ライダーパンチ(BLACK)
ライダーパンチ(BLACK)①
ライダーパンチ(BLACK)②
ライダーパンチ(BLACK)③
ライダーパンチ(BLACK)④
「ライダーパンチ(仮面ライダーBlack)」

ライダーパンチと言えば、仮面ライダーの基本技ですね。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号もこの技を使ってましたけど、特に腕力に優れていたとされた仮面ライダー2号はカニバブラー戦の時に決め技として使っていました。
これはリアルタイムで見ていて意外な嬉しいシーンでしたけど、ライダーパンチが決め技として使われたのはこの時だけのように思います。
、、、あ、仮面ライダー1号にも後にありましたね。
パンチ技の応用で発展した技が決め技になったこともありましたけど、これって仮面ライダー1号、仮面ライダー2号はバッタの改造人間であり、特に脚力に優れていたという特徴があって自然にキック技が決め技となっていったことによる繋ぎ技がライダーパンチになってしまったことによるものだと思います。
キック技の方が派手で見栄えがすることが大きいと思いますけど、放映してるカメラのアングル次第でリアルに、より見栄えがする方法が取られていたこともありました。
ここから、何年も経って仮面ライダーBlackの技を見た時、多分以前出来なかった撮影技術がうまくハマったシーンが決め技のライダーキックへの連携で見て取れました。
それが仮面ライダーBlackのライダーパンチだったんですね。

キングストーンの発するエネルギーで仮面ライダーBlackへ変身していきますが、この時のエネルギーを右の拳に集約し、ジャンプ一閃、相手に突撃するように繰り出すパンチ技でした。
後にライダーハンチは、装甲の強固なゴルゴム怪人に防がれたことにより、全身を屈伸することで威力を何倍にも強化したライダーパンチが編み出されていました。
キングストーン自体、この世を凌駕するほどの魔力があったものですから、そこから生み出されるエネルギーに仮面ライダーBlackの肉体、特に常人の30倍の力を有していた強化筋肉・フィルブローンが無ければ、ライダーパンチまで持って行けなかったでしょうね。
これは見映えが特にしましたね。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号で演じたかったライダーパンチは、この時の仮面ライダーBlackのライダーパンチのように身体から噴き出るほどの体内エネルギーで拳が発行してしまうほどの威力があったんだということを演じたかったんじゃないかと思います。
それが仮面ライダーBlackまできてようやく実現していたということじゃないかと思います。
これは次のライダーキックで更なる演出が施されて行きますが、それもこの時のライダーパンチ無くして有り得なかったことかもしれません。
ライダーパンチ(BLACK)⑤
ライダーパンチ(BLACK)⑥
ライダーパンチ(BLACK)⑦

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/5/28 21:53時点)



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥76,537から
(2017/5/28 21:54時点)



仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥17,198から
(2017/5/28 21:55時点)