ジシャクイノシシ

仮面ライダーはショッカー時代の動植物単体と人間の合成改造人間からゲルショッカー時代の2体の動植物と人間の合成改造人間を経て、仮面ライダーV3登場と合わせて出てきた暗黒組織デストロンからは機械と動植物と人間の合成改造人間となりました。
機械合成改造人間というデストロン改造人間は、大幹部ドクトルGが倒されるまで続きましたけど、その大幹部ドクトルG登場に際して活躍したジシャクイノシシが大きなポイントになっていたと思います。
機械と言っても様々でしたけど、破壊力に優れたものもインパクトがありましたが、ジシャクイノシシという磁石が身体に埋め込まれて強烈な磁力を発揮し、仮面ライダーV3の電子頭脳まで影響を及ぼした機械改造人間は見た目以上に強力なものだったと思います。
右腕に仕込まれたスーパー磁石は、仮面ライダーV3の電子頭脳というより体内メカに大きく影響し、その磁力の前に仮面ライダーV3は大技・逆ダブルタイフーンで戦闘状態から離脱しないといけなかったほど強力なものでした。
走行する新幹線や飛んでいる飛行機まで走行・飛行不能状態にまで追い込むだけではなく、破壊までしてしまうとんでもないもので、このスーパー磁石の磁力発生はジシャクイノシシの右腕だけではなく、鉄仮面状態であった頭部から上半身の装甲からも発生していて、協力バリアまで発生していたという優れものでした。

後に仮面ライダーストロンガーの後半で登場してきたデルザー軍団の中に磁力を武器とした磁石団長がいましたけど、ジシャクイノシシは磁石団長に勝るとも劣らない磁力の持ち主だったと思います。
ジシャクイノシシ⑨
ジシャクイノシシの強力さは正に大幹部にも相当するもので、仮面ライダーV3にこのスーパー磁石はV3電熱チョップで叩き落されてしまいますが、バリアの利かなかった背後をとられたところで瞬時にV3電熱チョップを喰らったためであり、仮面ライダーV3の瞬時の動きにしてやられてしまったというところでしょう。
しかし、ジシャクイノシシには時速300kmもの速さで敵に体当たりする「イノシシダッシュ」という必殺技があって、これはイノシシの改造人間たる所以だったでしょう。

ジシャクイノシシは大幹部ドクトルGの日本上陸を仮面ライダーV3に気取られないよう騒ぎを起こすことを任務としていましたから、そに任務を果たそうとして「イノシシダッシュ」を繰り出していましたが、なんとも任務遂行とスーパー磁石を叩き落されたショックで泡を食ったように「イノシシダッシュ」を繰り出していたようにも見えました。
この思い切り直線的な必殺技は、それまでにない突撃力があったようにも見えましたけど、相手は仮面ライダーV3でしたし、それまでのデストロン改造人間を葬り去られたところを思うと、「イノシシダッシュ」を繰り出す前にスーパー磁石で仮面ライダーV3の動きを封じ込めておく必要がありました。
任務が任務だっただけにその遂行に思いが行ってしまったのでしょうけど、ジシャクイノシシ自体の能力を思うとその任務よりも任せるべき任務がほかにもあったと思いますね。
ジシャクイノシシ①