獣そのものだとしたら、ギールは地球産の怪獣そのものだったように感じました。
硬い固い岩石をその顎で砕いて食べるようにしていたことから、異常なまでに発達したギールの顎は、地上の人工物だったコンクリートでできていたビルなど、砕くのは訳なかったでしょうね。

ギールはもともと暴れやすい性格の怪獣ではなかったかもしれません。
地底に潜むものは環境の変化に敏感で、根源的破滅招来体が地球に攻勢をかけ始めたことを感覚として捉えてしまったものですから、少なからず驚き、地上に出てしまったということで目の当たりにした環境にさらに驚き、止めどもない行動に出てしまったのでしょう。
コッヴも環境をいきなり変えられて暴れたように、ギールもまた環境の変動に影響されて暴れてしまったというところだと思います。
これこそが、実は根源的破滅招来体の狙いであって、コッヴもギールも犠牲者だったという見方ができるでしょう。
地上に住む人間にとっては、根源的破滅招来体の意図したところも存在もまだ知り得ず、暴れる怪獣はやはり怪獣であって倒さないといけない存在に見えてしまったことから、指しものウルトラマンガイアもそういう行動に出たのは当然のことでした。
マグマに影響されてエネルギー源にしていたようなギールはまた、強力な怪獣でもありました。
コンクリートのビルをかみ砕くような強力な顎と腹部から乱射されるマグマ光弾は、恐怖の対象としかなりませんでした。
いかにも地球が生んだ怪獣らしくて、ギールはまたお気に入りの怪獣でもありました。
ギール④
ギール①

ULTRA-ACT ウルトラマンガイア&XIGファイターセット

新品価格
¥10,800から
(2017/7/18 22:05時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンガイア (V2)

新品価格
¥10,000から
(2017/7/18 22:07時点)



ウルトラマンガイア Complete Blu-ray BOX

新品価格
¥34,020から
(2017/7/18 22:08時点)



ライダー遠心キック~仮面ライダーV35

ライダー遠心キック⑩



























「ライダー遠心キック」

仮面ライダーV3には当初、V3・26の秘密が描かれようとしていました。
自らの能力が分からないまま、戦いの中に入っていかなければならなかった運命と秘められた能力、そういう設定は迷いながらこうして設定されて一つ一つ紐解くように披露されていく展開は、仮面ライダーV3の大きな魅力だったと思います。
基本的に仮面ライダー1号と仮面ライダー2号の持っていた超能力を併せ持ったというだけで、それまでにない強さを仮面ライダーV3に感じていましたから、26の秘密という設定とその秘密が少しずつ明かされて行くという展開に、仮面ライダーV3にひ弱さを感じるということは全くありませんでした。
26の秘密は、新仮面ライダーとしての秘密と、仮面ライダーV3としての秘密と、別れて考案されていた臭いがします。
本来ならば、仮面ライダーV3の秘密なのでネーミングはV3〇〇〇であるところ、ライダー〇〇〇という技等があるのはその名残なのかもしれません。
その代表が、ライダー遠心キックなのですが、この技の名をV3遠心キックとし記憶されている向きもありますね。
ライダー遠心キックは、空高くジャンプしたところ空中旋回する中での遠心力を効かせてキックをぶち込む技です。
仮面ライダーはそもそもバッタの能力を生かした改造人間から始まってますから、大きなジャンプ力は脚力の特徴を裏付ける能力でしたけれど、飛行能力どころか滑空能力すらありませんでした。
だから、飛行能力を有する改造人間には苦戦を強いられた背景がありますから、そういうこともあって仮面ライダー1号仮面ライダー2号が仮面ライダーV3を作り出そうとしたとき、そういう能力を持たせようとしていたことは想像に難くありません。
仮面ライダーV3にはグライディングマフラーがあって、滑空能力があったはずです。
番組後半ではすっかりそのことが忘れ去られて、ツバサ軍団に大苦戦するシーンが見受けられましたけど、ここをしっかり踏まえられていればそういう展開もなかったことでしょう。
ライダー遠心キックは、大きくジャンプした際にレッドランプパワーが発動され、空中を螺旋状に滑空してから落ちてきますが、これは明らかにグライディングマフラーの能力が使われた証です。
つまり、ライダー遠心キックは技そのものが26の秘密なのですが、この技を決めるに際してはレッドランプパワーとグライディングマフラーという2つの26の秘密が発動された上で繰り出された技ということになり、その強力さが分かろうというものです。
ライダー遠心キック
ライダー遠心キック①
ライダー遠心キック②
ライダー遠心キック③
ライダー遠心キック④
ライダー遠心キック⑤
ライダー遠心キックは、遠心力を引きだすにはどうしたらよいか、その為にはフルパワー状態で居なければいけなかったことと螺旋状の滑空状態になることが大前提の技でした。
仮面ライダー1号仮面ライダー2号の超能力を併せ持っていた仮面ライダーV3ならではの技で、当時はまさしく画期的な技でした。

いわば大技だったんですけど、フルパワー状態の仮面ライダーV3がそのパワーをさらに向上させて発揮した技であることが大きな着眼点であって、同時に複数の敵を倒せる技ということではありません。
この技を使用したときは、テレビバエとイカファイアに窮地に追い込まれた仮面ライダーV3が、瞬時にかつ同時に敵を倒さなければいけない状況で放たれ、同時にテレビバエとイカファイアを倒す結果となったことで、複数の敵を倒す技と見られがちですが、遠心力を利用した最大限のパワーがなせる技だったということを忘れないようにしたいものです。
ライダー遠心キック⑥
ライダー遠心キック⑦
ライダー遠心キック⑧
ライダー遠心キック⑨

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥16,869から
(2017/7/17 18:32時点)



Project BM! 仮面ライダー THE NEXT V3 (12インチアクションフィギュア) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥100,612から
(2017/7/17 18:33時点)



RMW 1/2 仮面ライダー V3 マスク

新品価格
¥53,800から
(2017/7/17 18:34時点)


メビュームシュート~ウルトラマンメビウス3

メビュームシュート⑥
「メビュームシュート」

ウルトラマンマックスに続き、ウルトラマンメビウスの左腕先の甲の辺りにはメビウスブレスという変身エネルギーからウルトラマンメビウスの超能力の源になるすべてのエネルギー要素が集約されてる万能アイテムがついてました。
これがメビウスブレスですが、ウルトラマンメビウスが地球に降り立つ際にウルトラの父から授けられたものということです。
ウルトラマンメビウスはウルトラ戦士の見習い状態でしたし、光の国防衛のみならず地球という他の惑星を守るということは、意気込みだけじゃカバーしきれない部分と闇の支配者が迫りくる可能性があったことから、ウルトラの父が与えたものということでしょう。
如何に地球を守るとはいえ、自らが生まれ育った惑星とは異なるところに行くということは、鍛え上げた超能力どころか活動エネルギーすら、自由に操作できないといけないところ、ウルトラマンメビウスはまだそこまで行ってなかったということかもしれません。
このメビウスブレスの中央部分のクリスタルサークルを右手で回転させることで、そこに集約されているエネルギー要素を発動させ、スパークさせて百社されていたのがウルトラマンメビウスの必殺技だったメビュームシュートでした。

見習い戦士と言えば、昭和の時代にも異星の出身ながらウルトラ兄弟候補であったウルトラマンレオ、ウルトラ兄弟の見習い戦士であったウルトラマン80もいました。
ウルトラマンメビウスもそうですが、光の国の人工太陽が爆発した時に宇宙へ拡散してしまったディファレーター光線の因子が、そうした候補であった戦士のエネルギーの源であったはずです。
ですから、スペシウム光線のような光線技をウルトラマンメビウスも身に着けていたとしてもちっともおかしくないのですが、メビュームシュートはまだ格闘用にまでレベルが上がっていなかったということ以上にそのエネルギー発動がまだできていなかった戦士だったかもしれません。
メビュームシュートは、それまでのウルトラ戦士の必殺技よりも威力が足りてませんでした。
でも、様々な戦いを経てウルトラマンメビウスの成長があったのに比例するかのようにメビュームシュートもその効果を上げていったという面白味を感じる光線技でした。
メビュームシュート
メビュームシュート①
メビュームシュート③
メビュームシュート④
メビュームシュート⑤

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス ウルトラマンメビウス 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥9,973から
(2017/7/16 22:12時点)



大怪獣シリーズ ULTRA NEW GENERATION ウルトラマンメビウス発光Ver.【プレミアムバンダイ限定】

新品価格
¥22,000から
(2017/7/16 22:12時点)



ウルトラマンメビウス ウルトラヒーローシリーズ2006 02 ウルトラの父

新品価格
¥119,371から
(2017/7/16 22:14時点)


ライダーパンチ~仮面ライダー2号5

仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場
「ライダーパンチ」

仮面ライダーと言えば、決め技はライダーキックとなります。
仮面ライダーはバッタの改造人間であり、その脚力に最大の特徴がありますから大きなジャンプの後、決め込むライダーキックにはインパクトが大きかったのも、理屈的に当然ですし、理屈抜きでもその通りだと思います。
でも、仮面ライダー旧1号の頃はライダーキックが最大の決め技というより、天才科学者が仮面ライダーに改造された所以である豊富なバリエーションの中の一つの技だったような感じがありました。
その仮面ライダー旧1号打倒のため、ショッカーによって作り出されたのが仮面ライダー旧2号だったはずです。
仮面ライダー旧2号の基本的なスペックは仮面ライダー旧1号と同じでしたが、言ってみれば仮面ライダー旧1号が旧型であり、仮面ライダー旧2号が新型となりますが、身体の胸部あたりのコンバーターラング周辺と腕部の人工筋肉の量がかなり強化の意味を込めて増やされていたということです。
スポーツマンでありながら天才科学者であった仮面ライダー旧1号に対し、格闘家であった仮面ライダー旧2号は、特に突きや蹴りの技にその特徴が出ていました。
バリエーションの豊富さはなかったものの、一つ一つの突きや蹴りの技が強力になった分、決め技としてライダーキックが頻度高く使われたことで、仮面ライダーの代名詞のようになっていきました。

それでもライダーキックが通用しない展開は特に仮面ライダー旧2号初期によく見られ、これは格闘技に優れながら改造された自らの身体とその能力に戸惑いが残り、実戦経験もほとんどなかったことから能力が十分発揮されなかったことに要因があったように思われます。
そんな中、技のバリエーションを増やそうにもそんな余裕などなかったわけですけど、毎回くり返し繰り広げられるライダーキックには見るべき大きな魅力がありました。
と同時に、特に上半身の強化が図られた仮面ライダー旧2号の魅力には腕力がありました。

一文字隼人は空手・柔道の有段者であったこともあって、その腕力をベースにした技に特徴がありました。
人間体でもその構えは独特でしたが、仮面ライダーに変身すると人間体であった時の特徴をベースに更なる強化がなされ、特にライダーパンチには従来感じられなかった力感がたっぷりとありました。
カニバブラー戦ではライダーキックで倒し切れなかった展開で、カニバブラーに押され気味になってもそこから繰り出されたライダーパンチには、その時点でのライダーキック以上の力感と破壊力があったという具合に感じられました。
まさしく、渾身の一撃だったんでしょうけどね。
ショッカー発の大幹部を倒したのもライダーパンチの応用編でした。
それでも、インパクトとしてはライダーキックで倒し切れなかったカニバブラーに打ち込まれたライダーパンチの方がありましたね。
ライダーキックが仮面ライダーの決め技として確立していったのは仮面ライダー旧2号によってでしたけど、実はそれと同じくらいインパクトの強かった技がライダーパンチであり、これがなかったら只の殴り技になるところでした。
ライダーパンチ〔旧2号〕
ライダーパンチ〔旧2号〕①
ライダーパンチ〔旧2号〕②
ライダーパンチ〔旧2号〕③
ライダーパンチ〔旧2号〕④

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー旧2号 Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥16,999から
(2017/7/15 23:48時点)



仮面ライダー ライダーマスクコレクション vol.3 仮面ライダー旧2号 通常台座

新品価格
¥5,980から
(2017/7/15 23:50時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダー旧2号 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥10,980から
(2017/7/15 23:50時点)


クロスレイ・シュトローム~ウルトラマンネクサス4

クロスレイシュトローム(ジュネッス)②
クロスレイシュトローム(ジュネッス・ブルー)③
「クロスレイ・シュトローム」

ULTRAMAN・THE・NEXTは地球にやってきたというものではなく、ザ・ワンを負ってる最中に地球にやってきてしまい、デュナミストにで出会えなかったらその姿がなかったものだと思います。
そのデュナミストもULTRAMAN・THE・NEXTに完全に融合するまでには至らず、そんな状況でよくザ・ワンを倒せたものだと思いますね。
ULTRAMAN・THE・NEXTにしてもアンファンスはもちろん、ジュネッスに至ってもやっぱり不完全体であったと思いますが、より進化したか、或いは地球環境に順応した姿がうウルトラマンネクサスだったような気もします。
決してULTRAMAN・THE・NEXTの進化体がウルトラマンネクサスではありませんが、ザ・ワンが分子レベルまで殲滅しても滅亡したわけではなかったところに、ULTRAMAN・THE・NEXTが地球に留まらなければならなかった理由があったわけです。
異星人が異星に長く留まることは、その星の艦橋に順応しなければならず、そうなると体に変化をきたしますから、外見的にも様相が異なってきます。

ULTRAMAN・THE・NEXTのエルボレイ・シュトロームは、それを放っている時間が長めで、破壊力によってザ・ワンを殲滅させたというよりも、光量子の量と流れるような勢いよって分子レベルまで細分化させたという方が良いような感じがします。
ウルトラマンネクサスは、ジュネッスやジュネッスブルーに発展した時、破壊力が増した必殺技が披露されましたけど、アンファンスからそこに至るまで基本的に底辺に流れる光量子エネルギーがあったはずです。
いわば、ジュネっスやジュネッスブルーはULTRAMAN・THE・NEXTの強化体のようなものですから、ULTRAMAN・THE・NEXTからウルトラマンネクサスのジュネッスブルーに至るまでの根底には同じ要素があったということです。
その発動がクロスレイ・シュトロームではなかったのかということですね。

初代ウルトラマンや帰ってきたウルトラマンのスペシウム光線のような両手をクロスさせることでウルトラマンネクサスから発射されるクロスレイ・シュトロームは、ULTRAMAN・THE・NEXTやウルトラマンネクサスといった戦士がどこかでM78星雲人と接点があったということの現れであり、これがウルトラマンネクサスの基本的な流れであったということになることと思います。
ULTRAMAN・THE・NEXTのエルボレイ・シュトロームが環境順応の中でスムーズな光の流れとなったのがウルトラマンネクサスのクロスレイ・シュトロームであり、アンファンス、ジュネッス・ジュネッスブルーのどの携帯からでも発射できたことは、エルボレイ・シュトロームの流れをくむ基本的光線技だったということになろうかと思います。
まるで居合抜きの抜刀の如き構えから発射されるクロスレイ・シュトロームは、地球における格闘技の奥義にどこかでデュナミスト自体が振れていた証拠かもしれず、その奥義の構えによってエネルギー集約が果たされ、腕先をクロスさせることで一気に発火・発射されるものだったかもしれません。

それでもあくまでウルトラマンネクサスの基本技であって、ビーストをこれだけで倒すことはありませんでした。
ただ、使いようによってはビーストや闇と対等に近く戦うことができ、エルボレイ・シュトロームの環境順応番だったと言えるかもしれません。
クロスレイシュトローム
クロスレイシュトローム①
クロスレイシュトローム②

UHSN1 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥9,111から
(2017/7/14 22:46時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス (ジュネッス)

新品価格
¥9,429から
(2017/7/14 22:46時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス ジュネッスブルー

新品価格
¥8,980から
(2017/7/14 22:46時点)


クライシス怪人第3号~ガイナギスカン4

ガイナギスカン
「ガイナギスカン」

仮面ライダーBlackRXの敵となったクライシス帝国の4大隊長の一人、ボスガンは騎士(ナイト)の称号を持っていたらしいですが、その割にやっていたことはまさしく逆のことがほとんどでした。
4大隊長は皆、ジャーク将軍も含めて個性的で独特な存在で面白味を感じていましたけど、ボスガンに関しては卑怯者というイメージが強く、物語が進行するにつれ、ボスガンの配下にあった怪魔獣人は徐々にその色を濃くしていった感がありました。
地球と怪魔界は真逆の世界であり、同時に存在し得る者ではないため、異空間トンネルのようなものがあって初めて行き来できるもののようでしたけど、怪魔獣人第1号となったガイナギスカンは怪魔界にのみ存在し、怪魔界に来てしまった仮面ライダーBlackRXと相まみえていましたね。
ガイナギスカンは砂の砂漠において貴重な資源となっていた水の発掘を巡ったクライシス帝国の反逆者を監視する役目を担っていました。
砂漠と言えば風がついて回るのは、地球も怪魔界も同じだったようです。
風の騎士の異名を持ったガイナギスカンは、怪魔界に引きずり込んだ仮面ライダーBlackRXに対し、対等の位置に置いての戦いを挑む騎士道精神を持ったような怪魔獣人でした。
騎士の名の如く、類稀なる馬術の腕前を持ったその腕前には大型の槍を見事に使いまわすという能力も見せ、その精神と共に見せつけたその精神は、上司ボスガンとは明らかに違った騎士そのものだったと思います。
ガイナギスカン③
ガイナギスカンの最大の武器は、両腕から風速100mの猛烈な突風『風魔ハリケーン』を放つ能力でした。
この能力と馬術、それに大型の槍を使いまわす状況を思い、まだパワーアップして間もない仮面ライダーBlackRXの対決は、状況的にもガイナギスカンが有利に見えました。
対等で正攻法を取ろうとするガイナギスカンと、それ応えようとする仮面ライダーBlackRXの戦いは、怪魔界の独特な砂漠において繰り広げられようとしていましたから、余計にガイナギスカン有利に見えたものですが、なんとオルゴールの心地よい音がガイナギスカンにとっては大きなアキレス腱になっていたため、戦闘中にこれに仮面ライダーBlackRXが気づいたことから形勢逆転となっていました。

「あと数時間もすれば一瞬ではあるがこの怪魔界へ太陽の光が差す。その際にRXとなるがいい。変身する瞬間に俺はお前を殺す。貴様との決着はその時だ‼」としたガイナギスカンに対し、オルゴールの音が止むのを待った仮面ライダーBlackRX。
ここは実にお互いが正攻法に構えた戦いであって見事な感じがしましたが、一旦形勢逆転となった戦いの状況の流れは帰ることが出来なかったようで、最期はリボルクラッシュで決着がつきました。
闘えたことを誇りに思うぞ、、、と言葉を残していったガイナギスカンは、実に見事な騎士・戦士でしたね。
ガイナギスカン⑥

仮面ライダー レジェンドライダーシリーズEX 仮面ライダーBLACK RX

新品価格
¥12,800から
(2017/7/12 18:28時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,350から
(2017/7/12 18:29時点)



RMW 026 仮面ライダーBLACK RX 1/2スケールマスク

新品価格
¥27,460から
(2017/7/12 18:30時点)


ウルトラ怪獣第3号:ウルトラマンダイナ~グラレーン4

グラレーン④
「グラレーン」

いかにも怪獣らしい怪獣でした。
グラレーンはマグマと融合したスフィア合成獣でしたが、純粋なマグマというより岩石の部分の要素も大きく、それだからこそ怪獣然としていたと思います。
スフィアは得体の知れない宇宙生命体で、何が芯で何が外形なのか捉えにくく、それだからこそ人間の知らない宇宙空間に存在する何かというものを訴えたかった代物だったという具合に思えます。
珍しく番組の初めから最後までウルトラマンダイナというHEROの敵として存在しましたが、ネオフロンティア時代という宇宙開拓時代の一つの象徴のような存在で、うっかりすると何でもありのような感じもしました。
火星で火星の岩石等と融合した姿がネオダランビアという怪獣で、これも立派な宇宙怪獣でしたが、そのスフィアが地球上の自然物と融合したらどんな具合になるんだろうと思っていたところ、思いもかけずマグマ岩石と融合していました。

根がマグマだけあって、とんでもない高温状態であったグラレーンは、冷凍光線を浴びせられてもほとんど一瞬で元の姿に戻り、その姿は人間の体内に血液が流れているように、グラレーンの体内にはマグマが流れているように見えました。
だからこその高温状態なんですけど、これもグラレーンの身体が自然岩のような岩石に外見を覆われていたからこそのものだったと思いますね。
岩と岩のつなぎ目が、まるで口を開けるかのように開いて超高温火炎を吐き出すシーンは、強烈であり、距離も稼げる優れものでした。
身体が常に高温状態で、武器がそうした火炎でしたから、グラレーンと戦うには距離を置くしかなく、ウルトラマンダイナがミラクルタイプとなってウルトラサイキックで身体を縛られて誘導されるのは、ここが一番の見どころでした。
それでもグラレーンは火炎攻撃を仕掛けていましたが、ウルトラマンダイナはレボリウムウェーブリバースバージョンでこれを打ち返し、グラレーンを粉々に粉砕していましたね。
これぞ、火を噴く大怪獣を倒す最も効果的な展開となりましたが、グラレーン登場の演出時間は短めであったものの、ここにウルトラマンダイナの超能力とスフィアの存在感みたいなものが凝縮されて、立派な番組紹介としての導入部分になっていましたね。
グラレーン②

Project BM! ウルトラマンダイナ (フラッシュタイプ) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥26,800から
(2017/7/11 22:12時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンダイナ (フラッシュタイプ)

新品価格
¥19,540から
(2017/7/11 22:13時点)



ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX

新品価格
¥34,020から
(2017/7/11 22:14時点)



ゴルゴム怪人第3号~クワゴ怪人3

クワゴ怪人⑦
「クワゴ怪人」

ゴルゴム怪人って、暗黒組織ゴルゴムが人間に動植物の能力を移植し、何万年も生きられる生命力を宿させる怪人でしたが、その源となる動植物は太古の昔から生き長らえてきたもので、改造手術の上で出てきた者は知能的には人間を感じるものの、外見と能力的には動植物の特性がより強いものと思っていました。
だから、源種を思う時、それなりに理解・解釈できなければいうけないところ、それがクワゴ(桑蚕)と来て分かる人はほとんどいなかったかもしれません。
仮面ライダー初期の改造人間の中には、そういう意外な動翼物がエッセンスとなり、特撮HERO番組でありながら、動植物の図鑑を見るかのような教育番組のような側面がありました。
仮面ライダーBlackは、いわば仮面ライダー0号を目指した番組でもありましたから、ゴルゴム怪人によってそういう側面も引き出そうとしていたのかもしれません。
クワゴはカイコの源種ということで、そこには蚕を包む糸がテーマとなりそうですが、それも蚕が分かればこその設定だったと思いますね。

糸を武器に出来そうなのは、何も蜘蛛に限ったことではないです。
蜘蛛は糸を吐き出し、ある種自分の武器のようにしますが、クワゴは身を守り成長させるものとして使われていたものですが、そこから発展した蚕は大変に人間にとって役立つものでした。
まさしく、糸ありきの生物ですが、これをゴルゴム怪人に生かそうとするとやっぱりクモ怪人のようになってしまいます。
しかし、それでも姿を現したクワゴ怪人はデザイン的に優れたものでした。
クワゴ怪人を考えた人って、相当そういう方面に造詣が深い方だったんでしょう。

クモ怪人と同様、クワゴ怪人の吐き出す糸は何重にも巻き込むことで、鋼鉄状の糸のように頑丈で丈夫なものだったと思います。
クワゴ怪人は、腹部も含めて6か所以上の意図を吐き出す器官を持ってましたから、仮面ライダーBlackもあっという間に丸め込まれたシーンがありました。
仮面ライダーBlackがキングストーンを体内に備えた改造人間でなければ、当然のようにキングストーンフラッシュは使えなかったわけですし、このキングストーンフラッシュによって窮地を脱しなければ危なかったという強力さがあったのがクワゴ怪人でした。
ただ、生命力豊かなゴルゴム怪人としては、その特徴はなかったかなと思うんですけど、そこも含めた設定とデザインが施されていれば、物語ももっと深く違ったものになったんでしょうね。
クワゴ怪人③

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/7/10 22:35時点)



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥87,915から
(2017/7/10 22:36時点)



S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

新品価格
¥10,260から
(2017/7/10 22:36時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ
  • ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ
  • ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ
  • ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンA~ガラン
  • ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンA~ガラン
  • ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンA~ガラン
  • 化身忍者第1号~毒うつぼ
  • 化身忍者第1号~毒うつぼ
  • 化身忍者第1号~毒うつぼ
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ