HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

怪人

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

クライシス怪人第9号~アッチペッチー3

アッチペッチー③
「アッチペッチー」

熱帯植物でありながら、割とポピュラーな植物サボテンは、時に犬や猫のようにペットとして扱われることがあるようです。
身近な植物ということになるのでしょうか。
植物がペットのような寄り添う存在とは、なかなか考えにくいところがあると思いますが、昭和の仮面ライダーシリーズでは植物型改造人間や怪人としては、よく出てきた方だと思いますね。
仮面ライダー2号が初めてまともに渡り合った改造人間もサボテグロンという改造人間でしたけど、そこから始まって、時には人間をサボテン化する怪人もいました。
仮面ライダーBlackRXでは、怪魔異生獣としてアッチペッチーが出てきました。
アッチペッチーはサボテン型異生獣ということでしたから、サボテンそのものが異生獣となったわけではないようですが、それでも地球におけるサボテンとはかなり違っていたようです。
植物が異常発達して人間を食べてしまうとは、それは怪人というより異星の怪獣のようで、アッチペッチーはまさしくそうした能力を有するクライシス帝国に存在するサボテンがモチーフの怪魔異生獣でした。

生きる植物、知性をゆする植物としてのクライシス帝国のサボテン、アッチペッチー。
サボテグロンのように純粋にサボテンの怪人とは考えない方がよかったみたいですね。
口に当たる部分から吐き出す触手状の鞭や、身体に生えた巨大なトゲをミサイルの様に飛ばしていく能力がありましたが、それはアッチペッチーに知性が備わっていないとできないモノのはずです。
知性があったから、ゲドリアンの命を受けてクライシス帝国の労働力であり、しかも食料となるべきサボテン人間を作り出そうとしていましたが、食料獲得も狙いであったところに物語のミソがありました。

ただ、アッチペッチーは完成体ではなく、そのために人間をサボテン人間に変えたとしてもすぐに戻ってしまうという落ちまでありましたが、これは高温多湿を好むクライシス帝国のサボテン怪人だったからのことでしょう。

まだ、クライシス帝国と地球の環境の違いをしっかり弁えて遣わされた怪魔異生獣というものではなかったよう
です。
アッチペッチー






ゴルゴム怪人第9号~ハチ怪人3

ハチ怪人
「ハチ怪人」

大神官ビシュムの配下の怪人だけに、女型怪人と思われるハチ怪人。
なんてったって、ハチ怪人の生み出す卵が、真珠のようでそれをペンダントとして作戦を遂行しようとしていたことや、ハチは基本的に働き蜂は雄であり、その頂点に立つのは女王蜂であることから、そこから生まれたと思われるハチ怪人は女型怪人だと思われますね。

思い込みかもしれませんが、蜂をモチーフとする改造人間や怪人は女型の方がイメージに合ってると思います。
ショッカー改造人間の蜂女のイメージが強いんですかね。
以前にガランダー獣人にハチ獣人やドグマ改造人間にバチンガルが登場してましたけど、いずれも女型ではなかったものの、仮面ライダーJではハチ女ズーが登場し、インパクトが結構あったということもあり、蜂ならばメスみたいなイメージがありました。
それでもハチ怪人はメスのような動きどころか、そんなこととは無関係のような動きで、見た目にも能力的にもあくまでゴルゴム怪人ですし、羽根を持っていましたから飛行能力を持った怪人特有の動きをしていましたね。

ハチとくれば空中を飛ぶ能力と針をいかに使うかがキーですけど、ハチ怪人はもう毒針であり連射可能であったものの、飛行能力を上手く使っての攻撃能力にはさほどのものはなかったように思います。

仮面ライダーBlackに限らず、スカイライダーを除いた歴代の仮面ライダーはジャンプ能力に優れていたものの、中には滑空能力を持った仮面ライダーもいましたが、飛行能力を持ってす空で戦える改造人間や怪人には苦戦を強いられる傾向がありました。
ハチ怪人はその飛行能力と猛毒針を連射で飛ばせる能力を持ちながら、そこをうまく利した戦いがうまくなかったということですかね。
外骨格が結構丈夫なんじゃないかな、というイメージ的なものは肉弾戦で発揮されていたように思いますね。
ハチ怪人②








クライシス怪人第8号~ガイナマイト3

ガイナマイト②
「ガイナマイト」

甲殻類生物の特に甲殻が優れているところを中心にメカ的な技術を施したクライシス怪人が、ガイナマイトだったと記憶してます。
海兵隊長ボスガン率いる怪魔獣人大隊に所属した怪人が怪魔獣人であり、それは異界クライシスの地球人類では考えられない環境による異要素を身に着けていた怪人であり、いわゆる特殊能力に優れていて基本的に怪力の持ち主だったように思っていました。
ガイナマイトの外見を見てると、どうしてもその特殊能力を引き出すためのつなぎの部分に目が行ってしまい、そのつなぎの部分はメカ的要素がかんじられました。
クライシス怪人は異環境による身体の変異を大きく引き出したものであって、あくまで怪人であり、仮面ライダーBlackの時のゴルゴム怪人という割と改造人間に近い怪人とは一線を画すものだと思っていましたけど、ガイナマイトhは改造人間でしたね。
甲殻類といってもそれはカニであり、身体の右半身上部はカニであり、特に、右腕はカニの特徴である鋏を誇大に改造して切れ味鋭い武器となり、仮面ライダーBlackRXを大いに苦戦させていました。
何故かガイナマイトの頭部もカニ的でしたけど、その代々の能力は溶解液の噴射であり、仮面ライダーBlackRXの身体を溶かしていたことに、その能力の強烈さが出当て板と思います。

ガイナマイトは人間とクライシス人から生まれた子供が、天才的思考と能力を十分に発揮する前にその子を拉致して、クライシス帝国に引き込むことを使命としていましたけど、ガイナマイト自身は身体的能力に優れていたもの、いわゆる超能力などはなかったということは、力づくでその子を拉致しようとしていたんですね。
ガイナマイトはいわゆるクラシス怪人というよりクライシス的要素を散りばめた改造人間であり、天然の特殊能力がなかったところに、その上司であるボスガン自身がクライシス人を十分に把握しておらず、子供だけに力づくで行こうとしたところに、そもそもの間違いがあったように思います。
仮面ライダーBlackRXを苦戦させたガイナマイトもその子によって行く手を阻まれ、怯んだところをRXチョップで大きな鋏を叩き折られ、RXキックを叩き込まれたところにリボルケインを差し込まれて決着がつきました。

この物語は、その子がどうなるかがメインであり、それにまつわるものとしてガイナマイトが出てきたのであり、この時ばかりはクライシス怪人も脇役にすぎませんでした。
ガイナマイト①



ゴルゴム怪人第8号~セミ怪人3

セミ怪人③
「セミ怪人」

セミがモチーフとなるのは、怪獣・宇宙人という世界ではかのバルタン星人に怪出が見られます。
バルタン星人は初代ウルトラマンの時に登場した宇宙人でしたけど、元々はウルトラQの時に出てきたセミ人間がベースでした。
これだけセミを感じさせつつ、宇宙ありきの名作はその存在感が強く、2代目、3代目と出続け、平成に入ってもウルトラマンコスモスでバルタン星人ベーシカルバージョンという名作も生み出しました。
バルタン星人は等身大もありましたから、決して巨大宇宙人というわけではないですけど、まるでウルトラシリーズの一つの象徴の様でした。
ウルトラシリーズから若干遅れて仮面ライダーシリーズが始まりましたけど、セミをモチーフとした改造人間、怪人というのはモチーフとしては手ごろな感じがし、いくらでもいそうな感じがありましたけど、今すぐ思いつくのはショッカー改造人間としてのセミミンガ、デストロン改造人間としてのヒーターゼミしかありません。
モチーフの特徴をどこに見出すか、その特徴を数少なく演じさせるのかそうでないのかということがカギとなるわけですけど、ウルトラシリーズと仮面ライダーシリーズにはコンセプトの違いもあって、うまくいかなかったようですね。

仮面ライダーシリーズも第2期が終了し、仮面ライダーBlackになってセミ怪人が出てきました。
セミ怪人の額についていた3つの単眼で操り、自分の受けたダメージをその人間に与えてしまうダメージスワップ能力というのがあったらしいですけど、このあたりの描写が分かりにくく、大きな翼のような2枚の羽根をこすり合わせて発する音波が超音波となり、破壊音波となっていたことの方に目が行きました。
この辺りはショッカー改造人間セミミンガのようでもありましたけど、主人公の仮面ライダーBlackが仮面ライダー旧1号というよりは仮面ライダー0号という原点回帰を狙ったものだったこともあって、違和感は全くなく、より強烈さが欲しい感じがありました。
時代は常に微々たるものでも進化はあるものですから、いくら仮面ライダーBlackが仮面ライダー0号を目指していたといっても時代のテイストを織り込むことはそうしたテーマに逆行したことではありません。
セミをモチーフとする場合、イメージ的に人間にはわからない超能力の持ち主であるというものがあったと思いますから、それを巨大宇宙人というコンセプトでは扱いやすく、等身大怪人ではやりにくいものがあったかもしれません。
人にはわからない超能力は、意外に外見的にそのカギが現れているものですから、セミ怪人の場合、3つの嘆願の真ん中にあったということでそこを突かれてライダーキックで敗れ去りました。
セミ怪人に限らず、ゴルゴム怪人は超古代から蘇えさせられた側面があったわけですから、得体のしれない能力をもっと演出していてもよかったかなと思いますね。
セミ怪人②






クライシス怪人第7号~武陣3

武陣④
「武陣」

仮面ライダーBlackRXの敵となったクライシス帝国は、太陽を挟んで安泰側にある怪世界でした。
その世界はクライシス帝国だけではなかったようですが、クライシス帝国の4大隊長を思うと、妖魔界は確かにあったようです。
その世界は、通常ではあり得ないような現象が起こってしまう魔の世界だったかもしれず、3次元世界だけでは考えらえない世界だったかもしれません。

地球でも太古の昔は人間界、霊界、そして妖界と別れるべき世界が混在してた時代があって、その時の影響を受けて忍術者や霊媒師見たな人が今でも存在するようです。
クライシス帝国は、太陽を挟んで地球とは逆の位置にあったのですから、中味は違えど様々な世界が混在しててもちっともおかしくないです。
マリバロン率いる怪魔界は、そんな混在する理解がしにくい世界空間であり、単に3次元世界だけではなかったかもしれません。
様々な異世界で能力を伸ばした怪魔戦士がいたはずで、武陣もその一人だったと思われます。

鏡から鏡へと自由自在に渡り歩く「鏡渡りの術」が得意だった武陣は、異世界である別次元と3次元の世界を行き来できてた上に、武術かとしてもすぐれていたようです。
鏡の世界には、空想力が広がります。
3次元でも4次元でもなく、2次元のこの世界は空想で考えるしかないのですが、そのために空想出来うるものは果てしなく広かったかもしれません。
短剣と長剣を持つ武陣をは、それで仮面ライダーBlackRXに打ち勝とうとしたところに賭けたボタンのずれがありました。
いくらハイブリット戦士である仮面ライダーBlackRXと言えど、鏡の世界など知り得るはずもなく、その鏡の世界の行き来ができる能力とその世界から攻撃を仕掛ける能力があったのですから、それで最後まで翻弄すべきだったかもしれません。

古くはミラーマンという鏡の世界を扱ったものやウルトトラセブンのように鏡の中に何とか溶け込めるスライド・インという超能力を持つものもいました。
けれど、鏡の世界に深く入り込んで、その世界を押し広げるようなことはなく、せっかく時が経って怪魔界という異質の世界からの戦士として武陣を出してきたのですから、鏡の世界の能力を押し出した方が特徴あるものとなったでしょう。
デザインそのものが剣がイメージされ、特に頭部は多数の短剣があるようで鎧を身にまとっていましたけれど、反比例するように鏡の戦士としての能力をもっと描いてほしかったと思いましたね。
武陣②

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥24,800から
(2018/3/7 22:21時点)



●バンダイ S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー BLACK & BLACK RX & シャドームーン 未開封 3点セット

新品価格
¥18,956から
(2018/3/7 22:23時点)





ゴルゴム怪人第7号~サイ怪人4

サイ怪人②
「サイ怪人」

仮面ライダーV3に登場したデストロン改造人間の名かに、サイタンクという強力改造人間がいました。
大幹部ヨロイ元帥配下の改造人間としても、デストロンという組織においてもかなりの強力改造人間で、さしもの仮面ライダーV3も1度は敗退を余儀なくされた改造人間でした。
紆余曲折を経ながら仮面ライダーV3はライダーマンの協力を得ながら、サイタンクの強力さの象徴であった一本角をV3キックでへし折り、そこから局面を大きく変えてサイタンクを倒していました。

仮面ライダーBlackに登場したゴルゴム怪人であるサイ怪人もこのパターンに似ています。
多分、サイ怪人はパワー面では仮面ライダーBlackを凌いでおり、仮面ライダーBlackもバトルホッパーの強力がなければ危なかったでしょう。
そのバトルホッパーも一度は破壊されたものの、生体メカとしてのこのマシンには自己修復能力があって、これが披露された話としては特筆されるべき物語でした。
そのバトルホッパーの能力に目が行きそうなところ、物語を展開していたサイ怪人は、三神官の策略にりようされながらも、そのストレートな勢いと怪力加減は、あのサイタンクを思い出させました。
サイタンクのように角の醸し出すパワーで相手を煽るような使い方はしませんでしたけど、それよりも大きな一本角は仮面ライダーBlackを苦戦させる十分な武器でした。
勢いあるストレートな怪力には、変化球は通用しません。
パワーにはパワーを、ということになりますが、仮面ライダーBlack一人のパわ^だけではなく、自己修復して仮面ライダーBlackの戦いぶりを察知していた能力はまさしく生体メカで仮面ライダーBlackの相棒たる所以でした。

サイ怪人の大きな一本角をライダーチョップで叩き折ったのは正に痛快でしたけど、それでも怪力で突っ込んでくるサイ怪人との戦いはバトルホッパーの援助なしでは考えられないものでした。

サイ怪人はクロサイがモチーフらしいですけど、サイって草食動物なんですよね。
身体が大きく、いかつい感じがして見方を変えれば身体を鎧で固めているようにも取れ、そこが仮面ライダーシリーズでも怪人や改造人間のモチーフとして結構使われていた所以でしょう。
このサイ怪人は、そんな中でも結構デザインが良かった怪人の1体でしたね。
サイ怪人①

RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥88,000から
(2018/3/5 22:13時点)



S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

新品価格
¥10,974から
(2018/3/5 22:15時点)


クライシス怪人第6号~キュルキュルテン3

キュルキュルテン⑤
「キュルキュルテン」

仮面ライダーBlackRXの敵であったクライシス帝国は怪魔界を形成してましたけど、この世界って太陽を挟んで地球の反対側にある世界でしたね。
ということは地球とは別の惑星に巣食う異界ということになります。
太陽を挟んで地球の真裏の世界とは言え、地球とは異なる進化を遂げ、全く異なる世界であって同じような環境にあったとは言えないでしょう。
だから地球人類が考えて想定する要素で生物が存在するとは一概に言えず、異なる環境は異なり方からして地球人類の想定の外側にあったかもしれず、そこに息づいていた生物はその姿形からして異型のものだった可能性もあります。
太陽系の外側に広がる外宇宙に生物がいるとしても、ひょっとしたら人類が考えるような命を持った生物は少ないのかもしれず、それはまさしく生物でありながら命の概念が違うエイリアンかもしれません。
それが人類の知らない太陽系に存在してもちっともおかしいことではなく、それが太陽の裏側にあってもそれは人類の知るところではありませんから、エイリアンがいるのかもしれません。

初の怪魔異生獣となったキュルキュルテンを見てると、それままさしくエイリアンだなと思いました。
姿形だけでも充分エイリアンのようですが、寒冷地には生まれず、体温が高く口から白い泡を他の生物に吹きかけて卵を産み付けて繁殖する能力を持つところからすると、性質そのものがエイリアンでした。
地球上に降り注いだキュルキュルテンの卵は、ある程度高温でなければ孵化しないところから3体しか出てきませんでしたけれど、口からボールを生み出してしまうなど歪んだ超能力を発揮したことを思うと、そおの活動の拠点としては十分でした。
このキュルキュルテンの活動は、クライシス帝国に息づく生命体を大量に生み出すことを狙ったものでしたけど、二酸化炭素不足であった地球環境は、キュルキュルテンが狙いを果たすには気温が低いことが最後まで影響してたように思います。

怪魔異生獣のトップであったゲドリアンは、ゲドリアンがエイリアンのような感じでしたけど、クライシ住人の中では身分が低いとされていましたから、労働力の確保というよりジャーク将軍の狙いは別にあったのかもしれません。
キュルキュルテン③
キュルキュルテン④

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥15,160から
(2018/1/15 21:34時点)



RMW 026 仮面ライダーBLACK RX 1/2スケールマスク

新品価格
¥49,999から
(2018/1/15 21:35時点)





ゴルゴム怪人第6号~オオワシ怪人3

大ワシ怪人
「オオワシ怪人」

改造人間が怪人となっても、仮面ライダーにとっては空を飛ぶこと自体は叶わぬ夢であったようです。
仮面ライダー1号、2号は、自らに飛行能力がなかったため飛行能力を有する改造人間に苦戦を強いられたことを自戒でもするかのように、仮面ライダーV3には26の秘密の一つとしてグライディングマフラーという能力を与えました。
けれど、その能力は自覚されることがなかったのか、使われることなく、ツバサ大僧正率いるツバサ軍団という飛行能力を有した改造人間には敗れることもありました。
その仮面ライダーV3から仮面ライダーBlackまで、飛行能力があったのはスカイライダーだけでしたが、これは例外中の例外ということだったかもしれません。

仮面ライダーごとでそのジャンプ力は異なりますが、そのジャンプ力は足回りの良さも伴っていましたし、機敏性に長けていましたから、もう一つの何かがあれば飛行能力を有する改造人間には対抗出来たものと思います。
それがバイクでした。
仮面ライダーの愛車であるバイクはスーパーバイクでしたから、その性能をどこまで出せるのか我ポイントだったのかもしれません。

仮面ライダーBlackの愛車はバトルホッパーでした。
仮面ライダー1号・2号と同様、仮面ライダーBlackもバッタをモチーフとした改造人間でした。
しかも、その愛車バトルホッパーはバッタの生まれ変わりのようでもありました。
仮面ライダーBlackもやはり飛行能力を有した怪人は得意ではなかったらしく、オオワシ怪人にはやはり苦戦を強いられましたね。
その曲面打開をなしたのはバトルホッパーであり、このバトルホッパーを上手く使ったことでオオワシ怪人の背後を取れたことが大きく影響しました。
オオワシ怪人は、大鷲らしくその鋭い爪と嘴で敵を攻め立てましたが、そういう攻撃に持ち込むまでに目から幻覚光線を発射できたからということになりますね。

鷲はその戦闘能力を生かすように大きく羽ばたく能力がありますが、狙った獲物は逃さない眼力があります。
それはまるで大空の帝王のようですが、この辺りを上手く表現したのがオオワシ怪人のような気がしましたね。
オオワシ怪人登場の話は、飛行能力を持った敵に苦戦をさせられたそれまでの仮面ライダーと、物語はともかくオオワシ怪人のデザインと描写が良かったことに気を取られていました。
大ワシ怪人②
大ワシ怪人⑤

RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥163,013から
(2018/1/13 22:30時点)



S.H.フィギュアーツ バトルホッパー

新品価格
¥10,598から
(2018/1/13 22:31時点)





化身忍者第2号~マシラ3

マシラ
「マシラ」

化身忍者は現代風に言えば改造人間とか怪人なんでしょうけど、変忍者嵐の物語は時代劇であり、当然人体改造法など程遠く、当時のことを思えば化身忍者は忍法を取り込んで生まれた者と思います。
東洋医学には西洋医学ほど人体への観察分析は進んでいなかったと思いますが、それでも神がかり的な処置が施されていたことも確かなことだったと思います。
そんな東洋医学のことをどうとらえていたのか分かりませんが、変身忍者嵐の物語は忍法がある意味、主役のようなものでした。

改造人間は特異な装置を身体のどこかしらに埋め込まれたものであり、それと同じような効果がもたらされていた化身忍者は忍法で身体が作られ、忍法そのものの使い手にもなっていました。
変身忍者嵐第2話に登場した化身隠者マシラは、猿のような井出達で実に身軽でありながら、忍法によってその身体はあらゆる攻撃を受け付けなくなるほど強固なものに変えることが出来ました。
猿というのはイメージであって、日本古来から言い伝えられていた狒々(ひひ)という怪力の持ち主であった溶解がマシラのモチーフだったように思います。
狒々そのものは獰猛であり、一旦笑うと顔が裏返る様になる中、唇が目を覆うその表情に驚くなり笑うなりして反応した相手の隙を突くように襲ってきたとされているようです。
その笑う様子からの命名らしいですが、笑うと顔が裏返る様になる中で唇が目を覆うというのは、狒々の唯一の弱点が目にあったためらしいですね。

マシラの身体の強固さは忍法によるものですけど、これでは時代劇にあった刀で相手を切ることなど無意味にしてしまう効果があって、まるで不死身でしたけど、化身忍者は忍法のかかった姿ですから不死身などと言うことはありません。
マシラが身体を鋼鉄のように固くする術も、忍法がいきわたらなかったらしく、目だけが出来なかったことはモチーフだったと思われる狒々のようでもありましたね。

あまりにもマニアックな話ですが、こういうところに気が付くのも難しいだろうと思われますが、そういうことは化身忍者を作り出していこうとする匂いとなって現れますから、大きな魅力となっていたと思いますね。
マシラ①

ソフビ魂 VOL.18 変身忍者 嵐

新品価格
¥3,280から
(2017/12/2 22:46時点)



S.I.C. VOL.49 変身忍者 嵐&魔神斎

新品価格
¥2,928から
(2017/12/2 22:46時点)



VOLKS オリエントヒーローシリーズ 変身忍者 嵐 ソフビキット

新品価格
¥16,800から
(2017/12/2 22:47時点)


ドルゲ魔人第2号~フランケルゲ3

フランケルゲ③
「フランケルゲ」

バロム1に登場したドルゲの使者である悪のエージェントは、何とも奇抜で言いようのない姿をしてましたね。
オコゲルゲの時も感じましたが、フランケルゲにはオコゲルゲとは異なる気味の悪さがありました。

大極悪人である囚人を悪の魔物に変えてしまう展開はこれまでもありましたけど、それがフナムシとドルゲ細胞を融合させたことで現れてきたのがフランケルゲでした。
このドルゲ細胞は人間の弱みにつけ込んで増殖させるものと考えられますが、その弱みが極悪人の心へのものだとすると、増殖が異常な倍増をするかのように、よりグロテスクなものへと変化してしまうものの様です。
もう一つの要素であったフナムシがどう作用したのかは、フランケルゲの姿からは想像できませんが、当初は悪の極悪人が下地にあったこともあって、フランケンシュタインのようだと思っていましたね。
電気ショックでフランケルゲが登場したこと、身体中に地に流れが感じられることや片目が塞がれている状態の姿などは、フランケンシュタインの要素が満載だったと思うんです。
実はフナムシがよそうだったなどと言うことは、フランケルゲの手足に見られるくらいで、こういう特撮番組の等身大の怪物を見るときは特に上半身の顔面部分に目が行ってしまうため、気が付くことはかなり難しいと思いますね。

でも、この移植時の電気ショックがフランケルゲの武器になっていました。
ただすべてにおいて超人だったバロム1には、フランケルゲの電撃も通用せず、武力として圧倒できてなかったところが敗因となっていましたね。
人の弱みにつけ込む悪人など、バロム1の敵ではなかったというところだったんでしょうかね。
フランケルゲ②

スーパーヒーローソフビキットコレクション 超人バロム・1 約220mm PVC製 未塗装組立キット

新品価格
¥5,500から
(2017/11/19 21:43時点)



コスプレ 衣装 マスク バロム1 コスチューム

新品価格
¥230,000から
(2017/11/19 21:44時点)


プロフィール

モンライダー











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンコスモス~インキュラス
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンコスモス~インキュラス
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンガイア~アネモス
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンガイア~アネモス
  • クライシス怪人第9号~アッチペッチー
  • クライシス怪人第9号~アッチペッチー
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンダイナ~ギャビッシュ
  • ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンダイナ~ギャビッシュ
  • ゴルゴム怪人第9号~ハチ怪人
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ