HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

平成のウルトラ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ネクサスハリケーン~ウルトラマンネクサス5

ネクサスハリケーン
ネクサスハリケーン①
ネクサスハリケーン②
ネクサスハリケーン③
ネクサスハリケーン④
「ネクサスハリケーン」

大気の成分がどうであれ、大気の中では大気そのものを操ると大きな武器になります。
ウルトラマンネクサスが武器とした光は、そのままウルトラマンエクサスのエネルギーであり、それまでのウルトラマンに比しても光の純度が高く、それでいて光を光量子という物理に置き換えて考えられていたのではないかと思います。
ウルトラマンネクサスのエネルギーであり武器としていた光を光量子と考えなければ、具体的に大気と交えて考えられないでしょう。
光量子という光が大気に嵐を巻き起こそうというのは、光を理論的に手にできる具合に考えなければならず、それでいて光というのはエネルギーとして考えた場合、純度が高ければそれ以上のエネルギーを生まないわけですから、光が大気に嵐を巻き起こすことはとんでもない現象だと思います。

ネクサスハリケーンはウルトラマンネクサスがエネルギーとしていた光を操って大気の中にハリケーンを巻き起こす技ですから、超人以上の超人でないとできなかった技だと思いますね。
このネクサスハリケーンはハリケーンを発生させるまでのウルトラマンネクサスの腕の動きで光の渦を巻き起こそうというのが分かりますが、それで発生させた光の渦の中の風力は、光の速さ並みだったとお考えると、このネクサスハリケーンに巻き込まれて地中に埋め込まれてしまったペドレオンは、軟体ビーストだっただけに身体の冶具が定まっておらず、余計に踏ん張ろうとしても踏ん張り力のポイントを定める前に巻き込まれてしまった感があります。

わずかな腕の動きでも、それで発生させられた大気の渦は光というエネルギーで巻き起こされたこと事と相まって、見た目以上の威力があったネクサスハリケーンは、対ペドレオン戦の1回しか使用されませんでしたけど、メタフィールドという光の戦士特有の世界を作り出すことと比例するかのように純度の高い光エネルギーを自在に操っていた必殺技として、非情に印象に残るものでした。
ネクサスハリケーン⑤
ネクサスハリケーン⑥







ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンメビウス~ディノゾールリバース3

ディノゾールリバース⑦
「ディノゾールリバース」

双頭怪獣というか頭部を複数持った怪獣は、ゴジラシリーズに出てきた宇宙怪獣キングギドラに始まったような気がします。
個々の頭は同じだけれど、それぞれが別の能力を持っていたとしたら想像を絶するような気がしますけど、その胴体は同じですから、なかなか難しかったと思います。
同じ能力を持った複数の頭部、、、
相当となったディノゾールリバースは、ウルトラマンメビウスに倒されたディノゾールの軌跡を追った別個体が誤って地球へと接近してしまい、GUYSスペーシーが配備した宇宙機雷ライトンR30マインによってほとんどの個体が倒され、生き残った個体も、向きを変え地球から離れていったところ、1匹のみのこの防衛網を潜り抜けt地球へと降り立ってしまい、やむを得ずGUYSにより頭を吹き飛ばされて倒されたもの、ディゾールリバースへとパワーアップし再生してしまったものでした。
倒されたディノゾールが逆立ちで立ち上がり、身体の極性を反転させて復活した姿がディノゾールリバースでしたけど、宇宙空間を渡りのような習性を見せていたディノゾールは地球生物に近そうなところを見せていましたが、身体の極性を反転させて、、、ということは磁極が働く地球のような惑星に住むような生物ではなく、宇宙空間において不思議に命を得ていた怪獣だったんでしょう。

水素を吸収し、強烈になったディノゾールリバースの2つの頭から放つ2本の断層スクープテイザーの動きはウルトラマンメビウスでも見切れないほどで、ディノゾールリバースの腹部発光器官からの融合ハイドロプロパルサーは、ディノゾールの時のものよりも強烈になった印象がありました。
極性が反転し、頭部が2つになったわけですから怪獣としても強烈になったわけで、この後に見た平成ウルトラセブンのキングパンドンもその系列に入るのかもしれません。

ウルトラシリーズにおける怪獣は第1話に出てくる怪獣が印象深くなっているのは、先入観みたいなものが作れないせいもあると思うんです。
素の状態で見た怪獣ほど、印象は深くなることからウルトラシリーズにおける怪獣は第1話に出てくる怪獣は名作怪獣が多いと思うんです。
ディノゾールリバースもストーリ上の一つの区切り的なところで登場してきました。
想いと慣れがそこにはあったはずですし、期待以上の出来だったとは思うんですけど、ウルトラマンメビウスの第1話に登場したディノゾールは得体の知れない宇宙怪獣で傑作だったことから、どうも何かが足りない感じもどこかにあった怪獣でした。
ディノゾールリバース⑤






ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンマックス~ケサム4

ケサム
「宇宙工作員ケサム」

戦争なんて、人間の愚行の象徴ですね。
文明なんていうまやかしものは、そうした人間が繰り返してきた争いごとの末にできたものなんでしょう。
歴史を築くには幾重もの犠牲がつきものかもしれませんけどそれは悲しすぎることでもあります。
文明と呼ばれるものが高度になればなるほど、そこで行われてしまう戦争は人類だけでなく、人類が住む惑星まで瞬時に滅ぼしてしまう恐ろしいものです。
人類より恐ろしく進んだ文明を持つ惑星は、広大な宇宙の中にはあるのかもしれません。
戦争という争いごとは、そこに知能を有して生きていた者の運命や宿命なのかもしれず、広大な宇宙の中で高度な文明を築き上げながらそのために母星そのものまで滅ぼしてしまったものもあったのかもしれません。

その滅亡の中で生き延び、まるで自分たちが犯してしまった滅亡に至る戦争という愚行を呪うかのように宇宙の星々を見つめていた者がいたとしてもおかしくはないと思います。
ウルトラマンマックスで登場したケサムがそれでした。
ケサム⑤
ケサムのスーツは瞬間移動機能があり、人間大から巨大化も図れた上に左手から発する念力や、腕に仕込まれたビームガン、レーザーウィップが武器という特殊機能スーツでした。
ここまでの機能を備えたボディスーツをまとったケサムは、そのボディが頑強ありながら俊敏でもあり、攻撃破壊能力が優れていたのは何もビームガンやレーザーウィップがあっただけではありません。
惑星破壊爆弾というとんでもない破壊兵器を開発していたことが、ケサムが置かれていた超高度文明を感じさせることでした。
これをめぐってウルトラマンマックスと攻防を繰り広げますが、ケサムの有していた文明が高度で地球文明の及ぶところでなかったのは、DASHの攻撃が全く通用しなかったことに現れていました。

最終的には情にほだされてケサムはなくなってしまいますが、行き過ぎた文明に人間の理性が及ばないのは
地球人類だけではなく、ケサムも同じようでしたね。
ケサム④






スペースビースト第6号~ノスフェル5

ノスフェル⑥
「ノスフェル」

皮下筋肉むき出しのドブネズミのような姿をしたノスフェルは、まるで地獄の番人か使者の様でした。
底知れぬ存在感とパワーは、その両手の鋭い爪に象徴されたいましたけど、そこに信じられないほどのスピードも併せ持ち、あっという間にその鋭い爪で自分が意識あるうちに存在を消されてしまうような感じで見入ってしまいました。

パワーとスピード、これは相手に恐怖を植え付けるには十分すぎるもので、極端に言えば生命力の強さがそう感じさせたのでしょうけど、地獄の番人か使者でしたからね。
生命力どころじゃなかったかもしれません。

ノスフェルの体内には再生器官があり、ここを破壊しない限り何度でも蘇ってしまうことはその再生器官が体内にあるものでしたから、よくよく科学技術を駆使し、何度も相対時しないと分かるものではありませんでした。
ノスフェル登場のストーリーその点がキーであり、そこから生命力に裏打ちされたような恐怖感を感じさせていました。
ノスフェル③
スペースビーストは宇宙の果てから降り注いできた闇の存在のようなものです。
この世には光と闇に存在が分けられますが、生きとし生ける者が希望を感じる光に向かっていくというものではないらしく、闇の中でうごめくものがおり、光が感じられない闇の中にいるものですから邪悪な存在となり、真逆の存在を引きずり込むような性質があるようです。
闇の一つの象徴が地獄のようなところですけど、スペースビーストがやってきてしまった根っこは、その地獄以上の存在感があるところだったのかもしれません。
ザ・ワンが分子レベルで散らばった末に直接ビースト化してしまった一つにノスフェルがいたんでしょう。

恐怖と生命、闇、邪悪さと捕食といったすぺーうビーストの要素が、ノスフェルには満載でした。
人の心にさえ乗り移ってしまう始末の悪いビーストは、伸縮自在の下で相手を捉え、捕食までしてしまうものでしたけど、やっぱりキーは再生器官を直接破壊し、その末にノスフェルの肉体を破壊し尽くさないといけなかったことに尽きるでしょう。
ウルトラシリーズも昭和の時代で再生器官があった怪獣がいましたね。
ウルトラマン80の時のサラマンドラもそんな怪獣でしたけど、闇に支配されて操られてしまっていたノスフェルにはかないません。
ウルトラマンネクサスという番組の趣旨に最も似合っていたスペースビーストの一つだったと思いますね。
ノスフェル②







ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンコスモス~ヤマワラワ3

ヤマワラワ4
「ヤマワラワ」

ヤマワラワは怒ると強大化して怪獣のようになってしまいますけど、妖怪だったんですよね。
妖怪と怪獣って、空想の世界の産物ですが、同じようで違うものです。
妖怪や怪獣の中には、人間よりのものとそうでないものがありますが、より想像の感覚が近いものが妖怪で、空想の世界ながらリアリティの強いものが怪獣のような気がします。

妖怪であったヤマワラワを怪獣のように見てしまうのは、その姿からして仕方のないことですが、でも童心を持った妖怪としては怪獣のように見てしまったは自分蟻に残念でした。
ウルトラマンコスモスは強さとやさしさを兼ね備えたHEROですが、能動的に戦うことをよしとせず、あくまで慈愛の心で相手を懐柔してしまうことからも怪獣の姿をした別物が出てきてしまうこと、当然アリだったと思います。
ヤマワラワは民話に語り継がれ、保護色能力を持って子供や純真な心の持ち主にしか見えないという妖怪でしたけど、これって東北の妖怪座敷童のようです。
子供は子供のままでいられないということをどこかに置き忘れてしまい、子供の頃に一緒に遊んだ子供が大人になって、それをヤマワラワに気づかせるというストーリーは、本当に民話のようでもありました。

でも、怪獣を見たくてウルトラ番組を見ていたわけですから、区別は難しいと言えども妖怪登場の話はもっと別のところでやってほしかったと思いますね。
どこかウルトラマンコスモスが登場せずとも、ヤマワラワは現実に気づいて自らの姿を消すこともできたのでしょうから。
ヤマワラワ①







ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンガイア~クラブガン3

クラブガン①
「クラブガン」

クラブガンはアネモスの発した警報フェロモンに引き寄せられて、アネモスと一体化しました。
攻撃にさらされたアネモスを消化ガスで救ったようなところがあったクラブガンは、アネモスと共にカンブリア紀に盛装していたと思われる生物でしたけど、根源的破滅招来体によって蘇させられ、それは人間を捕食するという人類の天敵のような存在になっていました。
カンブリア紀というのは化石が撮れるかどうか微妙な時代であり、何らかの生物はいたかもしれませんが雌雄の別はなく同体のような生物が多く、まだまだ生物としては発展途上だったのでしょう。
それでもアネモスの発する警報フェロモンに引き寄せられたのですから、クラブガンは雄の役目を果たしていたのかもしれません。

ザリガニを模したような姿をしていたクラブガンは、両手の大きな鋏が武器でした。
根源的破滅招来体がクラブガンを蘇らせてアネモスと共生させたのは、人間を捕食しすることが狙いだったのでしょうけど、あくまでアネモスは人をも引き寄せるフェロモンを発するのであって捕食はクラブガンの役目の様でした。
1体だけではなく、多数のクラブガンが蘇っていたのはその狙いがあったためでしょうけど、クラブガンの身体の下部にはアネモスとの合体のための器官がありましたから、クラブガンとアネモスが共生するのも元々そういう生物だったんでしょうね。

共生という合体をした後は身体の上下が逆転したりして、面白い態様をしてましたけど、これだけ太古の生物って難解なところが多いはずですから、根源的破滅招来体とはいえ、別の惑星の根源については分かっていなかったところが多かったのでしょうね。
クラブガン②






ダイアモンドクラッシュ~ウルトラマンコスモス5

ダイアモンドクラッシュ
ダイアモンドクラッシュ①
ダイアモンドクラッシュ②
ダイアモンドクラッシュ③
「ダイアモンドクラッシュ」

飛び交う宇宙戦闘獣であり殺戮破壊マシーンのようなスコーピスを、一撃で倒してしまったウルトラマンコスモスのダイアモンドクラッシュはかなり印象的でありながら、ウルトラマンコスモスが慈悲の世界から来た戦士というイメージの中、好戦的な姿で放った必殺技という意味では従来のイメージとは違ったカッコよさがそこにはありました。
ウルトラマンコスモスの基本的スタイルはルナモードだと思いますが、持ってる能力を再好調で引き出すスタイルはエクリプスモードだったと思います。
ウルトラマンコスモスは、TV版、映画版と合わせると数えきれない位のスタイルを持っていましたが、レギュラー的に流れを思うとエクリプスモードが最高潮だったように思いますね。
そのエクリプススタイルでいるときのウルトラマンコスモスはのエネルギーは、どこから来るんでしょうね。
ウルトラ戦士となると光から得られるエネルギーが考えられますが、従来のウルトラ戦士とは生まれが異なるそうですから、純粋に太陽エネルギーだけとは考えにくいところがあります。
戦闘的でなく慈悲深いところを見ると、そこらへんにポイントがありそうですが、エクリプスとは日食のことで月が太陽と地球の間に入って地球から太陽が見えないような状態ですから、主役は月であり、いきなり好戦的ではなくその前に一拍置くようなところに慈悲深さが隠されていたようにも思います。
そんな奥深そうな秘密に満ちたウルトラマンコスモスがエクリプスモードとなり、多分その気を最大限集中させた状態がそのままエネルギー集約となり、発火したようで満ち溢れたエネルギーをまといながら、放ったストレートパンチがダイアモンドクラッシュだったという具合に思えました。

その姿は、まさしくダイアモンドという非常に硬質な物質を砕く際に飛び散る火花のようでもありました。
慈悲深さが前面に出てしまうウルトラマンコスモスは、様々な賛否があったと聞きます。
けれど、それが戦闘・好戦となるととにかく見応えがしてカッコいいウルトラマンに見え、ダイアモンドクラッシュという技は、それを引き出すには最高の表現だったと思います。
ダイアモンドクラッシュ④







ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンメビウス~ボガールモンス4

ボガールモンス
「ボガールモンス」

捕食が第一義であったボガールが、本能の赴くまま狡猾な悪知恵を伴って行動していたところ、捕食という本能だけで存在してしまったのがボガールモンスだったように思います。
怪獣の中には知恵を伴ったものもいました。
知恵ある生き物は、人間だってそうなわけですから、獣然とした怪獣の中にそうしたものがいたって可笑しいことではありません。
でも、そうしたものよりも本能だけで存在感がある怪獣の方が恐ろしく、また怖いものだと思います。
変な猿知恵など、本能には叶わないものですからね。
ボガールは怪獣を存在させては食べてしまうところに本能があったわけですが、従来は解呪だけを食べると思うところ、根本的には自分以外の生命体を喰らってしまうところに本能があったと考えるべきなんでしょうね。
ボガールモンス②
それでも身体の大きな怪獣を食べてしまうのは、その怪獣の生体エネルギーを一緒に捕食してしまうということですから、ボガールからボガールモンスに変異しても、その体内に蓄えられてしまったエネルギーは相当なもので、半端な動く火薬庫というものではないでしょう。
一発の核爆弾のようなその身体は、ただ倒せばいいというものではなくなっていましたね。
ウルトラマンメビウスですら食べてしまおうとしたボガールモンスは、かなり強力な怪獣とはなっていましたけど、ウルトラマンメビウスに倒せないほどではないと思っていたところ、そこが厄介でした。
そこに当時の地球防衛軍GUYSとウルトラマンメビウス、そしてハンターナイトツルギの連携が生きたわけです。

でも、この捕食をテーマとしたボガール、ボガールモンスの登場はとても興味が惹かれるものでした。
ボガールモンス④






スペースビースト第5号~ラフレイア4

ラフレイア①
「ラフレイア」

高度な知性を持った生命体が感じてしまう恐怖とビースト振動波が融合してしまうことで生み出されるスペースビーストは、恐怖を媒体としてではなく、根本としていることから恐怖を感じる知的生命体自体を餌としまい、情報を得ていくことで急速に成長していく、言ってみれば非常に始末の悪い生命体でした。
恐怖を土台としていたわけですから、そこから生み出されるスペースビーストに動物型も植物型もないし、ペドレオンのような軟体ビーストもいたわけですから、何がどうなってスペースビーストになってもおかしくないわけです。
どうしても地獄の番人のような動物型のスペースビーストが想像されますが、ペドレオンのように区別できないところから始まりましたから、そこが面白く興味が注がれるところでした。
宇宙のどこかで咲く花というより、地獄のどこかで潜んでいるような植物が連想されたスペースビースト・ラフレイア。
日中はどこかに潜んでいながら、夜になると行動して恐怖を誘う植物型のスペースビーストでした。

大きな花弁が特徴的でしたけど、雌しべと雄しべを思わせる花芯が、猛烈な毒素を含んで花粉を吹き出し、それは付着すると異常なまでの高熱を発する上に、可燃性があったことと水素のようにとにかく軽量なもので付着しやすい性質を持っていたことから、ウルトラマンネクサスのメタフィールドのような閉鎖された空間や異空間で仕留めようとしないと、被害が甚大になるところでした。
ラフレイアを見て恐怖を感じる前に、ラフレイアによって自らの意識がなくなる前に身体を炭化されて失ってしまうようなもので、スペースビーストとして恐怖を餌とするより、ダークファウストによって恐怖感を植え付けられて指示に従っていたように感じました。
ラフレイア②
メタフィールドは、ダークファウストの登場によりダークフィールドに転換され、ラフレイアは指示者によって自らも有利な空間で戦えると思われました。
確か、2度ウルトラマンネクサスとは戦える場面がありましたが1度目はウルトラマンネクサスとダークファウストの戦いに加入せず、2度目でようやくダークファウストの指示に従うように介入していました。
ラフレイアは存在自体が非常に恐ろしいもので、実態を知るに至って恐怖を感じるビーストだと思いますが、あくまで植物型であり、自らが人を捕食するわけではなく、そうしたこともあって肉弾戦のような戦いはできないビーストだったのかもしれません。

ウルトラマンネクサスとダークファウストの初めての戦いにおいて、ダークファウストに使われたビースト、それがラフレイアであり、ウルトラマンネクサスではなく、人間の手というかビースト殲滅用の武器によって爆死してしまったということは、防御面に脆さがあったということかもしれません。
ラフレイア③








ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンコスモス~インキュラス3

インキュラス
「インキュラス」

夢の世界って、レム睡眠状態でないと見られないものです。
そこで見たものは、深い深層心理に残っているものが脳裏に浮かんで見えてくるものですが、意識してみようということもできず、また目が覚めても夢で見た内容も覚えていないものですね。
人間の多くの不思議の一つなんですけど、夢を見てるときって独特の念波が出ているのかもしれません。
それを好むバクという動物がいますけど、よく言われる夢を好むというのは幻獣の「獏」のことですね。
夢って、深いとは言え深層心理に潜むものが見えてしまうのですから、人の記憶が素地としてあります。
その記憶が素地である夢を奪うことなんて、幻獣「獏」じゃないですけど、やっぱり空想の世界のことになるんでしょう。

ウルトラマンコスモスに登場したインキュラスは、質の悪い羊が怪獣化してしまったような姿をしてましたけど、特に目が多かったですね。
子供の世界観として、夢と羊って睡眠という線でつながるようなそんな幻想の世界でつながっているようにも思えます。
でも、インキュラスは頭部の多くの目からオーロラのような光線を発し、それを見た者をレム睡眠状態にして、夢で引き出される人の記憶を奪ってしまう、それこそ質の悪い怪獣でした。
見た目、幻獣のようなイメージがあったインキュラスは、その見た目とは違って戦闘能力も幻想の世界を駆使するような瞬間移動能力や俊敏な動き、光の筒キュラスターに相手を閉じ込める光線などを使っていました。
ウルトラマンコスモスも幻想の世界でも十分に能力を発揮できそうなところ、やはりノワール星人やインキュラスにとっては得意分野だけあって、一枚上手のような感じがありました。

こうした幻想の世界って打ち破るには対抗手段がなさそうに見えたところ、幻想を打ち破るには我に返ることが肝要であったらしく、最後の最後でウルトラマンコスモスのプロミネンスボールで倒されたのはやっとの想いで、、、という感じがしました。
インキュラス②






プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマン80~ズルズラー
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマン80~ズルズラー
  • ネオショッカー改造人間第11号~サンショウジン
  • ネオショッカー改造人間第11号~サンショウジン
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンレオ~バンゴ
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンレオ~バンゴ
  • ブラックサタン改造人間第11号~奇械人カメレオーン
  • ブラックサタン改造人間第11号~奇械人カメレオーン
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンタロウ~デッパラス
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ