HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

アントラー

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第14号:ウルトラマンマックス~アントラー4

アントラー(マックス)③
「磁力怪獣 アントラー」

初代ウルトラマンに登場した怪獣アントラーは、名作中の名作怪獣でした。
その初代ウルトラマンの時ですら、アントラーはおそらく何千年も生きてきた怪獣であり、謎の超人が出現しなかったらもっと恐ろしい惨劇が繰り広げられたのかもしれません。
アントラーはその名の通りアリジゴクの怪獣であり、最大の武器は磁力でした。
おそらく磁力に影響されない世界はないでしょう。
地球という惑星も南極と北極で磁力を引きあいながら世界を構成していたわけですから、その磁力を武器にした怪獣には地球上の生命体では対抗できないでしょう。
恐ろしいほどの磁力に影響されない環境と生命体はあり得ない、それは太古の昔から現代に至るまで姿形と深さに差こそあれ、変わらないことですね。

そうした強烈な磁力を伴ったアントラーは、磁力の強力さ故に身近に何も引き寄せず、いや、自ら鼻に意図しないのに引き寄せられていったことが地獄のようであり、しかもアリジゴクの怪獣であったわけですから、すり鉢状に作っていた巣に引きずり込まれるようでもありました。
初代ウルトラマンの時は中近東の砂漠にあった街のあたりに登場していましたが、アントラーがアリジゴクの怪獣だけあって、その適正に見合った場所に登場していた感がありました。
このアントラーが街中に登場していたら、、、と思ったこともあって、ウルトラマンマックスでアントラーが登場してきた際にはどんな演出が施されるのだろうという思いもありました。
ビル街の建ってる土地が砂漠化してアリジゴクが作られるとなると、それだけでとんでもないことですが、近代の街はあらゆる電波、音波が飛び交っているのです。
人が多く、街を形成すればするほど磁力に弱いのは自明の理ですね。
アントラーは磁力怪獣でしたから、そこをもっとアピールする演出が欲しかったところです。
都市部にいきなりアリジゴクが出現して混乱し、磁力で通信も何も聞かなくなったところで現れたウルトラマンマックスをどれだけ苦戦させるのか、そうしたところにアントラーという怪獣の魅力を表現できるものがあったのかもしれません。

ウルトラマンマックスの決め技マックスカノンのエネルギー収集すらさせなかったアントラーの磁力は、かつて初代ウルトラマンのスペシウム光線をも受け付けなかった強力な体皮に強力に帯びていて、その威力はとんでもないものでした。
ウルトラマンマックス一人では勝てなかったことは、バラージの青い石が最終的に利用されたことでようやくアントラーを弱体化させるという人間との共同作業がその証明でもありました。

初代ウルトラマンの時と同じく、バラージの青い石がアントラーを倒すということになりましたけど、こうした古代の神秘的なパワーがなぞられることにはうれしくもありました。
アントラー(マックス)①



ULTRA-ACT ウルトラマンマックス

新品価格
¥8,460から
(2019/5/14 19:55時点)






ウルトラ怪獣第7号:初代ウルトラマン~アントラー5

アントラー②
「アントラー」

5000年前にシルクロードの匂いを感じるバラージの街を襲った怪獣がアントラーということでした。
まさしく磁力怪獣のようであったアントラーは、バラージの近辺にあったと思われる砂漠に潜んで、いましたけど、その当時の時代背景を思うと磁力ではなく、砂漠に擂鉢状の巣を作って、獲物が落ちるのを待ち構えていた特性が強かったと思うべきでしょう。
磁力は金属製のものを引き付けるものと考えると、この当時、砂漠の中の巣に潜むアントラーの上方を渡る物体の存在はあり得ないからです。
しかし、5000年前では地球はほぼ完全に出来上がっており、地球という惑星に引力や重力を引き起こす磁力は地球の軸に集中し、地球全体に知らばっていてそれを阻害するものがなかったとは言え、まるで磁力怪獣であったアントラーは地球上の磁力というより地球外の磁力そのもののような惑星の破片が、隕石となって地球に降り注いだ原型が変化したもののように思えました。
それだけアントラーが発していた磁力光線が強力だったということですけど、アントラーは外骨格の強力なクワガタやカブト虫といった感じがし、そういう見方をするとちきゅ産怪獣の印象が強いのです。

怪獣は、人類の想定する生物でありながら恐竜然とし、人知の及ばない超能力があって対処できないところに面白味があります。
アントラーは先ほど言ったように、クワガタやカブト虫のような井出達で、それこそ砂漠の中に潜んで獲物をが引っかかるのを待ちながら、時としてバラージの街を襲い5000年もの長きにおいて存在し得たということは、それだけでも地球産の怪獣のようで信じられない生命力を持っていましたけど、近似世において金属や鉄分を含むものは何でも引付けてしまう強力な磁力をもって、それを光線化するなどというのはいくら生命力が強いと言っても何らかの形で宇宙からやってきてしまった怪獣という見方の方が、あっていたのかもしれません。
アントラー⑦
アントラーの持っていた磁力は、多分全身に張り巡らさ江ていたのでしょうね。
初代ウルトラマンのスペシウム光線を撥ねつけてしまったのは、単に外骨格が強力なためだけでなく、全身に張り巡らされていた磁力の影響も大きくあったのでしょう。

アントラーがスペシウム光線を跳ね返し、初代ウルトラマンが体技で応戦しようとしてアントラーの大きな角を折ってしまってもアントラーの勢いを止めることはできませんでした。
バラージの青い石、、、これは何だったのかということは当時も今も謎のままです。
バラージの街にウルトラマンの姿をのような石像があったのは、初代ウルトラマンの年齢が2万歳以上だと言うことを考えれば、初代ウルトラマンとは無縁ではないでしょう。
とある漫画に、この石像の原型はゾフィだったということがありましたけど、自分もこの解釈には賛成です。
その石像の掌にあった青い石は、スペシウム光線の原石というのではなく、初代ウルトラマンなどウルトラ族が超人化した原因であったディファレーター光線の石化したもので、すべての力の原型でありそれを全て跳ね返すものだったと思います。
それだけの威力と効果を秘めた青い石では、さしものアントラーもひとたまりもなかったと言うことになるんではないかと思う次第です。

とにかく何といっても、とんでもない名作怪獣でした。
アントラー⑥

ウルトラ怪獣シリーズ56 アントラー

新品価格
¥15,908から
(2018/1/25 22:41時点)



ウルトラ怪獣シリーズ ソフビ アントラー 1983Japan緑系

新品価格
¥12,800から
(2018/1/25 22:43時点)



ボークス 初代ウルトラマンCマスク ガレージキットフィギュア ウルトラマンOHJr.シリーズ ウルトラQ特撮ヒーロー

新品価格
¥28,000から
(2018/1/25 22:45時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
  • 仮面ライダーSpirits~海戦・命のベルト・不死身の男
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ