HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダー

ゴルゴム怪人第4号~ノミ怪人3

ノミ怪人
「ノミ怪人」

ノミってそんなに凝視したことはないけど、その昔シラミの改造人間が出たりしたこともあったし、ノミも怪人モチーフの一つだった割にこれまで改造人間や怪人のモチーフになっていなかったことが不思議な感じもしました。
ノミ、シラミ、ダニという小さな小さな生き物には、まともに考えたら病原菌の源のような細菌がありそうです。

ノミ怪人を見るに、ノミってこんな姿をしてたのかと思うと同時に、ノミ怪人は「恐怖心を取り除く血液エキス」を体内で精製し、それを人に移すことでその副作用である「臆病ホルモン」に転化してしまう能力を湯していました。
このエキスや副作用の産物であるホルモンは、病原菌の源が連想されますね。
そういう意味では、ノミをモチーフにした怪人もありかな、なんて思いました。
仮面ライダーBlackは仮面ライダーの原点回帰以上の仮面ライダー0号を目指していましたから、そこに登場する怪人もそういうことを意識していたのでしょうけど、そういう意味での王道からは外れていた怪人だと思います。

ノミだけに、俊敏性が最大の特徴であるところ、ライダーパンチで足を破壊されたところで勝負はありました。
恐怖はそれに打ち勝とうとする気構えこそが最大の人間のチャレンジであり、そこを無視してエキス注入によって恐怖心を無くしてしまうことは、人間性の無視もいいとこでした。
だからゴルゴム怪人だったんでしょうけど、こういうところを仮面ライダーBlackに対する武器として有効に使えていなかったところにノミ怪人の弱さがりました。

まあ、創造主でありながらゴルゴムは仮面ライダーBlackの弱点を人間側から探ろうとしたところで巻けていましたね。
ノミ怪人①

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/9/7 22:01時点)



仮面ライダー レジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーBLACK

新品価格
¥11,213から
(2017/9/7 22:02時点)



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥76,800から
(2017/9/7 22:02時点)


バトルホッパー~仮面ライダーBlack5

バトルホッパー②
「バトルホッパー」

マシンなのに生きている、、、それがバトルホッパーでした。
仮面ライダー側の誰かが創作したのではなく、ゴルゴムによる世紀王専用バイク型の生命体でした。
仮面ライダーと言えば愛車はバイクであったことは当然のことでしたけど、仮面ライダー1号が出てきた頃、サイクロンはショッカーが作ったバイクと思ってました。
ただ、何故かエンブレムに立花レーシングクラブのマークが入っていたことが不思議でした。
これは後に分ってくることでしたけど、基本的に仮面ライダーの愛車はみな、仮面ライダー側の誰かが作っていましたね。
仮面ライダーBlackは仮面ライダー0号を目指して作られたものでしたから、体色が黒であることは分かりましたし、仮面ライダー0号となれば仮面ライダー1号よりも前で、ほとんど漫画の世界になってしまいます。
それでも、愛車が生き物であったことと合わせて、悪の組織がマシンを作っていたこと自体は逆転の発想から創出されたことです。
仮面ライダーBlackも仮面ライダー1号もそのモチーフはトノサマバッタでしたけど、そのトノサマバッタの体型がバトルホッパーにも生かされていました。
だから、バトルホッパーを駆っていた仮面ライダーBlackの姿は、トノサマバッタがおんぶでもしてるかのような姿であり、その脚力がありそうなマフラーの部分が印象的でした。

最大時速500キロの最大馬力が415馬力というのは、かの旧サイクロンを上回りながらその設定だけでもバトルホッパーを見ているとサイクロンが連想されます。
ダイナミックスマッシュという体当たり攻撃ができるバトルホッパーは、設定上の速度と馬力だけではなく、マシンそのものが生き物であるという生体兵器だったからこその技だったかもしれません。

ゴルゴムが世紀王のため専用マシンを作ったこと自体、別次元のようなことですけど、いわばゴルゴム自体が純粋に現実の世界の秘密結社ではなかったところにも影響があったと思いますね。
世紀王専用のマシンでありながら、結局ゴルゴムの為ではなく、それはブラックサンではなくあくまで仮面ライダーBlackの専用マシンであったことはバトルホッパーの意思であり、シャドームーンに壊される際に言葉が出ていたことの象徴されていました。
それは動力源であったモトクリスタルが仮面ライダーBlack搭乗することでキングストーンとの融合力が引き出されていたからかもしれません。
バトルホッパー⑧
バトルホッパー⑤

S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

中古価格
¥7,430から
(2017/9/2 22:31時点)



装着変身 仮面ライダーBLACK+仮面ライダーBLACK RX+EX バトルホッパー&アクロバッター

新品価格
¥9,800から
(2017/9/2 22:32時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/9/2 22:33時点)


ドグマ改造人間第4号~カメレキング5

カメレキング⑦
「カメレキング」

ドグマは基本的に理想郷たる王国を作り出そうとしていたので、盗賊の部分もあったと思うんです。
秘宝とか伝説の埋蔵金とかを奪取して、ドグマに黄金郷を作り出そうとするのはそれまでの悪の秘密結社とは異なるところです。
世界の眠る秘宝を奪取する為、カメレオンと忍者の末裔を合体させたのがカメレキングでしたね。
名前だけはウルトラマンAに出てきた超獣と同じでしたけど、仮面ライダースーパー1に出てきたドグマ改造人間の方は、秘宝を盗もうとした意図があったのだから忍者の末裔にその医術を期待して採用し、更に身体を保護色化できるカメレオンと組み合わせていたのは、目的意識がはっきりしていたのかもしれません。
でも、ドグマファイターと一緒になってモトクロス場に出てきたのは、逆に目立ち過ぎてよくわかりませんでしたけどね。
それでも、カメレキングの体色からカメレキングがバイクにまたがって疾走したりバイクテクニックを駆使しようとしたシーンは、ブルーバージョンを駆る仮面ライダースーパー1と相まって、良く似合っていました。

カメレキングは左腕先が脱着可能で、しかも爆弾となっており、口の中からは鋭い剣が出てきて大きな武器となっていました。
ドグマ改造人間と言えば、ドグマ拳法解きたいところですけど、忍者は神出鬼没であり何を仕掛けてくるのか分からないところに面白味があるので、カメレキングにはドグマ拳法は似合わなかったかもしれません。
腕爆弾も、普段は五本指のある腕先が爆弾と化す時何故か三本指となってみたり、口から剣が出てくるなど想像もできませんでしたから、忍者のエッセンスが組み合わされていたのは分かるような気がします。
カメレキング④
忍者の末裔が改造されたことで、元の人間の部分が断ち切られて怪人と化すのは、ある意味改造人間としての悲哀だったかもしれないのは、この改造素体の妹で表現されていました。
ドグマの指令を聴かざるを得なかったのは、指令に逆らうと自身の脳内コンピューターと連結して首を締めるリングが装着されていたためで、そのリングはカメレキングが倒されなければ外せない代物でした。
この妹に感じる悲哀は、実の兄が正体であったカメレキングの死が自らの生と引き換えになってしまっていたというところにありました。
この悲哀は、仮面ライダー1号や仮面ライダーXで表現された改造人間としての悲哀とは局面が異なり、改造人間が作られてしまったことに伴う状況の悲哀でした。
そういうところを強く感じさせなかったのは、実にカメレキングのデザインと造形が良く出来た者だったからかもしれません。

カメレキングは、仮面ライダーシリーズ第2期における傑作怪人だったと思っています。
カメレキング⑤

S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥8,572から
(2017/8/31 22:11時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥27,254から
(2017/8/31 22:11時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダースーパー1&Vマシーンセット

新品価格
¥13,800から
(2017/8/31 22:13時点)


ネオショッカー改造人間第4号~サソランジン4

サソランジン⑤
「サソランジン」

改造人間の悲哀、というものが仮面ライダー初期の頃には描かれていました。
人間でありながら人間でない、、、これは仮面ライダーV3における仮面ライダー2号こと一文字隼人のセリフでしたけど、そこに脳改造を免れたために自我意識が、皮肉にも働いてしまった悲劇がありました。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号はともにそこを乗り越えて戦士になっていったのですけど、それは仮面ライダーXにおいても描かれていました。
積極的に改造人間になることを望んだ仮面ライダーV3や仮面ライダーストロンガーでは、そういう悲哀は描かれませんでしたけど、自分以外の大事なものを失うこととの引き換えに得てしまった悲哀が、その背中には感じました。
スカイライダーは、水面に映る自分の姿にショックを受けながらも、自分を改造してしまったために押しつぶされそうな罪悪感を持ってしまった化学者を自らの言葉で救うことで、悲哀を別の次元から描いていました。
スカイライダーは仮面ライダー旧1号を原点に描かれた世界の戦士でしたけど、改造人間としての悲哀を角度を変えて描き、さらにサソランジンではもっと違う角度から描いていました。

サソランジンの素体となった人間はなんと美しい女性、身体は完全に改造手術を施され、脳改造はどうかは分りませんが一種の強烈な催眠状態のように洗脳されて操られるところがありました。
ネオショッカーに従わない者は、始末されてしまう体のいい粛清でサソランジンは指令を受けて実行する手先となっていました。
洗脳状態にあるのはサソランジンの胸にかけられていたペンダントでしたけど、そこから発せられる音波はしれに従うことだけが全てであり、改造素体の人間の自我意識は全くありませんでした。
常に改造人間であるサソランジンの姿であればまだしも、指令の音波が途切れ、人間の姿に戻ってしまうことで自我意識を取り戻して、自分が改造された肉体を持ったことを知ってしまうことが余計に悲哀を招いていました。
ペンダントが破壊されても、人間体に戻ってから数時間でサソランジンの姿になっていく様は、素体である人間が美しい女性であったことが極端な逆であったこともあって、余計に悲哀を感じました。
狡猾、残忍な改造人間になってしまうことは、全く人格を無視された怪物に過ぎず、自我意識があったこと自体での悲劇は言葉にはできないでしょう。
それを目の当たりにしてしまったスカイライダーは、すべて自覚から始まると言いつつ、前へ進むどころかより以上の悲劇が訪れてしまったことで、怒りが頂点に達していましたね。

撮影技術も番組の演じ方も覚束ない特撮番組の中では、そういう側面がありながらも感傷ではないにせよ、仮面ライダーというその裏側に潜む何かを感じずにはいられなかった話でした。
サソランジン④
サソランジン②

仮面ライダー S.H.Figuarts スカイライダー(強化前)

新品価格
¥9,680から
(2017/8/29 22:01時点)



【初回生産限定】メディコムトイ RAH リアルアクションヒーローズ No.79 スカイライダー 前期型

新品価格
¥17,980から
(2017/8/29 22:03時点)



s.i.c.スカイライダー

新品価格
¥26,279から
(2017/8/29 22:04時点)


ブラックサタン改造人間第4号~奇械人ゴロンガメ3

奇械人ゴロンガメ①
「奇械人ゴロンガメ」

どうも亀の怪獣や怪人を見てしまうと、大怪獣ガメラを思い出してしまいます。
奇械人ゴロンガメも、頭や手足を甲羅の中に引っ込めて、敵に回転しながらぶち当たってくるという攻撃法がりましたしね、そういうところは時が経っても大怪獣ガメラがモチーフになっていると思います。

奇械人ゴロンガメはゾウガメがモチーフなだけあって、如何にも丈夫そうな身体と甲羅を持っていましたけど、甲羅自体は合金製で鋼鉄よりも硬いとされていたようです。
それだけの武器というか身体能力を持っていたのなら、その甲羅を前面に押し出したような攻撃法を用いれば展開も変わったかもしれませんが、ブラックサタンの改造人間は奇怪な動植物の要素を前面に押し出した理解のしにくいところに特徴がありながらも、人間の要素、改造素体で削られているところが多かったかもしれません。
ブラックサタンは奇械人スパークの製造失敗を経て電気改造人間仮面ライダーストロンガーを生み出してしまいましたけど、この電気をとにかく防ぐことが妥当仮面ライダーストロンガーであるところ、そういう戦術はとらずに軽視していたようなところが多くみられました。

奇械人ゴロンガメは緑色の猛毒液を吐き出能力があったところはいいとして、鋼鉄よりも硬かったはずの素の甲羅は絶縁状態になっていたのでしょうか。
甲羅が絶縁体となっていたとしても腹部はどうかと思う時、どうもそういう対策は取ってなかったように思われます。
作戦的に交通網麻痺の作戦を取りながら、その作戦リーダーに奇械人ゴロンガメを使ったことが大きなミスだと思うんですけど、それは対仮面ライダーストロンガー以前に鈍重な感じが強く、とても7ブラックサタンオートバイ部隊にはそぐわなかったと思うんですよね。
甲羅が中心である上半身と、甲羅から抜け出している手足の軟弱さが好対象的で、頭や手足を甲羅の中に引っ込めて、敵に回転しながらぶち当たってくるというところだけが特筆できそうな改造人間であり、絶縁策を取らなかったところが電気ストリームを喰らって敗れ去るという結末になったと思われます。
奇械人ゴロンガメ④
奇械人ゴロンガメ③

RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,500から
(2017/8/27 22:28時点)



リアルアクションヒーローズ DX 城茂&チャージアップパーツセット (仮面ライダーストロンガー) 12インチアクションフィギュア

新品価格
¥19,832から
(2017/8/27 22:29時点)



RAH220 No.59 DX 仮面ライダーストロンガー チャージアップVer.

新品価格
¥19,999から
(2017/8/27 22:29時点)


仮面ライダーSpirits~たった一人の戦場5

仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場①

「たった一人の戦場」

「確かにあの姿になったあいつは、あの兵士達と同じバケモンかもしれねえ。
 しかしよ‥‥一文字の心は人間のままなんだよ‥‥」
「あいつは怒りのスイッチが入ると顔面にキズが浮かびあがる‥‥改造手術の名残でな‥‥」
「あいつはそれを見られるのをキラった‥‥異形の証を‥‥
 平気じゃねえんだ、あいつは‥‥一文字は‥‥どうしようもないくらい人間なんだよ!!」
仮面ライダーの漫画版で、改造手術の名残として顔面にその刻まれてしまった後が浮かび上がるというシーンがありました。
本当に随分と前のことなので、ほとんど忘れてしまいましたが、この傷が浮かび上がるというのは本郷猛だったか一文字隼人だったか、そこははっきり思い出せていません。
しかし、「仮面ライダーSpirits」の作者は、本当にそう言う細かいところを効果的かつ印象的に表現していて、そこに目が惹かれるのです。
普段は浮かび上がらない傷も、感情が高揚すると浮かび上がってしまう、、、仮面ライダーSpiritsは、陽の目を見ることが出来なかった仮面ライダーZXに焦点を浴びせていますけれど、それも仮面ライダースーパー1がジンドグマを倒して蘇った平和の中、何年も経った時点で、歴々の仮面ライダーは何をしていたのかと言ところから始まっています。
仮面ライダー2号こと一文字隼人は元々カメラマンでしたから、戦場カメラマンとなり、しかも内戦やゲリラ行為が横行する国の中で、傷者を救う者のサポートをし、笑顔を忘れてしまった子供たちのその原因を探っていました。
ここに組織が悪の組織として形成されていこうとするバダンが絡むわけです。
新たな悪の組織が陰で蠢くことに気づきながら正体を確かめられないまま、内戦を防ごうと戦場になっている国にやってきていたわけです。
戦う者から武器を取り上げ、ディアブロと揶揄されながらも、子どもたちが笑顔を失ってしまった原因をそこに求めながらも浮かび上がりそうになる感情を抑え、滝和也が更に絡んでいきますね。
子供たちが悪の組織の犠牲となりそうなところで、ようやく仮面ライダー2号が登場です。
悲劇を目の前にしながらそれを防ごうと、戦士としての姿を現し、胃にそぐうものではないにせよバダンの配下になってしまった者たちを、ライダーパンチやライダーチョップで蹴散らしていく仮面ライダー2号は、人間でありながら人間でないと言った一文字自身の言葉とは裏腹に痛いほど人間であり、苦悩しながら戦っていたことの真実が、先に書いた滝の言葉に表されています。
仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場
子供たちの得我を取り戻すには、その国を戦場に変えてしまった要因を打ち破り、徒に規制は出させないように戦うしかなく、それが砲弾を自らの身体を盾に防いでいたシーンやライダーパンチを力一杯打ち込む姿の表現されています。
敵のリーダーはクモロイド。
クモロイドの吐く錦糸状の糸は多量で鉄製であったがために思った以上に丈夫なもので、放とうとしたライダーキックを打ち込もうとした姿のまま、仮面ライダー2号は絡めとられます。
しかし、そこは歴戦を戦い抜いてきた戦士である仮面ライダー2号ですから、無理をしていたんでしょうけど、クモロイドの攻撃まるごと打ち破るライダー卍キックでクモロイドを倒しました。
これで、自分たちをしっかり救ってくれた仮面ライダー2号こと一文字隼人の前で子供たちは笑顔を取り戻しました。

まだ、仮面ライダーSpiritsが始まったばかりの頃で、描かれる物語が何処に向かっているのかなど分かりませんでしたけど、こういう仮面ライダーが見たかったんだよなと悦に入って最初に感動していた話でした。
仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場②
仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場③

仮面ライダーSPIRITS 仮面ライダーボトルキャップ付き キャラクターコレクション 全6種コンプリートセット

新品価格
¥3,800から
(2017/8/25 21:58時点)



新 仮面ライダーSPIRITS コミック 1-13巻セット (KCデラックス 月刊少年マガジン)

新品価格
¥8,048から
(2017/8/25 21:59時点)



石ノ森ストア限定 S.I.C. 仮面ライダー2号 ダークヘルメットVer.

新品価格
¥8,977から
(2017/8/25 22:01時点)


ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ3

獣人オオムカデ③
「獣人オオムカデ」

節足動物・昆虫であるムカデは、基本的に肉食であると同時にムカデ=百足というように関節が多く、その多数の関節から出てる多足が特徴ですね。
ムカデって、その中には本当にオオムカデがいたりするんですけど、毒性があって噛まれたりすると危険な動物です。
昆虫の割には力もそれなりにあって、結構な存在感があったりするものと思ってました。
このムカデに獣性とか野生とかあるのかなと思いますけど、それ以前に人が飼い慣らすことなどとは無縁の生き物なんでしょう。
仮面ライダーアマゾンに出てきた獣人は、動植物にインカ帝国の秘術により人間の知能、あるいは頭脳そのものを移植した怪人でしたけど、ムカデのように基本的に身体が然程ないものはその特性を大きく捉えて人の知能を独自の方法で埋め込むことが必要だったと思います。

獣人大ムカデ登場の物語は、ジャングラーと仮面ライダーアマゾンの出会い、暗黒組織ゲドンの秘密が主なテーマとなって展開しており、獣人大ムカデの存在感は基本的に薄かったことが残念でした。
後に仮面ライダーZXのTV版が作成された時、再生怪人として出ていましたけど、その時まで獣人大ムカデのことをほとんど忘れていて、誰だこの怪人は?と思ったほどでした。
動植物の外見が思い切り表現されたのが、それまでの改造人間とコンセプトが異なっていたのが獣人でしたけど、獣人大ムカデは見れば見るほど、そのコンセプトは従来のものを踏襲してしまった感じがします。
節足動物がモチーフというのは外見的に分かることですけど、意外にムカデにはパワーがあったり、その体液には毒性があるということはアピールされませんでした。
大ムカデにもなり得たその能力は、人知れぬところに潜める能力があって、人知れず行動することには長けていました。
ただ、この時期の獣人は獣人大ムカデに限らず、獣性を意識し過ぎるあまり、秘密裏の行動と裏技のような特徴に生き過ぎてしまい、肝心の戦闘能力についての特性が表現されませんでした。
ムカデがモチームなのですから、無数の関節からなる身体で仮面ライダーアマゾンを締めあげる能力を発揮していても面白かったと思うんですけどね。
獣人オオムカデ⑥
獣人オオムカデ①

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン

新品価格
¥6,722から
(2017/8/23 21:38時点)



【Amazon.co.jp限定】 仮面ライダーアマゾンズ 変身ベルトDXアマゾンズドライバー

新品価格
¥64,500から
(2017/8/23 21:39時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾン&ジャングラーセット

新品価格
¥15,280から
(2017/8/23 21:40時点)




GOD改造人間第4号~メドウサ3

メドウサ⑥
「メドウサ」

ギリシア神話怪人が仮面ライダーX当初のコンセプトとすると、神話上神のような存在が意識されるところ、ゴルゴーン三姉妹の三女・メドゥーサがモチーフであったメドウサは、神というより神話上の怪物がモチーフのようでもありました。
幼い頃にも文献等で振れていたギリシア・ローマ神話上の神々・怪物の中で、特に怪物として想いに残っていたのがこのメドゥーサでした。
人の生き血をすすり、髪の毛は蛇、青銅の腕に黄金の翼、そして敵を石に変えてしまう第三の眼の瞬き。
それらが全て取り込まれていたGOD改造人間メドウサ。

得も言われぬ雰囲気を出すのが第三の眼であり、仮面ライダーX放映の当時か、その後だったかに「三つ目が通る」という漫画もありました。
神々にも人間にも眼は2つしかありません。
眼力というのは現実の世界にもありますけれど。特撮の世界でもこの眼力を有した怪人は存在感が如実に出たものでした。
だから余計に、普段は伏せられている第三の眼はその瞼が開けられると2つの眼の眼力を超えたところにある超能力を発揮しそうで、存在感共に恐怖感を与えるものでもありました。

GOD改造人間メドウサは、生き血をエネルギーとし蛇の毛髪は、その一本一本がメドウサの分身であり、しかも飛行能力があるのは結構見事な翼の為でしたけど、なんだかモチーフそのものの出来栄えのようでもありました。
メドウサ登場のきっかけはαガスという人を狂い死にさせる毒ガスダッシュの為でありましたけれど、目を瞑ってるだけでも相手の恐怖感を与えていた第三の眼がある限り、そういうきっかけがなくても強力怪人だったかもしれません。
相手に与える影響というのは戦う上でかなり重要な要素であり、それをもっていたメドウサは仮面ライダーXと戦う前にやることがあったような気がしてました。
モチーフと同様、メドウサの第三の眼相手を石化させる特殊光線を放つものでしたが、これほど強力で効果満点の武器がありながら、それを使うことなく仮面ライダーXのXキックを喰らって、瀕死の状態になってしまいました。
Xキックを喰らって瀕死の状態になりながら、ここにきてようやく使った第三の眼を使ったものの、祖rを交わされてしまうのは当然の状況でした。
宝の持ち腐れだったかもしれません。
せっかくの能力も、使いどころを誤ると能力的に高いものがあったとしても敗れ去ってしまう格好の例だたかもしれません。
Xキックで瀕死の状態になりながらも最後の攻勢をかけ、エネルギー切れで潰えたのはメドウサの能力が高かった証拠だったかもしれません。
メドウサ③
メドウサ④

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,180から
(2017/8/17 22:41時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220 NO. 32 仮面ライダーX 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥35,158から
(2017/8/17 22:42時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥11,369から
(2017/8/17 22:43時点)


Xキック~仮面ライダーX5

Xキック
Xキック①
「Xキック」

仮面ライダー初のメカニックライダーであった仮面ライダーX。
深海開発用改造人間=カイゾーグということでしたから、深海における水圧にも耐えられる強靭な身体は、それまでの仮面ライダーにはなかったものと思われます。
ロボットではなく、カイゾーグというアンドロイドでしたから、装甲的に優れながらそれをどう生かすのかというのが仮面ライダーXの大きなポイントだったと思います。
パワーがありながら柔軟性に欠けそうに思いがちなところ、ライドルという万能武器を携え、棒術に長けていたと頃を見ると、仮面ライダーXにはその柔軟性も多分にあったと思いますね。
その顕著なところが、ライドルスティックを使ったXキックでした。
思うにライドルスティックをその性能を生かして、十分に使い切ろうとした必殺技がXキックだったんじゃないかと思います。

仮面ライダーと言えば、必殺技はライダーキックでした。
念を込めてとにかく打ち込むライダーキックもあれば、バリエーションを多く含ませながら放つライダーキックもあり、どれも威力を上げよう、場面に応じた技にしようとしたものでした。
バリエーションを富むものとして昇華したのが仮面ライダーV3のキックでしたね。
仮面ライダーV3のキックはバリエーションに飛んでいたものの、基本のV3キックはその威力をどうにかしようという場面が見られませんでした。
一方、仮面ライダーXはまるで鉄棒を行う体操選手のように、空中で静止状態にあるライドルスティックを用いて回転を繰り返すことで身体に遠心力を持たせ、そのままキックを放つことで威力を発揮しようとしていたようでした。
多分、ライドルスティックの両持ち手には、電磁力が働き、大気中の電子と反発し合うことで空中静止状態を作っていたかと思いますが、この電磁力自体がライドルの最大の魅力を引き出していたと思います。
その電磁力はライドル自体にあったものと仮面ライダーXの身体に溜め込まれていたものと双方あって、Xキックを放とうとするとき、電磁力が倍化し、さらに最大限溜め込まれた遠心力と相まって威力を発揮していたものと考えられます。
Xキック②
Xキック③
Xキック④
Xキック⑤
Xキック⑥
仮面ライダーも仮面ライダーXまでくるとメカ的要素の技術的向上があって、仮面ライダー1号、2号、仮面ライダーV3では、コンバーターラングとエナージコンバーターとに分けられていた機能がすべてバックル内に小型化され組み込まれていたことからすると、仮面ライダーXが素直にらいらーキックを放とうとしても、それまでのライダーキックよりも威力がUPしていたと考えられ、そこにXキックでしたから尚更威力が上っていた者と思われます。
メカ的な技術が上がって制作されていた仮面ライダーが仮面ライダーXと言えど、Xキックを放とうとしていたのは仮面ライダーX自身なのですから、その想いが進化していた身体について行けたかどうかは、結構多くの戦いを経て時間が経ってからだと思いますね。
Xキック⑦
Xキック⑧
Xキック⑩
Xキック⑪

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,800から
(2017/8/13 22:16時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥17,700から
(2017/8/13 22:29時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥11,374から
(2017/8/13 22:30時点)


デストロン改造人間第4号~イカファイア4

イカファイア
「イカファイア」

ショッカーやゲルショッカーの首領が更なる組織デストロンを編成しようとしたとき、とにかく仮面ライダー1号、仮面ライダー2号をどうにかしなければ、、、という想いは、その対抗策と作戦を組み立てていたと思いますが、その中で仮面ライダー3号たる仮面ライダーV3が登場してくるとは夢にも思わなかったでしょうね。
ハサミジャガーとカメバズーカとの東京壊滅作戦を遂行させる中で、結果として仮面ライダー1号、仮面ライダー2号をどうにかできたものの、新たな敵になった仮面ライダーV3登場は予想外のことだったと思います。
とにかく仮面ライダーV3とは何者かということを知り、分析して対処するためにテレビバエを創出したのは、デストロン首領の意向でした。
でも、テレビバエを使って得た情報はデストロンでは分析不可能であったことから、独自にデストロン首領が解析してイカファイアを作り上げたと思います。
デストロン首領直下の改造人間、それがイカファイアだったということです。

仮面ライダーは1号であろうと2号であろうと、如何に仮面ライダーV3であろうと、弱点はタイフーンに会ったことは明白です。
風を受けるだけではなく、ある程度のエネルギーがあれば自らの意思でタイフーンは回すことができたはずです。
そうすることで戦闘中も常にエネルギーを補充しながら戦える能力というのは、持っていた能力を最高値で保たせながら戦っていられたということで、これが仮面ライダーとしては最高の超能力だったかもしれません。
そこをデストロン首領は突くべく、イカファイアを秘密裏に作り上げ、作戦を遂行していたと言うことになります。
砂地での戦いはイタズラにエネルギーを消耗し、エネルギーを補充すべきダブルタイフーンを封じ込めれば打倒・仮面ライダーV3を果たせると読んだデストロン首領は、だからこそ素力であった墨を吐く能力に粘着性を持たせたと言うことになります。
イカファイアによってダブルタイフーンを封じられた仮面ライダーV3はなす術なく一旦は敗れたことになりますが、ここまではデストロン首領の意図がきちんと働いたことで、イカファイアはそれまでにいなかった強力改造人間だったと言うことになりますね。
イカファイア③
ダブルタイフーンを封じ込めるための素を用いるためにイカを使った改造人間であったイカファイアは、火炎放射器との合成改造人間でした。
火炎放射器を主な武器としていたため、戦闘時の見た目ではかなりの強力さがイメージとしてありましたけど、実はイカの要素がメインであったことは、先に書いた通りです。
まさしくそれは対仮面ライダーV3用に作られた改造人間ですけど、距離を置いて戦おうとすると火炎放射器の威力の前には、かなりの劣勢を強いられた改造人間だったと思います。
その一方、火炎放射器の燃料タンクを背に背負った形をとっていましたから、接近戦に持ち込めば有利に働いたでしょう。
テレビバエと人質作戦を取って戦況を有利に進めながら、瞬時にライダー遠心キックを喰らって敗れ去ったのはイカファイア自身の意思として虚を突かれたということでしょう。
戦闘自体は、イカファイアのみで推し進めていった方が、もっと面白く有利に働いたかもしれませんね。
イカファイア⑥

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,500から
(2017/8/11 23:06時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 リニューアル版 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥25,000から
(2017/8/11 23:06時点)



Project BM! 仮面ライダー THE NEXT V3 (12インチアクションフィギュア) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥100,612から
(2017/8/11 23:07時点)



プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ