パンチレーザー
「パンチレーザー」

ウルトラマンAはウルトラセブンと並んで光線技の名手。
特に切断光線に優れた能力を発揮していました。
でも、何故かパンチレーザーが好きで、ウルトラマンAの必殺技でありながらい決め技にはなったことのない子のパンチレーザーが見たくしてしかありませんでした。
ウルトラ念力に優れたウルトラセブンは額の真ん中にビームランプがあって、ウルトラセブンの脳髄とリンクしてるイメージがありましたけど、ウルトラマンAのビームランプ(ウルトラスター)は、ウルトラマンAの頭の突起物にボタンのようにくっついていました。
ウルトラセブンのように体の一部ではなく、まるで後からつけてしまったウルトラマンAのビームランプにはウルトラマンAの意思が十分伝わっていなかったのかもしれません。
ウルトラ戦士の根本的なエネルギー源はディファレーター因子にありますが、それを独自に決め技になる光線まで持っていくにはウルトラ戦士個々の意思力が必要でした。
しかし、何者かもわからない怪獣や宇宙人との戦いの中では、身体能力による体技だけではなく、また決め技だけでもないいわゆる牽制技が必要だったはずです。
ウルトラマンAには決め技となる光線技も多かったですけど、こうした牽制技も多く、その代表格がパンチレーザーだったと思いますね。

多分ウルトラマンAが登場して初めてt戦った超獣ベロクロン戦で、ベロクロンが口からミサイルを発射しようとしたところでウルトラマンAがパンチレーザーでそのミサイルを破壊した印象が忘れられないんだと思います。
ウルトラセブンが電磁波エメリウム光線を発射するようなポーズでウルトラマンAがパンチレーザーを効果的に発射する、そういうところが快感だったんですね。
威力の調整はできなかったものの、使い方次第でより効果的になる牽制技、それがパンチレーザー。
エメリウム光線ほどの威力はありません。
それはウルトラマンAの脳髄から意外と遠く、肉体や器官ではなく、骨格脳ようなところに発射口があったことによるものでしょうけど、額にビームランプを持ちながらそこからビームを発射した戦士って、ウルトラセブンとウルトラマンAしかいなかったように思います。
まさしく代名詞のような光線技でしたけど、牽制技の大事さを教えてくれたような光線技でした。
パンチレーザー③
パンチレーザー④
パンチレーザー⑤



RAH リアルアクションヒーローズ ウルトラマンエース 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥19,930から
(2019/6/14 22:14時点)