HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダー

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人3

アネモネ怪人
「アネモネ怪人」

ゴルゴム怪人には、長い時を生き永らえてきた生命力の強さをモチーフに求めることがあって、どうしても動物モチーフの方にいってしまいます。
でも生き永らえる中に植物があっても可笑しくないですね。
サボテン怪人のように。
でも、アネモネって可憐でかわいい植物というイメージが出てしまい、生命力の強さは感じられません。
アネモネの可憐な花びらを使って、ゴルゴム三神官が世の中を騙そうとしていたとしても、アネモネを怪人として出してしまったことは不思議というよりおかしいな、と思ったものです。

アネモネはきんぽうげ科に属する植物ですが、きんぽうげも可憐でかわいい鼻なのに毒性があるところがあって、それはアネモネも同じことだったみたいですね。
アネモネの茎の部分に毒性が認められていたわけですが、そうであればその毒性をアネモネの花粉に紛れ込ませ、花粉が降り注がれたところで吸引してしまった者には幻想が見えて、騙されてしまうというような能力があってもよかったと思いますが、アネモネ怪人は葉や棘を手裏剣のように投げつけていたところ以外は、その外見に異様な感じがあっただけでした。
アネモネ怪人のアネモネの部分は、発火性があったというところに、仮面ライダーBlackが変身する時のベルトが起動する際に火花が散ることが引火してしまうという三神官による口だけの騙しがあって、アネモネ怪人は巨大アネモネを召喚できる能力があったということでした。

あくまでこれは三神官による騙しであって、見た目の異様さと三神官がアネモネ怪人を擬人化して使っていたことによるものが大きかったですね。

アネモネ怪人は、初の女ゴルゴム怪人でしたけど、グルゴム怪人らしかったのはその姿だけだったような気がします。
アネモネ怪人④



仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥17,904から
(2020/1/18 23:07時点)





ドグマ改造人間第20号~バチンガル4

バチンガル
「バチンガル」

同族対決となったバチンガルと仮面ライダースーパー1。
どちらもハチがモチーフの改造人間でしたからね。
バチンガルが仮面ライダースーパー1の代名詞でもあるファイブハンドを奪おうとした話でした。
仮面ライダースーパー1は戦士というより宇宙開発における開発用サーボーグとしての側面が強く、その土台として赤心少林拳という拳法があったということで、それがなければファイブハンドは装着できなかったかもしれません。
メカ設定はそうした拳法家であったことが基本となって、メカ的に優れていたのとは相反するかもしれませんが、より人間に近い改造人間だったかもしれません。
バチンガルは、メカ的な設定はかなり優れたものでファイブハンドを装着しても仮面ライダースーパー1と遜色なかったかもしれませんが、それはメカ的なことで、オツムの方は仮面ライダースーパー1の足元に、も及ばなかったんでしょう。

作戦立案とその指揮は大幹部メガール将軍がとっていたものをバチンガルが遂行していたにすぎず、バチンガルが考えを持ってしまうと、、、ということですね。
ただ、単にファイブハンドを奪えと指示していたことがまずかったかもしれません。
ファイブハンドにはパワー、エレキ、冷熱、レーダー、そしてシルバーとあって、それぞれがどんなものなのかと説明しておく必要があったかもしれません。
説明してあったかもしれませんが、大幹部メガール将軍の指示通り呼応どうした結果、パワーハンド、レーダーハンド、冷熱ハンドと奪った中で、しかもそれを使うことで仮面ライダースーパー1を苦戦させていたこともあって、次第に自惚れが出てしまったかもしれません。
初戦は人質作戦をとったことで仮面ライダースーパー1が動けなかっただけのこと、それを見逃しただけのことで、オツムの弱さが露呈していました。
ハチ特有の能力を発揮していたこともありましたが、バチンガルはドグマ王国の改造人間であり、独特のドグマ拳法が会得されていませんでした。
仮面ライダースーパー1のように改造人間である前に拳法家であれば、バチンガルももっと違った方向へ向かったのでしょうね。

ドグマ改造人間は、もっとドグマ拳法を使いこなせる改造人間であってほしかったのは当初から言っていたことです。
ここが徹底できなかったことの一つの表れがバチンガルでしたが、これは大幹部メガール将軍というよりもテーマクロの背に負うところが大きかったように思いますね。
バチンガル④
バチンガル⑤



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥52,585から
(2020/1/15 22:27時点)





仮面ライダーSpirits~継承・奪還5

仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還
「仮面ライダーSpirits~継承・奪還」

V3 26の秘密には表現されなかったものも結構ありましたね。
仮面ライダー1号や2号がやろうと思ってみても、自らの性能の限界と戦闘で幾多の敵と戦いを繰り広げる中。lぴした能力があればと思うことが多くあった中で、仮面ライダー3号であった仮面ライダーV3を仮面ライダー1号・2号が自らの手で作り上げようとしたとき、そうしたことを盛り込んでいたのは必然のことでしたけど、これも仮面ライダーV3の性能的に損傷がない状態での超能力ではなかったかと思います。
大幹部ドクトルG率いるデストロン軍団はなんとか多くの技を繰り広げt尻ぞおけていった中、ダブルタイフーンが損傷してる状態ではエネルギー補充が思うに任せず、ここでいったん倒れます。
しかし、そこで仮面ライダーZXとライダーマンが何とか間に合い、そこに大幹部3人キバ男爵。ツバサ大僧正・ヨロイ元帥まで来てしまったことは、仮面ライダーV3が戦線復帰にはちょっと時間が必要だったのでしょう。
ZX孔穿キックを苦難の末編み出していた仮面ライダーZXは、戦う中での恐怖感を克服し、大事な他多雨中での間合いを身に着け、ZX孔穿キックで一気に3幹部怪人を退けます。
明らかに特訓で結果を出した効果がなせる業でしたけど、これは仮面ライダーV3がもたらしたこととも言えます。
その戦いぶりと時間によって、損傷していたとはいえ、戦えるだけの状態に復帰した仮面ライダーV3は未知の大技に打って出て、大首領JUDO撃滅に立ち向かいます。
意を決するとはこのことでしたけど、このためにデストロン3幹部を仮面ライダーZXに任せ、仮面ライダーとしての進化を図っていたことと合わせて、すごい戦士ぶりだったと思います。

仮面ライダーV3はここで仮面ライダーV3としての最強で未知の技・」V3火柱キックを放とうとしたわけですが、これには仮面ライダーV3としての全エネルギーを開放し、右ひざ付近にあった小型原子炉を稼働させ、足先に集中させる必要がありました。
困難だった損傷したダブルタイフーンで風力エネルギーを得て小型原子炉稼働によるエネルギーと合わせてえなーじコンバータで強力エネルギーに転化、さらにレッドランプパワーでそれを倍加し、さらにレッドボーンパワーで身体中の更なる強化を図ることで、足先にエネルギーを集中させる身体を作り上げることを図って、初めてV3火柱キックが鼻てる状態となるわけです。
しかし、身体中を倍加以上のエネルギーを生み出し集中移動させることは、命と引き換えになるということは仮面ライダー1号が言うように、仮面ライダーV3も分かっていたことでしょう。

これで開かずの扉から突き出た大首領JUDOの腕をアマテラスのbodyごと吹っ飛ばしたわけですが、それでもまだ大首領JUDOは、生きていたようです。
でも、この時仮面ライダーV3が未知の大技V3火柱キックを放たなければ、仮面ライダーZXは大首領JUDOと別次元で遭遇することもなかったわけで、大きく払った犠牲に見合うものはあったような気がします。

仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還②
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還③
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還④
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還⑤
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還⑥
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還⑦
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還⑧
仮面ライダーSPIRITS~継承・奪還⑨



仮面ライダーSPIRITS 全16巻 完結セット (マガジンZコミックス)

新品価格
¥27,423から
(2020/1/12 18:51時点)





ネオショッカー改造人間第20号~クラゲロン4

クラゲロン
「クラゲロン」

その昔、ショッカーにはトカゲロンという強力改造人間がいました。
こんな強力改造人間を作り出せるのに、その後には脆弱性満載のクラゲダールという改造人間を仮面ライダーに差し向けていました。
トカゲロンとは正反対で、モチーフ的にはクラゲダールから持ってきたような改造人間がスカイライダーで登場していました。
それがクラゲロンです。
同時に登場していたサイダンプは強固な身体でスカイライダーの必殺スカイキックを受け止めていたのに対し、クラゲロンはその軟体的な身体でスカイキックの衝撃の無効化を図っていました。
トカゲロンとクラゲロンの正反対性はそのままサイダンプとクラゲロンにも当てはまていたような気がします。
トカゲロンは自惚れ、サイダンプは脳筋的であった差はありましたが、それぞれライダーキックやスカイキックを破っていた強力さには共通したものがあります。
クラゲロンはその名の通り、クラゲがモチーフです。
海遊しているクラゲは、その海の汚染が酷いところに特に浮遊するかのように生きていますが、身体のほぼ90%異常が水分なので、これをモチーフに改造人間を制作しようとすると、身体のほとんどの成分が水分となり、生体改造手術がし難くなりますね。
ネオショッカーの香港・九竜島支部からやってきたということには頷けるところがありますが、身体のほとんどが水分では生体改造手術が施せないので、その特性となった脆弱性を生かすために毒子クラゲというクラゲロンの分身のような武器も合わせて作っていったのでしょう。
秘密結社の改造人間は、一部を除き、モチーフにメカを持ち込むことから始まりますから、クラゲロンの身体もほとんどが水分というわけにもいかなかったでしょうね。

スカイキックのような強力とは言えストレートなキック技は衝撃を吸収してしまいそうですが、趙電ドリルキックのような強力な捻りの前にはその耐久性も蹴散らされ敗れ去っていったのも分かるような気がします。

脳筋的であったサイダンプとの共闘は、クラゲロンの毒子クラゲをどう生かすのかということで知力がクラゲロンにはあったとされているようですが、これはクラゲロンの武器をどう生かすのかという大幹部・魔人提督のタクトがどう振るわれるのかということであって、クラゲロンに知力があったというわけではありません。
ただ、サイダンプに比して多少は優れていた気もしますがね。
右腕が長い鞭や独特のロープのようで、敵を引き込む、打ち付けることに長けていたところも見所としては面白かったですね。
クラゲロン⑤



S.H.フィギュアーツ スカイライダー(強化前) (魂ウェブ限定)

新品価格
¥5,460から
(2020/1/9 17:39時点)





ブラックサタン改造人間第20号~奇械人アリジゴク3

奇械人アリジゴク①
「奇械人アリジゴク」

蟻地獄はよく特撮もののモチーフになっていた気がします。
なんてったってアントライオンですからね。
怪人にも怪獣にもなれるような気がします。
しかも蟻地獄が最も生きてくるのが砂場であり、この砂場に巣を作って獲物を¥が駆るのを待つのは、それこそ地獄に落ちていきそうな感じがします。
砂場は砂漠の一角とすれば、そこでの行動は水分のない砂に足場を食われてしまい、そこを得意の場とする怪人はまだしも、その怪人を倒そうとするHEROにとっては踏ん張りがきかず、しかもイタズラにエネルギーを失ってしまう地獄の場のようです。
ショッカーの改造人間に始まった蟻地獄をモチーフとした改造人間は地獄サンダーでしたが、ブラックサタンの改造人間はまさしく蟻地獄のような奇械人アリジゴクでした。
かなりメカ的要素が前面に出ていましたが、片腕に装着するドリルが蟻地獄を作り、百目タイタンと痛み分けに終わった仮面ライダーストロンガーも変身前に埋められてしまっていました。
対仮面ライダーには、仮面ライダーに変身させないことが最も効果的だったと思うと、奇械人アリジゴクは装着されるドリルで蟻地獄を思い切り利して仮面ライダーストロンガーに立ち向かえば、砂地には水がないことを思うと。仮面ライダーストロンガーは戦えば戦おうとするほど、エネルギーを消費して不利になったことでしょう。

仮面ライダーストロンガーと大幹部百目タイタンとの決戦が痛み分けとなり、お互いに負傷を修復させるための科学者の争奪戦となって、その科学者の争奪戦に奇械人アリジゴクが使われたこと自体が惜しい気がしましたね。
立花藤兵衛にそっくりの科学者というのが焦点のような話、実は奇械人アリジゴクの本来の能力を失わせていたような気がします。
砂地には水分がないため電気エネルギーを得るどころか発生させるのも叶わず、奇械人アリジゴクはカブトローさえ持ち込ませなければ、仮面ライダーストロンガーと対等以上の戦いが挑めていたのかもしれません。

ブラックサタンの奇械人も終盤に差し掛かった時点で打倒仮面ライダーストロンガーのために大幹部百目タイタンを生かそうと奇械人を持ち駒のように使ってしまい、能力を発揮させなかったところが惜しい気がしました。
奇械人アリジゴク②



S.H.Figuarts 仮面ライダーストロンガー 全高約14cm & カブトロー 全長約19cm セット ABS&PVC製 フィギュア

新品価格
¥11,800から
(2020/1/7 21:55時点)





ショッカー戦闘員~その35

ショッカー戦闘員(旧2号・初期)②
「ショッカー戦闘員」

顔のペイントを施し、ペレー帽を被せてアイパッチをしたショッカー戦闘員は、仮面ライダー旧2号の登場から顔面をすっぽり覆ってしまうマスクをかぶるようになりました。
この当時まだ大幹部は赴任しておらず、幹部相当の指揮者であった怪人のマークがマスク上部に施され、これは大幹部ゾル大佐が日本に赴任しても変わりませんでした。
ショッカー戦闘員の戦闘力は基本的に通常の人間の1.5~4.5倍とされているようですが、人体改造手術がうまくいかなかったものか、改造手術自体が簡易的なものである上に洗脳されているものであることは変わりはないようです。
一人一人は通常の人間でも武術に長けた者であるならば、対抗出来得るものですが、ショッカー戦闘員にはいわゆる赤戦闘員がいてこれがリーダーの役目を負っていたことにより、独特のチームワークを発揮していたことでその戦闘力はアップしていたようです。
初期中の初期に登場してたペイントを施した戦闘員やペレー帽をかぶってアイパッチをしていた戦闘員に比べると、怪人を見下したような様子は見られなくなり、これは怪人そのものの指揮力とショッカー首領の目の配り方が鋭くなったことで、指揮指令系統が出来上がりつつあったことかと思われます。

仮面ライダーの敵組織はショッカーですが、ショッカーならではの象徴は戦闘員が果たしていた効果は見逃せず、大事な大事な影のもう一つの主役として、ショッカー戦闘員の統率力とそれに基づいた行動はユニークなものもあり、意外と印象的なものがありました。
大幹部死神博士の頃になるとショッカー赤戦闘員は激減してしまいますが、これは大幹部が赴任したことによりショッカー戦闘意におけるリーダーは不要とされたことかもしれません。
でも、個人的にはショッカー赤戦闘員は、他の黒戦闘員の中でもデザイン的に目立ったようなところもあり、現場でのリーダーは怪人であるところ、作戦遂行のためには戦闘員だけで隠密¥行動を図ることもありましたから、赤戦闘員は貴重で、もっと登場させていてもよかったと思いますね。
ショッカー戦闘員(旧2号・初期)④
ショッカー戦闘員(旧2号・初期)③
今ではショッカー戦闘員というと大幹部地獄大使の時に登場した骨骨戦闘員のようですが、長く仮面ライダーを見てきたものにとっては、ショッカー戦闘員の基本は仮面ライダー旧2号が登場したときのショッカー黒戦闘員か、赤戦闘員です。

仮面ライダーは仮面ライダー旧2号の登場により、決め技としてライダーキックが定着したことや仮面ライダー旧2号への変身は能動的であり変身ポーズが取り入れられたことで一気に大ブームがやってきましたが、意外にもこのショッカー戦闘員は山椒のようにピリリと効果があったものですもの。
ショッカー戦闘員(旧2号・初期)①



仮面ライダー S.H.Figuarts ショッカー戦闘員(黒)日本侵略!ショッカー戦闘員襲来セット

新品価格
¥12,800から
(2020/1/1 13:03時点)





ガランダー改造人間第6号~キノコ獣人3

キノコ獣人④
「キノコ獣人」

キノコ型の改造人間は、素体となる人間がベースであり菌に覆われ尽くし、人体がそれに応じて変異してしまうことで改造人間のようになってしまうものと思われます。
それは菌は胞子であり、乾燥していれば繁殖していく力が強いものの、あくまで微生物であることから、人体改造にはその菌の特性と繁殖力が植えつけられることはあっても、菌そのものをいくら集めても大きな一つの個体にできないからですね。
従って、野生のようなものは存在しませんので、仮面ライダーアマゾンの敵がゲドンからガランダー帝国へ移行し獣人にも旧ロシア帝国の医療技術が持ち込まれたとしても、こればかりはどうしようもなく¥いことですので、キノコ獣人は獣人であるはずがありません。
外見は滅茶苦茶でしたけど、これはキノコ菌に決まった姿はなく、キノコ菌に侵された改造素体の人間の姿が滅茶苦茶な異形になってしまったことでしょう。
キノコ型改造人間はショッカー時代のキノコモルグに始まりますが、暗黒秘密結社がいくら積み重ねられてきても指したる進歩はなかったように思います。
菌そのものの特性に変化させることは出来ませんから、その繁殖力と菌の種類を利用したのでしょうね。
キノコ獣人が、体内で菌を培養させていたというのは、そうした菌の現れと効果だったものと思われます。
キノコ獣人③
キノコ獣人の登場にあたっては、モグラ獣人の降板が伴ったというかそれがメインでした。
人食いカビの解毒剤は、キノコ獣人自身からその胞子を採取して初めて生成されますが、既に犠牲となってしまった人たちからよりはキノコ獣人自身から採取した方が、詳しいデータが捻出されやすいことと思ったのでしょう。
仮面ライダーアマゾンの周囲には、それまでの仮面ライダーのように化学分析に秀でた人物はおらず、そうした研究と対策とはまるで反対の位置にいた者たちだらけでしたから、余計にキノコ獣人自身からとなったと思われます。
果敢にその手段に訴え出て、実は自らが犠牲となってしまったモグラ獣人の勇気ある行動が世を救ううこととなったわけですが、やはり平均以上の科学力がないと仮面ライダー側にいる人たちも苦しいだろうと思ったものです。

キノコ獣人対策にはモグラ獣人の犠牲があったわけですから、それを目の当たりにした仮面ライダーアマゾンの攻撃はまさしく怒りの滅多切りというものでした。
キノコ獣人⑥



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーアマゾン (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥14,378から
(2019/12/29 17:48時点)



GOD改造人間第20号~ジンギスカンコンドル4

ジンギスカンコンドル⑤
「ジンギスカンコンドル」

正しくはチンギス・ハーンかもしれないところ、以前はジンギスカンとよく呼んだものです。
モンゴル帝国を一台で築き上げたジンギスカンは、モンゴル人民も去ることながら有史史上最大の英雄だったかもしれません。
その英雄としての地位は、多くの命と引き換えのようでもありますが、世界的にも戦乱の世を勝ち抜いていた英雄という称号を得た人物は例外なくそのようです。
これを殺戮と呼ぶか犠牲と呼ぶかは歴史が証明してるところと歴史学者の研究にもよるところでしょうけど、少なくとも暴君でなければ戦乱の世を生き抜く上での行動の結果だというしかないかもしれません。
こうしたことを特撮の世界に持ち込むには、既に主人公が決まっていて、その主人公と相対する敵として考える上では殺戮者と考えなければいけなかったでしょうね。
これがGOD悪人軍団の始まりだったと思います。
アポロガイストは再生されても完全復帰が叶わず、仮面ライダーXに敗れ去った次の展開は、ブラックマルスという大幹部が考えられていたみたいですね。
アポロガイストに人気が出たために再生体まで出てきてしまったことで、このブラックマルスは企画倒れとなってしまいましたが、見てみたかったものです。
歴史上の英雄を殺戮を繰り返した悪人とみなし、これを統率していたのは巨人キングダークでした。
キングダークはGOD総司令自身のようなものでしたから、キングダークの指示指令に従うGOD悪人軍団との構図は、仮面ライダーストロンガーにおける岩石大首領とデルザー軍団の構図の走りみたいなものだったかもしれず、もっと強く描ければGOD悪人軍団もデルザー軍団同様のような存在になっていたかもしれません。
そのGOD悪人軍団の改造人間第1号が、ジンギスカンコンドルで、それまでの神話怪人とはまるで別の世界が待っていました。
ジンギスカンコンドル③
殺戮=血、しかも吸血と同時にビールスを注入し、ネズミ算式に吸血人間を増やして血の奴隷状態にしてしまうのはショッカー蝙蝠男が実験的に行っていた企てを発展させようという具合にも見えました。
ジンギスカンコンドルのもう一つの要素であったコンドルのエッセンスを取り入れたことで、飛行能力もあったジンギスカンコンドルは、実はこれが最も仮面ライダーX を苦戦させた要因でした。
飛行型改造人間に苦戦していたのは仮面ライダーXだけではありませんでしたが、これに口が発射口であったジングカン・ファイヤーがあったことで余計に苦戦させられていました。
それまでの神話改造人間とは勝手が違うだけではなく、能力的に向上してた上にこの飛行能力を駆使されたことが最大の苦戦の要因だったのでしょうね。

常に空からの攻撃に徹していれば手土産ができたでしょうに、地に落ちて攻めようとしたため。仮面ライダーXにライドルスティックを口に打ち込まれ、ジングスカン・ファイヤーの発射口を破壊されたことは印象的なシーンでしたし、この時点で勝負あったということなんでしょう。

仮面ライダーでジングスカンの名を聞くとは思いもしなかったですが、確かに神話改造人間を上回る能力があったことを知らしめるためにもジングルカンの名は必要だったのでしょう。
ジンギスカンコンドル④



仮面ライダーX Blu-ray BOX 1

新品価格
¥18,167から
(2019/12/27 22:02時点)


大幹部・再生アポロガイスト~仮面ライダーX5

改造アポロガイスト
「再生アポロガイスト」

GOD総司令の「殺すには惜しい」というセリフが、本当にハマっていました。

仮面ライダーXは全編通しても短かったですけど、アポロガイストは途中からの登板でギリシャ神話をモチーフにしていたGOD改造人間が織りなす物語にすごくあっていたと思います。
ギリシャ神話にモチーフを求めるなら、もっともっとギリシャ神話を勉強しておいてほしかったのですけど、政策サイドも見ていたこっち側もそんなに変わりがなく、登場した神話改造人間も少なかったですね。
仮面ライダー史上、改造人間の設定としてはショッカー改造人間が出てきた時、デストロンの機械合成改造人間が出てきた時、それにこのGOD神話改造人間は、相当インパクトがありました。
ショッカーは大幹部ゾル大佐が出てくるまでの改造人間に大いに魅力がありましたし、デストロンも大幹部ドクトルGが登場するまでに同様の傾向が見られました。
GOD神話改造人間もアポロガイスト登場までの神話改造人間には傑作が多かったですけど、アポロガイスト登場以降もより魅力が引き立てられていたように思います。
アポロガイストは大幹部というより、GOD秘密警察第一室長、或いは殺人マシーンという肩書や異名がありましたけど、そう言うことと相まって仮面ライダーXのライバルというイメージが強く、それが奏功していたように思います。
アポロガイストあっての神話改造人間、神話改造人間あってのアポロガイストという感じがあり、いずれ降板する運命があったとはいえ、あの冷徹で作戦立案と遂行能力を思うとき、アポロガイストを失ってしまうのは仮面ライダーXの物語の展開上、大きな損失になるところでした。
アポロガイストは、太陽神アポロをモチーフとしていたことにより太陽が燃え盛るイメージでデザイン、造形がなされていたものと思いますが、できればもっとインパクトがあれば、と思っていたところ、仮面ライダーXとの決戦に敗れたアポロガイストが、再生アポロガイストとして登場してきました。
顔の中心に銀の太いラインが入り、纏うマントには炎のイメージが導入されていました。
これがよりアポロガイストの見栄えをあげていたと思いますし、実にカッコよくなった想いがありました。
改造アポロガイスト②
連装銃アポロショットが3連装銃と剣を組み合わせたアポロマグナムに、日輪型の盾ガイストカッターも左肩に装着する刃の追加によりガイストダブルカッターとなったことなど、見つけていた武器が強化されていました。
再生には違いないのですが強化改造されていたイメージが、再生アポロガイストにはありました。
冷静冷徹が基本であったところ、より好戦的になっていたことも見逃せませんが、これは神話改造人間のネタが尽きかけていたことと無関係ではないでしょう。

再生アポロガイストは人間の科学者2人によって再生が施されていましたけど、再生後のチェックもせずいきなり殺そうとして一人の科学者を失ったことが致命的でした。
射撃の腕が百発百中であるはずのところのズレ、それは再生が完全でなかったことの証拠です。
それを補うのが仮面ライダーXのパーフェクターであり、その奪取を目論んで仮面ライダーXとの最終決戦となっていましたが、ズレの修復は叶わず、最後はGOD秘密警察第一室長、或いは殺人マシーンとしての意地が火の玉攻撃を為したものと思われます。

姿を消してしまうには、本当に惜しく、歴代大幹部が仮面ライダーに倒されていったときにはなかった残念という気分にさせられましたね。
改造アポロガイスト⑥




東映ヒーローネット限定 仮面ライダーX S.H.Figuarts 再生アポロガイスト

新品価格
¥9,550から
(2019/12/24 20:49時点)


デストロン改造人間第20号~ギロチンザウルス4

ギロチンザウルス⑧
「ギロチンザウルス」

仮面ライダーV3初期を凌駕していた機械合成改造人間。
怪人の方はともかく、金属の何をもってくるのかは大きなポイントだっただけにモチーフとなる金属は武器にならなければならかったことを思うと中途半端なことはできなかったでしょう。
物語の遂行と相まって機械合成改造人間を考案しなければいけなかったことには苦労もあったでしょうけど、あくまで人間たる素地を盛り込まなければいけなかったこともその苦労を増長していたような気がします。
で、遂に出てきたギロチン。
ギロチンは人間が考え出した最悪の処刑装置であり、まるで悪魔の武器のようでもありました。
ギロチンはあくまで人間を処刑するものであり、ギロチンと人間を結びつけることなどありえないようで、仮面ライダーV3に登場したギロチンザウルスは、遂にギロチンがモチーフになってしまったということと改造人間と言いながら恐竜が素体となってしまい、印象的に人間が入り込む隙は無かったような感じがしました。
でも、有史史上最高の切断機器・ギロチンを支えるものは人間ではなく、特撮HERO 番組の根っこにあった恐竜が組合わされたことは、いつか見てみたかった鋭い刃を持つ怪獣を何と仮面ライダーで見てしまった気分にもなりました。
しかも、ギロチンザウルスは火を吐くことも大きな引武器としており、まるで人間大の火を吐く大怪獣といった感じでした。
怪獣と言えど、小さな知力はあったわけで、ギロチンを用いた機械合成改造人間を考案するには人間は必要とされなかったというところかもしれません。
本来主役敵方にもなり得るギロチンザウルスでしたけど、知力が小さすぎたせいか、同時登場のドクバリグモが主であるデストロンの四国占領作戦では、あくまでドクバリグモのサポート役であったことが惜しい気もしました。

今にして思えば仮面ライダーV3は多くのメカ内蔵の改造人間でありましたけど、、この頃まだV3 26の秘密を追っていた頃の話であり、そうした未知の改造人間が怪獣と対峙したら、、、という想いも沸きました。
ただ、デストロン改造人間も悪魔のような人間が考え出した改造人間でしたから。仮面ライダーV3対怪獣というのは横道にそれたものだったかもしれません。
ギロチンザウルス①
ギロチンザウルスのギロチン攻撃を防いだのは、ダブルライダーから通信を受けた仮面ライダーV3がダブルライダーの指示に従って出した細胞強化装置 クロスハンドでした。
これがV3 26の秘密の最後となってしまいましたけど、このV3 26の秘密は結構なお気に入りで、謎に包まれ一つずつ明らかになっていく謎の仮面ライダーというのも魅力あるものだったと思います。
また、デストロンの作戦遂行上サポート役ではありましたけど、V3 26の秘密を明らかにしていなければいけないほどギロチンザウルスは強敵だったということになるかもしれません。

ギロチンザウルスはTV版と映画版があり、倒された仮面ライダーV3の必殺技が違っていたというのも面白みを増していました。
ギロチンザウルス



メディコムトイ 東映レトロソフビコレクション ギロチンザウルス

新品価格
¥24,800から
(2019/12/20 21:21時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンガイア~ニセ・ウルトラマンアグル
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンガイア~ニセ・ウルトラマンアグル
  • ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人
  • ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンダイナ~ギャンザー
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンダイナ~ギャンザー
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ