サソリ奇械人
「サソリ奇械人」

仮面ライダーシリーズも仮面ライダーストロンガーまで来ると、改造人間のモチーフも去ることながら、設定自体に行き詰まりが明らかとなってきていました。
サソリ奇械人は、その名の通りまさしく奇怪な感じがアリアリで、歴代のサソリの改造人間よろしくコテコテ感が如実に出ていました。
特に顔面の部分ですね。
これはサソリがモチーフなので当然のようでしたけど、それ以外の部分、両腕を除いた胴体から脚部に関してはあっさりしてしまったものでした。
思うに、ブラックサタンとは仮面ライダーストロンガーだけが突出してしまい、どうしてもそこを超えようとする改造人間が作り出せず、また、敵である仮面ライダーストロンガーをどうにかしてやろうという意気込みもあまり感じませんでした。
幹部であったタイタンだけがそれを感じる存在であり、その配下であった奇械人にはそれが乏しいことがもう一つ盛り上がり感を作り出せなかった要因でしたけど、これは奇械人とはどういう改造人間なのかに専心してしまった毛化なのかもしれません。

サソリ奇械人は左腕が大きな鋏で、切断力は抜群だったんでしょうけど、この鋏を伸縮自在の腕で至近戦でも距離があっても効果が発揮できるように設定されていました。
でも、その伸縮自在の腕がおもちゃのマジックハンドのようであったところに、魅力半減の要素があったということになると思いますね。
今に時代と違って、低予算で作ろうという時代でしたから、アイデア自体でどうにでも効果が出そうではありましたけど、いくら行き詰まり感があったからといって、おもちゃの世界まで取り込んでしまうのはどうかと思います。
手作り感満載で、アイデアの勝負ということは、リアルさが売りの時代でもあったということであり、そこにおもちゃの世界を取り込んでしまっては、面白さも半減してしまうと言うものです。
サソリ奇械人の左腕はハサミであることに対し、何故か右腕はサソリ麻酔銃であったという矛盾。
バランスが取れませんでしたね。

サソリ奇械人はまだ仮面ライダーストロンガーが始まって第3話目という時期であり、効果を早急に求め過ぎていたのかもしれません。
ブラックサタンレインジャー部隊の構成メンバー育成のための作戦とはいっても、いつも用いられる設定であるならば、もっと見応えのある展開であって欲しかったと思いますね。
サソリ奇械人④
サソリ奇械人①

S.H.Figuarts 仮面ライダーストロンガー 全高約14cm & カブトロー 全長約19cm セット ABS&PVC製 フィギュア

新品価格
¥14,200から
(2017/6/22 22:38時点)



リアルアクションヒーローズ DX 城茂&チャージアップパーツセット (仮面ライダーストロンガー) 12インチアクションフィギュア

新品価格
¥19,821から
(2017/6/22 22:39時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,500から
(2017/6/22 22:39時点)