ダイゲルン⑤
「ダイゲルン」

肉食怪獣であったとは言え、地底深く眠っていた怪獣ダイゲルン。
地底の開発というか進出は、深海とか大空と並んで地球上の空間に関しては人類にとって永遠の夢なのかもしれません。
音波等振動波の影響によって、その先を知ろうというのは深海においても同じです。
ただ、深海に生息する生物は活動していることが多く、地底深く生息してる者がいるとすれば、それは眠っていることの方が多いのかもしれません。
でも、眠っているとしてもそれは生物ですから、何らかの棲息をするための活動をするわけですが、そのためには近くを構成する土壌になんとか空間を作るための動きを取らなければなりません。
地底を構成するのは、そのほとんどが多岐にわたる岩石で、それは脆いものから頑丈なものまでいろいろあるでしょう。
しかし、その岩石がどうのということ以前にどんなものであっても掘削作業をすることが移動するための最善の策であり、岩石の種類はその移動の方向性を決めていくための要素ということになります。
掘削には足で踏ん張り両腕で少しずつと言うこともありますが、ダイゲルンの姿を見る限り、大きな身体に比して意外尾と両腕が小さく、その代わりではないでしょうけど、頭部、特に顎が発達していました。
大きな顎は大きな口が演出され、ということはダイゲルンは様々な岩石を丈夫な顎が支える口で掘削するというまるで岩石を食べるような動きで地底を移動していたものと考えられます。

こうした岩石は当然の如く人工物ではない自然岩石ですから、人が考える以上に相当な頑丈さがあったはずで、それさえも口で掘削してしまうとなると、顎の異常発達があって、それは口の中に見えたダイゲルンの歯が丈夫で鋭いものとなっていました。

ダイゲルンは肉食獣でしたけど、地底に眠る岩石から生物に至るまでなんでも食べてしまったようですから消化器官も異常な発達をし、地底深く眠っていただけにマグマの影響を受けて火を吐くところまでダイゲルンの体内器官は変形しながら発達していったものと思います。
ウルトラマンダイナのストレートパンチも、その口で加えて逆襲に出るなど、怪獣としても信じられない位のパワーを感じましたね。

地底怪獣はマグマの影響を少なからず受けて物凄いパワーを身に着けますが、同時に岩石を掘削することでより以上の頑丈さを手に入れるものと思います。
ダイゲルンは装甲的にも頑丈であり、また野性味タップリではありましたが、ウルトラマンダイナ初期登場の怪獣であったためか、もう一つ物語的にはストロングポイントがなかったのが残念と言えば残念でした。

ダイゲルン
ダイゲルン③

ULTRA-ACT ウルトラマンダイナ (フラッシュタイプ)

新品価格
¥26,800から
(2018/1/9 21:38時点)



アクションヒーローシリーズ ウルトラマンダイナ

新品価格
¥7,611から
(2018/1/9 21:39時点)



ウルトラマンダイナ Complete Blu-ray BOX

新品価格
¥36,454から
(2018/1/9 21:40時点)