レイビーク星人④
「誘拐宇宙人 レイビーク星人」

幾何学模様でおかっぱ型の印象的な宇宙人として、初代ウルトラマンに三面怪人ダダが出ていました。
ダダはどういう目的だったかは忘れましたけど、標本を集めようとして人間をミクロ化する縮小光線を放つ光線中のようなものを持ち、初代ウルトラマンに対してもその縮小光線を浴びせて、人間大にしていました。
初代ウルトラマンには巨大化能力が当たり前のようにあったため、それは無意味でしたけど、平成初のウルトラマンであったウルトラマンティガにもその縮小光線を放つ武器を携えたレイビーク星人が登場していました。
レイビーク星人もウルトラマンティガに対してその縮小光線を浴びせていましたけど、やはり無意味でしたね。
この時のレイビーク星人は、母星で奴隷のように酷使して滅亡寸前まで追いやってしまった生命体が地球人に酷似していたため、地球に飛来したらしいですが、奴隷扱いを考え直すようなことをせず、ひたすら奴隷の労働力を求めていたところに悪辣さと卑しさがあったと思います。
なんせ、労働力としか奴隷を考えていなかったところがイヤで、そのイヤさの象徴のようなカラスの顔をしていたところに憎々しさがりました。

レイビーク星人は、赤い目をしボス格のレイビーク星人以下、黄色い目をした部下何体か引き連れ円盤で飛来していましたけど、特に集団で行動するわけでもなく、三面怪人ダダのようにいくつかの超能力を有していたわけでもありませんでしたから、いくら狡猾であっても奴隷を奴隷としか考えられないことに表れていたように、侵略者としてもそれほどレベルの高さを感じる宇宙人ではありませんでした。
レイビーク星人は巨大化することなく、ほとんどが人間大であったため巨大化能力を有するウルトラマンティガに対してはアジトと円盤で対抗するしかなく、しかもかなり狡猾でなければいけないところ、敵を深く知ることもありませんでした。
外見がカラスのようでもあったためか、闇夜に紛れて行動することで敵に恐怖感を与えてはいましたが、その存在に気が付けば地球人でも十分に対抗できていたと思われます。
まあ、人間大のウルトラマンティガを見られたことは初めてでしたので、初代ウルトラマンと同様、とっても珍しいことではありました。
レイビーク星人③