ガラダK7①
「ガラダK7」

仮面ライダーによる変身ブームも時間がある程度たった頃、斬新なロボットアニメが登場しました。
それが「マジンガーZ」だったんです。
意外とロボットアニメってその頃はなくて、「マジンガーZ」よりもかなり以前に鉄腕アトムや鉄人28号などがありましたけど、ロボット自身が頭脳を持っているか、或いはリモコンでコントロールされるものでした。
それが人間がマシンを使ってロボットに乗り込み、スーパーロボットを操作するという画期的なロボットとして「マジンガーZ」が登場したわけです。
これはもう夢中になりましたね、。
様々な新しいエッセンスが盛り込まれ、ワクワクしてみていたものです。
その「マジンガーZ」が初めて戦った相手のロボットがガラダK7でした。

Drヘルも、光子力を狙っていたとはいえ、「マジンガーZ」の登場は予想だにしなかったことと思うんですけど、それを倒すためのロボットは、地中海バードス島で眠っていた古代ミケーネのロボット兵器であり、それを再生したモノでした。
だからそれらのロボットたちは「マジンガーZ」よりも前に作られていたため、対抗するにはもう一つの状態だったと思われます。
悪魔のような井出達のガラダK7は、両耳の辺りに装着されていた大鎌が象徴的であり、破壊の限りを尽くそうとするロボットのようで、まるで地獄から派遣された悪魔のようでもありました。
両眼からはミサイル発射も可能となっていましたが、これはDrヘルが独自にロボットらしい武器を装着したモノでしょうね。
「マジンガーZ」は主人公であったロボットが目立ち過ぎて、機械獣の存在が目立ちませんでしたけど、これはDrヘルの意をうけたあしゅら男爵等が操作していたことも大きく影響していたんでしょうね。
偶然放たれたルストハリケーンでガラダK7は粉々にされてしまいましたけど、「マジンガーZ」が初めて戦った相手のロボットということと機械獣第1号として印象に残るものとなりました。
ガラダK7③
ガラダK7

GX-25 ガラダK7

新品価格
¥32,554から
(2017/8/26 22:59時点)



スーパーロボット超合金 マジンガーZ

新品価格
¥7,180から
(2017/8/26 23:00時点)



超合金魂 GX-45 マジンガーZ

新品価格
¥12,100から
(2017/8/26 23:01時点)