エラーガ①
「宇宙古代怪獣 エラーガ」

神なんて、想像上の存在ですけど、意外と人類とDNA的にはそん色ない存在なのかもしれません。
人間が侵してはならない領域を持った存在、異や人間には侵せない領域なのかもしれません。
人間はそんな神によって創造されたのかもしれませんが、神の思うとおりに進化してきたのかは大いに疑問が残ることかもしれません。
想像と破壊、その中に戦争も当然のように含まれ、果ては滅亡させてしまう愚かさを持ったのが人類であり、神はそこを憂いているのかもしれませんが、神が人類を創造する際に基本的に植え付けていたことによるものが肥大して想像と破壊を繰り返している中で、自滅の道を歩んだかもしれず、神は憂うこと自体も創造主としては間違いだと思います。
人類創造を失敗として、粛正を図ろうとした際に呼び込まれた宇宙怪獣がエラーガでした。
当初はDASHでも倒せる程度でしたが、神のような存在だった氷の美女ニーナから与えられる生命エネルギーで皿の強力になっていく怪獣らしく、ウルトラマンマックスですら手の付けられない凶暴さがありました。

考えてみれば、人類は想像と破壊の歴史をくりかえしており、それが自滅までの力を持ってしまったのは神が根本的に人間に植え付けていたものが発端ですから、同じようなことでエラーガを創出して神が存在し得る限り倒されることのないエラーガは、破壊のみが根本として植え付けられていた怪獣とも言えます。
エラーガは根本的に体表自体が疑似金属製のうろこみたいなもので覆われており、頭上から強力な破壊光線を打ち出すなど、宇宙怪獣のようではありましたが、目に意思が感じられず、神の愚行通りに動いている異物のような怪獣のようにも見えました。

神は神ならば人間になんか殺されないものでしょうけど、ニーナがそうされてしまったのは肉体を失っただけに過ぎず、気が残されており、それが消滅する際の笑みに表れていました。
ニーナが肉体を保っていないと活動し得ない怪獣がエラーガであり、エラーガが倒されていく様の中に自戒の念と人類に対する警鐘があったのかもしれません。
エラーガ⑤

ULTRA-ACT ウルトラマンマックス

新品価格
¥11,250から
(2020/1/26 14:06時点)