ミサイルヤモリ①
「ミサイルヤモリ」

デストロン機械合成改造人間も、遂にここまできたかと思ったのがこのミサイルヤモリでした。
機械といってもミサイルという完全破壊武器であり、背中に大型旅客機をも破壊する大型ミサイル、左腕には3基の小型ミサイルが装填されており、ミサイルヤモリの体内はミサイルを作り出せる構造となっていたらしいですね。
右手は吸盤が付いており、どんな状況でも吸い付いて離れない立派な武器だったはずですけど、ミサイルという武器が目立ってしまい、吸盤というミサイルヤモリの武器が目立つことはありませんでした。
ミサイルヤモリは人間大であったこともあって、背中のミサイルは大型といってもそこまでの大きさは感じませんでしたが、弾頭部分に装填されている火薬の量がすごかったんでしょうね。
離れて戦うことに能力を発揮しそうな感じでしたが、左腕の小型ミサイルは敵が近づくことを許さない効用があったところ、とにかくミサイルヤモリは人間大でしたから、特に相手が仮面ライダーV3だったことを思うとき、懐に飛び込まれないわけはありません。
そのための吸盤だと思うのですが、ミサイルヤモリの吸盤はどんなところでも強力に吸い付くことはできましたが、吸引能力はなかったようですね。
仮面ライダー1号が戦ったゲルショッカーにネコヤモリという改造人間がいましたけど、ネコヤモリの吸盤のようにエネルギーを吸い取ってしまう吸盤能力がミサイルヤモリにあったとしたら、より仮面ライダーV3を苦しめることができたでしょうね。
ミサイルヤモリ⑤
ミサイルヤモリは従来の改造人間のように、対仮面ライダーということではなく、その大型ミサイルで石油コンビナートを破壊して混乱を招くことをメインとして作戦行動を支持されていたようですが、それも対仮面ライダーV3なくしてできることではありません。
ことあるごとに作戦行動を秘密裏にしようとしては、その行動を目撃され、目撃者を取り逃がしてしまうことを大幹部ドクトルGに叱責されていましたけど、それもドクトルGの作戦自体というよりその障壁を取り除くべき指示と対策をしていなかったというミスなんでしょうね。

大幹部ドクトルG登場以降、2体の改造人間が同時に出てくることはなくなってしまいましたけど、距離を置いた状況で効果をあげそうなミサイルヤモリでしたから、接近戦で小回りが効いて粘り強そうな改造人間を作り出すべきだったでしょうね。
ミサイルヤモリの自慢のミサイルという武器は、メカ的には究極の武器だったと思いますから余計にそう思いましたね。
ミサイルヤモリ⑦



ZIPPO 仮面ライダージッポーライター 「フェイスVer.35th Anniversary V3」

新品価格
¥32,184から
(2019/7/10 21:57時点)