クワゴ怪人⑦
「クワゴ怪人」

ゴルゴム怪人って、暗黒組織ゴルゴムが人間に動植物の能力を移植し、何万年も生きられる生命力を宿させる怪人でしたが、その源となる動植物は太古の昔から生き長らえてきたもので、改造手術の上で出てきた者は知能的には人間を感じるものの、外見と能力的には動植物の特性がより強いものと思っていました。
だから、源種を思う時、それなりに理解・解釈できなければいうけないところ、それがクワゴ(桑蚕)と来て分かる人はほとんどいなかったかもしれません。
仮面ライダー初期の改造人間の中には、そういう意外な動翼物がエッセンスとなり、特撮HERO番組でありながら、動植物の図鑑を見るかのような教育番組のような側面がありました。
仮面ライダーBlackは、いわば仮面ライダー0号を目指した番組でもありましたから、ゴルゴム怪人によってそういう側面も引き出そうとしていたのかもしれません。
クワゴはカイコの源種ということで、そこには蚕を包む糸がテーマとなりそうですが、それも蚕が分かればこその設定だったと思いますね。

糸を武器に出来そうなのは、何も蜘蛛に限ったことではないです。
蜘蛛は糸を吐き出し、ある種自分の武器のようにしますが、クワゴは身を守り成長させるものとして使われていたものですが、そこから発展した蚕は大変に人間にとって役立つものでした。
まさしく、糸ありきの生物ですが、これをゴルゴム怪人に生かそうとするとやっぱりクモ怪人のようになってしまいます。
しかし、それでも姿を現したクワゴ怪人はデザイン的に優れたものでした。
クワゴ怪人を考えた人って、相当そういう方面に造詣が深い方だったんでしょう。

クモ怪人と同様、クワゴ怪人の吐き出す糸は何重にも巻き込むことで、鋼鉄状の糸のように頑丈で丈夫なものだったと思います。
クワゴ怪人は、腹部も含めて6か所以上の意図を吐き出す器官を持ってましたから、仮面ライダーBlackもあっという間に丸め込まれたシーンがありました。
仮面ライダーBlackがキングストーンを体内に備えた改造人間でなければ、当然のようにキングストーンフラッシュは使えなかったわけですし、このキングストーンフラッシュによって窮地を脱しなければ危なかったという強力さがあったのがクワゴ怪人でした。
ただ、生命力豊かなゴルゴム怪人としては、その特徴はなかったかなと思うんですけど、そこも含めた設定とデザインが施されていれば、物語ももっと深く違ったものになったんでしょうね。
クワゴ怪人③

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/7/10 22:35時点)



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥87,915から
(2017/7/10 22:36時点)



S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

新品価格
¥10,260から
(2017/7/10 22:36時点)