HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

2019年07月

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第16号:ウルトラマンA~エースロボット4

エースロボット①
「エースロボット」

ウルトラ戦士は光の国から出てきたこともあって、寒さに弱点がありました。
初代ウルトラマンの時には感じなかったその弱点は、ウルトラセブンの時に顕著に現れました。
裏宇宙という次元を違えた空間に浮かぶゴルゴダ星は、極寒の地でした。
疑似のウルトラサインが上がっていたとはいえ、その極寒の地にウルトラ兄弟が集められることに疑義はあったと思います。
仲間のためにというのがウルトラ兄弟のすべてだったと思いますが、極寒の地に集められたのは異次元行動を得意とするヤプールの策略だったことが難でしたね。
極寒だったうえにヤプールの作り出す冷気にもよって、ウルトラ兄弟はエネルギーを失い、結果磔にされていました。
エネルギーを失いつつあったウルトラ兄弟からエースキラーはエネルギーを奪い取っていたわけですから、エースキラーの奪ったエネルギーは純度・濃度ともに凝縮されたものではありませんでした。
それも意に返さず、エースロボットをもって、エースキラーの性能テストを行いました。
関節や二の腕、腹部にプロテクターのあったエースロボットは、ヤプールが作り上げたロボットだと分かっていても、弱っていた身体を保ちつつ外見だけはそん色ないところを見ても、ウルトラ兄弟はいい気分はしなかったでしょう。

純度濃度ともに凝縮されていないものといっても、ゾフィからM87光線のエネルギー、初代ウルトラマンからスペシウム光線のエネルギー、ウルトラセブンからエメリウム光線のエネルギー、そして帰ってきたウルトラマンからウルトラブレスレット発射のエネルギーを奪取して使われば相当な威力があるものと思われます。
その中からスペシウム光線3発、エネリム光線2発、ウルトラブレスレット1発を食らっても倒しきれなかったエースロボットは、防御的にはかなりの出来栄えだったと思いますね。

ウルトラ戦士の偽物といえばザラブ星人が化けたニセウルトラマン、サロメ星人が作り上げてウルトラビームを仕込んだニセウルトラセブンと来てウルトラマンAに偽物はヤプールの科学力の粋を集めたロボットでした。
本物のウルトラマンAと戦うことなく、エースキラーの性能テストとウルトラ兄弟への精神的な大きな揺さぶりは、それだけで大きな意味を持ちそうでした。
最終的にはM87光線をエースキラーに放たれて最期を迎えていましたけど、偽物としても敵のボスであったヤプールありきのデモンストレーションを行うことについては、これ以上の演出はありませんでしたね。
エースロボット



ULTRA-ACT エースロボット&ゴルゴダ星セット(魂ウェブ商店限定)

新品価格
¥12,000から
(2019/7/17 21:48時点)


GOD改造人間第16号~アルセイデス3

アルセイデス⑥
「アルセイデス」

ギリシャ神話に登場する森の精霊(ニンフ) をモチーフにした神話改造人間がアルセイデスでしたけど、このニンフは複数形であり単数形となるとアルセイド。
森の精霊だけあって、樹木に関した能力を持つこととなり、自らが吐き出す緑の毒ガスで人を木に変えてしまうものでした。
ただ、アルセイデスのこの能力はGODとしても実験段階だったらしく、姿かたちは木にできても心までは変えられず、結局GOD総司令によって中止命令が出されていました。
無謀な能力だったと思います、生きてるものを木に変えてしまうとは。
人の心をなめ過ぎだったと思いますね。
アルセイデスがモチーフにしたのはその名と森林のイメージだけで、ギリシャ神話のそれとはかなりかけ放たれてるものだったと思いますね。
アルセイデスの武器はそれだけではなく、蔓の鞭と腰に差していた剣があり、神話上の戦士みたいな感じがありました。

アルセイデスは人を木に変える能力で功績をあげ、アポロガイストを出し抜いて大幹部になろうとしたGOD改造人間でもありました。
作戦の遂行具合で仮面ライダーXに変身する前の神敬介をつり橋から逆さ刷りにしてしまうなど、知力的に優れ、野心家でもありましたが、元が神話上の戦士然としていなかったこともあって、大幹部になろうというにはおこがましい感じがありました。

GODの大幹部はこの当時再生を果たしたアポロガイストでしたが、アポロガイストに代わる大幹部としては燃えるような存在感で戦士然としていること、或いは展開を大きく変えた存在感の強い者であることが必要だったようにも思いました。

多分、アルセイデスは登場してくる順番を違えてしまった改造人間であり、大幹部ならずともその腹心みたいな感じで作戦を遂行しようとした改造人間であるべきでしたし、もっとしっかりして完成された超能力を持たせるべきだったと思いますね。
アルセイデス①
アルセイデス



S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,000から
(2019/7/16 22:07時点)


ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマンネオス~アーナカルゲ3

アーナカルゲ①
「鉱脈怪獣 アーナガルゲ」

平成時代の初のウルトラマンはウルトラマンティガですが、それよりも前に企画されイベント的に舞台に立ったウルトラマンがありました。
ウルトラマンネオスがそれですね。
この頃はまだCGといっても技術的にたどたどしい時代でしたから、正式にはどんな因果だったのかわかりませんが、企画した方はTV番組としたかったようですが、そうならなかったのはウルトラマンネオスがイベント的にスタートしていたこととCG技術に関することが関係していたのかもしれません。
パイロットフィルムが制作され、その尺は短いものですが、ウルトラマンネオスとウルトラセブン21、ザム星人と怪獣ドレンゲランが登場していました。
登場していたキャラクターには興味津々でしたけど、なんせパイロットフィルムを見る機会がなく、それでもウルトラマンネオス自体は後にオリジナルビデオとして登場し、その中でウルトラセブン21とザム星人は表現されていますが、肝心の怪獣ドレンゲランは採用が見送られました。
ドレンゲランは鉱脈怪獣でしたけど、当初はウルトラマンネオス第1話に登場する予定もあったようです。
鉱脈怪獣というところが生かされ、正式に登場したのがドレンゲランということになりました。
アーナカルゲもユニークな発想の怪獣だったと思いますが、パイロットフィルムだけのドレンゲランはウルトラマンネオスとウルトラセブン21の2人の勇士を相手にした怪獣でしたから、ビデオ化に伴いドレンゲランも見られるのかなと期待感がありましたから、ちょっぴり残念というところでしたね。
アーナカルゲ
ビデオ化されたウルトラマンネオスではダークマターという世界観が取り上げられましたが、これは当初のアンバランスゾーンの行きついた一つということになります。
地球という惑星一つがアンバランスゾーンに突入したのでは怪獣乱出とはなりませんから、暗黒星間物質漂う空間であるダークマターが太陽系自体を覆うことでもたらされたアンバランスゾーンでは、予想もしえない現象が起こるというのがウルトラマンネオスの基本設定でした。
そのダークマターの影響で微生物が突然変異し、鉱山の坑道にあった岩石に取り付き、それがいくつも集合して合体したかのような怪獣がアーナカルゲでした。
アーナカルゲという名は、地元で神として祀られて崇められていた竜神の名だったようで、この辺りはウルトラシリーズではよく採用された手段でした。

アーナカルゲは極端な話、微生物の集合体だったこともあって集合離散が自在であり、多少の攻撃を受けてもその能力で再生してしまうという厄介な怪獣でした。
しかも両腕の伸縮が自在であり、腕先が槍状となっていること、微生物は岩石化していたことで強力だったこともありましたが、多分鉱脈内の岩石なの鉱脈の影響を受けた磁力も働いていたのでしょうね。
鉱脈石が攻撃、防御を果たしていた微生物の突然変異による怪獣がアーナカルゲということになるのでしょうね。

鉱石に弱点はありませんから、アーナカルゲの命の源となっていた微生物をどうにか研究することがアーナカルゲを倒すきっかけになるところ、微生物だけに低温に弱かったということは突然変異でも微生物であるという根幹は変わっていなかったということです。
ウルトラマンネオスのネオマグニウム光線で倒されますが、ドレンゲランを採用せず、同じ鉱脈怪獣としてアーナカルゲを登場させたことについては、もっと怪獣然とした行動がアーナカルゲには求められていたという点が漏れていた気がします。
しかもアーナカルゲの背後にはザム星人は存在しなかった、、、、これは従来イベントとして取り上げられていたウルトラマンネオスとは異なる世界観で表現されているということの始まりだったのかもしれません。
アーナカルゲ②



ウルトラマンネオス Blu-ray BOX

新品価格
¥11,358から
(2019/7/15 15:23時点)


豪島(ごうじま)~仮面ライダー真3

豪島
「豪島(ごうじま)」

仮面ライダーは生体改造を施された改造人間としてスタートしました。
あくまで生体改造ということで、そこに動植物の特徴を植え込み、改造人間として演出するところは仮面ライダーも敵改造人間も同じでした。
仮面ライダー2号の登場で、社会的な変身ブームを巻き起こし、仮面ライダーもシリーズものとなって幾多の作品が作られましたね。
気が付けば、仮面ライダーが誕生して20年目。
20周年記念として企画されたのが真・仮面ライダーでした。
仮面ライダーはその第1期でも原点回帰が図られています。
第1期では仮面ライダーアマゾンがそうでしたし、第2期ではスカイライダー、第3期では仮面ライダーBkack がそうでした。
どれも仮面ライダー1号への回帰が図られていたところ、仮面ライダーBkack に至っては仮面ライダー0号を目指すとされていました。
真・仮面ライダーも仮面ライダー生誕20周年としてまたもや原点回帰が図られたようですが、それまでの生体改造の果ての改造人間というのではなく、バイオ技術でバッタの遺伝子を注入された「改造兵士」というアプローチでした。

改造兵士にはレベルが3段階あったようです。
遺伝子情報を人体に埋め込み、ロボット工学の技術でメカを持ち込むことがレベル2だったようですが、真・仮面ライダーはこのレベルにあったようです。
敵の腹心、豪島も同じレベルだったようですが、純粋に遺伝子研究がなされたうえでの結果として生体兵士となった真・仮面ライダーに対し、財団というよくわからない組織の中で邪な思いの下で生まれてしまったのが豪島でした。
豪島①
普段は気味が悪く、体力にあふれた人間のようですが、気が高まり戦いの時は人工皮膚の下に隠された不気味な金属製のボディを露わししていました。
これが遺伝子情報を埋め込んだバイオ技術のなすところの変身だったのでしょう。

あからさまな武器は右腕の鋏のようでしたけど、それよりも邪な心と金属製のボディ露出したことで明らかになった体力と剛力でしょう。
バイオ技術によって遺伝子が人工的に人体に組み込まれ、しかもメカが導入されることでもたらされる体力や力といったものは、生身の普通の人間には想像できない、いわゆる怪人であり、まさしくそれは平気でした。
その発端に邪な考えがあったことで、至極暴力的になってしまったのが豪島であり、金属が皮膚となっていたこともあって防御的にもまさしく怪人でした。

真・仮面ライダーとは最終的にのハイバイブネイルで首を脊髄ごと抜き取られたものの、頭部と脊椎のみの状態でも意識を失ってはおらず、頭の中に隠された自爆システムを発動させ、脊椎を絡ませることでの自爆を試みようとしたところを見ると、この豪島を倒すことは破壊し尽くすこと以外何もないということなんでしょうね。
多分、豪島には死を恐れる気がどこにあるのかわからず、行動自体、そのポイントとなるものが身体のいくつかのところにあるということなのかもしれません。
動きはどこかに人間の陽であるところ、結局はメカに支配されていた生命体ということだったのかもしれず、これが真・仮面ライダーを企画した人が原点回帰を目指した一つの結論かと思うと、それは大きな間違いだったと思いますね。
豪島②



仮面ライダー:真・ZO・J Blu-ray BOX

新品価格
¥12,289から
(2019/7/13 22:50時点)


ウルトラ怪獣第16号:帰ってきたウルトラマン~シーゴラス4

シーゴラス②
「竜巻怪獣 シーゴラス」

シーモンスをいじめるな。

シーモンスをいじめれば角光り、シーゴラスも怒る。

四つ足怪獣だったシーモンスに対し、シーゴラスは二本足怪獣でした。
怪獣であれ、生き物ですから繁殖しようとするのは自然の摂理です。
産卵しようとしたシーモンスをシーゴラスが守ろうとする、それは当然といえば当然のことでした。
身体が並外れて大きく、それは人にとっては存在自体が信じられないところ、シーモンスが産卵しようとしてその場所を探していたのはわかるはずもありませんでした。
太平洋上には今でも無人島やわずかな原住民しかいない島々があります。
そうしたどこか謎めいた環境の中、シーモンスもシーゴラスその何処かで行け続けていたようです。
謎めいていたために人の言い伝えの中で存在していシーモンスとシーゴラスは、自然に最も近い解呪だったかもしれません。
シーモンスは津波怪獣と呼ばれ、シーゴラスは竜巻怪獣とされますが、どちらも角の発光によって津波を起こすほど神秘めいたところがりました。
人にとってはこの津波はとんでもない災害です。
人を守ろうとする帰ってきたウルトラマンは、この津波を防ごうとして帰ってきたウルトラマンの持っていた超能力をすべて披露してしまったかのような大技・ウルトラバーリアで、この大津波を防いでいました。
いくら超人ウルトラマンといえど、このウルトラバーリアには全エネルギーのほとんどを使わざるを得ず。このお技の後の戦いでいったん退却を余儀なくされてしまったのは仕方のないことでした。

産卵しようとする雌は、産卵時には気が荒れ、その伴侶である雄は雌を守ろうとするわけですが、伝説の怪獣であったシーモンス、シーゴラスの邪魔を人がしようとしたわけではありません。
産卵のために、目先が見えなくなっていたシーモンスは貨物船と接触してしまったことが不運でした。
動こうとしただけで津波が怒ってしまうシーモンスを、怪獣であるがために人が倒そうとし、その時に津波とともにシーゴラスが現れました。
木の荒れたシーモンスを守ろうとしてシーゴラスも気が荒れ、角の発光だけでなく、シーfゴラスのの発光は雷を呼び、電撃をくらわすほどに強烈になっていました。
シーゴラスの角の発光が強烈になったことでシーモンスの角の発光を呼び起こし、竜巻を起こさせていました。
津波、雷、そして竜巻。
これはすべて自然の為す行為であり、それが「海も、天も、地も怒る」ということで、いくら科学力が発達しても自然の猛威の前に、人間は無力であることを思い知らされるものでした。

長く伝説的に生き永らえてきたシーモンスもシーゴラスも、気性の激しい怪獣ではなく、どちらかというとっそり生きてきたおとなしい怪獣であり、ひょっとすると原住民の守り神のような怪獣だったかもしれません。
種をつなぐ産卵ということのために必死になり、それは主役がシーモンスであるところ、シーゴラスは自然の守護神のようにあり続けようとしていただけだったかもしれません。

自然の怒りはシーゴラスにあったのであって、それは自然なことであり、怪獣としてみれば能力的にも突出した能力の持ち主だったのかもしれませんね。
シーゴラス⑦



大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン シーゴラス&シーモンス フィギュア

新品価格
¥86,400から
(2019/7/12 22:37時点)


デストロン改造人間第16号~ミサイルヤモリ4

ミサイルヤモリ①
「ミサイルヤモリ」

デストロン機械合成改造人間も、遂にここまできたかと思ったのがこのミサイルヤモリでした。
機械といってもミサイルという完全破壊武器であり、背中に大型旅客機をも破壊する大型ミサイル、左腕には3基の小型ミサイルが装填されており、ミサイルヤモリの体内はミサイルを作り出せる構造となっていたらしいですね。
右手は吸盤が付いており、どんな状況でも吸い付いて離れない立派な武器だったはずですけど、ミサイルという武器が目立ってしまい、吸盤というミサイルヤモリの武器が目立つことはありませんでした。
ミサイルヤモリは人間大であったこともあって、背中のミサイルは大型といってもそこまでの大きさは感じませんでしたが、弾頭部分に装填されている火薬の量がすごかったんでしょうね。
離れて戦うことに能力を発揮しそうな感じでしたが、左腕の小型ミサイルは敵が近づくことを許さない効用があったところ、とにかくミサイルヤモリは人間大でしたから、特に相手が仮面ライダーV3だったことを思うとき、懐に飛び込まれないわけはありません。
そのための吸盤だと思うのですが、ミサイルヤモリの吸盤はどんなところでも強力に吸い付くことはできましたが、吸引能力はなかったようですね。
仮面ライダー1号が戦ったゲルショッカーにネコヤモリという改造人間がいましたけど、ネコヤモリの吸盤のようにエネルギーを吸い取ってしまう吸盤能力がミサイルヤモリにあったとしたら、より仮面ライダーV3を苦しめることができたでしょうね。
ミサイルヤモリ⑤
ミサイルヤモリは従来の改造人間のように、対仮面ライダーということではなく、その大型ミサイルで石油コンビナートを破壊して混乱を招くことをメインとして作戦行動を支持されていたようですが、それも対仮面ライダーV3なくしてできることではありません。
ことあるごとに作戦行動を秘密裏にしようとしては、その行動を目撃され、目撃者を取り逃がしてしまうことを大幹部ドクトルGに叱責されていましたけど、それもドクトルGの作戦自体というよりその障壁を取り除くべき指示と対策をしていなかったというミスなんでしょうね。

大幹部ドクトルG登場以降、2体の改造人間が同時に出てくることはなくなってしまいましたけど、距離を置いた状況で効果をあげそうなミサイルヤモリでしたから、接近戦で小回りが効いて粘り強そうな改造人間を作り出すべきだったでしょうね。
ミサイルヤモリの自慢のミサイルという武器は、メカ的には究極の武器だったと思いますから余計にそう思いましたね。
ミサイルヤモリ⑦



ZIPPO 仮面ライダージッポーライター 「フェイスVer.35th Anniversary V3」

新品価格
¥32,184から
(2019/7/10 21:57時点)


ウルトラ怪獣第16号:ウルトラセブン~ぺダン星人5

ペダン星人①
「策略宇宙人 ペダン星人」

シルエットだけの演出で、それでもかなり印象的な宇宙人でした。
よくよく調べてみると、「暗黒の星」と呼ばれたぺダン星は生物の存在はあり得ないとされ、そこに地球防衛軍が飛ばした観測ロケットを侵略とみなし、地球に復讐するとした無電を一度地球防衛軍のワシントン基地に飛ばし、地球防衛軍が用心を集めて対策会議を開こうとしたところに、忍び寄って暗殺していきました。
その行為がぺダン星人の作り上げたスーパーロボット・キングジョーを使ってのことでしたけど、分離可能で一つ一つのパーツが宇宙船でありロボットであって、水陸空すべて対応可能であったこともあり、強烈なイメージのあったキングジョーはパーツ状でも強力な感じがあり、それを作り上げて利用していたと感じただけでも恐ろしい感じのした宇宙人がぺダン星人でした。
結局最後の最後まで、ぺダン星人はわずかなシルエットだけで実態が出てきませんでしたけど、効果満点でした。

多分、キングジョーの印象が強かったことが、そのまま作り手のぺダン星人への印象となったのでしょうけど、シルエットだけの登場というのがまた余計に謎めいていたのでしょうね。

ペダン星は暗黒の星と呼ばれていたということは、その周りに恒星がなかったんでしょう。
恒星を取り囲む成形星系と別の星系の間の宇宙空間に浮かぶ惑星だったんでしょうけど、偏に人間が考えている生命体の存在の条件は、広大な宇宙においては当てはまらないことが多いと思いますね。
光があって大地に水があり、そこから大気が作られる中で生命体が生まれるということが人間がそうだっただけに考え付きそうなことですけど、宇宙自体が謎である中、人間が想像できる以上の条件の惑星はあるはずで、そこに生命体がいたとすれば、それこそが人間にとっては謎です。
その謎だらけの宇宙生命体がぺダン星人でした。
どういう状況でぺダン星人ンが存在したのかはわかりませんが、スーパーロボット・キングジョーを作り上げ、利用していたことを思うと、それだけ、いやこっちの想像以上の科学力をぺダン星人は持っていたということになりますね。

多分、暗闇の環境の中存在していたぺダン星人は、明るさに対する憧れがあったと思います。
復讐心のみで地球にやってきたぺダン星人の目にした地球は、それこそぺダン星人の想像以上のもので、こういう時に優れた科学力を持つ者は手に入れたくなるものだと思いますね。
数少なかったペダン星を知る者が地球にも存在していたことは興味深いところでしたけど、ぺダン星人はそこまでの対抗策も備えていたとなると、とんでもない宇宙人だったと思います。
ウルトラセブンことモロボシダンとの交渉も興味深いところでしたけど、幾重にも策略を練り、話術も見事なところでしたけど、それも交渉力と見極めがしっかりしていたことは地球人のみならず、ウルトラセブンをも超えた存在だったかもしれませんね。
ペダン星人



超合金魂 GX-37 キングジョー

新品価格
¥24,780から
(2019/7/9 22:11時点)


ゲルショッカー改造人間第16号~エイドクガー4

エイドクガー⑤
「エイドクガー」

知性と防御については、意外とかなりのものを持っていたのかもしれません。
ハエトリバチと仮面ライダー1号が海に落下し、その直後にショッカーライダーNo1に作戦変更を伝え、滝と立花が近づいてくるとショッカーライダーNo1と偽戦を行って欺かせる行動に出ていたのはすべてエイドぐがーによるものでした。
ショッカーライダーが6体すべて姿を見せ、仮面ライダー1号・2号のダブルライダーと相まみえた時、上空のヘリでその模様を図り、機を伺っていました。
これがヤブヘビとなり、逆にエイドクガーは捕らわれの身となりましたが、これも諜報部員の如く、その役目を遂行しようとしたものでした。

エイドクガーはエイと毒蛾の合成飼う遺贈人間です。
浴びてしまったら3日3晩、眠り続けてしまう毒粉を吐く能力を第一とし、右手が強力な槍状になっていました。
こうした能力はやりようによっては相手を倒すことにもなりますが、どうも攻撃としては決め手に欠ける印象がありました。
毒粉で眠らせ、、、捕虜になっても自らを仮死状態とし、その状態で自分の居所を知らせる電波を飛ばすこともその特徴でしたが、これは同時にアンチショッカー同盟の居所を探る行動にもなり、諜報行動というか敵を探り、正体を明らかとするというこちについての能力を秘めた珍しい改造人間だったと思います。
確かにショッカーライダーNo2と合わせて仮面ライダー1号と戦い、退けたこともありましたが、これはハエトリバチとの戦いで傷が癒えていなかった仮面ライダー1号が対抗しきれなかったということでしたしね。
エイドクガー③
それでも、ポイント・ポイントでエイドクガーの行動と存在がキーになった対ショッカーライダー戦でしたから、印象的でもありました。

いつの間に習得していたのかエイドクガーは仮面ライダー2号のライダーきりもみシュートで倒されていましたが、これも攻撃能力については今一つだったところ、自らの身を挺して仮面ライダー1号・2号のダブルライダーを防ごうとしたことの現れだったかもしれません。
エイの能力が全く表現されておらず、この点は改造素体を見誤ったゲルショッカーの失態だったかもしれませんね。
エイドクガー⑥



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新2号(Ver.2.5)『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥19,800から
(2019/7/6 22:31時点)


ウルトラ怪獣第16号:初代ウルトラマン~ドドンゴ5

ドドンゴ⑥
「ミイラ怪獣 ドドンゴ」

ミイラ人間の断末魔に引き寄せられるように復活した怪獣ドドンゴ。
ここまで四つ足怪獣は何体か出ていたように思いますが、怪獣の着ぐるみに入っていたのは一人。
二人が着ぐるみに入って怪獣を演じたのは、このドドンゴが初めてでしたね。
ウルトラシリーズ初の2人組演出の怪獣だったことから、スタッフが「ドーンと行こうぜ!」という掛け声や思いでドドンゴを演じようとしたため、怪獣の名前がドドンゴになったという逸話がありました。
怪獣の名は、その特徴や演じられ方、そしてイメージでネーミングされるケースが多かったと思いますけど、こうしてスタッフの意気込みから来ることは、時代を感じられてよかったと思います。
ドドンゴは東京郊外の丘陵で発見された壁画の中からよみがえった怪獣でしたけど、ドドンゴの先んじてミイラ人間が蘇ってしまったことと深く関係していました。
ミイラ人間も怪獣ドドンゴも丘陵の洞穴の中で何万年もの間、ともに仮死状態のような感じでsン材してたわけですから、死んでなくても生きているわけでもない状態の中、人には知り得ない関係が出来上がってしまったようです。
ミイラ人間が怪獣ドドンゴの指南役だったのか、怪獣ドドンゴがミイラ人間の守り神だったのかはわかりませんが、火が燃えてるようで麒麟のような姿をした怪獣ドドンゴは、血気盛んなかういじゅだったかもしれません。
ドドンゴ⑦
ミイラ人間同様、ドドンゴも目から怪光線を放っていましたけど、これは長年眠っていたことによる怨念が雷のような破壊光線なって武器化してしまったものでしょう。
しかし、初代ウルトラマンが登場する前に化学特捜隊によって、怪光線を発する両眼をつぶされてしまっては、その巨体を暴れさせることで破壊行動をするほかありませんでしたね。
初代ウルトラマンがドドンゴの背に乗ってしまったところなど、まるでロデオのようでしたけど、初の二人組の怪獣であってスタッフの意気込みとは裏腹に、こうした怪獣の戦闘シーン演出を図るにはたどたどしかったと思います。

けど、単に古代怪獣というのではなく、壁画から出てきてしまったミイラ怪獣の演出としてはかなり記憶に残った怪獣でした。
ドドンゴ⑧



ソフビ魂 怪獣標本3.0 ドドンゴ

新品価格
¥10,200から
(2019/7/4 22:10時点)



ショッカー改造人間第16号~カニバブラー5

カニバブラー⑥
「カニバブラー」

仮面ライダー初の北海道ロケで取り上げられた改造人間がカニバブラーでしたね。
しっかりとリアルタイムで見てましたけど、幼心にカニの改造人間ということはわかりましたけど、正確にはタラバガニだったということは面白かったですね。
この頃から仮面ライダー2号も本格的に仮面ライダーという戦士になった気がした話で、カニバブラーのまつわる大地震発生による大津波発生計画を知るや、仮面ライダーだけではなく滝和也やその取り巻きが、懸命にショッカーのアジトを探る行動は見ていて引き付けられるほど面白かったし、勉強にもなっていました。
カニの特徴は偏に甲羅にありますから、カニモチーフにした改造人間は甲羅に全身を包んだ防御率の高さにあったことはこのカニバブラーが先駆者でした。
まだ、仮面ライダーが有名になる前の時代でしたから予算的にも厳しかったところ、甲羅と両手についていた大きな鋏で全身を覆われていたカニバブラーの姿は、実に見事でいい演出だったと思います。
カニなもんだから泡を吹く特徴にも一工夫凝らされていて、何でも溶かしてしまう溶解泡だということでしたけど、その溶解泡を吹きだすカニバブラーの口にシャボン玉を吹くときのストローが差し込まれていたのには笑いましたね。

でも、カニバブラー登場の話はいかにも北海道で、東京近郊にいるはずの立花レーシングクラブ一行がなぜ北海道にいるのかというところも含めて他移動という土地柄も出ていて、いいロケだったと思います。
北海道といえば大地かと思いきや、主だった舞台は海でしたね。
海だけにカニバブラーが採用されたというところだと思いますが、海での仮面ライダーとカニバブラーとの攻防。カニバブラーの失態によってショッカーアジトへサイクロンを駆って仮面ライダーが突っ込んでいくなど、見どころ満載だったと思います。
カニバブラー④
カニバブラーの硬い甲羅は、ライダーキックを2度も耐え抜き、その大きな鋏は仮面ライダーなどを攻撃する武器だけでなくまるで手のように器用に使っていたところにも見どころがりました。

仮面ライダーに攻め込まれながら溶解泡で形勢を逆転させようとしたところ、鋏による攻撃を回避されて大岩に打ち付けた隙をつかれてライダーキックから渾身のライダーパンチで倒されましたが、こういうところに仮面ライダー2号の特徴が出ていて、初期ショッカーを語るうえで欠くことのできないカニバブラー登場の話でした。
カニバブラー②



メディコムトイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー怪人 カニバブラー フィギュア

新品価格
¥18,200から
(2019/7/2 21:25時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー旧2号 Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥17,999から
(2019/7/2 21:26時点)


プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ