HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ロボット

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第8号:ウルトラマンガイア~自然コントロールマシーン テンカイ3

テンカイ
「自然コントロールマシーン テンカイ」

銅鐸のような外観を呈していた「自然コントロールマシーン テンカイ」は、根源的破滅招来体によって遣わされた何か、ということはなんとなくわかりましたけど、それは怪獣という生物なのか、メカなのかがはっきりわかりませんでした。
何かの鳴き声のような機械音を発してタービンのようなものを回転させ竜巻を発生、その下部から空気を吹き出し、家屋を吹き飛ばすほどの暴風を巻き起こすというものでしたけど、外見から感じよりもかなり強力なイメージがありました。
このテンカイの動きを見てると、それは生物然としたものではなく、あくまでメカだったんですけど、なんせ外見が銅鐸ですからね。
そう思ってみても外見が邪魔してそうみられませんでした。

銅鐸があった太古の時代において、人間がすがろうとする神そのものもなく、根源的破滅招来体などというものが飛来して導こうとすれば、人はそうなっていたのかもしれません。
その時代のように大気を浄化することだけでなく、文明を築いた人類の存在自体を粛正しようとした一つの契機がテンカイであり、強大な竜巻を伴う台風を発生させて行動した後には確かに大気の状態は浄化したものの、何も残らなかったことに現れていました。
でも、他の惑星の文明そのものを否定するのはまさしく侵略行為であり、テンカイの行動しようとした上空の雲は悪魔のような形をしていました。

基本的には、空気・大気の浄化がその役割だったんでしょうけど、猛烈な台風のような嵐は人類そのものをさらってしまう、そんなイメージが残りました。
自然コントロールマシーンなんて、自然をコントロールしようとするメカなど、どれだけ文明が進んでいたとしても作り出されるわけがないと思いますけど、まるでシリーズ化でもしようとしたのか、この手のタイプはこの後いくつか出てきますね。
テンカイ②



機械獣第3号~ガイアQ53

ガイアQ5
「ガイアQ5」

ロボットは金属・合金でできていることが基本であり、体内で動力源を持ち、そこから得た動力で動くとなると当然のように磁気を発します。
マジンガーZは超合金Zという合金でできていたのですから、その合金がいかなるものであろうと磁気を発し、磁力には引き付けられ、体内のメカが乱動してしまうのは当然のことでした。
まだ操縦おぼつかない頃ではありましたけど、マジンガーZがDrヘルにとっては乗り越えなければならない高い壁のような強力ロボットであり、とにかくロボットであることの基本を突こうとして、ガイアQ5を製造したのだと思いますね。

ガイアQ5はウルトラマグネチックパワーを発し、アフロダイAどころかマジンガーZをもまともに動くことができないほどの超強力磁力光線を発していました。
Drヘルも天才科学者でしたけど、そのDrヘルの製造したガイアQ5が発したウルトラマグネチックパワーでアフロダイAもマジンガーZも滅茶苦茶な目に合ってるところを見ていた弓教授も、天才科学者の弟子でしたから、その対抗手段をとってくるのは目に見えていました。
アンチマグネチックガンがそれでしたけど、それを浴びることでガイアQ5は無力化し、同時にマジンガーZが蘇ってしまったことで、ミサイルパンチを浴びてガイアQ5は敗れ去りました。

マジンガーZのように体を多く金属・合金が特製の超合金Zであったことや、ブレストファイヤーの超高温熱戦、新エネルギーがベースとなった光子力ビームという特注品のような攻撃武器なら開発にも時間はかかるでしょうけど、磁力光線への理屈さえわかってしまえば反磁力光線はすぐに出てきそうなものです。
ガイアQ5には、ウルトラマグネチックパワー以外にもう少し破壊攻撃を強力に進める武器が欲しかったところですね。
ガイアQ5①



ダークロボット第2号~グリーンマンティス3

グリーンマンティス②
「グリーンマンティス」

キカイダーを見る前には当然のように仮面ライダーに夢中になってました。
仮面ライダーを見ていた頃もキカイダーを見ていた頃も、小学生のガキでしたから、記憶なんてアテにはなりません。
面白いものに興味を持ち、そして夢中になる。
こういうことは子どもがもっとも純粋であり、その時の記憶なんてリアルである時よりもずっと後で貴重な財産になったりするものです。
キカイダーは若干ながら漫画から見てました。
その当時の漫画は白黒であることが当然で、滅多にカラー版なんてなかったですからキカイダーに出てくるダークロボットの名に何故色めいたものが付き、実際にはどんなもんだろうと思ったこともありました。
TV特撮番組としてキカイダーが始まり、その頃は仮面ライダー放映開始から時間が経っていたこともあって、ネーミングに色がついていたことも忘れていましたが、そういうことを思い出したのはこのグリーンマンティスの時でしたね。
なんだか仮面ライダーの初めのころに出たかまきり男みたいだ、、、とそんな感想でしたね。

グリーンマンティスはカマキリがモチーフでしたから、体色とネーミングが緑色に近いのは、今にして思えば当然のことでしたけど、ダークロボットはモチーフとなる動植物とそのイメージからくる色が大きなポイントだったように感じてましたね。
グリーンマンティスの主武器は、右腕の電磁鎌と左腕の鎖鞭で完全なチェーンでしたけど、これって仮面ライダーのかまきり男もそんな武器をもっていましたね。
しかも、かまきり男も緑の体色のイメージがありましたし、かまきり男自体目に大きな特徴があったため、グリーンマンティスを見てかまきり男を思い出したわけですね。
かたや改造人間、かたやダークのロボット。
面白かったのは、どちらも同じような武器で怪力の持ち主とその特徴があったわけですけど、記憶の範囲では翅というか翼みたいなものを持ちながら飛行能力がなかったのか、そういうことについての象徴的なことがなかったことも共通していました。
キカイダーは開発者であった光明寺博士が記憶を失った状態で放浪し、それをダークが追いかけるという図式であり、常に開発者である博士が意識されていましたけど、それを追いかけ始める頃のモチーフとしてはグリーンマンティスは登場させやすかったのかもしれませんね。
グリーンマンティス④

メタルボーイ バーサス 『人造人間キカイダー』 グリーンマンティス 未塗装組立キット

新品価格
¥4,845から
(2017/12/3 22:12時点)



S.H.Figuarts キカイダー フィギュア

新品価格
¥13,900から
(2017/12/3 22:12時点)



人造人間キカイダー サイドマシン

新品価格
¥19,200から
(2017/12/3 22:13時点)


ウルトラ怪獣第5号:ウルトラマン80~メカギラス

メカギラス


























「メカギラス」

異次元間を航行できるという能力を持った異星人は、ウルトラセブンの時にイカルス星人がいました。
あくまで知性、科学力の高いものを持った宇宙人が、異次元航行のメカを作り出し、異次元に身を隠しながら3次元である現世を攻撃するというものでした。
その作り出されたメカの前にどうすることもできないウルトラ戦士。
ウルトラ戦士になってしまえばどうにかできるものの、ウルトラ戦士になる前の人間体でいるときに、罠にはまるからその宇宙人の作りだしたメカの効用が分かるというもの。
ウルトラマン80においては、バム星人が暗躍し、ウルトラマン80の人間体が知らぬうちに罠にはまっていきますが、そこまでは良いとして、バム星人が作り出したメカギラスにはもっと工夫を凝らしてほしいと思ったのが大きな感想でした。

メカギラスの武器は破壊光線と乱射可能な数知らずの顎からのミサイル攻撃。
そして4次元空間でのみ使えた防御バリア。
確かに4次元においてはウルトラマン80と言えど太刀打ちできずにいましたが、こと3次元に移動してしまうと得意の防御バリアも使えず、、、といった塩梅で、とにかく4次元に引っ張り込んで出られなくするとか、3次元に尾おいても圧倒的な攻撃能力を有すると言うことがありませんでした。

メカギラスを見てるとメカゴジラを思い出してしまう位、デザイン的にもこういうのはよくあったよなあ、とおmったのですけど、せっかくロボット型怪獣の異次元航行能力まで持たせたのですから、それまでの異星人には見られなかった特殊能力が欲しかったと思いますし、デザイン的にももう一つ趣向を凝らしたものが欲しかったですね。
ロボットと言えば、強力な装甲であらゆる攻撃を防いでしまうというイメージがあったのですが、メカギラスに勘してはその頑丈さもあまり感じられなかったのが、印象としては薄くなった要因でした。
メカギラス①


大怪獣シリーズ ウルトラマン80 Ver.2 (PVC製塗装済み完成品一部組立て式)

新品価格
¥59,432から
(2017/11/1 22:22時点)



RAH リアルアクションヒーローズ ウルトラマン80リニューアルVer. 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥16,200から
(2017/11/1 22:23時点)



ウルトラマン80 COMPLETE DVD-BOX

新品価格
¥24,079から
(2017/11/1 22:24時点)


機械獣第2号~ダブラスM23

ダブラスM2
「ダブラスM2」

ガラダK7が悪魔の使いなら、ダブラスM2は蛇とカマキリをモチーフとした悪魔の化身のような機械獣でした。
ガラダK7とダブラスM2はほとんど同時に出現したため、どっちがどっちという感じもありましたけど、大鎌とミサイルを主武器としたガラダK7は物理的な攻撃を得意とし、ダブラスM2は口先からのレーザー光線と腹部器官からの電撃に特徴があったため、見事に区分けされていたように思いますね。

まだ機械獣という存在に馴染みがなかったころのものでしたから、二つの長い首を持った頭部はロボっとしては圧倒的に斬新でした。
その長い2本の首も、敵に巻き付けて締め上げる攻撃も可能で、ロボットと獣を併せ持った機械獣らしく、パワー溢れる要素も満載でした。

DrヘルにとってマジンガーZの登場は予想しないことでしたし、ミケーネ島に眠っていた機械獣を生き返らせただけとういうのはその存在だけで世の中を席巻できると考えていたでしょうから、単純にロボットとしてのパワーはあったと思いますが、マジンガーZのパワーというのは想定できなかったんでしょうね。

マジンガーZとガラダK7との戦いで、ダブラスM2はガラダK7の大鎌攻撃の盾とされて損傷し、最期は光子力ビームによって粉砕されてしまったのも、マジンガーZの登場がよそされていなかった証なんでしょうね。
でも、初期機械獣の代表格のようなロボットであり、その姿はかなり印象的でした。
ダブラスM2③

METAL BUILD マジンガーZ 約180mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥21,600から
(2017/10/7 22:49時点)



マジンガーZ Blu-ray BOX VOL.1(初回生産限定)

新品価格
¥20,066から
(2017/10/7 22:49時点)




ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンコスモス~イゴマス3

イゴマス②
「イゴマス」

最初から戦うことを良しとしないウルトラマンコスモスは、それでもウルトラシリーズの一つでしたから怪獣や宇宙人だけではなく、ロボットも出てくるだろうと思ってました。
ただ、どんな具合でロボットを出してくるのか、、、それは早くもウルトラマンコスモス第4話で出てきました。
搭乗したロボットは、イゴマス。
なんと玩具のロボットが電池切れと言うことでの展開でした。
万能言語解読装置を内蔵して、あらゆる言葉を解釈できるということでしたけど、イゴマスには心があった模様です。
特撮ものに登場するロボットには心があるという設定がよく見られますが、心という概念をメカに置き換えることの不思議さは、いつも感じてます。
でも、それがないと物語が進まないのも事実でした。
イゴマスは自分に主人がおり、特殊電池で動くと言うことも理解できていたようですけど、製造年月日が古く、自分の動力源であった電池がもう製造されておらず、やむなく廃棄されていたことから怒りという感情が出て暴れたようです。

元から身長70メートル位あったイゴマスが、暴れると怖いものがありますが、そもそもその身長を有していたイゴマスを玩具としていたビビン星人って、どれだけ巨大なんだと思いましたね。
それでも自分が玩具であり、子どもたちの存在があって自分があるということも根幹としてあったため、ウルトラマンコスモスに自分の破壊を願っていたという絡みでした。
ここでウルトラマンコスモスが破壊してしまっては、ウルトラマンコスモスの存在自体が危うくなるところでしたから、コスモリダクターでイゴマスを地球人に見合うよう小さくして、電池切れで動かなくなっても子どもたちの玩具として存在し続けるようになったのは、本来の玩具の役目に立ち戻ったということでしょうね。
イゴマス

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥10,700から
(2017/9/18 18:20時点)



ウルトラマンコスモス コアモジュールシステム テックライガー 1号

新品価格
¥3,800から
(2017/9/18 18:22時点)



京本コレクション ウルトラマンコスモス(ルナモード)

新品価格
¥24,500から
(2017/9/18 18:23時点)



ダークロボット第1号~グレイサイキング4

グレイサイキング①
「グレイサイキング」

人造人間キカイダーに関しては、珍しく漫画版から入っていったんですけど、実写版になるとどんな具合かなと思って見始めました。
この頃になると特撮慣れも手伝って、毎回見るようなこともなかったんですけど、それでも主人公であったキカイダーのデザインが素晴らしく、印象に残るものとなりました。
ギル率いる悪の秘密結社ダークとキカイダーの対比が顕著であり、どうしてもそこ目が行ってしまってダークロボットまではしっかり見てなかったような気もします。
キカイダーは光明寺博士によって、ダークの支配下にありながら秘密裏に作られた人造人間でしたけど、時を同じくして表向きはその光明寺博士によってダークロボットが13体も作られ、その第1号がグレイサイキングでした。
グレイサイキングはその名の如く、体色がグレーであるサイ型のロボットであり、そのためパワー型のロボットとなっていました。
10万馬力のパワーを有し、鼻のようなところについていた赤い角はドリルのように回転し、相手を破壊できる能力を持っていましたね。
だからこそのダム破壊作戦のリーダーだったわけですが、どうも思考回路の方は敢えて単純に作られていたようです。

グレイサイキングはキカイダーと同時期に作られていましたけど、キカイダー自体はギルに歯向かうように不完全ながら良心回路をセットされて作られていましたが、それは秘密裏に作られていたからこそであって、表向きはグレイサイキングのように破壊活動に長けたロボットの製造が第1義だったんでしょう。
パワー型は時として単細胞に作られることがありますけど、グレイサイキングはキカイダーを作った光明寺博士が作っていたと言うことは敢えて単細胞に作ることで、ギルに対する反骨精神が出ていたのかもしれません。

人造人間キカイダーの戦いは個々から始まっていきますが、ダークロボットはそのほとんどがカラーをネーミングしていたことに気が付くまでは時間を要してしまいました。
その第1号としてグレイサイキングを起用したのは、体色的にも青と赤とバラエティに富んだキカイダーの対極にあるものとして描きたかったからかもしれません。
グレイサイキング②
グレイサイキング③

S.H.Figuarts キカイダー フィギュア

新品価格
¥9,900から
(2017/9/16 23:51時点)



人造人間キカイダー サイドマシン

新品価格
¥12,278から
(2017/9/16 23:52時点)



人造人間キカイダー Blu-ray BOX VOL.1

新品価格
¥19,048から
(2017/9/16 23:52時点)


クライシス怪人第4号~ガンガディン3

ガンガディン④
「ガンガディン」

仮面ライダーの愛車はバイクであり、だからこその仮面ライダーという名前だと思うんですけど。
仮面ライダーBlackRXには仮面ライダー史上初の車が登場してました。
それがライドロン、、、クライシス帝国の住人から背系図をもらい、作り上げてはいましたが、命を吹き込むことができず、その力の真価を発揮できないという展開でした。
前作仮面ライダーBlackで登場したクジラ怪人が半死半生となった仮面ライダーBlackをよみがえらせたのが聖なる海の洞窟でしたが、そこに出来上がって稼働しないライドロンを持ち小込んだことにより、ライドロンはしっかり仮面ライダーBlackRXの相棒の一つとなっていきました。
バトルホッパーの進化版アクロバッターも意思を持った生体兵器メカでしたけど、ライドロンもまたそうでしたね。
意思を持つ生体兵器メカが仮面ライダーBlack編のウリでしたから、こういう展開も読めたんですけど、ライドロンの設計自体はクライシス帝国の純粋な住人によるものでしたから、その意を受けて完成した生体兵器メカでしょう。

クライシスのジャーク将軍をはじめとした4台隊長たちは、純粋に仮面ライダーBlackRXやライドロンを破壊するために怪魔ロボット・ガンガディンを派遣してました。
ガンタンク型のこのガンガディン。
当然のようにロボットでしたから、走り動き回るタンク其の物で、破壊活動に長けたロボットでしたけど、破壊しようとした対象にはしっかり意思があって、破壊し辛いものだと言うことを忘れていたような気がしました。
圧倒的火力に優れ、仮面ライダーBlackRXを接近戦に持ち込ませないところはさすがにタンクだと思いましたけど、どうも思ったよりは足回りが良くなく、一旦倒れれば自分で起き上がることができないという大きな欠点をもっていました。
思考回路はあったんでしょうけど、程度が低く、いわゆる意志ある生体兵器には適わないと思いました。

大体、破壊力に特化したようなガンガディンの火力に賭けたような派遣の仕方は、クライシス帝国の幹部たちは仮面ライダーBlackRXやライドロンをいつでも破壊できると、どこかで舐めていたんでしょう。

ガンガディンのスタイルや火力の強さは面白いと思ったのですが、ライドロン登場に合わせたようなこの登場はライドロンの引き立て役になってしまいました。
ガンガディン③

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥11,353から
(2017/9/14 22:21時点)



【メディコム・トイプレミアムクラブ限定】RAH(リアルアクションヒーローズ) DX 仮面ライダーBLACK RX(Ver.1.5)仮面ライダーBLACK RX』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥33,969から
(2017/9/14 22:22時点)



S.H.フィギュアーツ ライドロン 約400mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥6,980から
(2017/9/14 22:23時点)


機械獣第1号~ガラダK74

ガラダK7①
「ガラダK7」

仮面ライダーによる変身ブームも時間がある程度たった頃、斬新なロボットアニメが登場しました。
それが「マジンガーZ」だったんです。
意外とロボットアニメってその頃はなくて、「マジンガーZ」よりもかなり以前に鉄腕アトムや鉄人28号などがありましたけど、ロボット自身が頭脳を持っているか、或いはリモコンでコントロールされるものでした。
それが人間がマシンを使ってロボットに乗り込み、スーパーロボットを操作するという画期的なロボットとして「マジンガーZ」が登場したわけです。
これはもう夢中になりましたね、。
様々な新しいエッセンスが盛り込まれ、ワクワクしてみていたものです。
その「マジンガーZ」が初めて戦った相手のロボットがガラダK7でした。

Drヘルも、光子力を狙っていたとはいえ、「マジンガーZ」の登場は予想だにしなかったことと思うんですけど、それを倒すためのロボットは、地中海バードス島で眠っていた古代ミケーネのロボット兵器であり、それを再生したモノでした。
だからそれらのロボットたちは「マジンガーZ」よりも前に作られていたため、対抗するにはもう一つの状態だったと思われます。
悪魔のような井出達のガラダK7は、両耳の辺りに装着されていた大鎌が象徴的であり、破壊の限りを尽くそうとするロボットのようで、まるで地獄から派遣された悪魔のようでもありました。
両眼からはミサイル発射も可能となっていましたが、これはDrヘルが独自にロボットらしい武器を装着したモノでしょうね。
「マジンガーZ」は主人公であったロボットが目立ち過ぎて、機械獣の存在が目立ちませんでしたけど、これはDrヘルの意をうけたあしゅら男爵等が操作していたことも大きく影響していたんでしょうね。
偶然放たれたルストハリケーンでガラダK7は粉々にされてしまいましたけど、「マジンガーZ」が初めて戦った相手のロボットということと機械獣第1号として印象に残るものとなりました。
ガラダK7③
ガラダK7

GX-25 ガラダK7

新品価格
¥32,554から
(2017/8/26 22:59時点)



スーパーロボット超合金 マジンガーZ

新品価格
¥7,180から
(2017/8/26 23:00時点)



超合金魂 GX-45 マジンガーZ

新品価格
¥12,100から
(2017/8/26 23:01時点)


クライシス怪人第2号~キューブリカン3

キューブリカン①
「キューブリカン」

仮面ライダーBlackが仮面ライダーBlackRXとなって、初めて正面から戦った相手がこのキューブリカンでした。
怪魔ロボット、ロボットながら歪んだ意思を持ったロボットが仮面ライダーの相手とは、唸るような設定でした。
確か、キューブリカンの身体は2段構えになってたと思いますけど、これもロボットならではだったんでしょうね。
左手の爪で捕えた敵を軽々と投げ飛ばすほどの怪力の持ち主で、右手からはレーザービームを発射するという能力の前に、 仮面ライダーBlackRXも苦戦を強いられますが、この辺りにはさすがに仮面ライダーBlackRXを抹殺するためにガテゾーンによって派遣されたロボットだったと思います。
しかし、クライス帝国は思いもよらない仮面ライダーBlackRXの前に、その能力を測り兼ねていたのも事実で、キューブリカンほどの能力をもってしても抹殺するまでには至りませんでしたね。

仮面ライダーと言えば決め技にはキック技と思い、仮面ライダーBlackRXが必殺RXキックを放ってキューブリカンの頭部を吹っ飛ばした時は、ここまでかと思いました。
だからキューブリカンの更なる頭部が出てきたときは、クライス帝国も幾重にも作戦を練ってキューブリカンを派遣したんだと思いましたし、第2の頭部からは大砲が出てきて破壊力もかなりのものだったと思います。
仮面ライダーBlackRXも離れた位置からのRXキック、キューブリカンも離れた位置からの大砲の放射は、キューブリカン有利かと思いましたけど、そこにはロボットと超能力戦士の身体の柔軟さが決め手になったと思います。
忍耐力もそうでしたけど、苦戦しながら態勢を整えて、ジャンプ一線、リボルケインを引き出し、リボルクラッシュを突き出す最後のシーンは、かなり印象的なものとなりました。

仮面ライダーBlackRXがリボルケインを使った初めての相手が怪魔ロボットであったところは、それだけその威力の効果を上げようとした試みに見えましたね。
キューブリカン
キューブリカン⑤

仮面ライダー レジェンドライダーシリーズEX 仮面ライダーBLACK RX

新品価格
¥19,800から
(2017/5/23 22:05時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーBLACK RX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥18,980から
(2017/5/23 22:06時点)



仮面ライダーBLACK RX Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥16,282から
(2017/5/23 22:07時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ブラックサタン改造人間第10号~奇械人ハゲタカン
  • ブラックサタン改造人間第10号~奇械人ハゲタカン
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンタロウ~アリンドウ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ