HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

怪人

化身忍者第1号~毒うつぼ4

毒ウツボ
「毒うつぼ」

仮面ライダーもショッカー怪人も正式には改造人間でした。
でも、一般には怪人とされ動植物の特徴を盛り込んだものでしたけど、話し進むうちに当初動植物の外見上の特徴は影薄くなっていったような気がします。
それでも、ストーリー上のテンポや怪人の特徴など、潜在的な面白さがあって最後まで見ていました。
その怪人の外見上の特徴を、時代劇に転化して強烈な感じにしたのが「変身忍者・嵐」にでてきた化身忍者でした。
秘術「人間変身の秘伝書」を元に生み出される怪忍者が化身忍者ということでしたけど、忍者の外見を保ちながら、実は一種の改造人間であることに時代劇ならではの忍術を持ち込んだのは、非常にコンセプトが良かったと思います。
その忍術が、外科的手法なのか呪術的手法なのかは明示ものの、そういうことが明かされていなかったからこその面白さがあったと思います。

時代劇、しかも忍者の忍法やその存在をテーマに仮面ライダーのようなものを作ろうとした展開は「変身忍者・嵐」を生んだと言うことになると思います。
この「変身忍者・嵐」の頃は変身ブームも落ち着こうとしていた頃でしたけれど、そこに出てくる血車党の化身忍者にはその昔、ショッカーの改造人間が出てきたばかりの頃を思い出させてくれてありがたかった気がします。
化身忍者第1号であった毒うつぼ、個の化身忍者には目を丸くした思いがあります。
忍者組織の棟梁的な存在であった毒うつぼは、顔面と腕以外は忍者のような井出達でしたね。
だから余計に顔面印象が強烈で、それでいてとんでもない超能力か忍術を持っていそうな雰囲気がありました。
それは怪力の持ち主であることはもちろん、身体に巻き付いていた巨大うつぼは毒うつぼの身体の一部でありそうなところ、脱着可能という優れもので、毒うつぼの意のままに動いていました。
そして毒うつぼの名の如く、口からは黄色い毒煙を吐くという能力は、まさしく怪人そのものでした。

これが忍者なのか、という感じもありましたけど、忍者が秘伝の忍法などを使って怪人化するとこうなってしまうのかという意味では斬新そのものでした。
化身忍者というイメージは、主人公・嵐に象徴されていましけど、血車党側の怪人ももう一つの主人公になっていたことで効果を上げていましたから、まさしく時代劇版仮面ライダーのようでもありましたね。
毒ウツボ⑥
毒ウツボ②

メディコムトイ 東映レトロソフビヒーローズ 毒うつぼ

新品価格
¥29,800から
(2017/8/19 23:26時点)



ソフビ魂 VOL.18 変身忍者 嵐

新品価格
¥3,280から
(2017/8/19 23:28時点)



特撮メタルボーイヒーローズ 変身忍者 嵐 未塗装組立キット

新品価格
¥6,418から
(2017/8/19 23:29時点)


ミュータンロボ第1号~イツツバンバラ3

イツツバンバラ
「イツツバンバラ」

1973年か74年ごろ、超能力者とされたユリ・ゲラーの登場で超能力ブームがありました。
オイルショックと相まってこの頃の象徴的なブームでしたけど、折からの変身ブームが下降気味となっていた時期でもありましたから、一味加えた要素をどこかで求めていたのかもしれません。
その超能力ブームにのって、イナズマンの放映が開始されました。
この頃になると漫画はあまり読んでなかったので、イナズマンの予備知識みたいなものはなく、新人類と称される超能力者の象徴帝王バンパの作り出すミュータンロボに興味が湧いて、よくテレビを見ていたものでした。
ファントム軍団とされる帝王バンパの組織から創出されるミュータンロボは、帝王バンパが超能力者であったため、様々な超能力を与えたロボットだと思っていました。
真実は分りませんが、その第1号ミュータンロボ・イツツバンバラを見た時は、ロボット言うより歌人というイメージの方が強かったですね。

イナズマンに限らず、仮面ライダーもバロム1も、変身忍者嵐に出てきた怪人や化身忍者も、通常の人間では持ち得ないはずの能力を持っていたのですから、見方を変えればそういう者たちも超能力者みたいなものだったかもしれません。
しかし、超能力HEROとしてイナズマンは登場してきたのですから、ミュータンロボもそういう目で見るのが当然だし、同時期にブームとなっていた超能力をモチーフにしたようなものでしたから、これまでの怪人たちとは一線を画すように見ていましたね。

イツツバンバラはその超能力も去ることながら、デザインと造形という見た目でショックを受けましたね。
トーテムポールに5つのデスマスクといったデザインで、下から2番目のマスクの口から火柱を立てていました。
これをより強力にした強力火柱責めという能力も発揮していましたけど、今にして思うのは何故5つのデスマスクがったのかということです。
特撮技術的に無理があったのでしょうけど、5つのデスマスク全部に特殊能力を演じて欲しかったですね。
そして、地割れ崩し。
これこそが実はイツツバンバラの最たる超能力ではなかったのかと思うのは、地面に立ってるビルはそのままで地面だけが避けていくという不可思議な現象が起こっていたことにありました。
それでも唐辛子のような姿のイツツバンバラには、色合い的に火が似合っていましたね。
トーテムポールのような井出達では動きが取りずらかったのは分りますが、そのためにイツツバンバラの動きが本当にロボットのように見えたのは、ミュータンロボの先駆けであったことに起因すのでしょうかね。
とにかくユニークなロボットらしい怪人でした。
イツツバンバラ⑤
イツツバンバラ⑥

メタルボーイ バーサス 『イナズマン』 イツツバンバラ 未塗装組立キット

新品価格
¥4,050から
(2017/8/18 23:34時点)



海洋堂 スーパーヒーローソフビキットコレクション 約230mm PVC製 イナズマン 未塗装組立キット

新品価格
¥4,618から
(2017/8/18 23:35時点)



Rah DXイナズマン

新品価格
¥260,262から
(2017/8/18 23:36時点)


クライシス怪人第3号~ガイナギスカン4

ガイナギスカン
「ガイナギスカン」

仮面ライダーBlackRXの敵となったクライシス帝国の4大隊長の一人、ボスガンは騎士(ナイト)の称号を持っていたらしいですが、その割にやっていたことはまさしく逆のことがほとんどでした。
4大隊長は皆、ジャーク将軍も含めて個性的で独特な存在で面白味を感じていましたけど、ボスガンに関しては卑怯者というイメージが強く、物語が進行するにつれ、ボスガンの配下にあった怪魔獣人は徐々にその色を濃くしていった感がありました。
地球と怪魔界は真逆の世界であり、同時に存在し得る者ではないため、異空間トンネルのようなものがあって初めて行き来できるもののようでしたけど、怪魔獣人第1号となったガイナギスカンは怪魔界にのみ存在し、怪魔界に来てしまった仮面ライダーBlackRXと相まみえていましたね。
ガイナギスカンは砂の砂漠において貴重な資源となっていた水の発掘を巡ったクライシス帝国の反逆者を監視する役目を担っていました。
砂漠と言えば風がついて回るのは、地球も怪魔界も同じだったようです。
風の騎士の異名を持ったガイナギスカンは、怪魔界に引きずり込んだ仮面ライダーBlackRXに対し、対等の位置に置いての戦いを挑む騎士道精神を持ったような怪魔獣人でした。
騎士の名の如く、類稀なる馬術の腕前を持ったその腕前には大型の槍を見事に使いまわすという能力も見せ、その精神と共に見せつけたその精神は、上司ボスガンとは明らかに違った騎士そのものだったと思います。
ガイナギスカン③
ガイナギスカンの最大の武器は、両腕から風速100mの猛烈な突風『風魔ハリケーン』を放つ能力でした。
この能力と馬術、それに大型の槍を使いまわす状況を思い、まだパワーアップして間もない仮面ライダーBlackRXの対決は、状況的にもガイナギスカンが有利に見えました。
対等で正攻法を取ろうとするガイナギスカンと、それ応えようとする仮面ライダーBlackRXの戦いは、怪魔界の独特な砂漠において繰り広げられようとしていましたから、余計にガイナギスカン有利に見えたものですが、なんとオルゴールの心地よい音がガイナギスカンにとっては大きなアキレス腱になっていたため、戦闘中にこれに仮面ライダーBlackRXが気づいたことから形勢逆転となっていました。

「あと数時間もすれば一瞬ではあるがこの怪魔界へ太陽の光が差す。その際にRXとなるがいい。変身する瞬間に俺はお前を殺す。貴様との決着はその時だ‼」としたガイナギスカンに対し、オルゴールの音が止むのを待った仮面ライダーBlackRX。
ここは実にお互いが正攻法に構えた戦いであって見事な感じがしましたが、一旦形勢逆転となった戦いの状況の流れは帰ることが出来なかったようで、最期はリボルクラッシュで決着がつきました。
闘えたことを誇りに思うぞ、、、と言葉を残していったガイナギスカンは、実に見事な騎士・戦士でしたね。
ガイナギスカン⑥

仮面ライダー レジェンドライダーシリーズEX 仮面ライダーBLACK RX

新品価格
¥12,800から
(2017/7/12 18:28時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,350から
(2017/7/12 18:29時点)



RMW 026 仮面ライダーBLACK RX 1/2スケールマスク

新品価格
¥27,460から
(2017/7/12 18:30時点)


ゴルゴム怪人第3号~クワゴ怪人3

クワゴ怪人⑦
「クワゴ怪人」

ゴルゴム怪人って、暗黒組織ゴルゴムが人間に動植物の能力を移植し、何万年も生きられる生命力を宿させる怪人でしたが、その源となる動植物は太古の昔から生き長らえてきたもので、改造手術の上で出てきた者は知能的には人間を感じるものの、外見と能力的には動植物の特性がより強いものと思っていました。
だから、源種を思う時、それなりに理解・解釈できなければいうけないところ、それがクワゴ(桑蚕)と来て分かる人はほとんどいなかったかもしれません。
仮面ライダー初期の改造人間の中には、そういう意外な動翼物がエッセンスとなり、特撮HERO番組でありながら、動植物の図鑑を見るかのような教育番組のような側面がありました。
仮面ライダーBlackは、いわば仮面ライダー0号を目指した番組でもありましたから、ゴルゴム怪人によってそういう側面も引き出そうとしていたのかもしれません。
クワゴはカイコの源種ということで、そこには蚕を包む糸がテーマとなりそうですが、それも蚕が分かればこその設定だったと思いますね。

糸を武器に出来そうなのは、何も蜘蛛に限ったことではないです。
蜘蛛は糸を吐き出し、ある種自分の武器のようにしますが、クワゴは身を守り成長させるものとして使われていたものですが、そこから発展した蚕は大変に人間にとって役立つものでした。
まさしく、糸ありきの生物ですが、これをゴルゴム怪人に生かそうとするとやっぱりクモ怪人のようになってしまいます。
しかし、それでも姿を現したクワゴ怪人はデザイン的に優れたものでした。
クワゴ怪人を考えた人って、相当そういう方面に造詣が深い方だったんでしょう。

クモ怪人と同様、クワゴ怪人の吐き出す糸は何重にも巻き込むことで、鋼鉄状の糸のように頑丈で丈夫なものだったと思います。
クワゴ怪人は、腹部も含めて6か所以上の意図を吐き出す器官を持ってましたから、仮面ライダーBlackもあっという間に丸め込まれたシーンがありました。
仮面ライダーBlackがキングストーンを体内に備えた改造人間でなければ、当然のようにキングストーンフラッシュは使えなかったわけですし、このキングストーンフラッシュによって窮地を脱しなければ危なかったという強力さがあったのがクワゴ怪人でした。
ただ、生命力豊かなゴルゴム怪人としては、その特徴はなかったかなと思うんですけど、そこも含めた設定とデザインが施されていれば、物語ももっと深く違ったものになったんでしょうね。
クワゴ怪人③

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/7/10 22:35時点)



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥87,915から
(2017/7/10 22:36時点)



S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

新品価格
¥10,260から
(2017/7/10 22:36時点)


ゴルゴム怪人第2号~ヒョウ怪人3

ヒョウ怪人
「ヒョウ怪人」

ヒョウは獲物を待ち伏せる、もしくは獲物に忍び寄って跳躍して捕らえることから仮面ライダーBlack第2話にヒョウ怪人として出てきたんでしょうね。
この頃はまだ、悪の秘密結社ゴルゴムとは言っても何もわからないに等しい状況で、その組織を知る、或いは秘密の一端を知る人が得も言われる不気味さを漂わせながら、仮面ライダーBlackという物語の導入に一役買ってました。
外に情報を漏らすことを許さぬのが悪の秘密結社の決まりごとのようなもので、歴代の昭和の仮面ライダーたちが戦ってきた秘密結社にはそういう怪奇性が常につきまとってました。
ゴルゴムにとって、仮面ライダーBlackはまだブラックサンであり、創世王候補の一人であって自らの組織を壊滅に追い込む存在だとは認識していませんでした。
それどころか、創世王候補の一人ということは世間に漏れ伝わってはいけないことで、その一端でも漏らしたものは闇から闇に葬り去られるということだったんでしょう。
だから、暗殺者が必要だった、、、
ここにより暗黒のエッセンスが濃い組織感が描かれており、暗殺を得意としたヒョウ怪人の出現は欠くことのできないものだったと思われます。

瞬時に人を殺めたところを見るだけでもその俊敏さに脅かされ、手先の爪の鋭利さはとんでもない武器だと思いましたね。
その俊敏さは、特に走っていくシーンにおいて鮮明に描かれていますが、そこだけでなく戦闘シーンでも身の切り替え方や素早いジャンプにおいて、身体の柔軟さと共に印象的でもありました。
仮面ライダーBlackにバトルホッパーという愛車が無ければ、戦闘状態にも持ち込めなかっただろうと思うと、その俊敏さとスピードは特筆ものだったと思いますね。
ヒョウ怪人①
ヒョウ怪人④

RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥76,537から
(2017/5/19 22:26時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/5/19 22:27時点)



S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

新品価格
¥11,600から
(2017/5/19 22:27時点)


クライシス怪人第1号:スカル魔4

スカル魔⑥
「スカル魔」

地獄の番人がやってきてしまった印象があったスカル魔。
特に大鎌を持っていたし、外見が骸骨そのものであったリーダー格のスカル魔スターは目立った2本の大きな角から機能停止光線を放っていましたけど、これってクライシス帝国の俗物が最大の障害にあると予想された仮面ライダーBlackに対しても大いに有効でした。
クライシス帝国の俗物たちが、怪魔界と地球をつないで征服してしまおうという狙いがはっきりした怪魔妖族がこのスカル魔でしたけど、役目は忠実に果たし、得も言われぬ気味悪さがよく出ていました。
このスカル魔を遣わしたのはマリバロンというところでしょうけど、役目を忠実にきちんと果たしていたことが、捉えて変身機能を破壊したと思われた仮面ライダーBlackの変身機能の大元であったキングストーンの覚醒を呼び起こして、仮面ライダーBlackRXを生み出してしまうとは、夢にも思わなかったでしょう。
仮面ライダーBlackの変身機能だけの破壊に終わってしまったためと思われますが、キングストーンとは天然の奇跡みたいなもので、きっと破壊することは出来ないものだったんでしょうね。

スカル魔は負わされた任務を忠実にこなしたことと同時に、怪魔怪と地球をつなぐ異次元トンネルのようなものの建設まで行っていましたから、こうしてみると仮面ライダーBlackRXでのクライシス怪人第1号としては、これしかいないという怪人だったんでしょう。
キングストーン覚醒まで予想できなかったわけですから、その後出てくるクライシス怪人たちとは戦闘力において劣る感じもあったわけですが、それでもそれまで誰も仮面ライダーBlackの出現を防げていなかったところ、見事にそれを果たしたわけですから、機能的には言うことないレベルのものがあったと思われます。

クライシス帝国の住人は怪魔怪にいたわけですが、それが太陽を挟んで地球の裏側にあり、地球人類からすると真逆の世界観があったかもしれないですから、地獄の番人のような井出達にしたスカル魔は、クライシス怪人ここにありという不気味さと相まって、印象的な怪人でした。
スカル魔

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥23,670から
(2017/4/5 22:32時点)



仮面ライダー レジェンドライダーシリーズEX 仮面ライダーBLACK RX

新品価格
¥19,800から
(2017/4/5 22:33時点)



仮面ライダーBLACK RX Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥16,632から
(2017/4/5 22:33時点)


ゴルゴム怪人第1号:クモ怪人5

クモ怪人④
「クモ怪人」

仮面ライダーストロンガーの時代にブラックサタンの改造人間として奇械人という怪人が設定されていました。
見た目に奇怪さが出てる機械人間といったところだったんでしょうが、奇抜さはあっても奇怪さは然程感じませんでした。
時は移り、仮面ライダーシリーズも第2期が終了。
雑誌で取り上げられていた仮面ライダーZXのことも、当時は知りませんでした。
もう仮面ライダーは終わったんだ・・・という想いでいたところ、友人に今、仮面ライダーはTVでやってるよと聞かされて、やっとの思いで見たのが仮面ライダーBlackだったんです。
でも毎週は見られず、もちろん第1話も見られてないのですから、結構気にしてました。
さらに時は進み、ビデオがレンタルで出回るようになって、初めて仮面ライダーBlackを最初から見たんですね。
改造人間というモチーフは採用されてたものの、ゴルゴムの怪人はそうでもなく、まさしく怪人という言い方がピッタリでした。
ゴルゴム怪人は、皆、〇〇怪人という言い方をされていましけど、最もうまくハマっていたのはクモ歌人だったと思うんです。
その昔、仮面ライダーストロンガーで表現されようとした奇怪さは、この仮面ライダーBlackが出てきたことによって更に奇怪さが生かされたように思いますね。
大体、敵型怪人は1体のみで出てきて、主人公たる仮面ライダー創出に関わった人を襲うのが専らでしたけど、クモ怪人は1体だけではなく、6体ものクモ怪人が出てきて、見事な立ち回りを演じていました。
その造形も、微妙にクモ怪人の表情に人間の顔が感じられ、奇怪さと共に恐怖感も演出していましたね。
仮面ライダーBlackとは原点回帰ながら、仮面ライダー旧1号に立ち戻るのではなく、言ってみれば仮面ライダー0号まで行ってしまい、実写版では演じきれなかったところまで遡ることで、俗っぽい味をあえて出そうとしていたんではないかと思うんです。
主人公である仮面ライダーBlackですらそうですから、ゴルゴム怪人も同様なものでなければならず、そういう意味では怪奇性も恐怖感もでていたクモ怪人は、まさしく仮面ライダーシリーズ当初の怪人ではなかったのかと思ったんですね。
クモ怪人②
仮面ライダーBlackも、まだ自我意識がしっかりしておらず、自らの能力がつかみ切れないままクモ怪人との戦いを強いられたような戦いでした。
その間隙を突くようなクモ怪人の戦い方は、クモ怪人個々の能力「というものではなく、6体ものクモ怪人の連係プレーから生まれていたように見えました。
バトルホッパーの参戦で連携を崩されてからは、6体全部が倒されるまで善戦したものの存在感を出せずに倒されてしまった感が強かったのですが、歴代の暗黒組織から出てきた改造人間は我が強く、連係プレーなどあり得なかったものですから、余計にクモ怪人が見事に見えました。
クモ怪人⑤

RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥37,460から
(2017/3/28 22:17時点)



RMW 023 仮面ライダーBLACK 1/2スケールマスク

新品価格
¥49,999から
(2017/3/28 22:18時点)



仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥21,000から
(2017/3/28 22:19時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ
  • ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ
  • ゲドン改造人間第4号~獣人大ムカデ
  • ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンA~ガラン
  • ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンA~ガラン
  • ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンA~ガラン
  • 化身忍者第1号~毒うつぼ
  • 化身忍者第1号~毒うつぼ
  • 化身忍者第1号~毒うつぼ
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ