HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和のウルトラ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第22号:ウルトラQ~ボスタング4

ボスタング
「宇宙エイ ボスタング」

ボスタングは、キール星人によって破壊活動のため送り込まれた怪獣でした。

ウルトラQでは超古代怪獣の路線や侵略者は宇宙人であり、宇宙人自身が乗り込んできたことでのアンバランスゾーンを演出しようとしていましたね。
ウルトラQの時代はまだ映画が主流であり、大怪獣ゴジラの影響が色濃く残っていた時代で、超古代という謎に包まれた時代の産物が何故か生き残っており、長い年月の間で身体が大きく変化していたり、人が不必要なエネルギーを開発して兵器としてしまったためにその悪影響を大きく受けて登場してみたりと地球上の何時の時代かに生息していた生物が怪獣として登場していました。
ここに古代という時代をベースに、深い想像力と様々な創意工夫で庵原ンランスゾーンに陥った地球上に怪獣を登場させていました。
時に出てくる宇宙人も、文明が進化していたんでしょうけど、どこかに古代感があって味わい深いものがありました。
地球という惑星には人類が栄え、文明が栄え始めたとは言え、謎が多く、それは地中であったり深海であったりと未知の分野にまで想像力を働かせてアンバランスゾーンを演出しようとしていましたね。
おまけにTV番組とは言え、まだ白黒番組の時代でしたから、より演出効果が上がっていました。
未知の分野とはいえ、地中も深海も同じ地球の環境だったということで想像の仕様もあったでしょうけど、こと宇宙に想いを馳せていたとはいえ、地球という惑星外のことでしたから、宇宙人を侵略者という枠において考えようにもなかなかうまくいかなかったのかもしれません。
だから名前だけの洋上であったり、肉体の衰えを隠せなかった者、地球人と同じ外見をしていた者が宇宙人として登場したりしていました。

ボスタング登場の話でもキール星人やルパーツ星人という名は出てきますけど、名前だけでした。
ただ、宇宙人が怪獣を操るという縮図はこの時が初めてだったのかもしれません。
セミ人間が操ったガラモンは、見かけは怪獣でしたけどロボットでしたしね。
後の初代ウルトラマンやウルトラセブンは、この時の影響を大きく受けていましたから、大きな縮図だったでしょう。
宇宙人対宇宙人、宇宙人の配下に怪獣がいたりしても、地球人の敵となった相手はまだ地球人の手で何とか解決できる時代でもありました。
ボスタングは、最後にミサイル1発で倒されましたしね。
でも、ここらが限界のような感じもありました。
宇宙にもエイがいるのかという疑問も宇宙エイと設定させ、海中生物であったエイも水辺を大きくジャンプしたり飛翔してみたりとありましたが、その設定で何故か納得させられましたね。






ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人2

シャマー星人
「シャマー星人」

兄弟宇宙人の姿も人間大の姿も、巧妙な幻影でした。
わずか1㎝の身の丈しかなかったシャマー星人 が、身の丈に見合った脳には似合わないほどの知力で地球侵攻を企てていましたね。
シャマー星人自身が開発した超巨大反射板を利用して太陽の光を反射させることで第二の太陽を作り上げ、永遠に終わらない昼を生み出して市井の人々の生活サイクルを乱し、さらに猛暑によって苦しめていたところなどは、実はとんでもなく高い科学力を保持して侵攻してきたといった感がありましたけど、身長僅か1㎝ほどの小人みたいな宇宙人が、ここまでできるのかという感嘆するような感想を持ちました。
知性・知略は身体の大きさに比例しないことは当然のことですけど、人は見かけによらないというのは宇宙人芋当てはまるようです。

ただ、おしゃまな性格が言動に出てしまいすぎて、おしゃまだからシャマー星人というネーミングだったのかもしれませんが、度が過ぎてたと思います。

ウルトラHERO番組は、どこかユニークさが入り混じることもあり、シリアスにSFの世界全開の方が好みではあるのですが、それもユニークさの入れ方次第で変わってきます。
シャマー星人の場合は、それとは違ういわゆる笑いを入れすぎ、相手をバカにしまくる、気を逆なでする場面が顕著だったと思いますね。
こういうユニークさを取り違えたようなやり方は、まったく好みじゃありませんでした。
しかも、シャマー星人の着ぐるみは、着ぐるみ然としてあるべきリアリティが全くありませんでしたしね。
シャマー星人②





ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンダイナ~ネオザルス3

ネオザルス⑤
「ハイパークローン怪獣 ネオザルス」

遺伝子操作は生命に対する冒瀆かもしれません。
命の芽生えはそもそも人の知恵や力がおよばないところから始まっています。
人は信心深い者が多いですけど、それが神を信じすぎる事が深ければ深いほど、命は神がもたらした領域から生み出されたものとすれば、神への冒瀆になるかもしれません。
しかし、人類の数、いわゆる人口の爆発は人類が招いたことであり、人類が自らの手で解決していかなければならないことだろうと思います。
人類が自らの手で解決しなければいけないことは多岐に渡りますね。
ウィルスの解明と分析による防御、そして抗体発見による滅失、傷害発生の解明と矯正、難病の克服等々人間の身体の中と環境には謎が多く、予知も不可能です。
階段を一段ずつ上がるように医療技術と設備の向上、そしてあらゆる方向への探求心は生命の維持と向上に向けられるべきで、人間が招いた文明の繁栄の裏側で背負うものは人知で乗り切らなければなりません。
人口爆発の裏側では人が簡単に死に過ぎることもありますが、生きている人間をどう生かすのかという問題は、食料の確保に目が向けられます。
その食糧確保のために遺伝子が研究され、現実の世界でもその遺伝子が操作され、クローン技術が使えるようになってきています。

遺伝子操作によるクローン技術の発達は食糧確保の段階でも、命への冒瀆になるかもしれませんが、そうでもしないと人類を生きさせていくことにはつながらないような気がします。
これはいわゆるギリギリのラインの遺伝子操作ですね。
危険な環境での作業、侵略者の撃退は人類が宇宙進出を図ろうとするうえで避けられないことですけど、これを地中で眠る怪獣の遺伝子操作で為すことに関しては、人類にとって操作できればいいのですが、その怪獣自体が人にとっては謎の存在ですから、人の指示通りに行動するよう怪獣の遺伝子操作をすることは「ほとんど不可能です。
ウルトラマンダイナに登場したネオザルスは、新たな怪獣という単純なネーミングでしたけど、やはり怪獣という分野も人にとっては未知の領域であり、そこに遺伝子操作を持ち込むことには人類の科学力はまだまだ追いついていなかったということです。

怪力で知られたクローンシルバゴンやウルトラマンダイナ。ストロングタイプを打ち負かしてしまうほどの怪力を誇ったネオザルスは、そもそもの冬眠状態であった怪獣の蘇生を知らな過ぎて、想定外の存在になってしまったということでしょう。
ネオザルス②





ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマン80~ダロン4

ダロン②
「タコ怪獣 ダロン」

ギマイラの怪獣化光線の影響を受けてタコが怪獣化してしまったのがダロンですが、怪獣化する過程で他故伊賀の要素も取り込んでしまった館がありました。
元々の大きさが異様に巨大化する変異過程では、その身体の生命エネルギーが電化することがあります。
それがダロンにとっては大きくなったのでしょう。
8本もの大きく長い脚で絡め取られたようなウルトラマン80が、ダロンの感電攻撃にあっていたのは印象的でした。

タコは球体のような感じでそこにグニャグニャした足が8本ある生き物ですが、知能はほとんどありません。
そのタコが怪獣化してしまうと本能だけで暴れると思いますが、ウルトラマン80への感電攻撃はダロンの意思がなく、いわば本能といっても自分が怪獣化したことの自覚なんてなかったでしょうね。
足以外の身体の部分が球体ではなく、丸太のようであったのはダロンの元がタコだけではなかったことの表れかもしれません。
怪獣という巨体を支えるためのものだったかもしれませんが、厄介だったの身体の巻き付くような8本の足だったのでしょうね。
ダロンの目には意思力が感じられません。
これはギマイラの意思で気が付くことなくタコが怪獣化させられた証拠でしょう。
自分の意思なく、暴れる怪獣で厄介な8本もの足があったことで、ウルトラマン80が苦戦したのも当然だったかもしれません。
ラブラスが自意識を取り戻さなかったら、もっと危なかったかもしれませんね。
こういう怪獣には切断攻撃が役に立つものですが、ピンポイントで一撃するのも時間を要せず倒せるものですが、それには敵の虚を突く必要がありました。
まさしく、ラヴラスの自意識の取戻しはそれを引き出し、ウルトラレイランスで葬ったのは至極効果的な仕留め方でした。
ダロン④



大怪獣シリーズ ウルトラマン80 激闘カラーVer. 限定商品

新品価格
¥21,977から
(2020/3/1 18:53時点)





ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンレオ~ガロン4

ガロン
「兄怪獣 ガロン」

ウルトラマンレオには、双子の二大怪獣が2度現れました。
いうまでもなく、最初の二子怪獣はレッドギラス・ブラックギラスの2大怪獣で極悪マグマ星人に操られ、ウルトラセブンが食い止めようとしていました。
2度目はガロンとリットルという石油の量のようなネーミングの怪獣でした。
レッドギラスとブラックギラスは最初から2匹共同で登場していましたが、ガロンとリットルの場合、荒鶴宇宙人もおらず、まずは兄とされたガロンが登場していました。
東京にいきなり登場していましたけど、口から火炎を吐く以外にもロケット弾を発射し、何故か以上の興奮して暴れまわろうとしていたところを見ると、宇宙怪獣であり、実は何者かの意思が働いていたようにも見えます。
ウルトラセブンがその名を知っていたことからも、宇宙の至るところで暴れん坊ぶりを発揮していた宇宙怪獣だったと思われますね。

ウルトラセブンの言う「レオの力なら一発で倒せる」怪獣というのは、ウルトラマンレオが書く当選に持ち込めばということでしょうけど、何者かの意思が働いていたとしたら、そのウルトラセブンの言葉も的を得ていなかったかもしれません。
暴れぶりが異常でしたけど、暴れぶりの度が過ぎていればウルトラマンレオが格闘技を駆使してもガロンを駆逐するのも難しかったかもしれません。
こういう怪獣を相手にするときに効果が出るのは光線技という事になりますが、ウルトラマンレオはその光線技が得意ではなかったところに倒し切れない要因があったと思います。
そしてガロンだけの時にはわかりませんでしたが、ガロンはリットルという弟怪獣がいる双子怪獣であり、リットルが途中参戦してきたのは登場するポイントを図っていた感じがありました。
双子怪獣は2匹そろって初めて能力が発揮されるものと思いますが、レッドギラス・ブラックギラスのようにしっかり操られていたわけでもなさそうでしたので、付け入る隙は大きかったと思いますね。

あの暴れぶりと特殊能力を思うと、ガロンのエネルギー源は化石燃料にあったのかもしれません。
ガロンの名が名だけにそう思ってしまいますが、何者かの意思が働いていたとしても化石燃料を動力源とする怪獣は意外と強力なものです。
事の真相は明らかにはされませんでしたけど、ガロンの成り立ちが知りたい気になりましたね。
ガロン1



CCP 1/6特撮シリーズ ウルトラマンレオ アドベント Ver. 約300mm PVC製 彩色済み完成品フィギュア

新品価格
¥10,692から
(2020/2/23 22:53時点)





ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンタロウ~キングゼミラ3

キングゼミラ②
「蝉怪獣 キングゼミラ」

キングゼミラは幼虫状態の時から巨大だったみたいですね。
巨大だから幼虫から孵化する時、地震みたいなことが起こっても不思議じゃありません。
キングゼミラに悪意がないとは言っても、怪獣と呼ばれるく位に巨大だと、孵化するにも人の世界に自然界に影響が出てしまいます。
セミは鳴くというよりは羽根をこすり合わせて音を発し、それが鳴いてるように聞こえますが、それでも怪獣のように巨大になってしまうと、その音すら迷惑なことになります。
一種の大きな騒音公害になりますね。

キングゼミラはセミの怪獣で、自然界にいるはずのセミがなぜ怪獣のように巨大になってしまったのか、巨大になってしまうことで何故火を噴くなど特殊能力をみにつけてしまったのか、そこに面白みを植え付けてほしかったですね。
ウルトラマンタロウの頃になると、寓話的童話的要素が出てきてキングゼミラも後にウルトラマンタロウに宇宙に運ばれ宇宙ゼミになったという寓話が出てきますが、大気のない宇宙にゼミが生を謳歌する夏という季節も何もありませんから、宇宙に運ばれるというより大気にある惑星まで運ばれたという方がよかったと思いますね。

特撮怪獣ものに寓話童話はいりません。
ウルトラシリーズが始まったときに設定されたアンバランスゾーンの設定を、十分に盛り込んで展開してほしかったですね。
キングゼミラ④



CCP 1/6特撮シリーズ ウルトラマンタロウ アドベント Ver. 約300mm PVC製 彩色済み完成品フィギュア

新品価格
¥10,692から
(2020/2/18 21:37時点)





ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンA~ブラックビジョン4

ブラックピジョン③
「大鳩超獣 ブラックピジョン」

以前は、通信手段として鳩が使われていた時代がありました。
伝書鳩というものですが、いつの世もあった戦乱の時代には伝書鳩は重要な役目を果たしたものです。
そして伝書鳩が身近に降りてきて、街の中でも鳩を駆って通信手段とすることも見られるようになり、その頃ウルトラマンAが登場したわけです。
特に懐きがいいわけではないと思いますが、鳩は人間の傍にいて重要な動物だと思います。
今ではネットが発達したため、鳩が通信手段として使われることも少なくなりましたが、それでも人の身近にいることが多いのは変わりがないようです。
その鳩は帰巣本能に勝れていることから通信手段に使われたわけですけど、この鳩を怪獣として利用することは滅多にありませんでしたね。
鳩の表情は本能丸出しで、鳩の特性を怪獣として利用するのは難しく、鳥を使って怪獣を作るのなら何でもいいわけでそこに鳩でなければならない理由はありませんでした。
ただ、鳩は人に近い存在の鳥でもありましたので、人が愛情を注ぐ鳥の象徴のようなものです。
古くはウルトラQ でラルゲユウスのように鳥が怪鳥という解呪が出てましたけど、鳥が怪獣であるのは始祖鳥のような太古の鳥類が多いようです。
ですからウルトラマンAでブラックピジョンが出てきた時は、結構驚きでした。
見るからに鳩のような表情でしたけど、うつろな目は本能丸出しで知能はほとんどなかったんでしょうね。
ただ、鳩だったのはその頭部だけで、胴体はまるで帰ってきたウルトラマンに登場した宇宙怪獣ベムスターのようでした。
ヤプールが超獣製造機で宇宙怪獣と鳩を合成させた超獣がブラックピジョンであったことのうち、宇宙怪獣であった部分が胴体であったようでもありました。
頭部が鳩のようでしたけど、鳩の本能である強い帰巣本能を甘い考慮しないで超獣化してしまったために、製造主であるヤプールの命にも従わないところも見受けられました。

鳥型の怪獣には強力さを感じず、大きな翼で他を寄せ付けない突風を巻き起こすことは見られたとしても全体としてどうなのかと思ったところに基本は鳩でしたから、余計にそう思ってしまいました。
でも以外にもこのブラックピジョンは強烈で、ウルトラマンAのメタリウム光線すら受け付けず、激しい格闘を有いに進め、ウルトラマンAを気絶させるほどでした。
何故か火を吐き、猛毒液を使うのは超獣ならではでしたけど、鋭い嘴はブラックピジョンが攻撃的になったときは始末に負えない攻撃の大きな武器と化していましたね。
強烈な鳥獣は、ひょっとしてウルトラ戦士でも手に負えない存在だった顔しれません。
ラルゲユウスもヒドラもどこかへ飛び去り、テロチルスも倒された感がありませんでした。
ブラックピジョンも最後は伝書鳩の姿に戻っていましたが、そういう結末だったせいか、鳥型怪獣には強力さが感じられなかったのかもしれません。
ブラックピジョン
ブラックピジョン⑤



ギガンティックシリーズ ウルトラマンエース 一般流通版 完成品フィギュア

新品価格
¥28,900から
(2020/2/15 22:05時点)





ウルトラ怪獣第21号:帰ってきたウルトラマン~マグネドン4

マグネドン④
「磁力怪獣マグネドン」

惑星には磁極があって、その磁極が引き合うことで引力や重力が発生します。
惑星同士も引き合うのは、お互いに磁極があって引き合うためかもしれません。
潮の満ち引きがあるのも、月との関係にあるように。
だから地球も同様で、地球上に生きる者はすべてその磁力に影響されます。
北極と南極。
そのうち、大陸という大地があるのは南極だけです。
大地のあるなしで磁力の影響が変わることはありませんが、帰ってきたウルトラマンに登場した磁力怪獣マグネドンは大地ではなく、北極の海の底のマグマが固まって命を宿した怪獣です。
いわゆるマグマ溜りに何らかの力が働き、命が宿った者と思われますが、北極の海の底のマグマ溜りだと大きく磁力が働くというよりは、磁力そのものだったかもしれません。
磁力がマグマを引き寄せ、いわば生きる岩石の塊となったような獣がマグネドンというわけです。
マグネドンの身体の生えていた10本位の赤い角は、磁力を外向けに発し引き付ける能力とマグネドンの身体を構成する大きなカギとなっていたわけで、だから爆破されてもその磁力で再生し続けてしまうように思います。

磁力は人体に影響を与えますが、微量であれば気になるどころかの磁力がなければ人は生きられません。
けど、マグネドンのような巨体となって獣という怪獣であれば大いに有害なわけです。
大き過ぎる磁力は、通常の人にとっては引力や重力が大きく負担となって身体の組織も圧っされてしまい、その場にとどまることすら難しくなってしまいます。

ウルトラブレスレットというスーパー兵器を得た帰ってきたウルトラマンが超人であるからこそ、通常の人以上に負荷がかかるはずで、全うに戦えなかったはずですね。
帰ってきたウルトラマンにも磁力を反転させる超能力はあったのでしょうけど、マグネドンの持っていた磁力は惑星そのものと言っていいはずですから、その帰ってきたウルトラマンの超能力も効き目は薄かったかもしれません。

マグネドンを最終的に倒すには、磁力が働かないところで、、、ということで宇宙となったのでしょうけど、これだけ磁力が強いとなると、マグネドンにはうっかり近づくことも出来なかった中で、遠い宇宙にまで運ぶこと自体が奇跡だったはずです。
しかも、磁力が働かない宇宙区空間などあるはずもなく、そうであれば宇宙の果てまで行かないといけなかったかもしれませんね。
マグネドン①
マグネドン



大怪獣シリーズ 帰ってきたウルトラマン スタンディングポーズ (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥48,800から
(2020/2/11 22:07時点)





ウルトラ怪獣第21号:ウルトラセブン~ベル星人4

ベル星人③
ベル星人④
「ベル星人」

ベル星人の怪異音は、感覚が鋭いウルトラセブンには意外と効果的だったと思いますね。
まるで鈴の音色のようなこの怪異音は、特に脳に大きな違和感を与えるものでしたけど、人間レベルでもうっかり出てしまった異音に違和感を感じることがありますね。
チョークで黒板に書くときに、うっかりチョークで掻き立ててしまう音や釘等でガラスをこすってしまう音など、違和感で脳に響くような音は偶然に出てしまうものです。
ベル星人の場合は、その異音をコントロール出来、しかもより大きな異音に変えてしまったう上でのコントロールだったため、聴覚等人間以上の感覚を持ったウルトラセブンには効果が出たと言いうところでしょう。
この違和感だけは対抗できるものではなく、その怪異音を発生させる元を消し去るしか方法がないため、ウルトラセブンはベル星人が作り出し、存在してた疑似空間で戦うこと尾になったわけです。
ただ、感覚の世界で能力を発揮する者は、怪異音を作り出すだけではなく、その異音で治部煮外の配下を置くことも出来、しかもその超感覚は自分の分身能力まで引き出すことになったみたいですね。
この分身能力は、怪異音によって脳にしびれが出ていたため、ベル星人を見た者にはベル星人がダブって見えていたと言うことかもしれませんが、ただ感覚を鈍らせる疑似空間でベル星人が発揮した立派な超能力だったと思いますね。

見た目、目が大きく昆虫のような胴体をしていたベル星人は、こうした疑似空間でしか生息できなかったかもしれません。
背中に甲羅のようなものまでありましたが、疑似空間で超感覚の世界でしか存在できないベル星人と昆虫の感覚には通じるところがあったかもしれません。
感覚の世界でないこの世においてウルトラセブンがその超能力を発揮し、身体能力を取り戻せばベル星人はウルトラセブンの敵ではなかったのですから、ベル星人も疑似空間で如何にウルトラセブンの感覚を狂わせられるかが問題だったのですが、格闘能力に優れていないことをカバーしようとしたのか飛行戦に打って出て、ウルトラスパイラルビームで撃ち落とされたところで勝負はありました。
ベル星人⑤
疑似空間は荒廃したベル星から移住しようとしてベル星人が作り出した空間であり、それは疑似という空想の世界でなく結構リアルであったのは、ベル星人が目指した移住先がそこであったためです。
違和感と怪奇漫才のこの空間は、ベル星人が存在できる最適の空間だったのでしょうね。
ベル星人①



大怪獣シリーズ(R) ウルトラセブン編 「音波怪人ベル星人」

新品価格
¥49,800から
(2020/2/8 23:09時点)





ウルトラ怪獣第21号:初代ウルトラマン~バルタン星人2代目5

バルタン星人(2代目)④
「バルタン星人2代目」

バルタン星人は、初代ウルトラマンの時だけで3体出てきます。
まあ、3代目はフォログラフでしたけどね。
世間的なイメージは2代目の方が強いでしょう。
初代バルタン星人は、ウルトラQの時に登場したセミ人間に忠実に本格的に侵略者に仕立て上げた感じが強くありました。
しかし、初代ウルトラマンの時の撮影は過酷を極め、徐々に撮影が放映に追いつかない事態が忍び寄ってきました。
バルタン星人も初代から2代目に至るまでそんなに時が経っていたとは思えないのに、初代バルタン星人の着ぐるみは修復できないほどの劣化を招いていたことは、着ぐるみの保存まで手が回っていなかった撮影の困難さが招いていたことだったかもしれません。
初代に比べ、顔の部分を始めとした全身がシャープになった2代目は、顔の凹凸があった初代バルタン星人の着ぐるみを再利用したものではなく、改めて用意されたものだそうです。
イメージは当然のように初代を引きずっていましたから、リアルで見ている頃はその違和感には気づきませんでしたが、今になって見返してみるとその違和感は相当なものですね。
バルタン星人は別称・宇宙忍者でしたから、その能力や背景には様々なものがあり、隠された能力がありそうなものが感じられました。
バルタン星人はしかも執念深く、同胞が初代ウルトラマンによって葬られたことで再挑戦を仕掛け、自らの弱点であった成分を多く含む必殺スペシウム光線を防ぐためのスペルゲン反射光を備えていたことと、八つ裂光輪をはねつけてしまう光波バリアーを展開していました。
それと同時に分身能力を使って、初代ウルトラマンをR惑星に連れ出すという周到ぶりでした。
初代に比べ、さらに未知の能力を展開し自らの弱点を補うのと同時にその狡猾さは、予想もしない展開を招いていたことに、ウルトラマンに登場した最高の傑作宇宙人であった要素が凝縮されていたように思いますね。
今でこそ、特撮番組としてのウルトラマンは子供番組なって必要以上に低年齢層が見る番組となっていますが、初代ウルトラマンの頃は子供も大人も入り混じってみていた番組であったことは、こうした隠れていそうな多くの魅力があったからこそでした。
バルタン星人(2代目)③
バルタン星人2代目のこうした狡猾さと多種の渡る能力による展開は怪奇性と相まって、どうなるんだろうというワクワクした展開になっていましたが、それに対峙しようとした初代ウルトラマンも謎の多い超人・超能力者でした。
スペシウム光線が必殺技であるというイメージの定着は、スペシウム光線を放つシーンを多くしなければいけないことと、そのエネルギーを使っての八つ裂き光輪という切断技を効果的に出すことで測られなければいけなかったわけですが、それが防がれても更にテレポーテーション能力を出していたことは新たな引出しを出してみる者を引き付けていたことに他なりません。

スペルゲン反射光も光波バリアーも、バルタン星人は常に使って展開していたわけではなく、スペシウム光線や八つ裂き光輪をはねつけた後、バルタン星人2代目が攻撃に打って出ようとしたときには展開しておらず、まさしくその隙を突いたような八つ裂き光輪によるバルタン星人2代目の真っ二つという切断と、スぺシム光線による念の入った留めの入れ方は、超能力合戦の展開の果てに行きづいたスカッとした爽快感みたいなものがりました。
バルタン星人(2代目)



ULTRA-ACT バルタン星人 (2代目)

新品価格
¥15,974から
(2020/2/2 22:10時点)





プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ウルトラ怪獣第22号:ウルトラQ~ボスタング
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンメビウス~クロノーム
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンメビウス~クロノーム
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人
  • ダークザギ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ