HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和のHERO

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

インベーダー怪獣第3号~ダークロン4

ダークロン③
「ダークロン」

その昔、地球侵略のきっかけ作りに失敗したセミ人間が円盤からの光線で処分されたシーンが、ウルトラQで描かれました。
宇宙人が進行する円盤からの光線となると、地球上で破壊活動をするときに使用することがほとんどで、セミ人間の処分の際に使われていたことは結構珍しく、配下の怪獣を強化することはあっても処分されたことはほとんどなかったと思います。
そういうコンセプトからのものではなかったのでしょうけど、ミラーマンに登場したダークロンという怪獣は、人間態のインベーダーが円盤からの光線によって怪獣化するというこれも非常に珍しい展開で登場した怪獣でした。

デザイン的にも如何にも宇宙怪獣や異次元怪獣としていた傑作怪獣で、なんでも大怪獣ゴジラ対ビオランテという名作の脚本家が、高校生の時、帰ってきたウルトラマンでデザインしたガロア星人という宇宙人のデザインが元だったそうです。
その悪魔然とした姿は、その表情と共に全身に生えていた棘のような部分とドリル状になっていた両手先が体色が全身黄色だったことと相まって、超能力然としていたイメージがありました。
その通り、様々な超能力があったようで、目からは白色や赤色の光線を発し、分身能力があったのは頭部に生えていた角がレーダーの役目をはたしていたことによるものだったように思えました。
ミラーマンはインベーダーと鏡の世界の行き来、そして反射光が主なテーマでしたから、こういうダークロンのような怪獣ははまり役であり、帰ってきたウルトラマンで登場しなくてよかったと思いますね。
ダークロン①
鏡の世界は宇宙空間とも違い、想像上は2次元という異次元の世界だと思います。
ミラーマンはその鏡の世界から出てきたHEROですが、短時間しか留まれず、そこをつけ込まれて苦戦する場面が多くあったようです。
宇宙から飛来した宇宙人が異次元とどう関係があるのか、この点については設定上の問題でしょうけど、このインベーダーは光、反射ということについては抵抗があったように思います。
侵略という闇の行為は光に抵抗するというところですけど、ダークロンは様々な超能力でミラーマンを幻惑し、異次元に取り込んだところまでは狙い通りだったと思います。

しかし、どの次元であれ、光の影響を全く受けない次元はなく、これは反射についても同じでした。
異次元から脱出したミラーマンとの対決を見てると現次元では対抗しきれず、ダークロンにとっての主戦場は異次元世界であったようですね。
ダークロン④

復刻ブルマァク ミラーマンシリーズ 暗黒怪獣 ダークロン

新品価格
¥12,800から
(2018/3/26 19:12時点)



Character Classics ミラーマン 全高約350mm コールドキャスト製 塗装済み完成品 フィギュア (メーカー初回受注限定生産)

新品価格
¥29,800から
(2018/3/26 19:13時点)






侵略宇宙人第3号~シャイン星人3

シャイン星人②
「シャイン星人」

自らを光の支配者と呼んでいたシャイン星人は、何故光子ロケットを欲しがったのでしょうね。
原子力に対して光子力が更に進化したエネルギーなら、光子ロケットのエネルギー源もその進化したエネルギーだったはずで、一旦飛び立ってしまえば捕球要らずの新エネルギーだったかもしれず、地球人類にとってのみならず、知性ある生命体にとっては夢のエネルギーだったかもしれません。
その光子エネルギーも光とは無縁どころかかなり密接だったと思われ、その光を支配する知的生命体がシャイン星人だったとしたら、何も光子エネルギーを狙わずとも侵略行為は容易だったと思われます。

シャイン星人は、人間身体を構成する細胞を壊死させるほどの冷光線の使い手で。人の想像を超えるところの寒さを得ていた宇宙人でもありました。
なんでも、その力を得るためなのか月に甲5回は氷風呂に入ると言うことですが、それほど冷気を得ていた宇宙人が身体から火を噴いて最期を迎えていくシーンには、実は光とか炎は対極にあるエネルギーだったのではないかと思います。
それが分かっていたからこそ、自らを光の支配者と呼んで、光で攻められることを良しとせず、偶然に戦いの最中に火花が飛んだところで怯んでしまったことが、目的を果たせず、、、となってしまったということでしょう。

シャイン星人のデザインに見えるのは、かなり異質で細かい分子で出来ていたように見えましたけど、こ
の分子は氷の世界のもので、そのままなら銀色の体色に見えていたところ、シャイン星人の身体に灯が当たってしまうと氷に灯が当たった時の氷の屈折の関係で、金色に見えました。
こういう姿はかなり斬新だったと言わざるを得ませんね。
シルバー仮面もHEROとしてはかなり異質でしたけど、シャイン星人と併せてそのほとんどが手作りだった昭和の特撮の世界でなければ、こういういい意味での細かさが表現されたモノは出てこなかったでしょう。
シャイン星人③

フィギュア王 誌上200体 シルバー仮面 假面 フィギュア

新品価格
¥201,982から
(2018/3/2 22:26時点)



シルバー仮面コンプリートDVD-BOX(DVD全6枚 シルバー仮面フォトニクル シルバー仮面フォトニクル2)

新品価格
¥15,766から
(2018/3/2 22:29時点)


ジャンボーグ怪獣第2号~ルバンガーキング3

ルバンガーキング①
「ルバンガーキング」

ジャンボーグA放映の頃は、もう特撮番組から離れていたと言うこととファイヤーマンと同様、自分の住んでる地域ではTV放映が見当たりませんでしたから、主人公や敵の設定等はほとんど分かりません。
随分と時が経ってから見たという感じですね。

ジャンボーグAに登場した怪獣は、まずネーミングがすごいなという感じでした。
このルバンガーキングもそうで、どういう具合でこういう名前になったのかは知る由もありませんけど、ほとんど思いもしないネーミングだったと思います。
見た目、特に頭部に特徴があたようですけど、敵型宇宙人アンチゴーネが壊れて散らばっていた宇宙人の人形を怪獣化したのがルバンガーキングということらしいですね。
なんでも、聴くところによるとこの壊れていた人形はシルバー仮面のチグリス星人だと言うことみたいですけど、そうだとすれば非常にマニアックで、しかもルバンガーキングとチグリス星人は全く似ていませんでしたね。
まあ、飛行するセスナがジャンボーグAに変身してしまうというとんでもない設定でしたから、そこに登場する怪獣についても同じようなものだったかもしれません。

ルバンガーキングにチグリス星人の隠された能力でも見られるのかなと思ったら全く関係ありませんでしたね。
顔の周りにあった分厚そうな鰭は、ジャンボーグAのビームエメラルドを跳ね返していましたけど、光線を放つタイミングに問題があったとしても、この撥ねつけたシーンがルバンガーキングの印象を決めたようにも感じました。
背中にカノン砲があったらしいですが、そういうことも併せて攻守ともに頑丈そうなイメージが湧きました。
頭部の角をサーベルのように使うことなど強力そうな武器と装甲を持っていた怪獣でしたけど、ジャンボーグAが始まってすぐに登場したこととアンチゴーネの作り出した怪獣ということで、存在感がそれほどでもなかったことが残念だった気がしました。
ルバンガーキング③

ジャンボーグA DVD‐BOX

新品価格
¥26,086から
(2018/1/21 21:08時点)






ダークロボット第2号~グリーンマンティス3

グリーンマンティス②
「グリーンマンティス」

キカイダーを見る前には当然のように仮面ライダーに夢中になってました。
仮面ライダーを見ていた頃もキカイダーを見ていた頃も、小学生のガキでしたから、記憶なんてアテにはなりません。
面白いものに興味を持ち、そして夢中になる。
こういうことは子どもがもっとも純粋であり、その時の記憶なんてリアルである時よりもずっと後で貴重な財産になったりするものです。
キカイダーは若干ながら漫画から見てました。
その当時の漫画は白黒であることが当然で、滅多にカラー版なんてなかったですからキカイダーに出てくるダークロボットの名に何故色めいたものが付き、実際にはどんなもんだろうと思ったこともありました。
TV特撮番組としてキカイダーが始まり、その頃は仮面ライダー放映開始から時間が経っていたこともあって、ネーミングに色がついていたことも忘れていましたが、そういうことを思い出したのはこのグリーンマンティスの時でしたね。
なんだか仮面ライダーの初めのころに出たかまきり男みたいだ、、、とそんな感想でしたね。

グリーンマンティスはカマキリがモチーフでしたから、体色とネーミングが緑色に近いのは、今にして思えば当然のことでしたけど、ダークロボットはモチーフとなる動植物とそのイメージからくる色が大きなポイントだったように感じてましたね。
グリーンマンティスの主武器は、右腕の電磁鎌と左腕の鎖鞭で完全なチェーンでしたけど、これって仮面ライダーのかまきり男もそんな武器をもっていましたね。
しかも、かまきり男も緑の体色のイメージがありましたし、かまきり男自体目に大きな特徴があったため、グリーンマンティスを見てかまきり男を思い出したわけですね。
かたや改造人間、かたやダークのロボット。
面白かったのは、どちらも同じような武器で怪力の持ち主とその特徴があったわけですけど、記憶の範囲では翅というか翼みたいなものを持ちながら飛行能力がなかったのか、そういうことについての象徴的なことがなかったことも共通していました。
キカイダーは開発者であった光明寺博士が記憶を失った状態で放浪し、それをダークが追いかけるという図式であり、常に開発者である博士が意識されていましたけど、それを追いかけ始める頃のモチーフとしてはグリーンマンティスは登場させやすかったのかもしれませんね。
グリーンマンティス④

メタルボーイ バーサス 『人造人間キカイダー』 グリーンマンティス 未塗装組立キット

新品価格
¥4,845から
(2017/12/3 22:12時点)



S.H.Figuarts キカイダー フィギュア

新品価格
¥13,900から
(2017/12/3 22:12時点)



人造人間キカイダー サイドマシン

新品価格
¥19,200から
(2017/12/3 22:13時点)


化身忍者第2号~マシラ3

マシラ
「マシラ」

化身忍者は現代風に言えば改造人間とか怪人なんでしょうけど、変忍者嵐の物語は時代劇であり、当然人体改造法など程遠く、当時のことを思えば化身忍者は忍法を取り込んで生まれた者と思います。
東洋医学には西洋医学ほど人体への観察分析は進んでいなかったと思いますが、それでも神がかり的な処置が施されていたことも確かなことだったと思います。
そんな東洋医学のことをどうとらえていたのか分かりませんが、変身忍者嵐の物語は忍法がある意味、主役のようなものでした。

改造人間は特異な装置を身体のどこかしらに埋め込まれたものであり、それと同じような効果がもたらされていた化身忍者は忍法で身体が作られ、忍法そのものの使い手にもなっていました。
変身忍者嵐第2話に登場した化身隠者マシラは、猿のような井出達で実に身軽でありながら、忍法によってその身体はあらゆる攻撃を受け付けなくなるほど強固なものに変えることが出来ました。
猿というのはイメージであって、日本古来から言い伝えられていた狒々(ひひ)という怪力の持ち主であった溶解がマシラのモチーフだったように思います。
狒々そのものは獰猛であり、一旦笑うと顔が裏返る様になる中、唇が目を覆うその表情に驚くなり笑うなりして反応した相手の隙を突くように襲ってきたとされているようです。
その笑う様子からの命名らしいですが、笑うと顔が裏返る様になる中で唇が目を覆うというのは、狒々の唯一の弱点が目にあったためらしいですね。

マシラの身体の強固さは忍法によるものですけど、これでは時代劇にあった刀で相手を切ることなど無意味にしてしまう効果があって、まるで不死身でしたけど、化身忍者は忍法のかかった姿ですから不死身などと言うことはありません。
マシラが身体を鋼鉄のように固くする術も、忍法がいきわたらなかったらしく、目だけが出来なかったことはモチーフだったと思われる狒々のようでもありましたね。

あまりにもマニアックな話ですが、こういうところに気が付くのも難しいだろうと思われますが、そういうことは化身忍者を作り出していこうとする匂いとなって現れますから、大きな魅力となっていたと思いますね。
マシラ①

ソフビ魂 VOL.18 変身忍者 嵐

新品価格
¥3,280から
(2017/12/2 22:46時点)



S.I.C. VOL.49 変身忍者 嵐&魔神斎

新品価格
¥2,928から
(2017/12/2 22:46時点)



VOLKS オリエントヒーローシリーズ 変身忍者 嵐 ソフビキット

新品価格
¥16,800から
(2017/12/2 22:47時点)


機械獣第3号~グロマゼンR93

グロマゼンR9③
「グロマゼンR9」

悪のマジンガーのようなデザインだったグロマゼンR9。
このグロマゼンR9はミケーネ島発掘の産物ではなく、マジンガーZというとてつもない強敵に出くわしたDrヘルが知らぬ間にマジンガーの影響を受けつつ、特に攻撃能力に活路を見出そうtして急遽作り上げたロボットだったような気がしてました。
リアルタイムで見ていたのに然程記憶に残っていないような気がするのは、そうしたことが念頭にあってグロマゼンR9を見ていたためかもしれません。

この頃はマジンガーZが存在しつつ操縦され切れてない状態の頃で、その足元を突くかのように出てきたグロマゼンR9の最大の特徴は、頭部の突起物から発射されていたイオン光線でした。
意図も簡単にアフロダイAを倒していたのは、アフロダイAが超合金Zではなくそれより一段以上劣る合金Zで作られ、しかもアフロダイAは戦闘用ロボットではなかったことにあるかもしれませんが、グロマゼンR9のイオン光線は金属の中に存在する電子を対極の電子で分解し、電力の流れを強制的に作って溶解させていたものですから、超合金Zでも危なかったかもしれません。
ほとんど偶発的に発生したマジンガーZのバリアは、おそらく反磁力バリアでグロマゼンR9のイオン光線自体を撥ねつけてしまったのですから、効力的にスゴイ守備的な武器だったかもしれません。

対マジンガーZ用ロボット・グロマゼンR9はそれを使おうとしたあしゅら男爵が、使いこなせずにいたところが盲点となって破れていきましたが、伸縮自在のグロマゼンR9の両腕には鋭く大きなカッターもついており、しかも素長く伸びた腕先の指がミサイルとなっていたのは、イオン光線を上手く使いこなせるようにとDrヘルが備えさせた武器だったことが、如何にも悪の手先として起用されたロボットであったようで、とにかくユニークな感じがしました。
グロマゼンR9①

マジンガーZ Blu-ray BOX VOL.1(初回生産限定)

新品価格
¥20,066から
(2017/11/27 22:05時点)



超合金魂 UFOロボ グレンダイザー GX-76 グレンダイザーD.C. 約185mm ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥13,190から
(2017/11/27 22:06時点)



超合金魂 GX-45 マジンガーZ

新品価格
¥14,950から
(2017/11/27 22:07時点)


ドルゲ魔人第2号~フランケルゲ3

フランケルゲ③
「フランケルゲ」

バロム1に登場したドルゲの使者である悪のエージェントは、何とも奇抜で言いようのない姿をしてましたね。
オコゲルゲの時も感じましたが、フランケルゲにはオコゲルゲとは異なる気味の悪さがありました。

大極悪人である囚人を悪の魔物に変えてしまう展開はこれまでもありましたけど、それがフナムシとドルゲ細胞を融合させたことで現れてきたのがフランケルゲでした。
このドルゲ細胞は人間の弱みにつけ込んで増殖させるものと考えられますが、その弱みが極悪人の心へのものだとすると、増殖が異常な倍増をするかのように、よりグロテスクなものへと変化してしまうものの様です。
もう一つの要素であったフナムシがどう作用したのかは、フランケルゲの姿からは想像できませんが、当初は悪の極悪人が下地にあったこともあって、フランケンシュタインのようだと思っていましたね。
電気ショックでフランケルゲが登場したこと、身体中に地に流れが感じられることや片目が塞がれている状態の姿などは、フランケンシュタインの要素が満載だったと思うんです。
実はフナムシがよそうだったなどと言うことは、フランケルゲの手足に見られるくらいで、こういう特撮番組の等身大の怪物を見るときは特に上半身の顔面部分に目が行ってしまうため、気が付くことはかなり難しいと思いますね。

でも、この移植時の電気ショックがフランケルゲの武器になっていました。
ただすべてにおいて超人だったバロム1には、フランケルゲの電撃も通用せず、武力として圧倒できてなかったところが敗因となっていましたね。
人の弱みにつけ込む悪人など、バロム1の敵ではなかったというところだったんでしょうかね。
フランケルゲ②

スーパーヒーローソフビキットコレクション 超人バロム・1 約220mm PVC製 未塗装組立キット

新品価格
¥5,500から
(2017/11/19 21:43時点)



コスプレ 衣装 マスク バロム1 コスチューム

新品価格
¥230,000から
(2017/11/19 21:44時点)


インベーダー怪獣第2号~キティファイヤー3

キティファイヤー②
「キティファイヤー」

ミラーマン第2話の頃は、まだ裏番組だったシルバー仮面を優先してみていたので、この時に登場した「キティファイヤー」はリアルで見ていません。
後に特撮番組を見直した時にこの怪獣を見たのですが、地球侵略を狙うインベーダーが居を構えてそこから攻め込もうとして、うっかりすると主人公の隣人になってしまいそうな恐ろしさの中で登場したのがキティファイヤーでしたね。
フォルムが燃え盛る炎の姿で、いかにも火炎に特徴を持ったインベーダーの変身体といった感じですが、素直に火炎攻撃を仕掛ける怪獣ではありませんでした。
怪獣は怪力の持ち主であり、火を吐くという特徴が基本みたいにありましたけど、そこから随分と時間がった時代の怪獣でもあり、しかも正体不明なインベーダーが絡むとなると、素直に表現するつもりなかったのでしょう。
だからと言って捻りもなく、いわゆる変わり種の様相を呈していたのがキティファイヤーだったと思います。

多分、口から破壊光線を吐こうと体内エネルギーを集中した時に、顔が赤くなるのと同時に全身が火に包まれると言うことだったと思います。
その炎の姿を具現化していたような怪獣でしたが、インベーダーの変身体という特徴は見受けられず、そいうと懲りにこそ一捻りがあってもよかったと思いますね。

もう一言付け加えるのなら、ネーミングをどうにかできなかったのでしょうか。
まるで少女漫画や人形のイメージを持ってしまいそうになるこのネーミングは、怪獣設定には似合っていませんでした。
キティファイヤー

大怪獣シリーズ ミラーマン (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥23,800から
(2017/11/12 21:02時点)



ミラーマン DVD-BOX 1

新品価格
¥34,000から
(2017/11/12 21:03時点)


侵略宇宙人第2号~キルギス星人3

キルギス星人①
「キルギス星人」

キルギス星人とシルバー仮面の絡みは、そんなに目立つものではありませんでした。
キルギス星人の最期がどうだったも覚えていませんしね。

奇声を発しながら黄色い毒ガスを吐き散らすシーンがなんとも印象的だったし、奇妙であったわけですが、何でもこの黄色い毒ガスは浴びてしまった者の体色が変化し、毒に侵されて行くシーンを演出したかったそうで、これは失敗に終わってしまったものの、効果をこうしたことで上げていこうとする試みは、シルバー仮面放映の時代背景を思うと何とも斬新な想いだったと思いますね。
このキルギス星人登場の話は、人類が宇宙進出とか開発を図ろうとしたことに警告らしきことを発しようとしたことが物語の軸になっていました。
無骨や宇宙進出に専心し過ぎて、それ以外のことに想いを馳せられず、宇宙空間などまるで分っていなかった人類が分からない宇宙空間を地球上から見た要素だけで決めてかかることは非常に危険であるわけですけど、こういうテーマの基に物語を構成したのは、ウルトラセブンにいくつか見られました。

ウルトラセブンよりも時間が経っているというのにシルバー仮面の物語を見ていると、まるで時は衰退しているのではというほど、画像的にはよくはありませんでしたが、これはシルバー仮面は等身大HEROであったことと信じられない位低予算で抗争と工夫のみで作られた物語であり、制作プロダクションも駆け出し状態であったことと無縁ではないでしょう。
そうしたことを背景に、物語はカラーであるところ演出されたシーンは白黒に近かったのは、キルギス星人の存在感を上げるのに有効だったかもしれません。
頭部の左右上方についていた電球のような器官は目であるのか何であるのか分からず、顔の中にあった窪みは口なのか何なのか分からないままでしたが、全体として奇妙な感じを演出するのに大いに役立ち、白黒映像効果も手伝って、意外と面白かったと思いますね。

月の石を持ち帰るのも、他の惑星にロケットを打ち込んだりするのも、人類がやっと具体的に宇宙を知る第1歩を踏み出そうとしたことに他なりませんから、それ以外の状況を知るにもその方法を持ち得なかったということになりますが、その人類の姿を快く思っていなかった宇宙人がいたとしてもおかしくはないですね。
こうしたキルギス星人のような宇宙人がいることを知ったのもまた、宇宙の一つの要素を知ったと言うことで、そこからまた考えを深めればいいことだったのかもしれません。
キルギス星人②

放送開始45周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第24集 シルバー仮面 Blu-ray Vol.1

新品価格
¥13,443から
(2017/11/11 10:28時点)



シルバー仮面 フォトニクル2(図録集 DVD)

新品価格
¥3,759から
(2017/11/11 10:31時点)



ジャンボーグ怪獣第1号~キングジャイグラス3

キングジャイグラス③
「キングジャイグラス」

ファイヤーマンと同じく、ジャンボーグAも自分が住んでた田舎町では放映されていませんでした。
一見、ウルトラセブンの目のようでしたけど、ファイヤーマンのようにその井出達に興味はわきませんでしたね。
近年、怪獣映画でジャンボーグAを変形させて登場したものがあり、「ジャン・ファイト!」という掛け声を発するようなシーンがあって、これって何だろうと思ってたら、それはジャンボーグAの変身時の掛け声の様でした。
で、改めて見てみたら昭和の特撮の匂いがプンプンで、いろんな怪獣が面白おかしく出ていましたね。
このジャンボーグAは、特撮HEROそのものよりも、変身体の人間が軽快な感じで、その主人公と地球防衛軍を構成していた隊員たちの掛け合いの方が目立っていました。
ジャンボーグAはウルトラマンタロウとかファイヤーマンと同時期の特撮番組でしたけど、純粋に怪獣を楽しむと言うことが基本にありながら、原点回帰というよりもそこに至るまでの変遷にロボットと宇宙人という色付けをしていたところに特徴があったような気がします。

宇宙人によって遣わされたロボットHERO対侵略宇宙人の厳命を受けた怪獣との戦いは、メカと生物の戦いのような気もして、時に興味深い要素も散りばめられていました。
その第1号怪獣であったキングジャイグラス。
怪獣然としていたことはもちろんでしたけど、巨大な腕に思い切り特徴がありましたね。
見た目の奇抜さはあったものの、その巨大な腕から表現される怪力と口から超高熱火炎や煙、それにその牙はダイヤモンドより硬いときたら、以前出てきた怪獣たちの基本的な要素もしっかり踏襲されていました。
こういう怪獣にジャンボーグAがどう対処していくかが問題で、これだけの強力要素があると地球防衛軍には適う敵ではないことは分かりましたけど、その線引きがより強力だったような気もします。
キングジャイラスは、ジャンボーグAのヘッディングキラーで倒されますが、技自体がとんでもないものでなんだかすごいものを見てしまった印象が残った怪獣でもありました。
キングジャイグラス

ジャンボーグA DVD‐BOX

新品価格
¥25,059から
(2017/10/1 21:29時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ブラックサタン改造人間第10号~奇械人ハゲタカン
  • ブラックサタン改造人間第10号~奇械人ハゲタカン
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンタロウ~アリンドウ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ