HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダー

デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク4

マシンガンスネーク⑨
「マシンガンスネーク」

仮面ライダーV3で登場したデストロン改造人間は、機械との合成怪人でした。
この機械との合成改造人間は、大幹部ドクトルGが倒されるまで続いていきますが、できればデストロンが壊滅するまで続けて欲しかったと思います。
機会との合成怪人の出来はかなり良く、大幹部ドクトルG登場前と後とに区別してみると、圧倒的に前者の出来が良かったと思いますね。
お気に入りの怪人が多く、マシンガンスネークもその一つでした。
仮面ライダーV3は当初、2話完結パターンが続いていましたけどマシンガンスネークは強烈な印象がありながら、珍しく1話で倒されてしまいました。

基本は人間でありながら、戦闘における攻防の面に皮膚が厚そうなスネークの要素を取り込み、しかもそれは猛毒を持った毒蛇。
皮膚が厚いと言うことは、皮下脂肪が厚く表面が硬化されており、自らの武器であったマシンガンがうっかり跳弾状態になって自らの跳ね返ってきても、影響がなさそうな感じということで、かなり防御の面で役立ったことだろうと思います。
マシンガンスネークは、右腕先がコブラハンドとなっており、そこにも猛毒が仕込まれていましたが、このコブラハンドの下にはマシンガンが仕込まれており、その名の如くマシンガンスネークのメインとなる武器はこのマシンガンでした。
仮面ライダーV3と言えども、身体は部分的に人間的要素が絡められていることもあって、人工筋肉ばかりでもなかったでしょう。
マシンガンスネークとの戦いで、V3・26の秘密の一つである特殊強化筋肉が発見され、その発動でマシンガンをも跳ね返すという能力が発揮されることで局面が変わっていきましたが、この頃はまだ仮面ライダーV3は自らの能力を把握し切れておらず、多分、特殊強化筋肉が発動されていなくても上半身だけなら跳ね返す能力はあったと思いますね。
マシンガンスネーク②
マシンガンスネークは、かつてのショッカー改造人間コブラ男の発展番だと思います。
マシンガンスネークという名の中には、スネークとはあってもどんな種類のスネークなのかは分かりません。
しかし、その姿とコブラハンドを見た時、猛毒が仕込まれている身体のことを思うと、コブラ男が連想されます。
デストロンはショッカー、ゲルショッカーの流れをくむ暗黒結社ですから、データとしてコブラ男のデータがのこっていたことは当然のことです。
一つの動物の特徴を人体に取り込み飛躍的に能力を上げていたショッカー改造人間は、その初期のものは怪人としてはまだまだのものでありながら、取り込むべき要素は多々あったはずです。
そこに当時の最新組織デストロンがあったわけですから、そうしたショッカー改造人間のデータを取り込んで更なる強化改造人間が出てきていても、ちっとも不思議なことではありませんでした。

ただマシンガンスネークは非常に短気で短絡的な性格だった、、、
持っていた武器はかなりのものだっただけに、この性格が災いしてV3反転キックに敗れ去りましたね。
マシンガンスネーク⑦

R014 被れる光る11 仮面ライダーV3 完成品 マスク コスプレ

新品価格
¥25,000から
(2017/10/15 22:21時点)



メディコム・トイ RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダーV3 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥6,900から
(2017/10/15 22:22時点)



Project BM! 仮面ライダー THE NEXT V3 (12インチアクションフィギュア) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥42,000から
(2017/10/15 22:22時点)


ゲルショッカー改造人間第5号~イソギンジャガー3

イソギンジャガー⑤
「イソギンジャガー」

イソギンジャガー登場の話でメガホンを取ったのは、仮面ライダー原作者の石森章太郎でした。
自らも出演し、イソギンジャガーの犠牲者となっていました。
そういうこともあって、それまでの番組とは異なった角度から演出されたこの話は、爆破シーン一つとっても大掛かりのような感じとカメラのカットが大胆になり、無声シーンなどもあって特撮番組の効果をより以上引き出そうとしていましたが、リアルで仮面ライダーを見ていた者にとっては、どこか違うんだよなという違和感が残った話として記憶に残ったものです。

ゲルショッカーの改造人間は2つ以上の動植物を融合させたものでしたけど、それって意外性を引き出す効果が大きかったと思うんです。
最初に出てきたのがガニコウモルでしたからね。
カニとコウモリを融合させた改造人間がこんなに見栄えがして、強さを感じる者かと思いましたから。
そういう意味ではイソギンジャガーはどうなのかというと、アンバランス感がすごかった感じがしました。
イソギンジャガーの頭部は、何故かピンクのイソギンチャック。
それ以外は黄色のヒョウ。
あくまでヒョウであって、ジャガーという感じが乏しかったのですが、特にこの腕の部分の黄色の配色が目立ちました。
イソギンジャガーと言えば、イソギンチャックの触手を大げさに表現した触手締めがありましたけど、その触手は長く巻きつけた敵を締めあげるパワーが相当なものだったと思います。
そのパワーはイソギンチャックではなく、黄色の腕に表現されるヒョウによるもので、同時にイソギンジャガーに見られた瞬間移動能力もヒョウの疾走感から来たものと思われます。
その割に、見た目のイソギンジャガーにはそれが感じられないという違和感とアンバランス感。
それが印象的でもありました。
イソギンジャガー④
ショッカーやゲルショッカーの改造人間は、素体となる人間に動植物の特徴が思いきり雨域出てくるように人体改造手術が施されることによって創出されていました。
イソギンジャガーが面白かったのは、そうした人体改造手術というのが施されておらず、人体の頭部になんらかの変身装置が埋め込まれ、ゲルショッカー大幹部ブラック将軍によって操作されることでイソギンジャガーが出現していたことです。
イソギンジャガーを倒すには、イソギンジャガー自体を破壊するという方法以外にその破壊装置のみをピンポイントで破壊する方法がありました。
だからライダーポイントキックなる技が披露されていたということですけど、この技ばかりはイソギンジャガーをつぶさに観察し、その作りを見極める必要がありましたね。
イソギンジャガー

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新1号 Ver.2.5 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥17,260から
(2017/10/12 22:35時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新1号 Ver.2.5 & 新サイクロン号 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥65,964から
(2017/10/12 22:35時点)



RMW 仮面ライダー新1号 1/2マスク

新品価格
¥22,999から
(2017/10/12 22:36時点)



仮面ライダーSpirits~密林の破壊獣4

仮面ライダーSPIRITS~密林の破壊神
「密林の破壊獣」

バダン側の3大幹部のように感じられたニードル、アスラ、プアゾンが初登場となった「密林の破壊獣」。
バダン怪人としてはトカゲロイドが出てきました。
でも、この話のキーとなったのは天才科学者ビクトル・ハーリンであり、子供でありながらIQ300のこの天才は、ギアナ高地の悪魔の食卓(デビルス・テーブル)に人知れない環境・状況で生息してきたラスト・バタリオンと呼ばれた怪獣たちの遺伝子操作によって導き出された生命体でした。
バダンはそのラストバタリオンに目をつけ、またビクトル坊やは未知の生命体が生息する悪魔の食卓に興味を持っていたことから、バダンと仮面ライダーアマゾンによるビクトル坊やの争奪戦みたいな展開となりました。
ラストバタリオンの染色体は地球上のどの生命体にも属さない独自のもので、そのラストバタリオンの存在自体を解明し利用しようとしたことからバダンはトカゲロイドと謎の円盤軍を悪魔の食卓に派遣していたわけです。
ここを侵食する以前に、バダンは3大幹部を含め何体かのバダン怪人を出現させていましたから、このラストバタリオンは後の暗闇大使の復活や新たなバダン怪人を作り出そうとして利用されようとしていたものと思われます。
そこに目をつける者は一切排除する、、、それでトカゲロイドはビクトルに目をつけ、抹殺を図ったわけです。
そこに仮面ライダーアマゾンがビクトルのガイドとして登場。
そこを襲う最中に、トカゲロイドの携行させていたムシビトと行動を、ビクトルの気一つで静止させたことから、ビクトルの生成過程に気が付いたバダンが、生きたままの捕獲を目指し、捕獲することでラストバタリオンを意のままに操ろうとしたわけです。
これを仮面いライダーアマゾンが許すわけもなく、ましてやビクトルがまだ9歳の子供であったことも効いて、ビクトルを守る、救うための行動に出ていったわけですね。

面白かったのは、このムシビトのデザイン。
何処かライダーっぽいこのデザインは、仮面ライダーアマゾンの没デザインだそうで、うっかりすると見逃しそうなこのデザインは、この作品を通しての作者の仮面ライダーに対するこだわりなんでしょうね。
仮面ライダーSPIRITS~密林の破壊神④



























バダン幹部の力は、絶大にも見え、それはトカゲロイドが弁えていたこととは次元が違いました。
ビクトルを守る、救うという純粋な想いを抱いていた仮面ライダーアマゾンの心は何時しかビクトルにも通じ、それが仮面ライダーアマゾンの理解しがたい行動となってビクトルを救うわけですが、ここで同時に一旦は仮面ライダーアマゾンの大切断によって真っ二つにされたトカゲロイドが、ニードルの与えた力で復活を果たし、何度切断され食いちぎられてもそれを意に返してはいませんでした。
それどころか巨大化するとともに意識を変えられて怪獣とされたトカゲロイドに対し、それならば神秘の破壊の力を使うことで対応しようとした仮面ライダーアマゾンは、ギギの腕輪とガガの腕輪を合わせることでインカパワーを発動し、スーパー大切断でトカゲロイドを仕留めました。

この話には、まだ続きがありそうな気がしています。
地球上の生命体にも属さない独自の染色体があるラストバタリオン。
ビクトル坊やが言ってましたね、「一つの例外を除いて、、、」と。
これが何を意味していたのか、まだ面白味は続いています。
仮面ライダーSPIRITS~密林の破壊神③

S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾン&ジャングラーセット

新品価格
¥17,724から
(2017/10/10 00:53時点)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン Amazon.co.jp (R) EDITION

新品価格
¥7,774から
(2017/10/10 00:54時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーアマゾン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥14,000から
(2017/10/10 00:54時点)


仮面ライダーSpirits~機鎧(きかい)の海4

仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海
「機鎧(きかい)の海」

仮面ライダーSpiritsで描かれる物語の中で、貴重で重いキーパーソンの櫃である銀のドクロが初めて出てきたのは仮面ライダーX編でした。
スペインのとある港町を舞台とし、滝和也が初めてダブルライダー以外の仮面ライダーにあったのもこの話ですね。
仮面ライダーは皆、改造人間になることについては想いの根っこがいくつかありました。
仮面ライダー1号は信じていた科学者、仮面ライダー2号は自らの境遇、仮面ライダーV3は家族、ライダーマンは自らが裏切った組織の大幹部。
仮面ライダーXに至っては自らを改造人間とすることで命を救うことになった父親、そして敵組織に入り込んで殉職した恋人とその妹。
愛する者を失うことは数では測れませんが、仮面ライダーXは時を追うごとに犠牲者が増え、それが皆自分にとってはかけがえのない者だったという重みは、見方を変えれば恨みつらみはとにかく深かったということになるのかもしれません。
液体金属のようなもので精製されていた銀のドクロは、人の怨念や恨みをエサにして成り立って、その怨念や恨みも敢えて自分が姿を取り戻すかのように人に仕掛けていくことで自分の姿を形成したモノであることがこの物語では描かれていました。
バダン改造人間バラロイドは、そうした銀のドクロの想いを支えていたにすぎず、でもその支えこそがバダンが後に表舞台に出てくることの引き金になっていました。

液体金属のようなドクロの銀は、仮面ライダーXが銀のマスクの仮面ライダーであったことに呼応するかのような設定でしたけど、でも仮面ライダーXの恨みつらみは初の巨大幹部となったキングダークという銀の巨人にもあったということを合わせて考えると、頷けるところがほとんどでした。
仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海②
スペインのとある町の息子夫婦を失った老人に、神敬介は自分の父親をダブらせていたと同時にその老人の息子夫婦に恋人を思い浮かべさせられた気分だったかもしれません。
仕掛けられた罠に、恨みが積み重なりそこに後悔の念も重ねていったことで怨念になり、それはまるで写し鏡のようにバラロイドに利用されて銀のドクロに反映していきました。
だから、同じような境遇と自分が近寄った人の犠牲を防ぐためにも仮面ライダーXが密かに調査していた想いとその行動は、実に意味ある事でした。
銀のドクロは後にバダンのアマテラス復活の際に騒動を起こしていますが、その時も仮面ライダーXの行動があったことはこの時の戦いと無縁ではなかったんでしょうね。

「機鎧(きかい)の海」とはうまく名付けたものです。
初のメカニックライダーであり、深海開発用改造人間であった仮面ライダーXがようやく初お目見えしたのは銀の牛をライドルホイップで切り刻んだシーンでしたけど、まさしく秀逸でした。
銀のドクロの精製の意味を知った仮面ライダーXが、クルーザーを駆って海中からキングダークの顎を叩いて空中高く舞い上がり、Xキックを決めてバラロイド諸とも銀のドクロを破壊したシーンと合わせて、実に印象的でカッコいいシーンでしたね。
仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海③

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥11,965から
(2017/10/8 23:47時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥7,799から
(2017/10/8 23:47時点)



ソフビ魂 VOL.28 仮面ライダーX

新品価格
¥18,186から
(2017/10/8 23:49時点)



ショッカー改造人間第5号~かまきり男4

かまきり男⑤
「かまきり男」

このかまきり男も秀逸でしたね。
電飾を施したかまきり男の眼に明かりが灯るのも、かまきり男の体色相まって、若干の暗闇の中で映えるようでした。
怪奇性を現わすとは、正にこの事だったのかもしれません。

かまきりは仮面ライダーシリーズの中でも悪の秘密結社の改造人間のモチーフでは、よく使われたものでした。
かまきりに限らないですけど、モチーフとしてはありきたりの感がするのは、仮面ライダー放映の頃はまだかまきりはその辺りでよく見られた昆虫であったこともあるし、改造人間のモチーフとしてはよく見かけたという後からの感想に過ぎません。
用心深く慎重でありながら獰猛な感じがするかまきりは、その眼付きの悪さと気象条件に敏感だったことを忘れていはいけませんね。
かまきりの産卵が行動内なところでなされることが多いと大雪が降るなんて言う話は、気圧気候などの気象条件に敏感だったということの証だし、かまきり男が地震と結び付けられて物語が展開していったのも、地震発生の際には人間が感ずることのない気象条件に敏感だったことと無関係ではないでしょう。

ショッカーは小型核爆弾による人工的に自信を発生させることで、地球侵略の第1歩にしようとして実験を繰り返していましたけど、ここまで用意周到な行動をしていたショッカーの姿も仮面ライダー初期ならではのことでしょうね。
本郷猛の親友に続き、今度は幼馴染という設定は、その幼馴染が本郷猛と同様研究者であり、地震研究化であって著名な存在であったことは、本郷猛が優秀な科学者だったことと関係があったのかもしれません。
地震は天変地異の一つであり自然現象である以上、ショッカーと言えどそのメカニズムはつかめず、小型核爆弾による人工地震発生の効果を上げるためにも、この地震研究家の専門家としての意見が必要だったのでしょう。
でも、この地震研究化を拉致するためにかまきり男がショッカー首領の意を受けて行動することが物語の第一義であり、なんともかまきり男が尖兵に過ぎないような感じがして、そこが物足りないと言えばそうなるのかなという感じがありました。
かまきりと言えば腕先の鎌のような部分が特筆されるべきでしょうけど、かまきり男の左腕先は大きな鎌でありながら、実際に攻撃用武器でよく使われていたのは、右腕による鎖鎌でした。
鎖鎌は鎖の部分が長いほど、振り回せば遠心力もかかり、いくら改造人間・仮面ライダーとは言え、直撃を浴びるとただでは済まなかったでしょうね。
ただ、かまきり男と仮面ライダーの戦闘シーンは少なく、そうした魅力が演じられるのもそれほどなかった割にはこのかまきり男登場の話を覚えているのは、本郷猛の変身シーンでした。
能動的変身機能をまだ持ってなかった仮面ライダー1号は、サイクロンを駆るか高所から飛び降りることで対ブーンに風圧を受けて変身していましたが、この時は落とし穴にはまった状態で爆弾を投下され、その爆風を受けることで変身していました。
これはかなり斬新的なことで、見応えたっぷりであったところに、これも珍しいショッカーアジト内でかまきり男にライダーキックを決めて核爆弾のスイッチを防いだこともあり、実に記憶の残る話でありました。

かまきり男は羽根があったように飛行能力もあったのでしょうけど、物語の面白さにかまけてかまきり男の能力が存分に表現されていなかったのは、惜しいと言えば惜しいことでした。
かまきり男⑥
かまきり男

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー旧1号 Ver.3.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥26,000から
(2017/10/6 22:22時点)



1/12 仮面ライダー旧1号&サイクロン号

新品価格
¥70,654から
(2017/10/6 22:23時点)



メディコムトイ RAH DX リアルアクションヒーローズ No.349 仮面ライダー旧1号 Ver.3.0

新品価格
¥18,000から
(2017/10/6 22:24時点)


仮面ライダーSpirits~右腕の記憶4

仮面ライダーSPIRITS~右腕の記憶
「右腕の記憶」

ライダーマンと言えばデストロン大幹部ヨロイ元帥。
斬っても切り離せそうにもない運命にあったこの2人は、「仮面ライダーSpirits」でも当然のように描かれましたね。
大幹部候補であった者と自分の身分を脅かす存在と勝手に思い込んで、罠を仕掛けた大幹部。
ライダーマン誕生もヨロイ元帥の罠によるものでしたけど、ヨロイ元帥が追い詰められていったのもライダーマン出現によってのものでした。
だから、双方ともお互いに気にせずにはいられない存在だったわけですけど、「仮面ライダーSpirits」ではライダーマンが姿を消してしまった後の後日談を描くという方法が取られていました。
「仮面ライダーSpirits」は仮面ライダーZXを生み出したバダンとの攻防を描くものでしたけど、ライダーマン編はそれとは一線を画したような内容でした。

仮面ライダーは死なん、、、というのは、後日仮面ライダーZXが残した言葉ですが、仮面ライダーV3の時もそれが生きてました。
仮面ライダーV3誕生の時、窮地を救おうとして仮面ライダー1号、2号がカメバズーカを太平洋上まで連れ去りましたけど、原爆の爆発の影響を受けたはずのダブルライダーは後に生還してました。
これに表されるように、プルトンロケットを人類に影響がないところまで操作し爆破させたライダーマンは、きっとどこかで生きていると持った人は多かったと思います。
仮面ライダーXの映画版の時にいきなり復帰を果たしたライダーマンは、それまでどこでどうしていたかが分かりませんでしたね。
タヒチからの生還ということでしたから、「仮面ライダーSpirits」ではプルトンロケットを爆破させた後タヒチに流れ着いたところから始まっていました。
プルトンロケットを被害がないような状況で爆破させたものの、自分の記憶まで失っていたライダーマンは、唯一の自分のものとしてそのヘルメットを持っていました。
言うなればライダーマンの記憶を奪ったのはヨロイ元帥であり、プルトンロケット作戦失敗で結局仮面ライダーV3に倒されてしまったヨロイ元帥はライダーマンによって倒されたようなものであり、お互いがお互いを強く意識せざるを得ない関係にありました。
だからなのか、倒されたはずのヨロイ元帥の別個体が記憶を失っていたライダーマンを執拗に追っていたのも、そういう浅からぬ関係にあったためでしょう。
その失った記憶を呼ぶびもどす大きな要因が、一つはヨロイ元帥による切迫感、もう一つはヘルメットでした。
仮面ライダーSPIRITS~右腕の記憶①




























「仮面ライダーSpirits」のライダーマンには、独自のいろんな設定が施されていました。
アタッチメントを起動させ様々なスタイルに変えていくのは、肘の源に小さなカセットを入れ込むこと。
ドリルアーム起動に電気使用をえんじなかったこと。
実写版では描かれなかったマシンガンアーム。
こういう設定こそ、「仮面ライダーSpirits」ならではのものでした。
ましてライダーマン単体で敵を倒すこともなかったのが、因縁めいたヨロイ元帥を倒してしまうところまで演じきったのは痛快そのものでした。

気になったのは、ヨロイ元帥がライダーマンの存在よりもその脳髄を求め、次なる組織への土産として狙っていたことでした。
デストロンの次の組織となると仮面ライダーXの敵となったGODということになりますが、実はもう既にバダンは動いていて次の組織とはバダンだったという具合に考えた方が、つじつまが合ってきますね。

こういう隠された設定は、正に「アイタ、ペアペア」なのかもしれません。
仮面ライダーSPIRITS~右腕の記憶②

新 仮面ライダーSPIRITS(15) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

新品価格
¥617から
(2017/9/29 22:51時点)



仮面ライダーSPIRITS 全16巻 完結セット (マガジンZコミックス)

中古価格
¥1,100から
(2017/9/29 22:52時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX ライダーマン (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

中古価格
¥13,000から
(2017/9/29 22:53時点)


仮面ライダーSpirits~熱砂のプライド4

仮面ライダーSPIRITS~熱砂のプライド
「熱砂のプライド」

仮面ライダーSpiritsの物語も、仮面ライダーZXが主人公との触れ込みはあったものの、当初しばらくに間はどういう具合に進行していくのかが分かりませんでした。
仮面ライダースーパー1の敵組織ジンドグマが壊滅してから数年後、現代の要素を絡めながら仮面ライダー1号から順次、どんな具合で各仮面ライダーたちが時を過ごしていたのか、そしてBADANが何をたくらみ、どんな具合で暗躍していたのかが少しずつ明らかになっていきます。
仮面ライダー2号の「たった一人の戦場」においてはバダンの改造人間クモロイドのような怪人が登場し、想いもつかない武器の開発のため、内戦状態にあった国で暗躍を続けました。
これは仮面ライダー2号によって殲滅させられましたが、大量の改造人間の素体を安置し、起動させるためのプラントの構築のため、黒いピラミッドを構築しようとしていました。
バダンは、様々な作戦を同時に進行させようとしていましたが、仮面ライダーV3登場の「熱砂のプライド」においてはゾンビのような不死の改造人間を何体も起動させ、その素体を集めて安置するシステム・黒いピラミッドを起動させていましたが、この時既にタカロイドが暗躍してその任を負っていました。
しかし、目的はそれだけではなく、人間がスサノオと呼んだ神を大首領JUDOとして、この世に復活させようとしていたことは、黒いピラミッド起動の話の中で、少しだけ顔を出していたように思います。
大首領JUDOをこの世において復活させようとまずその肉体を作り出す動きとして仮面ライダーZXを作り出す動きはあったのでしょうけど、まだ具体化はしていなかったように思います。
大首領JUDOの肉体の変遷を、歴代の仮面ライダーに求めていたのは、ひょっとして結構後になってからかもしれません。
しかし、自分たちがそのボディを敢えて作り出すことよりも仮面ライダーのボディに求めていたのは、仮面ライダーV3の精神を乗っ取り、風見志郎としての記憶を追いやろうと画策していたことに現れていました。

仮面ライダーSPIRITS~熱砂のプライド①
改造人間の安置システムとしての黒いピラミッドの登場に目が行きそうな仮面ライダーV3登場の話は、実は場バダンがウソと真の話を織り交ぜながら、大首領JUDO復活のための仮面ライダーV3の身体の乗っ取りにあったと感じますね。
死なないゾンビのような改造人間が、意思を持たずプログラムされたままの動きを取っていたことは、自らの意思をしっかり持っていた仮面ライダーV3としては厄介なものだったかもしれません。
そこで逆ダブルタイフーンの使用は、話の進展としてはかなりの部分で大きな割合を占めていました。
3時間は変身できない、、、このため風見志郎は仮面ライダーV3に変身することなく精神を追いやられそうになっていましたが、この辺りは初めて自ら改造人間になることを願った末の仮面ライダーであった風見志郎の精神力の強さがモノを言い、バダンの狙い通りにはなりませんでした。

そこで初めて姿を現したがタカロイドでした。
まるで墓荒らしの素性が出てしまったタカロイドは、どれとは裏腹にプライドが高そうなバダン改造人間でしたけど、これもまたしっかりしたプライドを持った仮面ライダーの象徴の様であった仮面ライダーV3の存在が対比的でした。
空を飛べる飛べないが改造人間の差を生むわけではなく、そこをどう工夫するのかが肝であり、だからこそタカロイドを葬ったV3マッハキックの演じ方は見事でした。
仮面ライダーV3の脳波によって飛んできた愛車ハリケーンのタイヤの回転を利用してブーメランと化した仮面ライダーV3。
方向転換も可能となった鋭い回転上の動きは、早すぎてタカロイドもそのV3マッハキックの餌食になったのは当然のことだったかもしれません。
そしてそういう肉体を持ち得たこと自体が仮面ライダーV3のプライドでもあったことを忘れてはなりませんね。
仮面ライダーSPIRITS~熱砂のプライド②

新 仮面ライダーSPIRITS(16)特装版 (プレミアムKC 月刊少年マガジン)

新品価格
¥1,048から
(2017/9/27 22:13時点)



仮面ライダーSPIRITS 全16巻 完結セット (マガジンZコミックス)

中古価格
¥1,100から
(2017/9/27 22:13時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

中古価格
¥15,650から
(2017/9/27 22:14時点)



大回転スカイキック~スカイライダー4

大回転スカイキック
大回転スカイキック①
大回転スカイキック②
大回転スカイキック③
「大回転スカイキック」

スカイライダーがサイダンプに必殺スカイキックを破られ、仮面ライダーストロンガーとの特訓の末に編み出したのが大回転スカイキックでしたね。
スカイライダーもパワーアップ前は、まるで仮面ライダー旧2号のようにまるで唯一の決め技の様にスカイキックを放って、ネオショッカーの改造人間を倒していました。
スカイライダーのモチーフはバッタであり、仮面ライダー旧1号でしたけど、それは外見上のことであって、戦い方、決め方はパワフルではないにせよ、仮面ライダー旧2号のようでした。
仮面ライダー旧2号は必殺ライダーキックをアリガバリに破られた後、特訓によってライダー卍キックを編み出していました。
その時の再現のようです。
仮面ライダー旧2号は、特訓があったかどうかは分かりませんが、ナメクジラ戦でライダー回転キックを放っていましたけど、大回転スカイキックの出発点はこの辺りにあったんでしょうね。
決め技をあまり持たない仮面ライダーにとっては、その数くない決め技は絶対でなければならず、スカイライダーもスカイキックを破られた時の衝撃は大きかったんでしょうけど、仮面ライダーストロンガーによって仮面ライダーSPIRITSを叩きこまれるように、スカイキックの破壊力を上げるために、落ち込んでいる暇などなく、特訓を強いられていました。
その特訓は自らの限界に挑むものでしたけど、仮面ライダーとはいえ、定められた能力でありそこには決められたような限界があって、そこを突き破らないと破壊力があげられないと言うことになりますから、仮面ライダーストロンガーによるスカイライダーへの特訓は正に命がけであり、そういうことを仮面ライダーストロンガーが自らの身体で知っていたからこそのスカイライダーの特訓だったように思います。
大回転スカイキック④
大回転スカイキック⑤
大回転スカイキック⑥
大回転スカイキック⑦
スカイライダーは、それまでの仮面ライダーの中でもジャンプ力は群を抜いていました。
高くジャンプできるということは落下してくる際に発生するパワーも相当なものだと言うことになり、それを利用していたスカイキックは、仮面ライダーとしてのエネルギーを足に集中していたはずですから、相当な威力があったはずです。
そのスカイキックに、身体の空中前方回転の回転数を大きくあげることで破壊力を大きく引き上げる技、それが大回転スカイキックでした。
純粋にスカイキックの破壊力をあげるための空中回転数アップであり、そこには遠心力とか反転力というものはありませんでした。
ネオショッカーの改造人間サイダンプがパワー型の改造人間であり、スカイキックを真正面から受け止めて破っただけに、スカイライダーは純粋に破壊力を上げることでサイダンプを打ち破らなければいけませんでした。
スカイライダーもパワーアップ前はパワーの面でもう一つということもあり、大回転スカイキックを編み出したことはその後のスカイライダーにとっては大きな意味を持つことだったと思いますね。
また、この頃の大回転スカイキックとパワーアップ後のスカイライダーのスカイキックは同程度の威力であったことも、そうした意味の大きな要因でした。
大回転スカイキック⑧
大回転スカイキック⑨

仮面ライダー S.H.Figuarts スカイライダー(強化前)

新品価格
¥8,980から
(2017/9/23 23:04時点)



RAH327 スカイライダー (前期版) 2007デラックスタイプ

新品価格
¥39,800から
(2017/9/23 23:05時点)



ライダーマスクコレクションVol.4 スカイライダー(前期) 通常台座 単品

新品価格
¥4,000から
(2017/9/23 23:08時点)


クライシス怪人第4号~ガンガディン3

ガンガディン④
「ガンガディン」

仮面ライダーの愛車はバイクであり、だからこその仮面ライダーという名前だと思うんですけど。
仮面ライダーBlackRXには仮面ライダー史上初の車が登場してました。
それがライドロン、、、クライシス帝国の住人から背系図をもらい、作り上げてはいましたが、命を吹き込むことができず、その力の真価を発揮できないという展開でした。
前作仮面ライダーBlackで登場したクジラ怪人が半死半生となった仮面ライダーBlackをよみがえらせたのが聖なる海の洞窟でしたが、そこに出来上がって稼働しないライドロンを持ち小込んだことにより、ライドロンはしっかり仮面ライダーBlackRXの相棒の一つとなっていきました。
バトルホッパーの進化版アクロバッターも意思を持った生体兵器メカでしたけど、ライドロンもまたそうでしたね。
意思を持つ生体兵器メカが仮面ライダーBlack編のウリでしたから、こういう展開も読めたんですけど、ライドロンの設計自体はクライシス帝国の純粋な住人によるものでしたから、その意を受けて完成した生体兵器メカでしょう。

クライシスのジャーク将軍をはじめとした4台隊長たちは、純粋に仮面ライダーBlackRXやライドロンを破壊するために怪魔ロボット・ガンガディンを派遣してました。
ガンタンク型のこのガンガディン。
当然のようにロボットでしたから、走り動き回るタンク其の物で、破壊活動に長けたロボットでしたけど、破壊しようとした対象にはしっかり意思があって、破壊し辛いものだと言うことを忘れていたような気がしました。
圧倒的火力に優れ、仮面ライダーBlackRXを接近戦に持ち込ませないところはさすがにタンクだと思いましたけど、どうも思ったよりは足回りが良くなく、一旦倒れれば自分で起き上がることができないという大きな欠点をもっていました。
思考回路はあったんでしょうけど、程度が低く、いわゆる意志ある生体兵器には適わないと思いました。

大体、破壊力に特化したようなガンガディンの火力に賭けたような派遣の仕方は、クライシス帝国の幹部たちは仮面ライダーBlackRXやライドロンをいつでも破壊できると、どこかで舐めていたんでしょう。

ガンガディンのスタイルや火力の強さは面白いと思ったのですが、ライドロン登場に合わせたようなこの登場はライドロンの引き立て役になってしまいました。
ガンガディン③

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥11,353から
(2017/9/14 22:21時点)



【メディコム・トイプレミアムクラブ限定】RAH(リアルアクションヒーローズ) DX 仮面ライダーBLACK RX(Ver.1.5)仮面ライダーBLACK RX』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥33,969から
(2017/9/14 22:22時点)



S.H.フィギュアーツ ライドロン 約400mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥6,980から
(2017/9/14 22:23時点)


ストロンガー電キック~仮面ライダーストロンガー4

ストロンガー電キック
ストロンガー電キック①
ストロンガー電キック②
ストロンガー電キック③
ストロンガー電キック④
「ストロンガー電キック」

仮面ライダーと言えば、大ブームとなったのは変身ポーズでしたけど、これでもかと放たれたライダーキックは昭和のHEROの中でもウルトラマンのスペシウム光線と並んで、非常にポピュラーなものとなりました。
どうも今でもこのライダーキックをベースにした決め技は採用されてるようですけど、仮面ライダー旧2号から仮面ライダー新1号へと舞台が移っていった時から、破壊力・パワーから技のバリエーションに目が移っていきました。
バリエーションの豊富さは仮面ライダーV3の時が最高でしたけど、仮面ライダーXが出てきた時からライダーキックを放つ前の前振りが採用されて行きました。
仮面ライダーXのXキックは、ライドルスティックを鉄棒のように持って回転を繰り返すことで遠心力と破壊力を高め、敵怪人めがけて放たれるライダーキックであり、これは仮面ライダーXの最もエネルギーが集約される前振りであることと、当時流行った体操の鉄棒競技が影響していたようです。
正式にメカニックライダーの流行となった仮面ライダーXの跡を継ぐような仮面ライダーは仮面ライダーストロンガーだと思うんです。
電気改造人間であった仮面ライダーストロンガーはメカ的要素が高くないと迸るような電気エネルギーを体外に放出できないはずだからですが、ここでも仮面ライダーストロンガーが放つライダーキックは、ある意味独特なものでした。
体内の電気発生装置から身体中を流れる電気エネルギーを体外でスパークさせないと電気の威力を高められないためか、仮面ライダーストロンガーのライダーキックにも前振りがありました。

大きくジャンプして空中前方回転をし、体内の電気エネルギーを高めた上で、右手を左腕の二の腕あたりにあててそこでスパークを発生させ、更に空中前方回転を繰り出す中でスパークした電気エネルギーを全身に回した上で威力を高めてキックを放つ。
これが仮面ライダーストロンガーのライダーキックであったストロンガー電キックでした。
ストロンガー電キック⑥
ブラックサタンの改造人間も、動物的要素をベースにしながらサタン虫に支配された状況で対外的にもメカ的要素が多く、伝導率が実に高かったために、このストロンガー電キックは非常に有効でした。

仮面ライダーストロンガーの前期t、というかデルザー軍団が出てくるまでは決め技になっていましたね。
ストロンガー電キックは前振りが大きかったのも特徴でしたけど、身体中に流れた電気エネルギーが10万ワットの電撃に至るまでそれ相応の時間がかかったことは、空中前方回転が繰り返されたことでわかることでしたけど、多分、ここに至るまでの仮面ライダーたちが放ったライダーキックの中では最も時間を要した決め技だったかもしれません。
ただ、それだけに威力が高く広範囲に影響が及んだため、キックがまともにヒットしなくても触れるだけで充分効果が上がる技でしたし、触れずとも許容範囲にいれば効果が期待できたキック技でした。
デルザー軍団には通用しなかったのですけど、これって絶縁体を装備していた改造魔人が多かったためともいえそうですが、そのデルザー改造魔人登場までは十分な威力を発揮し、ブラックサタン大首領まで倒していましたね。
ストロンガー電キック⑦
ストロンガー電キック⑧

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥15,260から
(2017/9/10 02:03時点)



RAH220 No.59 DX 仮面ライダーストロンガー チャージアップVer.

新品価格
¥19,999から
(2017/9/10 02:04時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,500から
(2017/9/10 02:05時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ