ゲバコンドル
「ゲバコンドル」

仮面ライダー旧1号に倒されてきたそれまでの歴々のショッカー改造人間の長所だけを選りすぐって、創出された改造人間がゲバコンドルでした。
「暴力」を意味するドイツ語・ゲバルトの略であるゲバは、あのナチスドイツを連想させ、ショッカーとはやっぱり
ナチスドイツの流れをくむ暗黒組織だったというイメージが膨らみます。
ゲバコンドルは特に蜘蛛男、蝙蝠男、さそり男、サラセニアンの要素が強いらしいですけど、それにしても俊敏性や仮面ライダー旧1号の攻撃にしっかり耐えうる身体能力の頑丈さを感じますね。
俊敏性は、ゲバコンドルがコンドルがモチーフである改造人間だったことから、独特の能力だったんでしょうけど、若い女の生き血で蘇ったり活動エネルギーとしているところなどは吸血型改造人間という見方もできるところから、生命力の強さという裏打ちがあって出てきた能力だと思います。

この頃の仮面ライダー旧1号はまだその身体能力に頼った戦い方をしていました。
その攻撃を耐えうる、いや苦ともしないゲバコンドルは身体能力的に仮面ライダー旧1号を上回っており、仮面ライダー旧1号の素体であった本郷猛が天才科学者でなければ負けていたでしょう。
これだけの改造人間を創出できたのは、ショッカー科学陣のデータ解析力の高さがあったからこそなんでしょうけど、それでも仮面ライダー旧1号の身体能力を上回りながら勝ちきれなかったところは、暗黒組織と言えど7草創期にあったということなんでしょう。
それまで9体もの改造人間を倒してきた仮面ライダー旧1号の戦闘経験が、まるで分析されていなかったということになります。
しかし、それでもゲバコンドルは強いという感じがあって、この当時のショッカー・エース改造人間だったということになるでしょうね。
ゲバコンドル③
ゲバコンドルはコンドルの改造人間でしたから、持っていた俊敏性の一つは滑空能力で、飛翔能力ということではないでしょう。
でも滑空能力は高さを有し、それは仮面ライダーにない能力でもありましたから、苦戦を強いられた一つの要因でした。

ゲバコンドルのこうした強さは、生き血を活動エネルギーにしていた吸血鬼のような恐ろしさと言葉を発しない叫びだけを伴う行動が却って不気味さを醸し出し、得も言われる怖さを演出されていたところに起因していました。
下手にしゃべると纏わりつくような強力さが失われるため、せっかくのエース改造人間がもったいない感じがし、ショッカーという秘密結社の持つイメージがそのままゲバコンドルに通じていたと思います。
この後にも強力改造人間としてはトカゲロンが出てきますが、トカゲロンは素体であった人間の脚部の強さが土台であったのに対し、過去のデータを土台にした改造人間がゲバコンドルだったと思いますが、組織の色が如実にでていたのはゲバコンドルでした。
まあ、改造手術の際、生体能力と知力が供えられなかっただけかもしれませんが、それは仮面ライダー旧1号を倒すのにはそれだけ困難さがあったということかもしれません。

なお、ゲバコンドル登場のこの話は滝和也という名脇役初登場の話であったことも記憶に留めておかなければなりませんね。
ゲバコンドル⑦
ゲバコンドル⑤