ヤッタラダマス②
「ヤッタラダマス」

モチーフの名が改造人間の名前に入らないのは、意外と珍しく、外見だけではドラゴンがモチーフの改造人間だったとはわかりませんでした。
けれど、高温火炎を吐いたり電撃、そこに電磁鞭を使い、カードの使い手てバイクチェイスもこなしてしまい、仮面ライダースーパー1のエレキハンドに障害を与えていたなど、結構な傑作改造人間だったと思います。
ドグマの改造人間らしく、人々を洗脳しようとしていたのはドグマ王国から生れ出て、その世界の教えにまみれたからでしょう。
モチーフはなかなかわかりませんでしたけど、頭部に生えていた二本の突起物にはドラゴンらしく雷鳴を受け止めようとしていた如く、電気吸収のためのコイルが巻き付けられておりこれが電撃や電磁鞭の源になっていたんでしょうね。
一旦は敗れ去った仮面ライダースーパー1は、初戦の中でエレキハンドを破壊されていましたが、偶然の行為でこの改造人間の弱点が喉元にあったことを見つけたようですが、そうしたことよりコイルを巻いた突起物の破壊で局面打開を図っていた方が、いかにも仮面ライダーの物語としてはおもろかったかもしれません。
これによってエレキハンドは強化されますが、肉体的負担が増えてしまうためか、強化エレキハンドの発揮とまではいかなかったようですしね。

オチャラけたようなところもなく、洗脳行為に始まり仮面ライダースーパー1を配送させ、再戦時には見事なバイクチェイスを見せるなど、そうした活躍の中では行動を伴う策士のようでもあったヤッタラダマスは、名前だけがオチャラケ過ぎましたね。
ヤッタラダマスを見て、ネズミの怪人という人もいるようですが、目が節穴ですな。
名前が名前だけに、最初からバカにして横目で見てると自分の目の節穴さもわからないようです。
ただ、これだけの改造人間を出すわけですから、ネーミングは完全な失敗でした。

デザインや造形で失敗かなと思われる海造人間、奇抜すぎた改造人間が出てきて、このモチーフはナニ?と思うことはありましたけど、ネーミングの失敗は思い込みを増長させてしまった初の改造人間だったかもしれません。
ドグマ改造人間からジンドグマ改造人間が陳腐化していってしまったのは、この辺りからはじまっていったのかもしれません。
ヤッタラダマス⑤
ヤッタラダマス



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥52,611から
(2019/9/5 21:59時点)