HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダー

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ4

ナメクジキノコ④
「ナメクジキノコ」

鬼のいぬ間に命の選択じゃないけど、ナメクジキノコ登場の際の仮面ライダー1号・2号のダブルライダーの敵はショッカーライダーでした。
仮死状態になりながら電波を飛ばし、分かっていたはずのアンチショッカー同盟のアジトを具体的に知らせてきたエイドくガーの情報を基に、アジトに忍び込んだネメクジキノコは、アンチショッカー同盟においてリーダーを殺害して憑依し、陰から仮面ライダーを追い詰め、ゲルショッカーの反対勢力を一掃しようとしました。
ナメクジキノコには仮面ライダーと戦えるほどの戦闘能力はないものの、通常の人間にとっては脅威であり、人間に憑依して騙すことを得意にしていたようです。

あくまでダブルライダーを倒す役目を負っていたのはショッカーライダーですけど、ゲルショッカーの反対勢力はダブルライダーだけではありませんでしたし、ダブルライダーを倒すのは一筋縄で行けないのははっきりしていましたから、ショッカーライダーのサポート役か同等位の能力を持った改造人間の存在が必要だったのでしょう。
ハエトリリバチは打倒・仮面ライダー新1号のためでしたし、アンチショッカー同盟の持ってたとされたゲルショッカー首領の正体のデータの奪取とアンチショッカー同盟の壊滅のためエイドクガーが出てきてました。
ここに至って仮面ライダー新2号が参戦し、ゲルショッカーの相手は仮面ライダー新1号だけではないダブルライダーとアンチショッカー同盟となったことから、最後の仕上げではないですけど、ショッカーライダーがNo1からNo6までその姿を現し、さらにナメクジキノコの参戦となったわけです。
軟体動物以上の軟体さは、どんな隙間でも忍び込んでしま能力がナメクジキノコ最大の能力であり、しかも倒した相手に憑依してしまうのは騙し以外の何ものでもない能力はダブルライダーですら危うかったようです。
しかし、通常の人間には脅威となりながらも仮面ライダーに対抗するだけの戦闘能力には欠けていた、それがナメクジキノコでした。
ナメクジキノコ⑤
仮面ライダー新1号・新2号がまず倒さなくてはいけないのはショッカーライダーであり、ショッカーライダーの能力は仮面ライダーと同等以上であり、そのショッカーライダーが6体もいたとなっては、個別に倒していくわけにもいかず、特訓を経てライダー車輪でいっぺんに倒すこととなります。

当時をリアルタイムで見ていた者としては、新技ライダー車輪を編み出しショッカーライダーを倒していくのも思い切り見応えがありましたが、仮面ライダー新1号・新2号のそろったダブルライダー状態では。ライダーダブルキックを見たいという気は当然のように湧き上がっていました。
ライダーダブルキックは強力怪人をダブルライダーが力を合わせて倒していく必殺技ですけど、敵が1体の場合に使われる技です。
ショッカーライダーが6体もいたとなっては、ライダーダブルキックも見られないかなと持っていたところ、いましたね、ナメクジキノコが。
ショッカーライダーがダブルライダーを倒すことを信じ切っていたため、自らの目の前にダブルライダーが姿を現すとは夢にも思わなかったナメクジキノコは、ダブルライダーの急襲にサンドバック状態となり、ライダーダブルキックで倒されました。
これがショッカーライダー編の締めとなったわけですが、これも見応えがあって最期がこれでよかったと思ったものです。
ナメクジキノコ①



メディコムトイ 東映レトロソフビコレクション ナメクジキノコ

新品価格
¥19,800から
(2019/8/16 23:12時点)


ショッカー改造人間第17号~ドクガンダー(幼虫)4

ドクガンダー(幼虫)②
「ドクガンダー(幼虫)」

改造人間は、動植物の特徴を生体手術で取り込み、メカを内蔵させた怪人という具合に思っています。
外見上はいわゆる化け物であり、正常な精神状態では気がおかしくなってしまうところ、脳改造を施され、体内に取り込んだメカの働きによってバランスを保っている、そんな具合です。
自らの境遇として受け入れ、製作者や周囲の助けによって脳改造を施されていなくてもバランスを保ったのが仮面ライダーです。
動植物の特徴を生体手術で取り込んだ取り込んだことにより、外見が通常の人間でなくなってしまうことは、自分が自分に対する固定観念を破られてしまうということであり、脳改造を施されていなければバランスも何もあったものじゃないでしょう。
動植物の特徴を取り込むことはメカの内臓によって大きな武器となり、そこには生来あったはずの肉体は、成長どころか身体の維持で精一杯のはずです。
ショッカーの改造人間ドクガンダーは、ショッカー初の完全変態を遂げた怪人ですが、あり得ないことを絵にしてしまうところがこの大きな面白みでした。
ドクガンダー(幼虫)④
ドクガンダーの背に生えていた毛針は投げつけることで武器となっていましたが、ドコガンダーは毛虫の改造人間ですから、毛針が武器となっていたことは分かるものの、毛虫だけに毒液を吐いたりすると体内に仕込まれたはずのメカに意味が分かるような気がしますが、なんとドクガンダーは火を吐いていました。
毛虫のようなドクガンダーの体内には、ドロドロした液体が循環しており、それが毒化された上で転換され、火となって吐き出されていたということでしょうか。

ウルトラシリーズではよく火を吐く大怪獣といわれていましたが、怪獣とは対をなすような改造人間に怪獣のように火を吐かせるのは、怪獣並みの強力さを出そうとしたことなのかもしれません。
ドクガンダーの幼虫は仮面ライダー2号のライダーキックを受け、その身を繭に取り込まれてしまいましたけど、ひょっとするとドクガンダー幼虫は成虫への完全変態というか、自らの身をバラバラにして一段上の改造人間になるため、あえて繭に身を取り込ませたのかもしれず、ショッカー最大の発明はこの繭だったのかもしれません。
ドクガンダー(幼虫)⑤



メディコムトイ 東映レトロソフビコレクション ドクガンダー(幼虫)

新品価格
¥17,800から
(2019/8/13 21:57時点)


クライシス怪人第16号~ネックスティッカー3

ネックスティッカー③
「怪魔ロボット ネックスティッカー」

ネックスティッカーは、展開式の頭部で肩のアンテナを伸ばし、洗脳ヘルメットを被せた人を目から発信する信号で意のままに操れる上に、目からは破壊光弾、手から衝撃波を放つといった具合に多種多様な能力を持ち、怪魔ロボットということもあって怪力の持ち主でもありました。

仮面ライダーBlackRXにおけるクライシス皇帝の娘・ガロニア姫を死なせてしまったことによる替え玉騒動は、仮面ライダーBlackRXだけではなく、ロボライダー、バイオライダーと登場し、マリバロンの策略のもと仮面ライダーBlackRXの親しくしていた家族の娘や霞のジョー、怪魔ロボットとしても強力なデスガロン、トリプロン1号2号3号とその合体体、色濃く変わるシーンとそれに応じた演出がありすぎて、ロボライダー登場に合わせたようなネックスティッカーという怪魔ロボットは、その存在感が薄くなってしまいました。

仮面ライダーBlackRXを大いに苦戦させていたデスガロン、トリプロンは3体もの分離帯で活動していたなど、目立つ要素がありましたけど、ネックスティッカーは霞のジョーを意のままに操っていたものの、洗脳メカが破壊された上にロボライダー登場で自慢の攻撃が全く通用せず、しかもロボライダー唯一のロボイザーを駆る突進とマシンガン攻撃で片腕を吹っ飛ばされたところに、ボルティックシューターで完全に破壊された最期までの流れは、仮面ライダーBlackRXと霞のジョーを引き合わさるために過ぎず、ネックスティッカーの存在感を示すようなことはそれほどありませんでした。

様々な要素がストーリー上絡んだ上に、主役・脇役・適役も様々な設定と活動をさせたために、影が薄くなってしまった悲哀を感じてしまう怪魔ロボットでした。
ネックスティッカー
ネックスティッカー②



S.H.フィギュアーツ ロボライダー

新品価格
¥3,963から
(2019/8/5 21:21時点)



ゴルゴム怪人第16号~ハサミムシ怪人3

ハサミムシ怪人①
「ハサミムシ怪人」

地震を引き起こす、大地震にしてみたり地震を操ろうとしたりして世の中を大混乱に落としれるような作戦は、古くは仮面ライダー旧1号の時のショッカー改造人間・かまきり男から始まっていたのかもしれません。
割と印象的だったのは、仮面ライダーストロンガーの時のでるざー軍団の第2期に登場していた磁石団長とヨロイ騎士でしたけど、これは地震を引き起こすためのメカを使うことで一時仮面ライダーV3とライダーマンを捕虜としていました。
いずれにせよ、地震は自然現象ですから、それを予知するための自然科学者が人間の中にいてもちっともおかしくはありません。
その自信科学者をなんとか利用しようというのは秘密結社ならやりそうなことでしたけど、いつの間にか、それが地震を引き起こすメカや、地震自体を引き押してしまう能力を有する怪人が出てくることになってしまいましたね。

仮面ライダーBlackに登場していたゴルゴムの怪人・ハサミムシ怪人は、ハサミムシの怪人なのに地震を引き起こしてしまうかもしれない能力があったようです。
ゴルゴム怪人は人類がその姿を見せる前の何百万年も前から生息し続けていたわけですから、自然現象に寄り添うように生きてきたところが多かったのかもしれません。
秘密結社というか暗黒組織であるゴルゴムという組織は、怪人を利用して手なずけていたにすぎないかもしれず、怪人たちの固有の能力は自然に寄り添う時間んが長かったためにはっつし能力かもしれません。
怪人として生きてるところをゴルゴムによって改造され、利用されてしまったのかもしれませんが、その能力には驚かされるところが少なからずありました。
ハサミムシ怪人は、両腕のハサミを交差するとこで黄色い破壊光線を発し、それを増強することで地震を引き押してしまう能力が発揮されていたのかもしれません。

地震を利用するのではなく、引き起こす能力というのは自然の恐ろしい現象に近い存在でなければ分からないことで、ハサミムシ怪人はかなりの強力怪人だったということは仮面ライダーBlackといえど、単体では危うかったところに出ていたのかもしれません。
ハサミムシ怪人③



仮面ライダー レジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーBLACK

新品価格
¥11,217から
(2019/8/1 23:06時点)


ドグマ改造人間第16号~ロンリーウルフ3

ロンリーウルフ①
「ロンリーウルフ」

見たこともないヘタレ改造人間でしたね。、ロンリーウルフは。
でも、ヘタレ以上に物語る¥李の設定が間違いでした。

出来たばかりの妖刀ドグマンを目ガール将軍が帝王手エラーマクロに献上するための運び屋としての役目をロンリーウルフに与えていました。
運ぶだけの役目を妖刀ドグマンを自分に与えられたものとご欠きしてた時点で十分ヘタレでしたけど、「中身を抜いて剣を血で汚すな!」とメガール将軍に強く言いつけられていたにもかかわらず、妖刀ドグマンに魅入られるように殺戮をして妖刀ドグマンに血を浴びせてしまったロンリーウルフ。
単に人に乗り移るだけの能力しかなかったロンリーウルフが、妖刀ドグマンを持つだけで魅入られてしまったのか、ドグマンの強烈な妖力に取り込まれたといったところで、それ位の妖力を秘めた刀なら、なぜロンリーウルフに運び屋としての命を与えたのか、不思議なことでした。
明らかにロンリーウルフは妖怪刀ドグマンを持つには力不足であり、元からヘタレなところ、余計にヘタレぶりが顕著でした。

持ってる妖力がそれほどまでに強く、刀自身が血を欲していたのなら血を浴びることで妖力が上がり、ヘタレなロンリーウルフ自身が強力ドグマ改造人間に変貌してしまうといった方が、見どころが増えていたかもしれません。
ドグマが生み出したドグマ改造人間がロンリーウルフでしたから、少なくとも何かしらのドグマ拳法の使い手であったところを見たかったところで、刀だけに剣道の使い手にロンリーウルフが乗り移って、、、という展開は余計な要素を持たせてしまった感じが強く残ってしまいました。
その延長で真剣白刃取り習得のシーンが物語の肝だったのでしょうけど、妖刀ドグマンを持つことで強力ドグマ改造人間に変貌する中でも十分演じることができたでしょうね。
ロンリーウルフ⑤



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥50,635から
(2019/7/29 22:02時点)


ネオショッカー改造人間第16号~ヤモリジン4

ヤモリジン⑨
「ヤモリジン」

ネオショッカーの大幹部ゼネラルモンスターの招待は、ヤモリジンでした。

ヤモリの姿形をした右腕の頭と尻尾は分離が可能な上、これを変形させて「ヤモリムチ」という武器として使用し、「ヤモリ分身の術」を使って敵を幻惑し、頭部の触角に仕込まれた強力爆弾「ヤモリ爆弾」を敵に投げつけ倒してしまうというなんとも武器の多い改造人間でした。
権威主義で気位が高かったゼネラルモンスターが、その作戦遂行を幾度となくスカイライダーに邪魔され、破られていたのは、ネオショッカー大首領どころかゼネラルモンスターの沽券に関わることでプライドの高そうなゼネラルモンスターの存在意義ですら失うことでした。
ゼネラルモンスターは途中から軍服の色が変わり、右手が鋼鉄製の鉤爪に変わりましたけど、スカイライダー対策等の分析を然程してこなかったゼネラルモンスターがスカイライダーを最大の敵として認め、自らの身体を強化した表れだったんでしょう。
おそらくゼネラルモンスターは元から改造人間だったはずですけど、この強化した際にその正体であるヤモリジンとしての機能もアップさせていたものと思われます。
ヤモリにまつわる改造人間だけあって、印象としては物足りなさを感じたのはヤモリジンは大幹部改造人間の正体であったことによるものですけど、その物足りなさを覆うように多くの武器を持たせたのかもしれませんが、最大の特徴はその素早さにあったと思います。

ヤモリジンはヤモリムチなどの武器をうまく使っていたと思いますが、なんせ沽券に関わる邪魔をしてきたスカイライダーを前にして、自らの最大の特徴を発揮するのではなく、多くの機能を駆使する戦いをしていたように思います。
多分、その素早さはスカイライダーをも凌駕する能力であったところ、機能のおぼれたような戦い方には前に事柄を進める余地はなく、間隙を縫うように渾身のスカイキックを食らって窮地に追い込まれていたのも当然でした。
ヤモリジン⑧
スカイライダーを倒すため、人質作戦を遂行し、スカイライダーの身体を手に入れる代わりに人質を解放するという約束を反故にするのは歴代の秘密結社でよくあったことですから、特に何も感じませんでしたけど、やヤモリジン派幹部改造人間でしたから、もっと別の手立てで対スカイライダーに挑んでほしかった気がします。

ネオショッカーという秘密結社の大幹部だったのですから、スカイライダーへ正面から挑むことを期待しつつもネオショッカーからでてきたのですからそんなこともあり得なかったのですけど、得意の人質奪取と裏切り行為だけではなんともし難く、スカイライダーの怒りを高めるだけとなっていました。
機能に溺れるのではなく、自らの肉体を駆使して肉弾戦に及ぶには、元が権威主義であったプライドが邪魔していたのかもしれません。
一敗地にまみれてそれでも相打ちに持ち込もうとしたところに魔人提督の稲妻光線で爆破されてしまったのは、ネオショッカーの組織特有の大幹部の始末の仕方だったのかもしれません。
ヤモリジン⑥



S.H.フィギュアーツ スカイライダー(強化前) (魂ウェブ限定)

新品価格
¥10,833から
(2019/7/27 23:30時点)


大幹部ゼネラルモンスター~スカイライダー4

ゼネラルモンスター③
「大幹部ゼネラルモンスター」

スカイライダーは仮面ライダー第2期の最初の仮面ライダーであり、仮面ライダー旧1号を意識して作られました。
だから悪のヒミツ結社もショッカーを意識したネオショッカーということでしたけど、ショッカーは当初、首領の指示を直接受けていたのは怪人(改造人間)であり、首領と怪人をつなぐ、或いは首領の命のもと詳細に作戦を立案し、配下に命を下す存在がありませんでした。
ショッカーが自ら生み出してしまった仮面ライダーにより、作戦が次々と打破され、政界制服計画も仮面ライダーがいる日本だけが遅れていたという状況に陥りました。
この頃、ショッカーは日本以外でも支部を配し、様々な行動を図っていたため、仮面ライダー旧1号は欧州へと転身していきました。
それも、またしてもショッカーが仮面ライダー旧2号を生み出してしまったからであり、仮面ライダー旧2号も苦戦しながらもショッカーの作戦を打破していきましたね。
業を煮やしてショッカーは、中近東支部から初の大幹部ゾル大佐を呼び寄せていました。
スカイライダーを生み出してしまったネオショッカーは、当初から大幹部ゼネラルモンスターが存在していましたけど、これはゾル大佐を大いに意識して設定された大幹部でした。

上下関係に厳しく、裏切り行為を許さず非礼無礼な行為をもってのほかであり、ゾル大佐以上に権威主義の大幹部でした。
作戦立案能力とその遂行に向けての準備、そして指示系統を思うと、それはゾル大佐を彷彿とさせるところがありましたが、ショッカーの中近東支部からとは言え戦前のドイツの匂いがプンプンしたゾル大佐とは面識があったどころか上司部下の関係にあったようです。
死神博士やデストロンの大幹部ドクトルGとも面識があったようですが、秘密結社の大幹部になり得る人物は戦前戦中において人を殺める中で、その方法について牽制し合ってた存在だったようです。
ゼネラルモンスターは上であったゾル大佐以上に、秘密主義で自ら練り上げた作戦は、ネオショッカー大首領をも欺くようなところがあったのは、ゾル大佐を念頭に置きつつ反面教師にもしていた感があります。
ゼネラルモンスター⑧
人を殺めることに関しては歴代秘密結社の大幹部は毛並みが違うところを見せていましたけど、ネオショッカー初の大幹部ゼネラルモンスターは、権威主義が顕著過ぎたことと裏腹に、存在感はそれほど感じませんでした。
その功績が評価されて昇進したということにより、身に着けていた軍服が黒からカーキ色になり、左手がアイアンクローのように改造されていましたけど、自らの指揮により作り出してしまったスカイライダーが最大の障壁となり、様々な作戦が妨害されてしまったことによる大幹部自らの強化策だったと思いますね。
秘密結社の大幹部はみな改造人間だったとは仮面ライダー1号・2号の残したセリフでしたが、怪人体に変化する前に自らの身体を強化したのはゼネラルモンスターが最初で最後だったかもしれません。

あまりに権威主義で秘密行為が多すぎた結果、改造手術を担当していた科学者だけを用い過ぎてしまったところに孤独感から来る失墜が待っていたのかもしれませんね。
ゼネラルモンスター⑦



S.H.フィギュアーツ スカイライダー(強化前) (魂ウェブ限定)

新品価格
¥10,833から
(2019/7/25 22:22時点)


ブラックサタン改造人間第16号~奇械人ブブンガー4

奇械人ブブンガー
「奇械人ブブンガー」

左手の棘だらけの鉤爪は戦闘時に細剣に変えることも出来る武器が唯一の武器だった奇械人ブブンガー。
蚊をモチーフとしただけあって吸血能力があり、地を吸い取ると同時に相手を思うがままに洗脳してしまう毒素を注入してしまうという能力があったようです。

戦闘行為というよりは相手を吸血行為によって操ってしまうことを主眼とした改造人間でしたけど、これってブラックサタンがメインで操っていたサタン虫の能力と変わるところがありませんでした。
ブラックサタンの奇械人は、改造手術によって動植物の能力をメインとするメカを埋め込まれた改造人間でしたけど、もう1歩先にいって人の目には見えないサタン虫を奇械人の体内に忍び込ませることで、ブラックサタンの組織の意のままに奇械人を操り、作戦遂行を図ろうとしていました。
その図式がそのまま奇械人ブブンガーにも当てはまり、ブブンガーを手先としてブラックサタンの配下で命令に従順に従う人間を欲していたかもしれません。
当然のように奇械人ブブンガーは仮面ライダーストロンガーとの戦闘に入りますが。仮面ライダーストロンガーのカブテクターをブブンガーの細剣が貫いていましたけど、これって仮面ライダーストロンガーが人質を取られ、ブブンガーに抵抗できなくなったことによるもので、特にブブンガーの戦闘能力が高かったためではありませんでした。
奇械人ブブンガーの能力は仮面ライダーストロンガーに効果が出難いものであっても、通常の人間には有効であり、そこを突かれてしまったブブンガーの作戦遂行能力が少し優れていたというところです。

思うに奇械人ブブンガーは、蚊だけが純粋なモチーフだったんでしょうね。
どこをどう取り扱ったとしても蚊がモチーフの改造人間が、戦う能力や力に優れているとは考えにくいですからね。
奇械人ブブンガー②



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥16,800から
(2019/7/22 22:09時点)


ガランダー改造人間第2号~ゲンゴロウ獣人3

ゲンゴロウ獣人
「ゲンゴロウ獣人」

子供の頃、郊外に遊びに出かけた時、水辺ではよく見かけた昆虫ゲンゴロウ。
見た目がきれいなエメラルド色で、水面に浮かんでいると昆虫とは思えず、だけど、気持ちよさげに動き回っていました。
見た目に騙されることも多いこのゲンゴロウは、吸血性があり、毒液と消化液を混ぜ込んだ液体を敵に注ぎ込んで弱ったところを食するという肉食昆虫でした。
獣性とか野生とかそんな思いで見たことはありませんけど、そういう見方で見ればそれしかないような昆虫でもありました。
寒い時期というよりは湿気が多い梅雨のような時期に、見たような気がしますね。

ガランダー帝国はゲドンよりも、ギギの腕輪に固執し過ぎずに世界征服を目指し、ガランダー獣人はゲドン獣人よりも強力ということでしたけど、ガランダー獣人第1号であったハチ獣人からゲンゴロウ獣人を見た時、そんな思いはあんまりありませんでしたね。
ただ、ガランダー獣人はゲドン獣人より獣性が劣っていた分、知能的に優れていたかもしれない感じがありました。
ゲンゴロウ獣人は小型ゲンゴロウを使い、発火装置が小型ゲンゴロウにあったことを利用して大規模な火災を引き起こすことで大混乱、いわばテロ行為を画策していたとみられます。
この小型ゲンゴロウは、改造素体となった昆虫ゲンゴロウのようで、見た目がきれいだったこともあってブローチのように誤解されたこともあって、そこを利用し人間に売りつけて吸血行為をしていました。
小型ゲンゴロウの得た血液によるエネルギーは、何故か親であるゲンゴロウ獣人へと転化されていたところは、特撮仮面ライダーアマゾンという番組の面白さでもありました。
仮面ライダーアマゾンの相棒であったマサヒコの姉・リツコがある意味犠牲となっていたわけですが、血を吸われても軽い貧血で済んでいたこともありますけど、知能が高いという感じを受けた割にはゲンゴウ獣人は、リツコを吸血対象としか見ておらず、人質にとるようなことに出なかったことはやはり獣性の度が過ぎた獣人であったことの現れでしょう。

ゲンゴロウ獣人の両腕先は、大木をも切り倒し、発射可能な槍となっていました。
自らの分身でもあった小型ゲンゴロウには発火能力もありましたが、そうした武器を使いこなすこともなく仮面ライダーアマゾンの大切断に大々的に切り裂かれた最期を見ると、本能に負けてしまった感じが残りました。
ゲンゴロウ獣人②



ZIPPO 仮面ライダージッポーライター 「フェイス ver.35th Anniversary アマゾン」

新品価格
¥29,500から
(2019/7/20 18:12時点)


GOD改造人間第16号~アルセイデス3

アルセイデス⑥
「アルセイデス」

ギリシャ神話に登場する森の精霊(ニンフ) をモチーフにした神話改造人間がアルセイデスでしたけど、このニンフは複数形であり単数形となるとアルセイド。
森の精霊だけあって、樹木に関した能力を持つこととなり、自らが吐き出す緑の毒ガスで人を木に変えてしまうものでした。
ただ、アルセイデスのこの能力はGODとしても実験段階だったらしく、姿かたちは木にできても心までは変えられず、結局GOD総司令によって中止命令が出されていました。
無謀な能力だったと思います、生きてるものを木に変えてしまうとは。
人の心をなめ過ぎだったと思いますね。
アルセイデスがモチーフにしたのはその名と森林のイメージだけで、ギリシャ神話のそれとはかなりかけ放たれてるものだったと思いますね。
アルセイデスの武器はそれだけではなく、蔓の鞭と腰に差していた剣があり、神話上の戦士みたいな感じがありました。

アルセイデスは人を木に変える能力で功績をあげ、アポロガイストを出し抜いて大幹部になろうとしたGOD改造人間でもありました。
作戦の遂行具合で仮面ライダーXに変身する前の神敬介をつり橋から逆さ刷りにしてしまうなど、知力的に優れ、野心家でもありましたが、元が神話上の戦士然としていなかったこともあって、大幹部になろうというにはおこがましい感じがありました。

GODの大幹部はこの当時再生を果たしたアポロガイストでしたが、アポロガイストに代わる大幹部としては燃えるような存在感で戦士然としていること、或いは展開を大きく変えた存在感の強い者であることが必要だったようにも思いました。

多分、アルセイデスは登場してくる順番を違えてしまった改造人間であり、大幹部ならずともその腹心みたいな感じで作戦を遂行しようとした改造人間であるべきでしたし、もっとしっかりして完成された超能力を持たせるべきだったと思いますね。
アルセイデス①
アルセイデス



S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,000から
(2019/7/16 22:07時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ