HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ハンディ・ショット~ウルトラセブン5

ハンディショット②
「ハンディ・ショット」

ハンディ・ショットは、ガッツ星人の罠に落ちたウルトラセブンがウルトラ警備隊のするトラセブン救出劇のよって復活し、ガッツ星人の円盤を撃ち落とした光線技でした。
これだけでも相当なインパクトがあった光線技なのに、使用されたのがこの時1回限りで、他のウルトラ戦士の時に客演しても使われたことがなかったようで、不思議な感じもし
ウルトラセブンの最強の光線技であり、その代名詞のような決め技であったワイド・ショットは威力加減を調整できた優れ技でした。
マグネニュームエネルギーをエメリウムエネルギーに転化し、その効果を最大値にまで引き上げた光線技がワイド・ショットだと考えますけど、最大値に揚げるまでの間に力加減を調整できるのは、ウルトラセブンがウルトラ念力の最大の使い手であり、身体能力の高さとその秘密に至るまでよく弁えていた証拠であったと思うんです。
このワイド・ショットを凝縮し、腕ではなく自らの掌に集めて断続的に発射したのがハンディ・ショットではなかったのかと考えます。

ウルトラセブンの強力技と言えば、アイ・スラッガー、ワイド・ショットとエメリウム光線となりますけど、その源がマグネニュームエネルギーにあったと考えると、ワイド・ショット、エメリウム光線と並んで強力であったのがハンディ・ショットということになりますね。
言わば、ウルトラセブン第4の技ということになろうかと思いますが、様々な光線技を繰り出すウルトラセブンにとってはワイド・ショットで使用するエネルギーを凝縮するとともに、最も気が入る光線技だったとも言えそうです。
ハンディショット④
ハンディショット⑤
ハンディショット⑥
ハンディショット⑧
ウルトラセブンはこのハンディ・ショットでガッツ星人の円盤を撃ち落とした後、ウルトラノック戦法でガッツ星人を壊滅させました。
記憶に残ったのは、この時のウルトラノック戦法でしたけど、アイ・スラッガーにハンディ・ショットを当て込んでアイ・スラッガーの威力を各段に挙げた戦法とされてるようですが、この時、アイ・スラッガーに込めていたのはハンディ。ショットではなく、マグネリュームエネルギーを基に太陽光線で転化したエメリウムエネルギーと考えた方が妥当です。
ウルトラノック戦法を披露する前に、胸のプロテクターに盛大に太陽光線を浴びマグネリュームエネルギーを最大値に上げてエメリウムエネルギーに転化したハンディショットの連打は、見た目に実に威力がありそうだと感じたものです。
この時のハンディ・ショットに使用されたエネルギーが、そのままウルトラノック戦法に使用されたわけですから、実はウルトラノック戦法とはハンディ・ショットの連打から効果を何倍にも高めたアイ・スラッガーを放つまでの一連の戦法だったと言えそうです。

メガソフビアドバンス ウルトラセブン 約400mm PVC製 塗装済み組立モデル MSA-010

新品価格
¥16,500から
(2017/3/25 23:49時点)



RAH リアルアクションヒーローズ ウルトラセブン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥29,774から
(2017/3/25 23:49時点)



TUBURAYA ULTIMATE COLLECTION ウルトラセブン 1/2スケールマスク

新品価格
¥39,931から
(2017/3/25 23:50時点)


V3回転フルキック~仮面ライダーV34

V3回転フルキック
V3回転フルキック①
V3回転フルキック②
V3回転フルキック⑤
「V3回転フルキック」

仮面ライダーの決め技はキック技で、このキック技は仮面ライダーの最大の特徴であった脚力の強さに土台を置いたジャンプ力を利した攻撃技だったんですけど、仮面ライダーが進化すればするほどジャンプ力は強化されて行ったように見えました。
仮面ライダーは1号も2も旧型であった頃はジャンプ力が15メートル位であったところ、新型となって以降は25メートルという高さまで達するほど強化されていました。高さまでジャンプできるということは、地面のケリとジャンプ力を支える脚力が鍛錬だけでは補えなさそうな要素がありそうですけど、これが仮面ライダー1号2号とは別に改造手術を受けた仮面ライダーV3になると最大60メートルまでジャンプできる能力が支えとなっていました。
思うに仮面ライダー1号2号が新型となった時、脚部の人工筋肉量が想像以上に増加していたことが考えられますけど、仮面ライダーV3はその仮面ライダー1号2号による改造手術を受けて登場したわけですから、仮面ライダー1号2号が自らの能力の限界を知った上でそれを上回るものを仮面ライダーV3の改造手術の際に施していたと考えられます。
そこにエネルギー蓄積量と蓄える能力が倍加されていて、フルパワー状態を長く維持できる上に自分が思った以上のパワーによる破壊力を導き出すことができていたと思います。
V3の26の秘密は半分も披露されていなかったのですが、そこには得も言われぬ面白さがあり、その26の秘密を支えると同時にそこに加えたような破壊力を招くパワーは、実は仮面ライダーV3最大の魅力が隠されていたように思えますね。
大きくジャンプし、落下する勢いだけじゃなく意図した以上のパワーの発揮は、これが仮面ライダー3号だという感じがしましたし、設定上の隠された超能力があるんじゃないかと思わされました。

大きくジャンプし、空中前転や反転というのは仮面ライダー特有の超能力ですが、それは仮面ライダーの技の基本でもありました。
ライダーキックから始まった仮面ライダーのキック技は仮面ライダー2号のライダー回転キックでかなり昇華し、様々なバリエーションの中、仮面ライダー1号のライダー月面キックで頂点に達した感がありました。
しかし、仮面ライダーV3はスパーライダーの始まりでもありましたから、空中前転だけをとっても仮面ライダーV3がフルパワーで空中前転を使用したとき、どれだけの回転になっていたのかは分かりません。
回転の度数が上がれば上がるほど、その中でパワーは蓄えられ遠心力も最大値に高まっていきますから、仮面ライダーV3のV3回転フルキックは最大にパワーが発揮されたキック技だったと言えるでしょう。
仮面ライダーV3がその性能をフルに稼働させたわけでもなく、仮面ライダー1号2号の手によって受け継がれることになった仮面ライダーの身体能力としては最高のキック技だったと思います。
一体、仮面ライダーは空中前転を力一杯所要としたとき、どれだけできるのでしょう。
そして、どれだけパワーが蓄えられるのでしょう。
そのとんでもないパワーを支える体の組織もかなり精巧でバランスが取れていなければ、こんな技は有り得ないものだと思います。

もちろん、改造素体となった人間の身体能力も問われるところだと思いますが、仮面ライダー1号2号がみずからの体組織を知り抜き、そして身体能力の限界を弁えていないと仮面ライダーV3は出てこれなかったでしょう。
仮面ライダーV3もダブルライダーの意思をしっかり受け継ぎ、昇華させるべく様々な努力と鍛錬をしてないと、V3回転フルキックは披露できなかったでしょう。
途中からこの技は、V3フル回転キックとその呼び名を変えていきましたけど、それは叫ぶ時のゴロの良さだけです。
決め技がしっかり受け継がれ、見事な昇華をみせた決め技が「V3回転フルキック」だったと思っています。
V3回転フルキック⑥
V3回転フルキック⑦

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥14,480から
(2017/3/24 22:48時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 リニューアル版 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥24,460から
(2017/3/24 22:50時点)



Project BM! 仮面ライダー THE NEXT V3 (12インチアクションフィギュア) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥49,154から
(2017/3/24 22:50時点)


平成ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマンコスモス~リドリアス4

リドリアス②
「リドリアス」

怪獣とはその設定上、人間に敵対する巨大生物というのが基本としてあったと思うんです。
でも中には人に友好的な怪獣もいたりして、元々の設定とは逸脱したところにも面白味があったんですね。
逸脱すると言っても逸脱の仕方や演じ方なんかもあるんですけど、初代ウルトラマンにでてきたピグモンは設定も演じ方も良かったですね。
ウルトラセブンの時のカプセル怪獣、ウィンダム、ミクラス、アギラは人に友好ということよりもウルトラセブンの意思を十分にくみ取った戦う怪獣で、それが人の為でもありました。
その後にも友好怪獣というか人のために戦う怪獣はいましたけれど、設定も演じ方もピグモンやカプセル怪獣が最たるものだったという具合に思えます。
時代も平成に移り、どうも人のために動く怪獣というのがはっきりしなかったのですが、ウルトラマンコスモスの登場で一変しました。
ウルトラマンコスモスは暴れる怪獣を懐柔すべくあらゆる方法をとって人にやさしい怪獣を導き出そうとしてました。
時にそれはやり過ぎの機械が多く、怪獣とは、とかウルトラマンとは、とかいう具合に見る人にとっては不満もあったと思います。
不満も当然ですし、自分もウルトラマンコスモスを見始めた頃はこれはどういう番組なんだろうと疑心暗鬼にもなりました。
その第1号怪獣がリドリアスだったわけです。
多分地球産の怪獣なんでしょうけど、ウルトラマンコスモスの人間体である青年に通じ合っているような感じは、自分が自分で分からず混乱してる状況にこの青年が友好的に接して荒ぶる心を打ち溶かしていくような輝石を持っていたからなんでしょうけど、それでもその輝石を持つ以前に更なるきっかけがあったんでしょうね。
怪獣は巨大であるだけで取っ付きにくいものだと思います。
そこを満足させようとするために、おとなしく人懐っこい部分があったリドリアスを凶悪化させる設定としてカオスヘッダーがあり、カオスヘッダーが憑依することで怪獣が凶暴化していく様が描かれたんでしょう。

でも、ウルトラマンコスモスとはどんなものかということとこの番組で演じたかった方向性みたいなものは、第1話におけるリドリアスの行動と変貌でほとんどわかりましたね。
カオスリドリアス④
カオスヘッダーはなんにでも憑依してましたけど、当初は怪獣に取りついて混乱を招きだすとい展開が多く、憑依されてしまう怪獣の方も、それなりの能力がないと憑依されなかったかもしれません。
怪獣としてのリドリアスを見ると、飛行能力に長け破壊光線を吐くなど凶暴になりそうな能力もあって魅力は多くあったかと思います。
だから、カオスリドリアスになっても見栄えがしたと思うんです。
こうした怪獣を扱い、ウルトラマンコスモスの披露した能力を見るに番組としてのアピールに関してはこれ以上なかったという感じでした。
リドリアス③

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥8,499から
(2017/3/23 22:28時点)



京本コレクション ウルトラマンコスモス(ルナモード)

新品価格
¥40,000から
(2017/3/23 22:29時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥188,300から
(2017/3/23 22:30時点)



ドグマ改造人間第1号:ファイヤーコング4

ファイアーコング⑤
「ファイヤーコング」

仮面ライダースーパー1には、2つの基軸がありました。
一つは宇宙開発に向けて想いと技術の交錯、もう一つは拳法。
宇宙に向けての行動は仮面ライダースーパー1そのものが宇宙開発用改造人間であったこととドグマの首領テラーマクロが実は宇宙の果ての暗黒星雲からやってきた宇宙人であったこと以外に、基軸として表立って使われることはありませんでした。
もう一つの拳法については、仮面ライダースーパー1が人間体というか変身前の状態から赤心少林拳の使い手であり、ドグマ改造人間もテラーマクロに向けた服従カプセルを脳に埋め込まれ、そしてドグマ拳法の使い手あったことで様々な面白味が演出されていました。
仮面ライダーシリーズもここまで来ると敵組織の改造人間のネタに関してはつきかけており、改造人間の要素を動植物やメカニカルからもtってくるのではなく、それ以外の要素からネタを持ってこないと特徴が出ないという事態になっていたように思われます。
仮面ライダー自体は、もともとスポーツ万能の天才科学者から始まったものの、その当時の格闘技と言えば柔道や空手がほとんどであり、それを基本とした拳法の使い手が主人公であったことはありましたけど、ライダーシリーズ第2期の頃に少林寺拳法が巷では話題になったものの、本格的に取り入れられることはありませんでした。
赤心少林拳と言っても実は空手の組手の応用だったらしいですが、それでも拳法と言われればそれらしく見えてようやく仮面ライダーにも拳法が取り入れられるのかと思いました。
赤心少林拳についてもドグマ拳法についても、もっと徹底して導入し演じ切っておれば、改造人間のネタ切れなどは然したる問題にはなっていなかったかもしれません。

宇宙開発の技術を人間もろとも取り入れようとして、抵抗され、果ては破壊の限りを尽くすという意味では、ゴリラらしきものをモチーフとし、その怪力は破壊活動には似合っていたと感じられるファイヤーコングは、実は拳法の使い手であったことは、思い切り注目に値したと思ってました。

火炎放射器との融合改造人間であったファイヤーコングは、宇宙開発という壮大なスケールの中で破壊活動を行うという意味でも、思い切り番組そのものを表現していたように思われました。
ただ、その思いはファイヤーコング登場の話だけだったと言ってもいいですけどね。
ファイアーコング④
面白かったのは、後で気づいたのですが、ファイヤーコングの人間体を演じた俳優さんが本当に拳法の使い手であったことですね。
ファイヤーコングとなってからは武器であった火炎放射器が前面に出て実は拳法の使い手であったことは要素的に薄くなってしまいましたが、ファイヤーコングの人間体は猿渡拳の使い手であり、スゴク存在感があって怖さも感じたものです。
本当に拳法家であったわけですから、そういう配役となれば十分すぎるほど味が出たということになるでしょう。
こういうことが番組中では仮面ライダースーパー1に変身する極意収得につながっていったわけですから、面白いものです。
ファイアーコング②

S.H.Figuarts 仮面ライダースーパー1&Vマシーンセット

新品価格
¥14,390から
(2017/3/22 22:10時点)



S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥11,090から
(2017/3/22 22:10時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥30,080から
(2017/3/22 22:11時点)


平成ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマンガイア~ヴィジョンの龍4

ヴィジョンの龍②
「ヴィジョンの龍」

物語は違いますが、漫画で「新・仮面ライダーSPIRITS」を愛読してます。
その中で、仮面ライダー4号ことライダーマンがエネルギー体となって神のようなバダン大首領というこの世とは別世界に幽閉されている存在に戦いを挑むという展開がありました。
この世に実体を置きつつ、その実体とは別に意識を伴いながらエネルギー体となって戦いを挑む。
しかしてそれは負荷が実体の方に帰ってきてしまうところがスゴイ設定でした。
この「新・仮面ライダーSPIRITS」でのライダーマンとバダン大首領の戦いを読んでるうちに、ウルトラマンガイアでのヴィジョンの龍をちょっと引っかけたように思い出しました。

光粒子物理学の研究者であり大学生であったウルトラマンガイアの主人公は、その光粒子の速度を実験し体験してる中で、その速度と意識がシンクロし、別次元のようなところで戦うウルトラマンガイアとヴィジョンの龍を目撃してました。
何故戦っていたのかは分からないままでしたけど、その物語の中でもまだウルトラマンガイアは現次元のものではなく、実体というものがなかったのでしょう。
そしてウルトラマンガイアと戦うヴィジョンの龍も実体がなく、光粒子というエネルギーのみで構成されていた怪獣だったように思えました。
これは来るべき未知の恐怖とそれを防ごうとした超人が、未知の世界で現実の世の近い未来を予言していたようなもので、現実の世界で事をなそうとした場合には実態が必要であり、それはその目撃者第1号に資格があったということになっていたのかもしれません。

ウルトラマンガイアは実態を得て現実の世界に姿を現すということになりましたけど、戦いの末にフォトンエッジを浴びたヴィジョンの龍は、エネルギー体であったためにフォトンエッジの光粒子に相殺され、拡散してしまったように見えました。

全ての始まりは実はこの別次元においてのウルトラマンガイアとヴィジョンの龍の存在と戦いにあった...と言えるのかもしれませんね。
ヴィジョンの龍

ULTRA-ACT ウルトラマンガイア&XIGファイターセット

新品価格
¥11,999から
(2017/3/21 21:32時点)



ULTRA NEW GENERATION ウルトラマンガイア (V2)

新品価格
¥39,800から
(2017/3/21 21:34時点)



ウルトラマンガイア Complete Blu-ray BOX

新品価格
¥36,033から
(2017/3/21 21:35時点)



平成ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマンダイナ~ダランビア4

ダランビア
「ダランビア」

スフィアって未知の宇宙生命体って言うか、ただ、生命体という概念も当てはまらなかったような気がします。
ウルトラマンダイナを初めて見た時は、このスフィアの印象が強くて、なんだろうという想って突き詰めるような見方をしてました。
だから、余計に怪獣そのものをよく見てなかった傾向が強かったんですけど、それでもよく見ようとしてたスフィアとよく見ようとしてなかった怪獣との合成、スフィア合成獣は番組の特色がよく出ていて面白かったと思います。
そのスフィア合成獣第1号がダランビアだったんですけど、ネオダランビアの印象が強かったせいか、ダランビアの登場を見逃しそうになっていました。

地球人類の宇宙進出の本格化は、現実においても大きく望まれるところですが、特撮の世界でも完全に想像の世界であるためにわずかな要素での想像の世界で繰り広げなければなりません。
ウルトラマンダイナで表現されようとしたネオフロンティアは、まず火星での開発行為の本格化が表現されていましたね。
火星と言えば太陽系惑星の中では最も地球に近く、大気が存在してるものの大気が薄いために赤色の世界となり、そこが上手い具合に表現され、特にダランビアが登場してきたシーンは未知でありながら地球に近い感じがよく出ていたと思いますね。
そこにうまい具合にスフィア合成獣という要素が絡んだわけですから、得も言われぬ面白さと特撮ならではの怪奇性みたいなものがありました。

スフィアによるダランビアの登場は、地球人類の宇宙進出を面白く思わず邪魔しようと見つめている存在がどこかに潜み、それが分かりやすい形で出てきたものと思われますけど、そのスフィアにしてもまだ宇宙の中で繰り広げられるものを分かっていたとは言えず、それはウルトラマンダイナの登場は予想だにしていなかったことが、ウルトラマンダイナ登場の眩い光の放出でダランビアがやられてしまったことに現されていると思いますね。
ここに宇宙とは無限に広いんだと思わせる要素があって、ウルトラマンダイナというHEROの特色が出ていたと思わせます。
ダランビア④
ダランビアは、地球人類が開発した火星開発用の施設等をいとも簡単に破壊できる破壊光線を発射してましたけど、それよりもスフィアとの合成の怪獣である特色が出ていた亜空間バリアが面白かったですね。
火星の岩石や砂を取り込んで5つの目と3本の足を持つまるでカニのような怪獣ダランビアは、ソフィアによって作られたスフィアとの合成であった宇宙怪獣であったことが、最もよく表現されていたシーンだったとも思いますが、それは未知の要素がそこにはふんだんに盛り込まれていたためですね。
ダランビア③

ULTRA-ACT ウルトラマンダイナ (フラッシュタイプ)

新品価格
¥32,585から
(2017/3/20 22:17時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)

中古価格
¥19,800から
(2017/3/20 22:20時点)



ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX

中古価格
¥34,790から
(2017/3/20 22:20時点)


変身!~仮面ライダー2号5

変身
変身①
変身②
変身③
ウルトラマンも人間体から光の戦士へと変身してましたけど、「変身」とは言わなかったこともあって変わってHEROとして登場すること自体は話題になりましたけど、ブームというわけでもありませんでした。
昭和40年代に起こった変身の大ブームは、仮面ライダー2号の登場によってもたらされ、仮面ライダーと言えば変身というコンセプトは現在に至るまで続いています。
仮面ライダー旧1号は、ベルトのタイフーンに風を受けることでHEROに変わっていったのですが、そこには多分変身という明確な概念はなかったと思います。
仮面ライダー旧1号の人間体である本郷猛役の俳優が、番組中にバイク事故を起こして急遽仮面ライダー2号搭乗が余儀なくされ、紆余曲折を経てようやく仮面ライダー2号の人間体である一文字隼人役演じる俳優が決まったものの、その俳優が実はバイク免許を持っていなかったことによる苦肉の策が変身ポーズを生んでいました。
当初は仮面ライダー2号もバイクに乗りながら変身という仮面ライダー1号と同様の変化を考えられていたものの、免許を持たないことは後になって判明したため、能動的変身というショッキングな展開がなされたものです。
一文字隼人を演じた俳優さんは、風邪を受けての変化というある種受け身で変わっていくのを嫌い、自らが自らの意思で変わっていくということを望んだため、技闘を担当した方を中心にスタッフが必死にそのポーズを考案したそうで、大ヒット番組「柔道一直線」の影響が多分にあったそうです。
仮面ライダー大ブームは、仮面ライダー2号の登場によりもたらされたものですが、この変身という概念が変身ポーズの考案と導入によりもたらされたことは、今にして思えば大変なインパクトがありました。

この頃は既に仮面ライダーをリアルタイムで見てましたけど、全身黒っぽい仮面ライダー1号どころかその人間体であった本郷猛が番組の中で見られなくなり、そこに正体不明の一文字隼人が出てきて、ニヒルに気合いが入った状態で変身ポーズを取った時は、何が起こっているのか分からずに見ていました。
なんか、むちゃくちゃカッコいいと感じたのは自分だけではないことは、翌日学校に行った時点で分かりましたね。
仮面ライダー1号、2号の登場の頃は、メディア的に貧相な時代でしたし、今のように何がどうなのか分からないほどの情報は得られない時代でしたから、大きなインパクトになったことは当然でしたけど、スタッフサイドでは産みの苦しみは多分にあったでしょうね。
変身④
変身⑤
変身⑥
右に向けて水平にそろえた両腕を体の前で反転させ、体の左側で力こぶを作るように立てるというのが仮面ライダー2号の変身でしたが、初めての変身ポーズをとる時、一文字隼人役の俳優さんは手順を誤ってしまい最初にベルトのタイフーンを露出させてから両腕を右に向けて・・・というところ、ベルトの露出を忘れて変身ポーズに入ってしまい、両腕を右に向けて水平にそろえた両腕を体の前で反転させる途中でベルトを露出させてから両腕を体の左側に落としていく具合となってしまい、これは気合が入り過ぎたための誤りでしたが、放送ではそのまま放映されることとなり、それが余計にインパクトを引き出したようです。
仮面ライダー旧1号にはなかったシャッターがタイフーンの中で開くというのもインパクトがあり、そこでジャンプして風邪を受けることで風力エネルギーを蓄えるということで返信していきましたね。
何故か、この仮面ライダー2号の変身ポーズの後に仮面ライダー1号の変身ポーズが出てきたのですが、後の仮面ライダーはほとんど仮面ライダー1号の変身ポーズが踏襲されていました。
でも、この独特だった仮面ライダー2号の変身ポーズは大好きで、よく真似して遊んだものです。
変身ポーズは、子供にとって単純であった方が真似しやすいことも、大ブームを轢いだす大きな要因になっていたようにも思われます。

仮面ライダーはメカ内蔵の改造人間でしたから、変身ポーズをとることは体内のスイッチを入れることおになり、「変身!」と叫ぶのは脳改造を施されていない改造人間が仮面ライダーでしたから精神統一を図るための一つの雄たけびみたいなものだったんでしょうね。
様々な要素と思考を取り込みつつ、この変身ポーズはすべての始まりであり、大ブームが巻き起こったのも今にして思えば、必然だったかもしれません。
何故なら、この変身ポーズ導入は強いHERO像を我々に与えてくれたのですから。
変身⑦
変身⑧
変身⑨
変身⑩
変身⑫

RAH220 No.42 一文字隼人 (仮面ライダー旧2号)

新品価格
¥14,500から
(2017/3/19 23:25時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダー旧2号 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥10,980から
(2017/3/19 23:26時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新2号(Ver.2.5)『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,300から
(2017/3/19 23:26時点)


ネオ・ショッカー改造人間第1号:ガメレオジン4

カメレオジン
「ガメレオジン」

仮面ライダーシリーズ第2期は、俗称スカイライダーから始まりました。
仮面ライダーアマゾンで取り組んだ原点回帰は、仮面ライダーシリーズ第1期と第2期の間に若干間があったこともあって、取り組み方が素直になりました。おt
暗黒の秘密結社はその名もネオ・ショッカー。
あのショッカーの冠を被せ合わせたもので、創出される改造人間もあのショッカーが連想されそうなものでした。
その第1号改造人間は、やはり組織が生態科学者の手を借りようとして化学者を拉致する役目を負ったガメレオジンでしたね。
周囲のいたるところに蜘蛛の巣のような罠を張っていた蜘蛛男に対し、保護色を使って周囲の風景に溶け込んで姿を消しての隠密活動を図るカメレオンの特徴を有した改造人間でしたけど、こういう設定だとその科学者がネオ・ショッカーに狙われていることを知ると、何処にも逃げられない心境となり、組織に協力せざるを得ない状況を作り出すような効果を狙っていたことも伺うことが出来そうです。
そういう設定も、新組織が暗黒組織だからこそ有り得たものだと思いますね。
蜘蛛男にせよガメレオジンにせよ、組織は常にお前を狙っているぞということを思い知らせる効果的要素としては同じだったということです。
ただ、ガメレオジンは周囲の風景に溶け込む中で身体の一部だけを浮かび上がらせる能力もあり、強烈な恐怖心を植え付けることができた上に、その特徴は相手を締め付け、時として剣になり鞭になり得る長い強烈な舌という優れた武器があったことは、やはり改造人間としてはかなりレベルが上がっていた印象がありました。
両岸の間の赤い三角マークは、ガメレオジンに限りませんが、ネオ・ショッカーの改造人間は能力を発揮すればするほど高温化するようで、それを冷却するメカのシンボルのようでしたけど、ガメレオジンの外見的特徴としてのワンポイントになっていたようです。
カメレオジン③
ただ、見方は違いますが、スカイライダーは政策に関してかなり低予算におさえられていたこと、造形担当会社がここから変わってしまったこともあって、ガメレオジンのスーツ自体がかなり陳腐に見えていたこともありました。
低予算であったことはどの仮面ライダーも同様のようですが、造形担当会社が変わった影響はここから仮面ライダーという番組のイメージが崩され始めたことになり、その延長上に今現在の仮面ライダーと呼ばれてしまうまったく別のHEROらしきものも大きく影響受けています。

また新たに仮面ライダーを見たいと思う者には、ここが最もつらかったという感じがありまっすね。
それでも、物語としては興味が惹かれ、その最初であったガメレオジンは設定としては印象に残るものでした。
カメレオジン⑤

プレミアムバンダイ S.H.フィギュアーツ スカイライダー 強化前

新品価格
¥6,980から
(2017/3/18 23:53時点)



S.H.Figuarts スカイライダー&スカイターボセット

新品価格
¥12,300から
(2017/3/18 23:55時点)



仮面ライダー S.H.Figuarts スカイライダー(強化前)

新品価格
¥8,480から
(2017/3/18 23:55時点)


平成ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマンティガ~ゴルザ5

ゴルザ
「ゴルザ」

久しく見てなかった特撮怪獣番組。
多分、時代が平成になって初めてTVドラマとして企画されたウルトラマンティガは、斬新な要素を多く取りれながらも新たな機軸を作り上げ、平成初のウルトラマンとしては素晴らしいものでした。
特撮HERO番組だからこそ、新HEROと対峙した怪獣はもう一つの主役であり、存在的にとにかく大事なものだったと思います。
ウルトラマンティガは光の戦士であり受け継がれていくものでしたけど、その設定が超古代文明にあったことなど知る由もありませんでした。
ティガのピラミッドの中にあったティガの石像は、超古代において戦い抜いた戦士が光を失ったものらしいですけど、そんな超古代においてウルトラマンティガと戦っていたのは超古代怪獣たちらしいですね。
モンゴル平原に突如として現れたのはゴルザでしたけど、見た目がなんと生命力にあふれた怪獣なんだろうというイメージが湧きました。
超古代から何戦年も地中深く生き長らえてきたのか、その遺伝子が受け継がれてきたのかは分りません。
けど、モンゴル平原に現したゴルザの姿は、紛れもなく地球産の大怪獣であり、しばらく見てなかった怪獣が平成という時代でまた見ることができるという期待度以上のものでした。

モンゴル平原で姿をあらわしたゴルザはまた地中にもぐり、東日本の秋田付近に現れます。
秋田県の山中に姿を現したティガのピラミッドは、光の遺伝子を受け継ぐ者が覚醒してティガの石像と一体化することの予兆であり、それを怖れてゴルザはそこに向かってティガが現代において復活することを本能的に妨げようとして地方中核都市を蹂躙しながら突き進みます。
ゴルザの頭部から発射された光線は超音波光線らしいですが、この光線の分子とティガのピラミッドを構成していた分子は、光と闇の差はあれど、分子的に同じ構造を持っていたから、ゴルザの発した光線がティガのピラミッドを構成していた光の分子を、まるで相殺してるかのように消し去っていきます。
ゴルザは確かに怪力・剛力の持ち主でしたけど、超音波光線を見るに高い戦闘力を有した怪獣だったとは言い切れなかったかもしれません。
ウルトラマンティガが現代において復活し、当初はゴルザがパワーで凌いでいましたけど、ウルトラマンティガがパワータイプにチェンジすると太刀打ちできないように姿を消してしまいました。
ゴルザはデザイン的にも傑作だったので、第1話で消し去ってしまうのが惜しい気もしてましたので、こういう展開もその後に期待できるものだと感じていました。
ゴルザ⑤
ゴルザは今でも大好きな怪獣です。
時代が変わると怪獣も変わるとも言えますし、その度が過ぎると時代のエッセンスに負けてしまうところですが、設定自体が超古代にあったということが幸いして、ゴルザは怪獣の王道を行くような懐かしさもありました。
久しく見てなかった本格的大怪獣ゴルザ。
このゴルザは、ウルトラマンティガで後に見ることができますが、次作であったウルトラマンダイナにまで出てきたとすると、やっぱり傑作怪獣だったということになろうかと思います。
ゴルザ②

魂ウェブ商店限定 ULTRA-ACT ゴルザ

新品価格
¥19,380から
(2017/3/17 22:30時点)



ウルトラアクト ウルトラマンティガ ウルトラマンティガ(マルチタイプ) 約160mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥13,199から
(2017/3/17 22:31時点)



ウルトラマンティガ Complete Blu-ray BOX

新品価格
¥34,360から
(2017/3/17 22:31時点)



ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマン80~クレッセント4

クレッセント④
「クレッセント」

見た目の印象とネーミングに解離性を感じる怪獣でした。
月の輪熊がモチーフだったとは言い切れないでしょうけど、クレッセントの首の付け根の辺りに見えた模様は一つのアクセントになり、存在感を浮きだたせていたように思います。
地中を高速で掘り進む怪獣であったという設定で、当初は身体能力が怪獣としては乏しい面があるから実体化にうまく結びつかず、でも、移動するたびにマグニチュード8位の大地震を起こすようになったその衝撃は、クレッセントの身体能力の向上を現し、遂に実体化していたようですね。

ウルトラマン80はもちろんリアルタイムで見ることがなく、後年ビデオが出てから見たのですが、そこに登場する怪獣には目を見張るものがありました。
ウルトラマンレオ終了から5年ぶりの怪獣ですか・・・
もちろん実写版怪獣としての話ですけど、こうして見てみるとウルトラ怪獣は手を変え品を変えて何年も続いていたわけですけど、そうしてまで続けてる意味はなかったのだと感じます。
一つの特撮HEROモノを続けると、考えるとか作り上げるものにネタが尽きてしまい、底辺を低空飛行してしまうことになるからです。
結果論かもしれませんけど、クレッセントを見てると番組的に空間というか時間があると、こんなにも見事でユニークそうな怪獣が演出できるのかと思ってしまいます。
決して本格怪獣という感じもしませんが、クレッセントを通じてウルトラマン80に登場した怪獣たちを見てると、怪獣に限っては、もう何年も前に登場しててもいい位の怪獣でした。
怪獣と言えば巨大である必要はないのですが、イメージとして巨大であることはつきものだし、身体全体が三角形であることや怪力の持ち主であることは、抜き差しならぬ大きな要素だったと思います。
クレッセントは、地中を高速で掘り進む「能力が基本として会ったわけですから、言われるまでもなく怪力・剛力の持ち主であったことは確かなことですね。
クレッセント
ウルトラマン80という番組のモチーフになったのがマイナスエネルギーでした。
クレッセントには大きなマイナスエネルギーというものは感じなかったのですが、人間が進化することに伴う自惚れや悲哀みたいなものは進化につきものであり、数年にわたって怪獣悲劇に出会わなくて済んだ人類が、勝手にそれを忘却の彼方に追いやってしまったことによって、大きな悲劇を自らが知らぬ間に招いてしまったことの一つが、怪獣クレッセント登場になっていたように思います。

火を吐くかと思われたクレッセントは、両岸から破壊光線を出すところは設定的にユニークであり、この赤色破壊光線を発するときにクレッセントの身体が高熱を発することで、首の付け根の辺りに見えた三日月の模様が高揚して赤くなるなんてことがあったりしたら、余計に見栄えがしたかもしれませんね。
クレッセント③

メディコムトイ×マーミット 怪獣天国 月ノ輪怪獣クレッセント

新品価格
¥15,800から
(2017/3/16 22:29時点)



大怪獣シリーズ ウルトラマン80 Ver.2 (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥17,980から
(2017/3/16 22:30時点)



ウルトラマン80 DVD30周年メモリアルBOX I 熱血!矢的先生編 (初回限定生産)

新品価格
¥22,000から
(2017/3/16 22:31時点)



プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンガイア~ニセ・ウルトラマンアグル
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンガイア~ニセ・ウルトラマンアグル
  • ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人
  • ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンダイナ~ギャンザー
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンダイナ~ギャンザー
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ