HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

平成のウルトラ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥5

姑獲鳥(こかくちょう)①
「凶獣 姑獲鳥」

中国古来の伝説は、不気味なものが多いです。
蹂躙と幾多の人を殺めている国の奥底は本当に不気味で、人そうした屍の上に成り立ってるような国ですから人の死や国家の滅亡を予見させるような現象は、そこかしことみられるようです。
しかも、中国のある地域はフィリピン海プレートとユーラシアプレートがぶつかり合うようなところですから、大陸の割には地震が多く、しかも巨大地震です。
地震の予兆は、人の死や国家の滅亡を予見させるような現象と重なり、そこに発するエネルギー現象は謎の現象となって現れます。
ウルトラマンダイナに登場した 姑獲鳥は、そうした謎の現象のエネルギー体でありその体質がプラズマエネルギーを呼び込む妖怪としての存在でした。
人の不幸を予兆させる気味悪さは、 姑獲鳥の嘴のなかに瞳のない女の顔が見て取れ、妖怪でありながら人の言葉をも話してしまうところに比喩的に現れ、しかも鳥型の怪獣であったのは、不幸を運んでくるような印象の怪獣でした。
正に中国を現すような怪獣であったのは、当時も今も同じことです。
プラズマは電離層に多く存在してることから、鳥型の怪獣となったのでしょうけど、そもそもプラズマエネルギーは生物の幽体を構成するエネルギーであり、死という現象が多ければそれだけプラズマエネルギーが多く発生するということで、姑獲鳥が中国上空から飛来していたのは、現実世界とリンクしています。
プラズマエネルギーを身体の構成エネルギーとした妖怪ですから、ある種、特殊現象のような怪獣でしたが、立派な妖怪でしたから、ウルトラマンダイナとしても正攻法で攻め込むことの難しさを感じつつ立ち向かっていたように見えました。
ウルトラマンティガの時のガゾートのようでもありますが、ガゾートはプラズマエネルギーの怪獣であったのに対し、姑獲鳥は妖怪そのものでした。
しかも人語を話す位人用の知能もあったみたいですから、返って死とか破滅を予見させるような匹皆存在そのものでした。

不幸の象徴、それが姑獲鳥であり、正攻法の戦い方が通用しなければ、ウルトラマンダイナとしてもミラクルタイプで対処したのは当然でしたね。
姑獲鳥(こかくちょう)
姑獲鳥(こかくちょう)③





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンメビウス~ドラゴリー3

ドラゴリー(メビウス)
「蛾超獣 ドラゴリー(ウルトラマンメビウス)」

ウルトラマンA の時の登場した超獣ドラゴリーは、超獣と怪獣、そして宇宙人が同時に登場し、それは妖星ゴランが地球へ衝突するかもしれないことと相まって、とっても見応えがあった話であり、ドラゴリーはとりわけ異常なまでの怪力と存在感があた超獣だったと記憶しています。
ウルトラマンマックスもそうですが、ウルトラマンメビウスの時も往年の名作怪獣を登場させるというコンセプトがあり、ウルトラマンメビウスの時は特に帰ってきたウルトラマン以降の怪獣が、ある程度設定を変えながら出てきていました。
ドラゴリーの場合は、妖星ゴランを破壊する大型ミサイル破壊の命をそのままに、倒されてたはずのドラゴリーが、またもやヤプールの怨念によって復活されていましたね。
超獣はいわばヤプールによって作られた怪獣でしたから、知能の程度は低く、過去に命じられていた任務を消し去ることが出来なかったのかもしれません。
しかし、それでもドラゴリーとくれば、宇宙怪獣と蛾の合成超獣でその姿自体が蛾を極端かつ大胆にイメージし、大きな脚部を土台とした団扇のような手に象徴された腕力を伴う怪力がありましたから、超獣・怪獣・宇宙人の同時登場だけでも苦戦を強いられていたウルトラマンAが、その怪力と切羽詰まった状況の中で一度はエネルギー切れをおこして仮死状態になってしまった印象的な超獣でした。
イメージが強いものです。
ドラゴリーはヤプールの配下にあった超獣で、いわばヤプールの意思一つで復活させられるとは言え、やはり再登場のドラゴリーには、以前のイメージを覆すほどの工夫と創意が足りなかったと言わざるを得ません。

ミサイルにこだわっていたのもいいのですが、これほどの怪力と存在感が強い超獣でしたから、ウルトラマンメビウスの時の登場のさせ方に創意工夫がもっと設定面と物語面で凝らされていてほしかったと思いますね。
ドラゴリー(メビウス)②





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンマックス~クラウドス4

クラウドス④
「亜空間怪獣 クラウドス​」

初代ウルトラマンの時に登場したスカイドンがモチーフだったクラウドス。
スカイドンの時もその体重に大慌てだったのは科学特捜隊だけではなく、初代ウルトラマンもその体重の前にはどうすることも出来ず、エネルギー切れを起こして一旦退場せざるを得ない状況となりました。
何故か宇宙からやってきてしまったスカイドンを退治、或いは宇宙に追いやるために科学特捜隊はあーでもないこーでもないという作戦を考案し、実行してみては失敗に終わる模様は、ウルトラHERO ものを扱う番組ならではの面白みでした。
クラウドスに関しても同じようなことが言えると思います。
太陽黒点が活発化した影響で発生した太陽風のプラズマと電離層のプラズマの相互作用で開いたプラズマトンネルの中で眠りについていたクラウドスは、眠るという意識のない状態ではほとんど質量がなく、宙にフワフワ浮いている状態ですけど、意識を自覚するにつれて質量を伴ってくるという点は、特撮怪獣への考え方が時代に比例して進化したところでしょう。
クラウドスの眠りを妨げるものをあらゆる作戦を駆使して排除し、そのままプラズママトンネルへ追いやろうとし、外見上クラウドスの耳と思われた器官は、実はクラウドスの鼻だったというのは、ウルトラマンマックスという平成ウルトラマンならではのユニークさでした。

クラウドスは、ウルトラマンマックスのマクシウムカノンで足止めされた隙を突かれ、ギガレーザーで放った雷を浴びて体内の亜空間プラズマと雷のプラズマで相互反応が起こった事でプラズマトンネルが開き、それと同時に浮かび上がって亜空間というかプラズマトンネルの中へと戻されたことで決着がつきますが、残念ながら科学特捜隊の作戦により飛び上がったところに、初代ウルトラマンの頭突きを喰らわせられて倒されてしまったスカイドンよりは、夢があった解決法ではなかったかと思います。
スカイドンもクラウドスも倒すべき怪獣ではないことは、いずれもおとなしい怪獣で好戦的ではなく、そのままにしておけば異常に身体が重いだけの怪獣であったことに現れています。
クラウドスが出てきて目を覚ましてしまったことでの解決策は、ウルトラマンマックスとDASHの共同作戦にあったことは非常に有効でタイミングの良さが目立ったものでしたけど、重すぎたクラウドスもスカイドンと同様、重すぎたことが怪獣公害であったことは言うまでもありませんでしたね。
クラウドス②





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンコスモス~カオスパラスタン4

カオスパラスタン②
カオスパラスタン⑦
「カオスパラスタン」

カオスパラスタンは、元々はパラスタンという遊星ジュランの守護神にカオスヘッダーが取り付いていた怪獣でしたね。
カオスヘッダーがパラスタンに取り付いたのは、遊星ジュランの起動を変えて地球に衝突させようとしたカオスヘッダーの狙いがあったからですが、守護神であったパラスタンは守護神と崇められたということだけで外からの攻撃には耐久性がなかったような存在だったかもしれません。
カオスヘッダーは、有形個体ならば何でも憑依し、意のままに行動していたみたいですから、パラスタンも防日キレなかったというところかもしれません。
パラスタンからカオスパラスタンに、そしてカオスパラスタンからカオスヘッダーだけがカオスパラスタン型に実体化したカオスパラスタンSへと変わっていきますが、元々は遊星ジュランの守護神という神のような存在だけあってカオスヘッダーはパラスタンの持っていた力にこだわっていたのかもしれません。
遊星と言えば古くはウルトラQで遊星からやってきたとされたバルタン星人の原型セミ人間、初代ウルトラマンでは遊星からやってきたとされるザラブ星人、ウルトラセブンでは幻の作品となったスペル星人がやってきたとされる物語は「遊星から愛をこめて、、」、そしてウルトラマンAでは遊星ゴランの話もあり、ウルトラマン80でも遊星を扱った話がありました。
昭和の時代のウルトラ番組ではよく遊星を扱ったものがありましたけど、平成以降では見当たりませんね。
ウルトラマンコスモスはウルトラ番組35周年を記念して造られた番組だったので、遊星を扱った話をここで持ち込んだのかもしれません。
そして遊星を地球にぶつけようとしたことで人類の消滅を狙ったのは、ウルトラマンA の時の遊星ゴランと同じような扱いで、ゴランの場合はそれを利用しようとしたのはヤプールであり、ウルトラマンコスモスでは意図的にそうしようとしたのがカオスヘッダーという現次元では捕えようのない生命体であったことに共通点がったように思います。
遊星自体は隕石のようで惑星規模の大きさを持つところに想像できそうもない要素があって、今ではあまり話題にもなりませんが、広大な宇宙空間の中では軌道が理解しきれないものとして存在するものかもしれず、でもそこには生命が存在するとは考えられません。
だから特撮で扱われたのでしょうね。
パラスタン
守護神だけにカオスヘッダーがこだわった能力がパラスタンにあって、それは外的なことだけでは分からないものだったのでしょうけど、守護神が邪な心の持ち主に乗っ取られて怪獣化してしまうと、隠された能力の一部とは言え、ウルトラマンですら大苦戦してしまうものなのでしょう。
カオスパラスタンは、意味不明なものの部分が大きいとは言え、ウルトラマンコスモスの中では見栄えのする怪獣だったと思います。
けど、元は悪意のない守護神だけあってカオスパラスタンからカオスヘッダーを取り除いてみると母性を感じる守護神であり、最後はカオスパラスタンSを倒していたこと自体は流れとして納得できるものでした。
カオスパラスタンS





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンガイア~超空間波動怪獣 サイコメザードII​3

サイコメザードII​①
「超空間波動怪獣 サイコメザードII​」

人の精神世界なんて、外的な影響と内的な要因と思い込み、そして本人が知らぬところでの潜在的な要素の混在だから、これが具現化してしまったら人間なんてあっという間に滅亡してしまうかもしれません。
メザードから始まった幻覚怪獣は、サイコメザードIIまで続き、この後クインメザードまで続きますけど、​根源的破滅招来体による最終の狙いはそうした人間の精神世界を現実化して、人類を大混乱に陥れ破滅させることにあったのでしょう。
胸のシナプスを刺激して幻覚を見せる幻覚誘発粒子を放出することによって人間を操ることができるという前提だったみたいですけど、人の心に幻影を見せることでの混乱を招くことが狙いであり、いわばサイコメザードII​自体が精神生命体であり、人の心のように傍にいいながら理解しがたい存在のようでもありました。
幻影を見せつけて貶める能力は、そうした精神エネルギー作用は電気エネルギーを生むので、それで外的な姿を見せていたと思いますが、本来は人が目にすることはできなかった存在なんでしょう。

人の心は本来脆いものです。
幻影を見せつけるとはいえ、幻影が覚めないと気が狂いますが、この幻影もひょんなことで覚めてしまうこともありますから脆い要素があるのでしょうね。
いわば精神生命体であり精神エネルギーに食いつく存在がサイコメザードII​でしたから、ウルトラマンガイアも戦いにくい、或いは戦いずらかったでしょう。
幻影を見せつけられている人間が、見せられているものが幻影だと気づかなければいけませんでしたから。
サイコメザードII​





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンダイナ~ビシュメル3

ビシュメル
「大魔獣 ビシュメル」

確かに幼心の捻くれが、好奇心で招いてしまったいわば異次元の出来事を招いてしまう儀式は、その昔現実の世界でも似たようなことがありました。
自分が幼い頃、流行ったその行為は「コックリさん」と呼ばれ、内がきっかけで流行ったのかは思えていませんが、興味本位で結構な人がやっていたことを思い出します。
ウルトラマンダイナに登場した大魔獣 ビシュメル登場の物語は、この「コックリさん」を思い出させるものでしたけど、ウルトラマンダイナの物語では、この行為を「シジルさん」と呼び、それは異次元の生命体を呼び出す行為とされていたみたいです。
個の異次元生命体こそが大魔獣 ビシュメルでしたけど、「コックリさん」にせよ「シジルさん」にせよ、幼心の捻くれが好奇心だけで動かされ、そこに次元の異なる世界に潜んでいた捻くれが食いついてしまったという事みたいです。

その思念も行動も邪なものでしたから、自分を呼び起こしていた女子高生の魂を人質に表現していたというそれらしい戦いをしていましたが、それに表されるように大魔獣 ビシュメルは言い換えれば悪魔でしたから、口から地獄の業火の如き高熱火炎を吐き、腕からは電撃を放っての攻撃以上にもっともっと強力に表現されてもよかったのではないかと思いましたね。

こうしたいわば異次元生命体とか異次元からやってきた怪獣みたいなものは、ウルトラマンダイナでは結構多めに登場してきます。
ネオフロント時代と言いつつ、荘園からは突き破れない別世界をも描く材料としたところに面白みがありましたが、大魔獣 ビシュメルとウルトラマンダイナの対決はウルトラマンダイナとしてはミラクルタイプで対決せざるを得ず、「魔力対超能力」という図式が当てはまり、これはともすると人間を全く相手にせず、材料ロしてしかみていないところから足元を掬われたというところに見所がありましたね。
ビシュメル③





ウルトラ怪獣第23号:ウルトラマンティガ~マグニア3

マグニア
「寄生怪獣 マグニア」

隕石と共に飛来したマグニアは、宇宙怪獣というより謎の宇宙生命体と言った方がよかったかもしれません。
隕石を媒体に生体エネルギーを取るため、普段は小型化していますが、地球上に最も負い生体エネルギーを有する人間からその生体エネルギーを吸い取るためには適した大きさを保っていたという事なんでしょう。
生体エネルギーを吸い取り、自らの活動えねりぎーに変えるというのは地球生物では考えられず、まさしく謎の生命体だったわけですが、広大な宇宙にはほかの惑星であれ、宇宙空間であれ、謎だらけの世界ですから、そこからまさしく命を求めてやってきてしまった存在でした。
小型マグニアは、霧状のそれが集約されたようなものでしたけど、小型マグニアを構成する成分のほとんどが水分だとしたら、なんでその姿を保っていられるのかが分からなければ、いわゆる打撃攻撃や破壊攻撃は通用しないという事になります。
身体のほとんどが水分ですから、ナメクジのようで、水に弱く溶けだしてしまうのはウルトラQに登場したナメゴンのようでもありました。
ただ、生体エネルギーを補充すれば「¥すぐ復活してしまうのは、マグニアの身体を構成するのは単なる水分・演塩分だけという事ではなかったのでしょうね。

生命エネルギーを奪取するための媒体が同時に飛来した隕石だと分からなければ、単なる水分に弱い謎の宇宙生命体ということで終わっていたかもしれません。
隕石を破壊したことで生体エネルギーを吸い取る術を絶ったことから、ようやく破壊攻撃が意味あることとなり、ウルトラマンティガのデラシウム光流も通用したという事になるんでしょうが、謎とは言えなんとも言気味悪い宇宙怪獣でした。
マグニア⑥





ウルトラ怪獣第22号:ウルトラマンメビウス~バキシム3

バキシム(メビウス)
「バキシム(ウルトラマンメビウス)」

超獣といえばバキシム、バキシムは超獣の代名詞のようでもありました。
一角超獣と言ったらいいのか、一本角が大型ミサイルとして発射されていましたが、初めて登場した際のウルトラマンAには全く通用しませんでした。
それよりも両腕が合わされようとしたその間から、火炎放射するという能力の方がインパクトがありましたし、鼻先からミサイル弾が発射されていた方が小気味よさがあったと思います。
しかし、ウルトラマンAで登場したバキシムを全く同じ内容でウルトラマンメビウスにと往生させるわけには敵いと考えたのか、火炎放射は火炎弾となり、鼻先からはミサイル弾にとって代わって大きなビーム砲となるなど、マイナーちチェンジが施されていましたね。

バキシムが印象的だったのは、そうした持ち武器よりも一つは「牙虫」→「キバムシ」→「バキシム」というネーミングの由来と空をガラスのように割って登場したことではないでしょうか。
ウルトラマンメビウスに登場した際にも空を割って、、、というシーンが描かれました。
これはこれで踏み違えてはいけないことでしたので、そこはよかったのですけど、バキシムを操るヤプールの方が印象的過ぎて、バキシムの影がうすくなっていたことは惜しい気がしました。

デザイン等に初代バキシムと変わったことは見られませんでしたが、問題はストーリーなんでしょうね。
確かに復活してしまったヤプールも大事ですけど、バキシムという怪獣ももっと斬新的でなければならなかったでしょうか。
2代目ですから踏み違えていけないことはありますけど、そこはやっぱり怪獣が主役の物語でしたから2だいめならではの特徴がほしかったところです。
バキシム(メビウス)④





ウルトラ怪獣第22号:ウルトラマンマックス~ギルファス4

ギルファス①
「戦神 ギルファス​」

時空転送ゲートをくぐってみたら、そこには石像のような ギルファスが出てきました。
太古の地球人と交流したがために、地球人の進化を一方的に解釈して地球人の先導者たろうとしたたーら星人の守護神であったみたいですね。
ロボットでもなく、さりとて獣のような生き物でもないギルファスは、たーら星人の気が入ったような怪獣でした。
ターラ星人が太古の昔、会ったウルトラマンはウルトラマンマックスみたいですが、頭部の角がブーメラン化してウルトラマンマックスのマクシウムソードのように飛ばせることや、胸から発していた火炎弾はj破壊力に秀でたもので、ウルトラマンマックスのマクシウムカノンのような印象がありました。
それでいてウルトラマンマックスのマクシウムソードやマクシウムカノンをはじき返してしまう巨大な盾を持っていた姿は、まさしく守護神のようでもありました。

おそらくターラ星人が太古の昔遭遇して敗れたウルトラマンマックスを意識して作り上げたもの​が、戦神 ギルファス​だったのでしょう。
戦神 ギルファス​はターラ星人の守護神の洋ではありましたけど、勝手なターラ星人の思い込みだけで作られた感がありましたから、神と呼ぶにはあまりにレベルが違い過ぎた感もありました。
しかし、見た目もそうですけど、攻守的にかなり優れた能力を有していましたから、姑息な手段では対抗できず、しかもマクシウムソードヤマクシウムカノンまで弾かれたとあっては、ウルトラマンマックスも相当驚いたでしょうね。
ウルトラマンマックスがマックスギャラクシーを装備していなければ危なかったかもしれません。
戦神 ギルファス​のような石像タイプの鬼神には、それ以上のパワーで圧するのが最も有効な対抗策でしたけど、ギャラクシーカノンで正面からギルファスを葬ったのは「これ以上ない倒し方だったと思いますが、きっとウルトラマンマックス単体では難しかったんでしょうね。
ギルファス⑥





ウルトラ怪獣第22号:ウルトラマンコスモス~ボルギルス3

ボルギルス④
「電撃怪獣 ボルギルス」

高エネルギーを好んで帯電体質であったらしく、身体から電撃スパークを発していました。
いわば電力を利した怪獣であるのに、体内で発火させていたせいか口から火球を吐いたりもしていました。

電気を食べ、武器として帯電体質であった怪獣としてはこれまでも珍しい怪獣ではありませんでした。
怪獣だから攻撃的とは限りませんが、電撃怪獣という場合は必要以上にスパークさせたり、水中に落としてスパークさせる、或いはその怪獣の許容量以上の電気を食べさせてしまい自滅を図ることが多かったと思いますが、電撃まで行かなくても電気怪獣の場合は、いるだけで周囲を感電させてしまうことから、倒される運命にあったと思います。
電撃怪獣ボルギルスは、ウルトラマンコスモスに登場しただけあって、食べさせるだけ電気を食べさせて眠りにつかせることで矛先を収めていたところがポイントでした。
ウルトラマンコスモスのエナジーシュートという技でしたかね。
それにより700年分もの好えねりぎーを与えられて、、、という事でしたけど、ボルギルスの許容量をどう推し量ったのかは覚えていません。

ただ、カオスヘッダーに侵されていない状態での怪獣でしたから、地球産の怪獣であり、眠らせておくのが解決策としてはよかったのかもしれませんね。
ボルギルス⑦





プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥
  • ジンドグマ改造人間第2号~ジシャクゲン
  • ジンドグマ改造人間第2号~ジシャクゲン
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンティガ~ウェポナイザー
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンティガ~ウェポナイザー
  • ネオショッカー改造人間第24号~マダラカジン
  • ネオショッカー改造人間第24号~マダラカジン
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ