イフェメラ
「薄命幼獣 イフェメラ」

イメフェラは薄命怪獣という肩書がありました。
それは、500年に1度卵から孵化し、わずか1日で幼獣から成獣に成長して卵を産んで死亡するという縮図を織り込んだ怪獣でした。
薄命というより短命な怪獣といった方がよかったかもしれません。
怪獣を生き物としてとらえていた側面は、怪獣と言えど卵から孵化するというところでしたけど、その卵は500年に1度ということですから、従来の生き物としてはまさしく怪奇な生き物で、それだからこその怪獣だったという気がします。
長い長い時間をかけないと孵化するまで卵自体が成長というエネルギーが凝縮せず、でも孵化してしまうと幼獣はあっという間に成獣化するのですが、それだけエネルギーが膨大である割に消費されてしまうという悲運の怪獣だったと思います。
昆虫類でも卵を産んで親自体はすぐ死んでしまうものもありますが、イメフェラの場合、生まれた子供自体の寿命がわずか1年ということですから、卵を産み、孵化させまででエネルギーのほとんどを消費してしまうことについては運命とは言え、逆らえない命を与えられた悲しさがあります。
成獣と化すと、それはまさしく怪獣であり、外見的に見てしまうと人としては恐ろしい怪獣に見えてしまうのは仕方のないことです。
ただ、イメフェラは頭の触角から怪光線を発射する能力があったものの決して好戦的な怪獣ではなく、仕掛けなければ応じず、定められた悲しい命を定められるままに生きていただけの怪獣でした。

過去の日本でも平安時代や室町時代に出現していたらしいですが、怪獣を倒せる武器を持ってしまった人間がいる時代に生まれてしまったのも悲運でしたが、武器を持ってしまった人間は、自らを妨げる者はとにかく排除しようとする悲しい側面をみせていたことを思い知らされる怪獣でした。
イフェメラ③