HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和のウルトラ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ステップショット戦法~ウルトラセブン5

ステップショット戦法
ステップショット戦法1
ステップショット戦法②
ステップショット戦法③
「ステップショット戦法」

決め技を封じられ、敵が暴走する中、自らの身体能力と敵のつけ込み所を把握して戦い方に変化を持たせる戦法は、その使い手に戦闘センスを感じます。

鉄資源に枯渇し、自分の星以外にそれを求めたバンダ星人はクレージーゴンというロボットを使ってありとあらゆる車を奪取しようとします。
しかし、クレージーゴンに舵手された車に時限爆弾を内蔵させたウルトラ警備隊により、バン星人の円盤の中でその車が爆破されるのと同時にバンダ星人の円盤も爆破されました。
しかし、番だ星人の円盤に装着されていたはずのクレージーゴンは爆破に至らず、主を失ったクレージーゴンは暴走します。
バンダ星の合金で出来ていたと思われるクレージーゴンは、おそらくバンダ星の最後の傑作だったのでしょう。
その頑丈さは、ウルトラセブンのアイ・スラッガーを跳ね返し、エメリウム光線を受けてもビクともしませんでした。
暴走するクレージーゴンの怪力の前に、さしものウルトラセブンも押されまくり、素の暴走を止めることができませんでした。
街を蹂躙し、病院に向かうようなクレージーゴンを止める者はないのかという場面において、その大クレージーゴンの正面から戦いを挑むウルトラ警備隊の様子とクレージーゴンの様子を目の当たりにして、ウルトラセブンがとった先方がステップショット戦法でした。

ウルトラセブンにはミクロ化能力がありました。
窮地に追い込まれたような状況でウルトラセブンはミクロ化し、ミクロ状態でまるでハエが飛ぶような方法でウルトラ警備隊のフルハシ隊員が構えていたエレクトロHガンの砲身に入り込みます。
フルハシ隊員もくれーじごんに気を取られていたのでしょう。
自ら構えたエレクトロHガンの上に止まっていたミクロ化状態のウルトラセブンに気づかず、そのままエレクトロHガンを発射しました。
するとその発射と同時にウルトラセブンは砲身から飛び出し、クレージーゴンに向かっていく訳ですが、標的に近づくに従って巨大化し、見事クレージーゴンを粉砕した戦法がこのステップショット戦法でした。
発射された弾の速さに乗っかり、勢いを借りてさらに勢いを増したウルトラセブンの勢いは音速を超えたものだったのでしょうけど、自らの飛行能力を、駆使したわけではなく、あくまでもエレクトロHガンの勢いを借りたわけですが、ミクロ状態だったからこその戦法でありそれが徐々に巨大化していったことで破壊力は通常のものではなくなったのでしょうね。

こうした戦法という戦い方でそのセンスを感じてしまったのは、ウルトラセブンだけでしたね。
こうした工夫が見られたことが、見る者を引き付けて離さない大きな見所になっていたのは言うまでもありません。
何もない時代に特撮もので引き付ける要因は、創意工夫に他なりません。
怪獣も侵略宇宙人も大事ですし、主人公たるウルトラ戦士も大事なjことですが、そうした戦い方に創意工夫をもたらすこともまた大事なことでした。
ステップショット戦法④
ステップショット戦法⑤
ステップショット戦法⑥
ステップショット戦法⑦
ステップショット戦法⑧





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンA~ゼミストラー3

ゼミストラー
「大蝉超獣 ゼミストラー」

ゼミストラーは、ヤプールによって蝉と宇宙生物が合成させられて作り出された超獣でしたね。
超高温の火炎を吐き、両出から反重力光波を出してゼミストラーに触れたりするものを何でも浮遊させてしまう能力を持った超獣でした。
港に停泊を続けていた大型客船を浮かび上がらせていましたけど、なんでも反重力光波を使うには相当気を集中しておかなければならず、裏を返せばここが弱点でもありました。
大型客船を何故浮遊させたのかということより、ゼミストラーが登場したこの話には後続番組のウルトラマンタロウの人間役だった篠田三郎が出ており、しかも大学生の風来坊のような役回りだったためにまるで東光太郎、、、
この当時、ウルトラマンAの次がウルトラマンタロウという事は誰も知らず、篠田三郎は特撮番組の主演候補としてオーディションにはよく出ていたそうですが、そういことも見る側にとっては分りません。
ゼミストラー登場の話は、篠田三郎の登場とTACの焦点が北斗星司が主だったこともあって、引継ぎ話のようだとされることもあるみたいですけど、それはウルトラマンタロウを知ってからの話です。
ただ、篠田三郎の存在感というか、いやにクソ生意気な学生だなあと思って目がそこへ行ってしまったことも確かなことでした。
そのため。肝心のゼミストラーにあんまり目が行きませんでしたね。

蝉そのものは何でもありませんが、反重力光波の源となったのは宇宙生物の方でしょう。
しかも神経集中を必要とするなど、結構な知能と知力を持ったエイリアンのような存在だったかもしれません。
そのエイリアンが大気の中で力を発揮するには、ヤプールの手を借りてでも地球生物と合体するほかなかったのかもしれませんね。
反重力光波を大型客船に向かって使うよりも、肝心のウルトラマンAに向かって使う事の方が肝要だったでしょう。
ゼミストラー④





ウルトラ怪獣第23号:帰ってきたウルトラマン~ゴキネズラ4

ゴキネズラ
「プラスチック怪獣 ゴキネズラ」

帰ってきたウルトラマン放映の頃は、東京湾の埋め立て地に夢の島があったんですね。
番組で言ってたように東京近郊のごみを集めた島で、異臭漂う事では有名で実在してた人工島でした。
ゴミ問題は今に始まったわけではなく、昭和40年代にも確かにあったわけですが、ごみの処理法を大きく間違えて大量に集めてしまったところに別の意味での公害が発生していました。
ザザーンやタッコングで始まった帰ってきたウルトラマンは、公害事象を怪獣化した番組でもあり、いろんな場面で形と内容を変えて公害を取り上げていました。
当時も今も問題になってるのが、プラスチックごみ。
ゴキネズラは、そうしたプラスチックを食料というかエネルギーにしていた怪獣でした。
ゴキネズラというネーミングからして、ゴキブリとネズミの合成のようなところからイメージがありました。
ゴキブリもネズミも、ゴミとか不潔なイメージとは切っても切れないイメージが強いですからね。
体内に恐らく液体状にしてプラスチックを取り入れたゴキネズラは、それを菌糸上の意図状態にして吐き出し、宛の動きを止めてしまうことを主武器としていました。
イメージ的にもそれは厄介ですよね。
だって、その源はプラスチックと言っても、ゴミしかなかった夢の島のゴミとしてのプラスチックでしたから。

夢の島の地下に潜んでいたゴキネズラは、ゴミ山で発生した火災を鎮火するため撒かれた消化剤で地中の酸素が失われたことで地上に出現ひたようですが、このゴキネズラ登場の話はMATの新隊長・伊吹がニューヨークからやってきた話でもありました。
東京のゴミ問題は、ニューヨークでも起こってたんだなと、子供心に思ったもんです。

そういう想いと相半ばしながらも、怪獣としてのデザインはどうにかできなかったのかな、とも思ったものでした。
ゴキネズラ④





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラセブン~シャプレー星人4

シャプレー星人②
「シャプレー星人」

気象の荒い惑星もきっとどこかにあるんでしょうね。
暴風・強風の吹き荒れる惑星が母星だったシャプレー星人。
その環境で生きていくには。暴風に耐える装備をするか、気象現象をどうにかして操ろうとするかもしれません。
そして生き延びた上には、この気象現象をどうするか考えて調査するかもしれません。
過酷な気象の中でも、惑星の中のことですからその気象をやり過ごす場所もあったことでしょう。
その中でシャプレー星人は怪獣ギラドラスを育成し、荒い気象現象を操ろうとしたようです。
それと共に荒い気象現象の原因を母星の構成に求め、母星の核部分に手を入れようとして、地球の核を構成知るとされるウルトニウムに求めて、何とか奪取しようとしたようです。
地球をはじめとする各惑星の核の部分って、恒星によって照らされた宇宙空間の塵が溶解することで窒素水素等を呼び込んで他の塵と融合し、マグマのような状態のものかもしれません。
何億年と経つうちに物質化してしまうかもしれず、ワクワク性ごとに成分が異なるのかもしれません。
ギラドラスを使って、地球の核物質を奪取してもシャプレー星人の母星はどうなる者でもなかったでしょうけど、少なくともそうしたことを狙っていくうちに、気象現象をコントロールできるようになっていたのかもしれません。

しかし、それには長い年月を荒い気象現象に「耐えなければならず、シャプレー星人はとても生身の状態ではいられなかったでしょう。
シャプレー星人の頭部はまるでヘルメットのようでもあります。
見方によってはトンボの複眼のようでもありますが、暴風に耐える装備を常にしているうちに肉体と同化してしまったようにも見えました。
身体を覆うものも柔らかさのある金属製のようなものに見えました。
シャプレー星人の成り立ちは、すべて過酷な環境を生き抜くうちに変化していたもののようです。
過酷な環境で生き抜くことは、科学力の進化を進めますから、その中で怪獣ギラドラスというウルトニウムを体内に含んでもなんともない怪獣を生み出し、そして育て、自らの防御と共ギラドラスの皮膚も分厚いものとしていました。
きっと変身能力もあったとは思いますが、進んだ科学力も金属に頼ることとなり、地球外成分の金属は自らの身を守り、人に化け、或いは元の姿に戻る一つのパーツとしていましたね。

ギラドラスの育成に心血を注いでいたんでしょう。
それで精一杯となったことから、自らの攻撃能力を磨くことにはならなかったようです。
シャプレー星人





ウルトラ怪獣第23号:初代ウルトラマン~ザラブ星人5

ザラブ星人⑥
「凶悪宇宙人 ザラブ星人​」

狡猾な豪悪宇宙人でした。
宇宙のどこからかやってきて、人知れずどころか自分たちは地球人類より文明が進化しているとして、何処からか発生した放射鵜の霧の中を蠢く謎の宇宙人が、われらは兄弟だと言われてもうのみにすることはできなかったはずです。
自分たちより文明が進んでいるという言葉の前に目がくらんだ状態の科学者たちにとって、我々は兄弟という言葉は甘言です。
兄弟だけにブラザーならぬそれがザラブ星人であったことは、ザラブ星人の言葉はそのまま逆さまの気が込められていました。
さすがに地球外の言葉を地球人にわかるように話すことはできませんでしたけど、謎の翻訳機を使って意思疎通を図ろうとし、そこを使って地球人を騙しのリードを仕掛けようとしていましたね。

知力は高く身体能力が高かったのは、等身大から巨大化まで自在であり、放射能の霧を発生させそれを浴びてもなんともなく、その放射能の霧を晴らすことも自在であったところに現れていました。
まだ宇宙進出など夢のような時代に、そんな姿を見せられると進んだ文明に憧れるように信じてしまいそうになります。
土星に向かってしまったロケットを誘導してしまなど、地球人を信じ込ませようとした姿には焦りはなく、騙すことに欠けては天下一品だったような気がします。
このザラブ星人が登場した時分は、既に初代ウルトラマンは地球人にとって侵攻に対象に値する存在でもあり、地球人が対峙しようとしても叶わぬ怪獣を倒してくれる初代ウルトラマンは、正に光の国の使者であり、守り神のようになっていました。
その初代ウルトラマンに化けてしまうザラブ星人の騙しの巧妙さは、ザラブ星人登場の話の大きなポイントでしたね。
守護神を蔑むことで初代ウルトラマンへの信用を失わせ、ザラブ星人に目を集中させようとしたことはその狡猾さと侵略宇宙人ならではの高い身体能力にあふれていました。

バルタン星人は気が狂った一人の科学者のために故郷を失い漂浪していたという分りそうな背景がありましたが、ザラブ星人は諸に侵略行為に生きる極悪宇宙人でした。
身体能力に長けたバルタン星人、知略に優れたメフィラス星人、その間に位置していたのがザラブ星人だった、という具合にザラブ星人を理解していましたね。
ザラブ星人④
ザラブ星人③






ウルトラ怪獣第23号:ウルトラQ~巨人4

巨人①
「巨人」

怪獣に定義があるとすれば、巨大な獣、、、ですかね。
でも、等身大の怪獣と呼ばれるものの中に、ピグモンとかガメロン、ラゴンもいましたから、兄弟であることは怪獣の要件にはなりません。
それでも巨大であることにこだわってみたのが、ウルトラQに登場した巨人だったかもしれません。
モルフォ蝶の猛毒性の鱗粉を浴びて、異常なまでの渇きの状態になり水を飲んだことで巨大化してしまい、自分が人間であることなどどこかに行ってしまって野生化したのが、この巨人でしたね。
モルフォ蝶の猛毒性の鱗粉に毒性だけではないもっと別の要因となった成分があったかもしれません。
人間と言えど、太古の昔は自然界に怯えるだけの存在で、知性と言えるものは何もなかったところから始まったことを思うと、そういうことがどこかに残ったまま進化をしていたかもしれません。
モルフォ蝶の猛毒性の鱗粉は、そのわずかなものを呼びこしてしまったのかもしれません。
巨大であることの他に野生化して存在することが怪獣の要件ならば、人間も怪獣になり得るのかもしれませんが、巨大であることに違和感はあります。

ウルトラQ放映の頃は、TVという時代は目の前と言えど、まだ映画の時代でした。
今のようなミニシアターではなく、大劇場でのものでしたから、大きなスクリーンに見合った存在でなければならなかったかもしれません。
その映画の世界の要素をTVの世界に持ち込んでも怪獣ブームは去りませんでしたから怪獣を考案する者は気にしなくても巨大であることにこだわりがあったかもしれません。
思うに等身大の人間とこのウルトラQに登場した巨人は、人間という同じ範囲で考えてしまってはいけないのかもしれません。
人間以外のモチーフで怪獣を演出しても、モチーフと表された怪獣は区別して当然ですから、巨人としても同じでしょう。
人間には知性がありますが、知性を持った怪獣は当初から見受けられましたから、知性のあるなしも怪獣としての要件には当てはまらないかもしれません。
ただ、特撮という空想ものと現実の間に存在したものの中に、野性味だけの人間がいてもちっともおかしくはないようです。
巨人





ウルトラ怪獣第22号:ウルトラマン80~ギマイラ5

ギマイラ③
「吸血怪獣 ギマイラ」

吸血能力を持った怪獣は、吸血された者の思考の応力を止め思うが儘に操る能力があるものですが、ウルトラマン80に登場したギマイラという宇宙怪獣は長く伸ばした舌で人の生き血を吸ってエネルギーに変えるだけではなく、口から吐く白い霧はまるでガスのように吹きかけられる催眠ガスでした。
20年も前に宇宙から地球にやってきて、洞窟の中に隠れながらそうした能力で人を操り、吸血することでエネルギーを高めていたということは、20年もの長い時の中でも活動を十分にするエネルギーを蓄え切れていなかったことを思うと、エネルギーが活動差異化にいに必要十分な状態になったらどんな強力怪獣になっただろうと思います。
しかも、鼻先に生えていた一本角が見事で、ここからとんでもない破壊光線を発し、その一本角を前面に押し立てて突き刺そうとする戦い方は、自らの能力と特徴を十分に把握した知能あふれる戦いぶりでした。
エネルギー状態と比例するような怪獣としてのパワーは、他の怪獣を圧し、さらに怪獣化光線でそれを浴びた者を怪獣化し、二度と元に戻らせない特殊能力は精神的な面でも上手に回っていました。
こうした各能力はギマイラの知能の高さと合わせて強力さを引き出し、そこに獣ならではの狡猾さを生み出していましたから、余計に不気味さと相まって手のつけようのない強さを出していたと思います。
ギマイラ
怪獣化光線だけでも特殊中の特殊な能力であり、しかもこれを浴びてしまった者は死ぬまで元の姿に戻れないということは絶望の淵に追い込まれながら命を保つしかなく、ギマイラを倒そうが倒せまいが無関係であることの辛さと自らの身体が正気を残しながら怪獣そのものであったことに気づいたときの絶望感は推し量れないところがあります。
ギマイラが口から吐く霧は催眠ガスであると同時に毒性があり、しかもそれを使うギマイラの意思によって破壊能力まで持ってしまうとは、まるで宇宙からやってきてしまった悪魔のような怪獣でした。

時代が時代なら傑作怪獣になると思いますが、ウルトラマン80との戦いでも終始ウルトラマン80を追い込み、怪獣ラブラスの意に介さぬ反撃と犠牲がなければ確かに危なかったと思います。
思わぬ出来事の対応の遅れが、ウルトラマン80にとっては確かな間となったわけで、そこを使うことのできる能力がウルトラマン80にはあったということですね。
ただ、ギマイラの演出に物足りなさが残ったのも事実です。
怪奇性の演出と不気味さを追い求めるあまり、エネルギー不十分の状態で登場していたギマイラ。
最期はウルトラムーンサルトキックで倒されますが、この技で決めていく過程の戦いの流れにもう一つギマイラの怪獣としての演出がほしかったと思いますね。
ギマイラ⑥





ウルトラ怪獣第22号:ウルトラマンレオ~リットル3

リットル
「弟怪獣 リットル」

兄怪獣ガロンよりも、より好戦的な怪獣がリットルだったという設定でした。
確かに兄怪獣ガロン1体ならば、ウルトラマンレオはどうにかできたかもしれません。
一発で倒せるほどの怪獣ではないと思いましたが。
が、コンビネーションというのは恐ろしいです。
レッドギラス・ブラックギラスの兄弟怪獣もギラススピンというウルトラセブンですら手の付けられなかったコンビネーション技を持っていました。
ガロンとリットルは合体技はありませんでしたけど、リットルがより好戦的であったこともあって、ガロンとリットルの兄弟怪獣のコンビネーションは、ガロン・リットルの戦闘力を個のレベルよりも大幅に引き上げていました。
リットルの強力さが2体の怪獣の戦闘力を引き上げていたことの基本ですが、この2体の怪獣が強大だったことが大きいですね。
息の合い方が、従来の宇宙人とその配下の怪獣というコンビよりも大きかったということになるとも思いますね。
これがリットルが先に登場してウルトラマンレオをより苦戦させていたとしたら、ひょっとするとガロンの登場はなかったか、或いは大幅に遅れ、息の合ったコンビプレイは発揮できていなかったかもしれません。
ウルトラマンレオはガロン一体の相手としては互角以上だったと思いますが、それでもガロンは好戦的な巨大怪獣であり、戦うことで犠牲が出てしまい、そこにウルトラマンレオの目が行ってしまったことで、ガロンを倒し切れませんでした。
そこにリットルの登場でしたから、より苦戦してしまったというわけです。

ウルトラマンという正義の戦士は、より大きく、そして先を見据えた戦いをして勝たないと、招かざる犠牲を敷くことがあります。
ウルトラマンレオに絶対の決め技があればまた話は違ってきます。
それはウルトラセブンでいうところのアイ・スラッガーやワイドショットのような技です。
ガロンを取り逃がし、リットルが追って登場し、コンビネーションを見せたことでウルトラマンレオはさらに追い込まれたということですね。
予期しないアストラの登場は、ウルトラマンレオにとって切り札と同様の状態となりましたから、最終的にはガロンとリットル以上のコンビプレイを見せ、ウルトラダブルフラッシャーというコンビ光線技で倒しましたけど、ウルトラマンレオは戦士としてもっと非常にならなければならなかったという事だろうと思います。
リットル①





ウルトラ怪獣第22号:ウルトラマンA~キングカッパー3

キングカッパー
「河童超獣 キングカッパー」

リアルタイムでこの超獣を見た時、またとんでもない超獣を作り出したなあと思いましたね。
河童がモチーフみたいでしたけど、河童ってもっとシュールなイメージがありました。
キングカッパーの脳天はプールになっており、そこが河童の頭にあったとされる皿代わりだったのでしょうけど、キングカッパーはヤプールの作ったアンドロイドと結託して、このプールの中に子供たちを誘い込み、へそを奪った上にへそを奪ったことで思考能力を奪い、ヤプールの思うがままのいわゆる河童人間を作り出していました。
河童は皿に水をたたえると怪力を発揮したり、いわゆる超能力を発揮したりしたみたいですが、その動きは皿の水をこぼさないような動きが基本だったと思います。
キングカッパーも頭上の皿をプールにカムフラージュしてる間は、動きを止め、水がこぼれませんでしたけど、正体がばれてウルトラマンAとの戦いとなると、そうはいきませんでしたね。
口から煙幕を吐いたり、手からミサイルを発射したりと自分の得意の手法で多胎を進めてるうちはまだよかったけれど、それだけで倒せる相手でもありませんでしたから、ウルトラマンAと組み合い、肉弾戦ともなるとやっぱりプールのような皿からは水が多くこぼれていました。
しかし、キングカッパーにはこぼれてしまった水を更に戻してしまう吸引能力のようなものがありました。
そうであれば、最初から使っていればいいのに、、、と思いましたけど、じゃあ、さらに水があれば相当な能力があったかといえばそうでもなかったように思います。
皿の水が河童人間を作り出す要因であったことは確かですが、それだけで河童の王様のようなキングカッパーのようなネーミングはどうかとも思いましたね。

キングカッパーは頭の皿の下部は強弱のない太くて大きい木に精霊が宿ったような姿をし、その中にが顔面が埋め込まれ、エネルギー源があったと思われますが、それを利した能力は見受けられませんでしたね。
河童の超獣だけに水中戦になると格段に能力が飛躍するというこrともあってよかったとは思いますが、すべてが地上での戦いでした。
こぼしても水を吸引してしまう能力があるならば、水を蒸発させることが考えられ、ウルトラマンAは光の国の超人ですからそうした水を蒸発させる能力は有していて当然なことで、当然のようにその能力を使っていました。
水を奪われたキングカッパーは弱体化し、バーチカルギロチンで真っ二つにされましたけど、そこまで手法を駆使しせず、正面から勝負を決めようとしても十分だったと思いますね。
キングカッパー⑥





ウルトラ怪獣第22号:帰ってきたウルトラマン~ビーコン4

ビーコン②
「電波怪獣 ビーコン」

電離層に生息していた怪獣がビーコンでしたね。
電離層に生息していただけあって、背中に多数あった突起物で電波を吸収し、ビーコンが見た光景を電波で送るという電波の中継基地のようでありながら生物然としたところに怪奇性がありました。
当時でも多くの電波が飛び交い、今では電離層を地して宇宙衛星をまでも電波が多く飛び交うようになり、その電波は宇宙空間まで飛んで行ってるものですから、ビーコンは地球怪獣ではなく、宇宙怪獣といった方がいいでしょう。
空中を浮遊している状態は、地球上の引力や重力の影響を受けていないようなことからも宇宙怪獣のようです。
ビーコンの発する電波は、ビーコンが見た光景を映し出すもので、地上のTVなどはすべてその影響をもろに受けてしまっていたように、電波・音波を利用して映像を見、相手の位置を図る機器に大きな影響を及ぼしていましたね。

ビーコンは電波怪獣ということでしたけど、顔の正面はまるで信号機であり、無数に変えていた背中の突起物も大きな3本柱があって、外からの電波を受けて信号が点滅するような感じもしました。
眼はあくまでカメラのようでしたけど、その目からスペシウム光線を相殺してしまうほどの破壊光線が放たれていました。
多数の電波は、ビーコンの体内で電気エネルギーに転換され、浮遊するビーコンの身体の下部からは帰ってきたウルトラマンを気絶させてしまうほどの電気ショックを発していました。
非常にユニークかつ謎の多い怪獣であったことは、MATの戦いぶりと帰ってきたウルトラマンの対処の仕方にかなり戸惑うことが多かったことからも伺い知れます。

こういうビーコンのような怪獣を発案した方も、ビーコンをどうやって表現すればいいのか、帰ってきたウルトラマンにどう対処させたらよかったのか、はっきり見えていなかったのかもしれません。
まあ、帰ってきたウルトラマンは人間ドラマ性に重きを置いて展開し、そこが面白かったわけですが、こういう製作者すらよくわかっていないようなビーコンのような怪獣は、帰ってきたウルトラマンの特徴の一つだったのでしょうね。
ビーコン④
ビーコン⑥





プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ