ハネジロー③
「迷子珍獣 ハネジロー」

マスコット的な怪獣、、、怪獣って基本的に人の敵で、倒さなければいけない悪行を働いているものでした。
これって大怪獣ゴジラの存在が大きかったと思います。
そこに魅力があり、怪獣たるもの、そうしたところに見応えを感じていましたね。
怪獣への見方が変わったのは、初代ウルトラマンの時のピグモン、ウルトラセブンの時のミクラス、ウィンダム、千明のカプセル怪獣でした。
人の味方、友好性や悪の怪獣などを倒そうとする怪獣もいるんだ、そこに新鮮さと面白みを感じていたりしました。
ピグモンは等身大、カプセル怪獣は巨大怪獣という差やニュアンスの違いはあれど、怪獣が人の味方や対策を練る情報をもたらしてくれるというのは面白いと思いましたね。
これも折からの怪獣ブームの最中にあった初代ウルトラマンやウルトラセブンというHEROがあったればこそだったんでしょうけどね。

ここから昭和においては、セブンガー等の若干の例外は除いて、人の味方や人に愛される怪獣が登場しなかったのは、偏に怪獣ブームが去ったこともあったでしょう。
時代は平成に入り、怪獣のコンセプトも様々なものとなりました。
今のようなペットブームこそまだなかったものの、ウルトラマンダイナにおいてハネジローが登場したのは、怪獣のコンセプトをあちこちにおいていた賜物だったように思います。
マスコットのように愛される怪獣がいたっていい、そんな具合に考えていたかもしれず、ハネジローを見ているとどこかピグモンの存在が見えてきそうです。
ハネジロー②
ハネジローが登場したのは、怪獣モンスアーガーが登場した話のメラニー遊星でしたけど、遊星なのに人がひきつけられるような光景を演出していたメラニー遊星は、ハネジローが出てくる演出、設定だったような気がします。

ハネジローは実はファビラス星人の星にいたムーキッドだったということは、後にファビラス星人が登場したときにわかったことですけど、そこに至るまでまるで人のマスコット的な存在で、自分の記憶を映像化して投影したり、敵の弱点を透視、さらに束縛された相手を解放する青色解放光線を目から発射したりしていたところに愛される要素が散りばめられていました。
特に主人公に寄り添いながらのやり取りが可愛らしかったですね。

平成といってもウルトラマンダイナの頃は、まだ時代の駆け出しの時代でもあり、ハネジローのような怪獣は物物語の心の拠り所や緊張感を和らげてくれた存在としては非常にありがたかったですね。
ハネジロー⑥



111 まいご珍獣 ハネジロー

新品価格
¥8,000から
(2019/6/19 21:21時点)