バルタン星人(2代目)④
「バルタン星人2代目」

バルタン星人は、初代ウルトラマンの時だけで3体出てきます。
まあ、3代目はフォログラフでしたけどね。
世間的なイメージは2代目の方が強いでしょう。
初代バルタン星人は、ウルトラQの時に登場したセミ人間に忠実に本格的に侵略者に仕立て上げた感じが強くありました。
しかし、初代ウルトラマンの時の撮影は過酷を極め、徐々に撮影が放映に追いつかない事態が忍び寄ってきました。
バルタン星人も初代から2代目に至るまでそんなに時が経っていたとは思えないのに、初代バルタン星人の着ぐるみは修復できないほどの劣化を招いていたことは、着ぐるみの保存まで手が回っていなかった撮影の困難さが招いていたことだったかもしれません。
初代に比べ、顔の部分を始めとした全身がシャープになった2代目は、顔の凹凸があった初代バルタン星人の着ぐるみを再利用したものではなく、改めて用意されたものだそうです。
イメージは当然のように初代を引きずっていましたから、リアルで見ている頃はその違和感には気づきませんでしたが、今になって見返してみるとその違和感は相当なものですね。
バルタン星人は別称・宇宙忍者でしたから、その能力や背景には様々なものがあり、隠された能力がありそうなものが感じられました。
バルタン星人はしかも執念深く、同胞が初代ウルトラマンによって葬られたことで再挑戦を仕掛け、自らの弱点であった成分を多く含む必殺スペシウム光線を防ぐためのスペルゲン反射光を備えていたことと、八つ裂光輪をはねつけてしまう光波バリアーを展開していました。
それと同時に分身能力を使って、初代ウルトラマンをR惑星に連れ出すという周到ぶりでした。
初代に比べ、さらに未知の能力を展開し自らの弱点を補うのと同時にその狡猾さは、予想もしない展開を招いていたことに、ウルトラマンに登場した最高の傑作宇宙人であった要素が凝縮されていたように思いますね。
今でこそ、特撮番組としてのウルトラマンは子供番組なって必要以上に低年齢層が見る番組となっていますが、初代ウルトラマンの頃は子供も大人も入り混じってみていた番組であったことは、こうした隠れていそうな多くの魅力があったからこそでした。
バルタン星人(2代目)③
バルタン星人2代目のこうした狡猾さと多種の渡る能力による展開は怪奇性と相まって、どうなるんだろうというワクワクした展開になっていましたが、それに対峙しようとした初代ウルトラマンも謎の多い超人・超能力者でした。
スペシウム光線が必殺技であるというイメージの定着は、スペシウム光線を放つシーンを多くしなければいけないことと、そのエネルギーを使っての八つ裂き光輪という切断技を効果的に出すことで測られなければいけなかったわけですが、それが防がれても更にテレポーテーション能力を出していたことは新たな引出しを出してみる者を引き付けていたことに他なりません。

スペルゲン反射光も光波バリアーも、バルタン星人は常に使って展開していたわけではなく、スペシウム光線や八つ裂き光輪をはねつけた後、バルタン星人2代目が攻撃に打って出ようとしたときには展開しておらず、まさしくその隙を突いたような八つ裂き光輪によるバルタン星人2代目の真っ二つという切断と、スぺシム光線による念の入った留めの入れ方は、超能力合戦の展開の果てに行きづいたスカッとした爽快感みたいなものがりました。
バルタン星人(2代目)



ULTRA-ACT バルタン星人 (2代目)

新品価格
¥15,974から
(2020/2/2 22:10時点)