ガイアQ5
「ガイアQ5」

ロボットは金属・合金でできていることが基本であり、体内で動力源を持ち、そこから得た動力で動くとなると当然のように磁気を発します。
マジンガーZは超合金Zという合金でできていたのですから、その合金がいかなるものであろうと磁気を発し、磁力には引き付けられ、体内のメカが乱動してしまうのは当然のことでした。
まだ操縦おぼつかない頃ではありましたけど、マジンガーZがDrヘルにとっては乗り越えなければならない高い壁のような強力ロボットであり、とにかくロボットであることの基本を突こうとして、ガイアQ5を製造したのだと思いますね。

ガイアQ5はウルトラマグネチックパワーを発し、アフロダイAどころかマジンガーZをもまともに動くことができないほどの超強力磁力光線を発していました。
Drヘルも天才科学者でしたけど、そのDrヘルの製造したガイアQ5が発したウルトラマグネチックパワーでアフロダイAもマジンガーZも滅茶苦茶な目に合ってるところを見ていた弓教授も、天才科学者の弟子でしたから、その対抗手段をとってくるのは目に見えていました。
アンチマグネチックガンがそれでしたけど、それを浴びることでガイアQ5は無力化し、同時にマジンガーZが蘇ってしまったことで、ミサイルパンチを浴びてガイアQ5は敗れ去りました。

マジンガーZのように体を多く金属・合金が特製の超合金Zであったことや、ブレストファイヤーの超高温熱戦、新エネルギーがベースとなった光子力ビームという特注品のような攻撃武器なら開発にも時間はかかるでしょうけど、磁力光線への理屈さえわかってしまえば反磁力光線はすぐに出てきそうなものです。
ガイアQ5には、ウルトラマグネチックパワー以外にもう少し破壊攻撃を強力に進める武器が欲しかったところですね。
ガイアQ5①