ツインテール(メビウス)③
「ツインテール」

返ってきたウルトラマン初期に出てきた怪獣は、どの怪獣も名作怪獣でした。
特にお気に入りがツインテールでしたね。
その当時はグドンの捕食対象となっていましたが、帰ってきたウルトラマン初期は2匹の怪獣が一緒に出てきたことが多く、グドンが特に戦闘的で荒い感じがしたこともあって一緒に出てきたツインテールが怪獣の存在感として喰われた感じになるところでした。
ツインテールがグドンの捕食対象ということもありましたしね。
しかし、このツインテールは設定とデザイン的に、逆転の発想で斬新的であったことからやっぱり怪獣の存在感としては立派な主人公怪獣でした。

しかしあくまでもツインテールはグドンと一対となって1組の主人公怪獣でした。
ウルトラマンメビウスが始まろうとしたとき、登場怪獣はウルトラ第2期に登場した怪獣が出てくると聞き、グドンとツインテールは間違いなく出てくるだろう灯ったのですけど、多分別々に出てくるだろうと思いました。
特にツインテールの場合、単独で演出しようとしたとき、どういう設定と演出を施すのかについては興味がありましたね。
ツインテール(メビウス)①
ツインテールは海老のような味がするとは、以前聞いたことがありました。
逆転の発想のように生まれた怪獣がツインテールでしたから、イメージとして海老のような感じがし、それが味としてのイメージになったんでしょう。
けれど、これを利用して水棲怪獣としたのは見事だったと思いますね。
顔面が下にあって、その後の動きに伴って目に進もうとするツインテールは。、地上に生きる怪獣としては無理がありました。
また、怪獣を生物として捉えようとすると、設定が逆になっていることから生物としての生態バランスを取るには相当な期間が必要なんだろうとは思いましたが、人でいう三半規管が耳億ではなく、、ツインテールの身体上部についていたとは驚かされました。
これで驚異のバランス感覚があったツインテールは、地上で行動するより海中の方がその意に沿った行動が出来ていたとは面白い設定でした。
そして組の中であればグドンより強力であったかもしれない、、、
それは水中圧力もあってウルトラマンメビウスですら思うように行動できなかったことに比べて、ツインテールは想定以上の行動力を発揮していたのかもしれません。

昔印象的であった怪獣を再登場させるのなら、ある意味理に適い、ある意味斬新でなければ、と言うことを上手く演出したのがこの時のツインテールだったように思いますね。
ツインテール(メビウス)

大怪獣シリーズ(R) 帰ってきたウルトラマン編 「古代怪獣 ツインテール」【少年リック限定仕様】

新品価格
¥54,000から
(2018/1/19 22:28時点)



ウルトラ怪獣シリーズ ソフビ ツインテール 1994 メタリックグリーン

新品価格
¥12,479から
(2018/1/19 22:28時点)



ウルトラアクト ウルトラマンメビウス ウルトラマンメビウス 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥11,000から
(2018/1/19 22:30時点)