HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダー

バイオアタック~仮面ライダーBlackRX4

バイオライダー(液化・ゲル化)
バイオライダー(液化・ゲル化)①
バイオライダー(液化・ゲル化)②
バイオライダー(液化・ゲル化)③
「バイオアタック」

昭和の仮面ライダーについて、最強ライダーは誰だったんだろうなどという戯言は考えたことおもありません。
時を追うように新たに出てくる仮面ライダーは力をつけて出てきてましたが、それは仮面ライダーごとの個性というべきであり、それに伴う活躍が面白く、時々新たに派遣される要素に胸躍ったものです。
仮面ライダーBlackは感ライダー旧1号以前の漫画の世界にしかいなかった仮面ライダー、、、仮面ライダー0号を目指して作られたものでしたが、結果としてかなりの力をつけた太古の戦士ともいうべき仮面ライダーとなりました。
その仮面ライダーBlackがクライシス帝国により変身すること叶わず敗れ、更に進化して仮面ライダーBlackRXとして出てきました。
多分、従来の仮面ライダーたちは、仮面ライダーストロンガーまでと仮面ライダーZXまで、それと仮面ライダーZX以降に分けられると思いますが、仮面ライダー1号2号のダブルライダーをリアルで夢中になってきた者にとっては仮面ライダーBlackから違和感をかなり感じさせるものとなったと思います。
それが進化して仮面ライダーBlackRXが登場してからは加速度がついたように違和感を感じ、随分と遠くまで来てしまった別物のような気がしたのも確かなことでした。。
今でこそスタイルチェンジは当然のようになりましたけど、この仮面ライダーBlackRXがロボライダーとバイオライダーにチェンジした時は目が白黒しましたね。
特にバイオライダーへのチェンジについては、これは時代が変わったんだと思わされ、内容を変えた強さを感じました。

バイオライダーは仮面ライダーBlackRXと同じく、キングストーンというハイブリットエネルギーが想定された以上の力を発揮して身体の構成を変えて出てきたものでしたから、見た目以上の能力を秘めていたんだろうと思います。
その最たるものが、身体を水分レベルまで分子構造を変えてしまい、言わば液状・ゲル状となった上に身体の大きさも変えられるという超能力を発揮しました。
それまでの仮面ライダーは、肉体という物理的な分野においてどう特色を出して敵を打ち破るということにおいて力を発揮していましたけど、バイオライダーはそういう観点から隔絶されたような世界にまで行ってさらに力を発揮するというものになっていました。
仮面ライダーBlackRXが更に変身した姿がバイオライダーだったので、これも仮面ライダーという範疇にはいるものだとは思いますが、それにしても斬新な姿と能力でした。
バイオライダーの液化ゲル化と縮小化能力は、物理的な攻撃を一切受け付けなかったグランザイラス戦において最も効果を出していたと思いますが、これも基本はゲル化による突進で、一種のバイオアタックによる攻撃で活路を開いたと見ることができます。

バイオタックは、バイオライダーが身体をゲル化し、一定した形どころか一定の場所にとどまらずに空間移動をし果ては宙を移動することもできたところに、突進をしてくるわけですから、相手としては焦点を定めるどころか幻惑された状態でバイオライダーの攻撃・バイオアタックを受けざるを得なかったわけですから、旧来には感じなかった物理とは違った異次元から攻撃を仕掛けていたような強さを感じたものです。
バイオライダー(液化・ゲル化)④
バイオライダー(液化・ゲル化)⑤

仮面ライダー HDM創絶仮面ライダー 太陽の子だ!RX編 03 バイオライダー 単品

新品価格
¥5,000から
(2017/12/9 23:20時点)



仮面ライダーマスクコレクションvol.2 13 バイオライダー ( ノーマル台座 ) 単品

新品価格
¥5,988から
(2017/12/9 23:21時点)



ライダーバイオライダーSold Separately SレプリカRider Belt Tribute 2凡例

新品価格
¥22,500から
(2017/12/9 23:21時点)


GOD改造人間第6号~ミノタウロス3

ミノタウロス⑦
「ミノタウロス」

神の使いであった雄牛と人間である王妃が、神の使った魔術で生み出してしまったのが牛男ミーノータウロスでした。
ギリシア神話の登場する神々がモチーフであった仮面ライダーXの前半を飾った神話改造人間の中では、珍しく神そのものではなかったのが、このミーノータウロスをモチーフとしたミノタウロスでした。
いわば半牛半人のようなものでしたけど、モチーフとなったギリシア神話上のミーノータウロスは徐々に気性が荒くなり、虚を突く様にゲリラ行為を仕掛けるように人を喰らうのが得意だったみたいです。
GODの神話怪人としてのミノタウロスは、頭に生えた角自体は飾りの様ではありましたけど、その角の付け根からロケット弾を発射し、両腕の先には半円状の盾が取り付けられていて、これで防御したり、攻撃を仕掛けていたりしてました。
ミノタウロス自体は見かけの通り怪力の持ち主だったらしく、この両腕先の半円状の盾が独特のパンチを生んでいたみたいで、ミノタウロスは頭部ととともにこの縦に大きな特徴があったようです。

様々な武器弾薬を運び、ゲリラ戦を得意としていたミノタウロスは、その特性を生かして内乱状態に音しれることを任務としていました、
ゲリラ行為には、若干でありながら破壊力ある武器と力強さが必要だったと思いますから、その点では、ミノタウロスは打ってつけの改造人間であり、また狡猾な作戦遂行もできるようでしたから、余計に似合っていたと思います。
しかしながら、その狡猾さには浅はかなところもありましたから、力で押し仮面ライダーX自体を圧倒しかけましたけど、その浅はかさはGODの身内に裏切り者がいること自体は見通すことができていなかったようです。
ミノタウロス②
それでも、ミノタウロスの怪力自体は仮面ライダーXが如何にメカニックライダーでパワーに優れていたとしてもライドルがなければ危うかったと思うと、意外に歴代のパワー自慢の改造人間の中でも上位に入るモノだったかもしれません。

そこにロケット弾でしたから、もう少しミノタウロス自体に用心深さがあったとしたら仮面ライダーXはやられていたのかもしれません。
ゲリラ行為を得意とし、そういう策略を練って行動しながら最後は正攻法の攻撃に頼らざるを得なかった展開こそが、ミノタウロスの最大の弱点であり、これもまた正攻法であったXキックによって最期を迎えるシーンは演出自体は見事でした。
ミノタウロス④

マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥7,380から
(2017/12/7 22:30時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,400から
(2017/12/7 22:31時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダーX 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,000から
(2017/12/7 22:31時点)




デストロン改造人間第6号~ハンマークラゲ4

ハンマークラゲ⑤
「ハンマークラゲ」

仮面ライダーという番組は、極端な言い方をすればダブルライダーの時代から仮面ライダーV3の時を思うと派手な感じになっていきましたね。
仮面ライダー旧1号がという主役が、不慮な事故によって俳優そのものが出演不能の大怪我を追ってしまったことで主役が仮面ライダー旧2号に移った時も、仮面ライダー旧2号から仮面ライダー新1号へと移り変わった時もそれを感じつつ、暗黒組織がショッカーからゲルショッカーへと変わっていった時が最も顕著だった気がします。
それでもより派手に、、、ということでもなかったと思いますが、仮面ライダーV3は派手目になりつつも敵組織のデストロンについては、怪人たる改造人間のコンセプトの面白さと反するかのように戦闘員がショッカー時代に戻った感があって、そこがこだわりだったのかもしれません。
仮面ライダーV3は大幹部ドクトルGが登場するまでは、ほとんど2体のタイプの異なる動植物と機械の融合改造人間が出てきました。
ここが実は最も見応えがあったと思ってるんですが、2体同時に出てきて特にいがみ合うと言うことではなく、共同戦線を張るようでタイプが対比的なデストロン改造人間の存在感が目立っていたわけです。

従来の仮面ライダーに出てきた暗黒組織出身の経路を踏まえた様なマシンガンスネークに対し、より目立つ体色と井出達で出てきたハンマークラゲは柔も剛も併せ持ったようなパワー型改造人間でした。
武器に心酔するようなマシンガンスネークが仮面ライダーV3に倒されると同時に出てきたハンマークラゲは、武器そのものは右腕の先がある時は大きなパワーを生み出すハンマーであり、またある時は鎖のついたけけっ高威力のある鉄球でしたね。
クラゲがモチーフなだけあって、この右腕には電流が流れていた上にハンマーそのものはハンマークラゲの持っていた怪力を現わすかのように、大地に打ち付けると局所的な地震のようなものを起こすほどのパワーがありました。
いわばハンマークラゲの右腕先は瞬間的に脱着可能なアタッチメントのようで、、何故両腕が2本とも武器が備えられていなかった不思議さはありましたけど、ハンマーと鎖付き鉄球の使い方ひとつで、仮面ライダーV3が懐に飛び込む隙を与えていなかった印象があります。
ハンマークラゲ
見た目が派手気味でも、備え付けられた武器はパワーそのもので、正に剛でしたけど、特に目立つことがなかったものの、V3キックを浴びても効果がなかったのはハンマークラゲの身体そのものが非常に柔らかく、ストレートなV3キックの威力をその柔軟さで取り込んでしまったところにハンマークラゲの柔たる魅力がありました。
クラゲは定型を持たない軟体動物のようなところがあって、そこを生かしたような身体つきでした。

仮面ライダーV3が苦戦したのも、こうした剛や柔のところであり、きっとV3キックが通用しないところで仮面ライダーV3はハンマークラゲの特性を見切っていたものと思います。
だから、より効果を上げるV3スクリューキックという26の秘密の一つを使わないと倒し切れないという判断が働いたものと思いますね。
このV3スクリューキック使用がこの時限りだったと思うと、見た目以上にハンマークラゲは今日的だったと思われますね。
ハンマークラゲ⑦

メディコム・トイ RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダーV3 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥17,755から
(2017/12/5 22:12時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 リニューアル版 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥45,303から
(2017/12/5 22:13時点)



仮面ライダーV3 BOX [DVD]

新品価格
¥69,300から
(2017/12/5 22:15時点)


仮面ライダーSpirits~強襲・遭遇5

仮面ライダーSPIRITS~強襲・遭遇
「仮面ライダーSpirits~強襲・遭遇」

世界各地で、果ては月面でも動きを見せてきたバダン。
仮面ライダースーパー1編では組織の名をアピールすることで世界中の人間に底知れぬ恐怖感を感じさせました。
尽く9人の仮面ライダーに作戦遂行は阻止されましたが、アメリカ空軍の各基地を急襲してきたのは本当に急襲という類のもので、各幹部怪人が仮面ライダーたちに倒されたというのに圧倒的な武力と装甲を持ってわずかな時間でアメリカ空軍基地を壊滅状態としたのを始め、世界中の軍隊への攻撃は目に余るものでした。
バダンはこの頃、大首領復活に向けての動きの序章にあったわけで、大首領が植え付けたプログラムに抗うことなく増え続けた人類を贄とすることで大首領復活の動きを加速させようとしていました。
仮面ライダーストロンガー捨て身の技で脳だけが残ったムラサメも、この時やっとZX(ゼクロス)の姿となって出現してきましたけど、記憶そのものを抜き取られ、抜き取られたことも分からずにバダンの動きの象徴の様な行動をしていました。
物理的に記憶だけを抜き取る事なんて可能なのかと思いましたけど、脳だけが三影によって戦地から運び出されていたところと合わせてみると、脳の操作は手を加えられていたものの、後の動きを見てると完全改造はされていなかったように思えました。
ただ、この時の行動はなくなった記憶の喪失感を埋めようとした動きの始まりでしたね。
すっかりバダンの先兵の様ではありましたけど。
こうしたバダンの動きに待ったをかけようとしたのが仮面ライダー1号、2号のダブルライダーでした。
仮面ライダーSPIRITS~強襲・遭遇①
仮面ライダーSPIRITS~強襲・遭遇②






























































ガモン共和国は仮面ライダー2号が初めてバダンと戦った地域です。そこを急襲したとなると、バダンの何らかの素地が眠っていてそれを奪いに来たと考えられましたが、それは後に分ることですが、暗闇大使ことガモンの遺体であり、バダンの攻勢に係る要素の肝そのものでした。
この地でバダンの動きを封じようとするダブルライダーは、仮面ライダー1号がZXと、仮面ライダー2号がタイガーロイドと相まみえました。
これは仮面ライダーSpiritsの物語の中でも至極名話的要素が随所に散りばめられていて。記憶を取り戻すことをバダンの言いなりになっていたかのように惨殺で血を浴びることをイコールにおいたZXに対し、性能的に劣る仮面ライダー1号が歴戦の経験からくるインサードワークでZXとの戦い引き込むところなどは、唸ってしまいました。
いきなり現れた仮面ライダー1号に仕掛けられるようにキックを繰り出した最新型のZXでも、集中力高く繰り出されたライダーキックにより足を破壊され、マイクロチェーンで絡めとることで局面を打開しようとしてもそれを逆手に取られ、ライダーパンチで手先7を破壊されたところなどは、性能的に劣ってもインサイドワークで闘いを有利にできる仮面ライダー1号ならではの展開でした。
仮面ライダー2号も、守るべき人を背後に抱えながらタイガーロイドの砲撃を身を挺して守り、タイガーロイドの最大の武器であったエネルギー砲を防ぐことで局面を変えていきました。
一旦はZXの幻影装置発動により劣勢になろうとしたところ、自分の獲物感に取りつかれていたZXの記憶取戻行動によるわずかな隙を突くかのように、ZXの行動に自分の姿を浮かび上がらせていた仮面ライダー1号が放った技がライダーきりもみシュートの大技でした。
この時のライダーきりもみシュートは、きりもみ状態ではなくプロペラ状態のような技であり、しかもそれで決めるというのではなく、次の決め技への繋ぎ技のように描かれていましたね。
仮面ライダーSPIRITS~強襲・遭遇③
仮面ライダーSPIRITS~強襲・遭遇④
ジャングルの中でタイガーロイドと凌ぎを削りながらも戦いを有利に進めていた仮面ライダー2号が、ライダーきりもみシュートを仮面ライダー1号が放った後飛び上がって決めに係ろうとして仕掛けたのがライダーダブルキックでしたね。
仮面ライダー2号の姿を見失っていたタイガーロイドが身を挺してZXを救うためにライダーダブルキックの的となっていましたが、時代を経てもこの大技は大技であったことを物語るシーンでもありました。
これで救われたようになったZXが、ダブルライダーに向けてゼクロスキックを放つ、、、象徴的であり、更にもm物語は次の舞台へ行くかのように、ここでガモンが姿を現しました。


































ゲルショッカー改造人間第6号~ウツボガメス3

ウツボガメス
「ウツボガメス」

ウツボの獰猛さ、ウミガメの頑丈さ、その双方を持った改造人間がウツボガメスでした。
時々出てくるんですけど、暗黒結社も一つの組織であって普段に考えられる組織よりも上下関係が強いはずであるところ、ある意味上司に当たる大幹部に向かってタメ口を効く改造人間がね。
どう演出しても、これには抵抗を感じました。
ウツボガメスは逃走中のギャングが改造されてしまった果ての改造人間でしたから、そうした下地はあったんでしょうけどね。
ショッカー改造人間であったハエ男もそうでしたし、後組織となったデストロンにもサイタンクがいました。
悪党であっても儀を立てるところに、暗黒結社の存在意義みたいなものがあって組織としての強さがあったと思います。
ですが、こういう配下にいた改造人間になめた様な口の利き方をされても微動だにせず、作戦を遂行しようとした大幹部は、さすがに大幹部だったという所以があったということですね。

ウツボガメスが登場した頃は、公害問題の大きな一つの事例であった田子の浦のヘドロ問題から数年経っていました。
公害問題はこの頃大問題となっていたものの、何一つ解決に向けての動きがなかったような気がします。
ヘドロとくれば大怪獣ゴジラがシリーズ化され、ヘドラというヘドロがモチーフの怪獣が出てきてました。
特撮映画でも取り上げられたヘドロというモチーフが、いずれ仮面ライダーシリーズにも使われるかもしれないと思えたのはこの時もよりも後のことでした。
田子の浦がヘドロ問題の象徴の様に扱われていましたけど、京浜・中京・阪神・そして北九州という工業地帯や政令指定都市に隣接していた大きな工業港を有していたところにはどこでもあった公害でした。
工業地帯の在り方次第で生み出されえしまうヘドロという公害にも温度差はあったんでしょうけど、ウツボガメスはより濃度の濃いヘドロでないと主武器であった毒ガスが作り出せないと言うことで、田子の浦のヘドロに固執するようなことになっていたんでしょうね。
ウツボガメス①
このウツボガメスの吐く毒ガスは、それを浴びた者が白骨化してしまうほど強烈なものだったはずですけど、歌分ショッカー・ゲルショッカー史上初の分裂改造人間として、頭部と胴体が分離されても双方に攻撃能力があったことが目立ちました。

ただ、この分離能力はしっかり確立されたものではなかったらしく、双方の攻撃の連動性がうまく保てていなかった感があり、頭部で攻めようにもそこをつぶされ、次いで胴体の特に甲羅の部分での体当たり攻撃もライダーパンチで凌がれ、結局はライダーキックで仕留められました。
分離能力がある改造人間は、どちらかにメインの機能があり、連動性を保てて初めて効果が上がるところ、それがなかったことが惜しい気もしました。
ヘドロから生成される猛毒ガスと相まって、身体の分離作用があるウツボガメスは設定自体はよかったものの、その演出に物足りなさを感じたのは、ウツボガメスの口の悪さから感じた横柄さのためだったかもしれません。
ウツボガメス④

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新1号(Ver.2.5)『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥16,800から
(2017/11/29 22:29時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新1号 Ver.2.5 & 新サイクロン号 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥57,800から
(2017/11/29 22:30時点)



ZIPPO 仮面ライダージッポーライター 「フェイスVer.35th Anniversary 新1号」

新品価格
¥25,980から
(2017/11/29 22:30時点)


パワーストライプス~仮面ライダーBlack4

パワーストライプ
パワーストライプ①
パワーストライプ②
パワーストライプ③
「パワーストライプス」

キングストーンは想像を超えるパワーを持っていました。
キングストーンを内蔵し、すべての動力エネルギーとした仮面ライダーBlackは通常の人間の30倍以上のパワーを持っていたそうです。
神秘めいたこのパワーは、地球有史以来培われた創造主によってもたらされたエネルギーかもしれず、そういう意味では太古の神秘エネルギーとも言えそうです。

仮面ライダーBlackはベルトからキングストーンエネリギーを放射するキングストーンフラッシュという行為が出来ましたが、そういう行為に及ばなくても体内にはキングストーンエネルギーが満載であり、循環していたHEROだと思います。
仮面ライダーBlackは全身が黒ずくめでしたけど、首の根元、両手首と両足首にストライプ模様が施され、仮面ライダーBlackを見始めた頃から気になるマークの様でした。
以前、仮面ライダーXが自らの決め技を真空地獄車としたとき、これはマーキュリー回路のセッティングにより仮面ライダーXがパワーアップしたに使用できる技になったのですけど、その際に蓄えられていたエネルギーが仮面ライダーXの背後で爆発する様子が描かれました。
ひょっとして、仮面ライダーBlackのこうしたストライプは、体内に充満し循環してるはずのキングストーンエネルギーを体外に逃がすための器官模様ではないのかと思ってたことがありました。
キングストーンエネルギーは神秘エネルギーであり、いくら改造人間と言えど体内にためたままではいられないだろうという想いがあったためです。
それが正しいかどうかは別として、マンモス怪人の時に苦戦した中でパワーストライプすが初めて稼働されました。
マンモス怪人の冷凍攻撃を打破すべく、ベルトではなく首元、両手首、両足首のストライプスからキングストーンエネルギーを放射することで緊張状態の打破を図っていました。
パワーストライプス発動はマンモス怪人の冷凍攻撃の打破だけではなく、キングストーンエネルギーを放射させるまでその純度、滾りを頂点以上に沸騰させたため、仮面ライダーBlackの身体能力を引き上げ、決め技であったライダーパンチやライダーキックの威力を引き上げる効果もあったと思います。

純粋にこのパワーストライプスが使用されたのはマンモス怪人戦だけでしたけれど、これ以降の仮面ライダーBlackは身体能力が引き上げられ、度重なるゴルゴムの攻撃と策略に更に対抗し打破できる存在になっていった気がします。
パワーストライプ④
パワーストライプ⑤

RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥163,013から
(2017/11/26 22:28時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥28,400から
(2017/11/26 22:30時点)



仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥20,430から
(2017/11/26 22:31時点)


ショッカー改造人間第6号~カメレオン男(死神カメレオン)5

カメレオン男④
「カメレオン男(死神カメレオン)」

仮面ライダー初の大阪ロケで作られ、2話連続の物語に登場していたのが死神カメレオンことカメレオン男でした。
これは結構見応えがあって、記憶に残った話でした。
改造人間は人間であって人間でない、、、このことが分かっていても受け入れきれない本郷猛がカメレオン男登場の話から改造人間としての覚悟が決まて来たように見えました。
罠にはまったものの落下する風力で変身を果たしたかと思えば、狭い空間で風力を得られずエネルギー補給が効かないまま変身解除となったのもこの話で、リアルで見ていた時は何が起こったのかと思いましたね。
そういう状況に追い込まれたのはショッカー首領の指示と頭脳によるものがあったとは言え、カメレオン男の作戦遂行能力における能力の駆使によるところが大きいでしょう。
カメレオン男の保護色能力は風景に馴染んでしまう能力でしたけれど、それは同時に気配まで消してしまうのでまるで神出鬼没であり、しかも強力で長い舌には破壊力と鋭さがあったため、余計に恐怖感がありました。

晴天の元、正面から戦おうとすれば戦闘能力的には特に秀でたものはなかった思いますが、この保護色能力とその舌だけでも充分戦えるだけの能力があり、しかも大幹部がいなかったこの時においてカメレオン男の指示能力も立派な幹部のようでもありました。
カメレオン男
カメレオン男登場に話は、ナチスが残した財宝が隠されたような鉄箱の争奪戦であり、その鉄箱には実は財宝のありかを記した地図があったようで、争奪戦とは言え若干カメレオン男の元で暗躍するショッカー有利に事が運んでいたように思います。
物語の展開上、ナチスの名が出てきたわけですから当然のように元日本海軍の人間が出てきて、その弱みにつけ込もうとします。
追う者は追われる者よりも有利とは言いますけど、ひたすらショッカーの資金源として財宝のありかを知ろうとするショッカーは、そのありかの情報を知っているだろうと思われた元日本海軍の人間を追い込んでいく。
その状況が、「いいぞ改造人間は… やはり追われるより追う方がいい、、、」というカメレオン男が残した名ゼリフとなって残りました。
こういうセリフが旨い具合に絡まる物語は名和となり名話になりますね。

カメレオン男が登場した話は、カメレオン男というショッカー改造人間というよりカメレオン男が登場した話の内容と演出が良くて記憶に残りました。
最終的にナチスの財宝が本当にあったかどうかは懐疑的な結末で終わりましたけど、そこはなんだか明らかにしてはいけないポイントだったように思います。
それを最後の最後で仮面ライダーとカメレオン男の正面からの激突に結び付け、立場的に財宝を得ることが出来なかったカメレオン男が本来の使命を果たせないまま激突するシーンとなり、ライダーキックからライダーチョップで倒されて行くシーンには悲哀みたいなものが感じられました。
カメレオン男①
カメレオン男⑦

RAH 仮面ライダーショッカー 1/8フィギュア 死神カメレオン MedicomToy メディコム・トイ

新品価格
¥4,665から
(2017/11/23 22:24時点)



RMW 仮面ライダー旧1号 1/2マスク

新品価格
¥27,999から
(2017/11/23 22:27時点)



【ZIPPO】仮面ライダー ジッポー&フェイスディスプレイ No.1 仮面ライダー旧1号

新品価格
¥28,000から
(2017/11/23 22:27時点)


仮面ライダーSpirits~流星の神話5

仮面ライダーSPIRITS~流星の神話①
「流星の神話」

徐々にバダンが組織の秘密を表舞台に登場させてきた流れは、遂に仮面ライダースーパー1編でその存在を全人類に対してアピールしてきました。
人類がエネルギー問題等の解決を宇宙に向け、その第1歩として月基地の建設に着手していましたが、既に月に眠るヘリウム3を超える夢の鉱石の採取にバダンは目をつけていました。
この鉱石は人類にとってあくまで仮説であるところ、バダンが活動エネルギーとして採掘していたことは明らかでしたから、仮説という立ち位置は消えていましたね。
信じられない位の科学力をバダンが持っていたのは、これまでに登場したバダン改造人間の様子から窺い知ることは出来ましたけど、人類の夢であった月基地の破壊により、敢えて逃していたスペースシャトルが地球へ帰還させて、時空魔法陣という人類の理屈では説明のできないものが登場し、大要塞としてサザングロスがその姿を現したことは、人類の予想を超えた科学力を持った暗黒組織が牙をむき始めてをはっきり明らかにしていました。
こう仕向けたことで、人類に圧力をかけたわけです。

一方、歴代の仮面ライダーの中でも最新機能を持った仮面ライダースーパー1は、戦いを終えてその能力を月基地建設という宇宙開発に向けて有効に使っていたわけです。
そこに最新型の仮面ライダーあった仮面ライダースーパー1が絡んだものですから、言うに耐えない位の命輪になったわけです。
仮面ライダーSPIRITS~流星の神話③
時空魔法陣に飲み込まれたスペースシャトルが、時空を超えて現したのは大気圏の中。
このままでは燃え尽きてしまいそうになるスペースシャトルを救ったのは、人のためにという想いで活動していた仮面ライダースーパー1の冷熱ハンドでしたね。
人類を創成しながら人類を悪戯に甚振るバダンと、かなりの劣勢に追い込まれ危うい状況に置かれた仮面ライダースーパー1との差は、人のためにという想いに代表されるように信じる想いが想定された能力以上の効果を引き出していたと思います。

アメンバロイドが神拳と呼ばれるような拳法の使い手で登場していましたけど、己の力の向上のみに行き過ぎた想いが絡まり、それは信じる力にかなうはずもなかったと思います。
仮面ライダーSPIRITS~流星の神話
「人の夢の為に生まれた、、、この拳、、、この命はその為のものだ」
名台詞となったこの言葉は、人類の夢であった宇宙開発のために自ら望んで改造人間となり、その極意を掴むため赤心少林拳という拳法を会得した仮面ライダースーパー1ならではのものだったともいますけど、この想いこそが歴代の仮面ライダーの身上であり、仮面ライダースーパー1が代表して口にしたセリフのようにも思えました。

だからいくら困難な状況を迎えても、それを打開するため定められた能力からさらに向上していく進化があったはずですし、この辺りに見応えのある大きなポイントがありました。
多分、拳法家としての力はアメンバロイドの方が上に見えましたけど、それを打ち破ったのは仮面ライダーとしての身上が染みついていた仮面ライダースーパー1の想いがこもったスーパーライダー月面キックで、この決め技の繰り出し方が実に見事でした。
仮面ライダーSPIRITS~流星の神話⑥

[まとめ買い] 仮面ライダーSPIRITS(月刊少年マガジンコミックス)

新品価格
¥8,640から
(2017/11/18 22:34時点)



S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥11,780から
(2017/11/18 22:35時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥26,974から
(2017/11/18 22:36時点)


クライシス怪人第5号~ガイナガモス3

ガイナガモス①
「ガイナガモス」

残念ながら、ガイナガモス登場の話はそれほど印象的ではありませんでした。
4大隊長の一人ボスガンの配下にいた怪人でしたけど、地球上では滅亡してしまった毒蛾ガイナンをガイナガモスが蘇らせ、品種改良を加えていました。
ガイナンは毒蛾ということでしたから、このガイナンの影響を受けてしまった者は死んでしまうと思いきや、その鱗粉や影響を受けた者はガイナガモスの分身のようになってしまうというものでした。
こういう設定は、如何にも地球とは反対の位置と状況にあったクライシス帝国の生物という感じが出ていたし、その毒蛾ガイナンを操るガイナガモスの井出達は、毒蛾の様であり植物的でもあり、如何にも怪人という感じがしてました。
ガイナガモスは、頭部の羽根を震わせて出す超音波で相手を正常な状況に置くことを許さず、額からは光線を発し、両手先の長く鋭そうなツメと強力な舌は攻撃的にも面白いものだったと思うんです。
毒蛾の発展系であったガイナガモスの翅は、毒鱗粉をまき散らすということよりも擦り合わせることで超音波を発していたことが、如何にも風変わりなクライシス怪人という感じがしたものです。

クライシス出身の怪人には、人類から想定できない設定があって欲しかったものです。
ガイナガモスの上司にあたるボスガン自体が最後までひねくれものの割に、言うほど強力な隊長でなかっただけにインパクトが薄くなってしまったかもしれません。
そういうことがガイナガモスが用いた毒蛾ガイナンが、地球所上では随分昔に絶滅したはずなのにどういう訳かその血清があったこと自体に腰砕けになりそうでした。
その血清をどう犠牲になりかけた者たちに届けていけるのかということが物語のほとんどでした。
毒蛾ガイナンやガイナガモスの鱗粉をどうにか手に入れ、どうやって血清を作り出して局面打開を図った行くのかというところに、クライシス帝国の特徴を織り交ぜて物語を作って欲しかった気がします。
ガイナガモス④

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,160から
(2017/11/17 22:47時点)



RMW 026 仮面ライダーBLACK RX 1/2スケールマスク

新品価格
¥49,999から
(2017/11/17 22:48時点)


ゴルゴム怪人第5号~ヤギ怪人3

ヤギ怪人②
「ヤギ怪人」

思うにヤギと言って脳裏に浮かぶヤギの姿は、人に飼われたヤギが多いと思います。
こう言っては何ですが、家畜とかペットまがいのヤギは、その昔ありがたいものだったと聞きます。
でも、人慣れしてないいわば野生のヤギは、結構喧嘩っ早く、迂闊に近づくと怖いものです。
ギリシャ神話やローマ神話の中には、そうした野生のヤギを神格化したものもあったような気がします。
仮面ライダーBlackに登場したゴルゴム怪人のヤギ怪人は、そうしたことから設定された怪人だったように思いました。
ゴルゴム怪人自体が、太古の昔から生き長らえてきたまさしく怪人でしたから、ある意味ヤギ怪人はその象徴だったのかもしれません。

ホラー色の強かったヤギ怪人登場の話は、村人が崇め奉った存在がヤギであり、その正体はゴルゴムの怪人でした。
ヤギ怪人の頭部に生えた角が、ヤギ怪人の全てと言っても過言ではなく、角から発せられた神経ガスは、これもやはり人を操ってしまう催眠声によって人を思うがままにするというとんでもない麻薬のようなガスでした。
ヤギ怪人の登場した話は、とにかく見えずらいもので悪戯にホラー色を強くしたものでしたけど、火に浮かぶヤギ怪人の様は悪魔か神かといった具合で、仮面ライダーという番組がもともと持っていたオドロオドロした感じを強くしたものでした。
仮面ライダーBlackは仮面ライダー0号を目指していたものですから、そうした感じを出すべく秘密結社も大怪人たちに組織されるゴルゴムでしたけど、番組には仮面ライダー1号から仮面ライダースーパー1まで歩んできたものがあり、仮面ライダーZXのスポット的な話で一旦昇華しながら、次の仮面ライダーBlackで仮面ライダー0号を目指してしまったことについては戻り過ぎの感があったと思います。
それも仮面ライダーBlackの初期段階での話で、ここは徐々に改善されて行くのですが、ヤギ怪人の話は一旦始まった設定が深みにはまりそうだった話でもありました。

紫色の破壊光弾や高熱火炎を放つという攻撃能力も持っていたヤギ怪人は、角が全てでありここをやられてしまうと一気に弱体化してしまうところを仮面ライダーBlackに見破られ、ライダーチョップからライダーキックでやられて行きますが、最後はありきたりの展開でありながら、物語の当初は気味悪く、ホラー色が強過ぎた話として記憶に残りました。
ヤギ怪人

RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥163,013から
(2017/11/15 22:15時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥28,400から
(2017/11/15 22:16時点)



RMW 023 仮面ライダーBLACK 1/2スケールマスク

新品価格
¥49,999から
(2017/11/15 22:17時点)



プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • バイオアタック~仮面ライダーBlackRX
  • バイオアタック~仮面ライダーBlackRX
  • バイオアタック~仮面ライダーBlackRX
  • バイオアタック~仮面ライダーBlackRX
  • バイオアタック~仮面ライダーBlackRX
  • バイオアタック~仮面ライダーBlackRX
  • ティガスライサー~ウルトラマンティガ
  • ティガスライサー~ウルトラマンティガ
  • ティガスライサー~ウルトラマンティガ
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ