イカゲルゲ②
「イカゲルゲ」

グロテスクという感じよりも、非常にユニークさが感じられた外見のイカゲルゲ。
細かさが強調されてグロテスク感たっぷりだったフランケルゲの次に登場したイカゲルゲは、外見上の細かさはなかったものの、特に上半身についてはイカらしく多数の足が頭部から生え、しかも古風なメガネをかけたようなイカゲルゲの眼が傑作でユニーク感満載でした。
イカゲルゲの頭部から生えていた以下の足にはきちんと吸盤があって、それは足というより大きく強烈な無知のようでもありました。
外見的には単純そうできちんと細かい細工はなされていたわけです。

イカゲルゲの時は、まだドルゲ魔人ではなくドルゲマンと言われ、ドルゲの細胞をイカに埋め込んでみたらこういう想像もできない反応の末にイカゲルゲは生まれてきたといったところでしょう。
その姿は、さしものドルゲも想像できなかったかもしれません。
だけど、自らの細胞埋め込んだドルゲマンでしたから、人間の脳細胞に寄生してその自由を奪ってしまうというPLG細胞というものが操れていたのかもしれません。

決してお気に入りのドルゲマンではなかったし、特にイカゲルゲの前に登場していたフランケルゲと対照的だったがために印象に残ったのかもしれません。
頭部からのイカの足も去ることながら、その頭部からイカ墨まで吐いてくるとは、如何にもバロム1らしい怪人だなあと思いましたね。
イカゲルゲ④