HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ウルトラマンコスモス

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンコスモス~インキュラス3

インキュラス
「インキュラス」

夢の世界って、レム睡眠状態でないと見られないものです。
そこで見たものは、深い深層心理に残っているものが脳裏に浮かんで見えてくるものですが、意識してみようということもできず、また目が覚めても夢で見た内容も覚えていないものですね。
人間の多くの不思議の一つなんですけど、夢を見てるときって独特の念波が出ているのかもしれません。
それを好むバクという動物がいますけど、よく言われる夢を好むというのは幻獣の「獏」のことですね。
夢って、深いとは言え深層心理に潜むものが見えてしまうのですから、人の記憶が素地としてあります。
その記憶が素地である夢を奪うことなんて、幻獣「獏」じゃないですけど、やっぱり空想の世界のことになるんでしょう。

ウルトラマンコスモスに登場したインキュラスは、質の悪い羊が怪獣化してしまったような姿をしてましたけど、特に目が多かったですね。
子供の世界観として、夢と羊って睡眠という線でつながるようなそんな幻想の世界でつながっているようにも思えます。
でも、インキュラスは頭部の多くの目からオーロラのような光線を発し、それを見た者をレム睡眠状態にして、夢で引き出される人の記憶を奪ってしまう、それこそ質の悪い怪獣でした。
見た目、幻獣のようなイメージがあったインキュラスは、その見た目とは違って戦闘能力も幻想の世界を駆使するような瞬間移動能力や俊敏な動き、光の筒キュラスターに相手を閉じ込める光線などを使っていました。
ウルトラマンコスモスも幻想の世界でも十分に能力を発揮できそうなところ、やはりノワール星人やインキュラスにとっては得意分野だけあって、一枚上手のような感じがありました。

こうした幻想の世界って打ち破るには対抗手段がなさそうに見えたところ、幻想を打ち破るには我に返ることが肝要であったらしく、最後の最後でウルトラマンコスモスのプロミネンスボールで倒されたのはやっとの想いで、、、という感じがしました。
インキュラス②






ウルトラ怪獣第8号:ウルトラマンコスモス~ミーニン3

ミーニン①
「ミーニン」

ガモダマという宇宙合金で覆われた隕石の中には小型怪獣ミーニンが2体含まれており、そのうち1体にはバイオコントローラーが備わってガモランになっていましたね。
とある宇宙人が、地球という惑星にあった文明はどういうものなのか探る狙いで、ミーニンは派遣されていたみたいですけど、そういう設定自体はおいといて、ガモランもミーニンも、ウルトラQ や初代ウルトラマンの時に別々に出ていたガラモンとピグモンを、しかもガラダマを使って同時に出現させたものだったようです。

ウルトラ怪獣始期においてガラモンもピグモンも欠かすことができないくらいの人気怪獣で、方や悪役、もう一方は人間の味方として扱われ、それを平成という時代で置き換えたらどうなのかということだったんだと思います。

こういう場合は、古いものを知っていた方が良いに決まってますね。
ガモランモもミーニンもやり過ぎの感がありながら物足りなさを感じてしまったのは、ガラモンとピグモンをしっかり見てきたからかもしれませんが、ウルトラマンコスモスという番組の設定自体が大きく影響してしまったところが要因としては大きかったと思います。

ウルトラセブンの時に出てきたクレージーゴンもクレバーゴンとして登場させていましたけど、こういうのを見てると古き良き怪獣の再登場も、そのセッティング自体に行き過ぎ感がなければ、面白く見られたと思います。

ミーニンを見てたら、そんなことを思ってしまいました。
ミーニン④




ウルトラ怪獣第7号:ウルトラマンコスモス~ガモラン3

ガモラン①
「ガモラン」

ウルトラQには、かの有名なガラモンというモンスターだ登場しました。
宇宙からやってきたガラモンは外見上怪獣らしい怪獣のようにみえましたけど、ガラモンは実はロボットだったんですよね。
これって全くの意外でした。
このガラモンを模したような怪獣はその後何体か出てきましたけど、更に有名になったのは初代ウルトラマンの時に登場したピグモンでえしたね。
ピグモンはガラモンと違って立派な怪獣でした。
でも、どうもガラモンというモンスターのイメージは強く、似たモンスターを見るとロボットというイメージがついてきてしまいます。

ウルトラマン生誕35周年ということで出てきたのがウルトラマンコスモスでした。
時として初代ウルトラマンまでの怪獣がどこかしらで影響してることがありましたけど、そのガラモンがもろに影響してた話がありました。
ガモダマという隕石でやってきた怪獣ガモランでしたね。
このガモランは基本的おとなしい怪獣だったはずで、しかも2体いました。
そのうち1体がバイオコントローラーを装着され、操られてしまったことで破壊行為に出てしまった方がガモランでした。
見るからにウルトラQの時のガラモンを現代風にアレンジした姿をし、邪悪な宇宙人に操られているところまで同じでした。
あまりにガラモンへの意識が強過ぎたことが、ガモランを現代における怪獣と見るようなことができず、ガモランを見てるとどうしてもガラモンが意識されてしまい、斬新さが出てなかったことが残念でした。
ガモランに装着されたバイオコントローラーによる遠隔操作でしたし、ウルトラマンコスモスとは怪獣を倒すだけではなく、その前提とし怪獣を懐柔することが第1義でしたから、ウルトラマンコスモスが登場すればこのガモランに装着されていたバイオコントローラーを破壊する行動に出ることは明らかでした。
ここにウルトラマンコスモスのカタルシスのようなものがあったんでしょうけど、それにまだ馴染まない時期でしたから、物足りなさしか感じませんでした。

ウルトラマンコスモスに養生した怪獣は、若干の場合を例外として迫力がありませんでしたから、この時のkん層も止む無しのところはあったんですけど、ガモランの危ない存在感をもっとアピールするような展開が欲しかったところでした。
ガモラン

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥11,260から
(2018/3/4 22:06時点)





ウルトラ怪獣第6号:ウルトラマンコスモス~モグルドン3

モグルドン
「モグルドン」

何ともユニークな怪獣でしたね。
お腹の奇妙な模様は何だろうと思っていたら、その模様を使うかのようなモグルドンの両腕の動きは、思わず奇妙な模様と腕の動きに目が行ってしまう敵に催眠幻覚作用を引き起こさせるものだったようです。
ウルトラマンコスモスでさえ、その模様と奇妙な動きに幻惑されかけ、思わず頭を抱え込みそうになったときに、モグルドンの信じられない位長い尻尾の攻撃を受け、これがモグルドンの持ってる怪獣としての能力だったみたいです。

地下鉄拡張工事だったか何かで、岩盤を崩すために振動派を与えたところ、地中で冬眠状態にあったモグルドンに影響を与え、驚いたモグルドンが地上に現れてしまったという物語の始まりでした。
モグルドンの姿がモグラとイルカ、もしくはクジラのような感じだったんですけど、モグラと言ってもハナモグラのような感じで、思わず仮面ライダーアマゾンに出てきたモグラ獣人を思い出しました。
基本的に怪獣でしたから、そうでもないんでしょうけど、モグラ、しかもハナモグラでありいるかのような要素もあったとすると、モグルドンが眠っていた地中は以前海に近く、地中と言ってもそう深くないところだったと思われます。
地下鉄拡張工事における掘削作業の一つとしての振動派ならば、そう深くまで影響してなかったでしょうから、血か深いところで眠っていたという訳でもないようです。
モグルドンのお腹の模様と奇妙な動き、それが催眠作用を引き起こしてしまうところを見ると、太古の昔かそう遠い時間を遡るものではないかもしれませんが、人間の信仰上の対象になっていた存在だったんではないのかなと思います。

だからモグルドンと人間の距離感は、従来の怪獣よりも近かったもので、軽微なことが思ったよりも簡単に影響を及ぼしてしまったために、驚いて暴れてしまったというところでしょう。
驚いたために暴れたと言うことですから、フルムーンレクトで沈静化を図ったのはまさしく的を得ていたということになるでしょう。
モグルドン②
モグルドン④

ウルトラ怪獣シリーズ 2003 モグルドン

新品価格
¥5,500から
(2018/1/14 18:24時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥11,260から
(2018/1/14 18:24時点)






ブレージングウェーブ~ウルトラマンコスモス4

ブレージングウェーブ⑦
ブレージングウェーブ⑥
「ブレージングウェーブ 」

ウルトラマンコスモスは慈愛の戦士です。
興奮し暴れる怪獣を慈悲の気を持って懐柔し、大人しくさせるところに慈悲の気を感じるのですが、ウルトラマンコスモスはこれが基本でした。
ペンは剣よりも強しと言いますが、それも辺を持った人の気持ちに左右され、一概にそれとは言い切れません。
歪んだ気持ちは良いものではなく、その慣れの果てが戦争です。
しかし、強くあるべきペンでも救えない者は確かにあります。
巨悪というものがそうで、人間のみならず、慈愛の戦士であったウルトラマンコスモスでも救えない境地がありました。
絶対的な正義があるように絶対的な悪というのもあるようで、それをどうにかするには慈愛の心だけでは解決しないのかもしれません。
絶対的な悪などというものは考えたくないですけど、理解できない、いやその上を行ってしまう様な悪と思えばいいんでしょうか。
慈愛の心は失うことはありませんでしたけど、ウルトラマンコスモスは時に敢えて心を鬼にすることも弁えていたようです。
その姿がコロナモードだったんじゃないかと思いますね。

ウルトラマンコスモスは地球はもちろん、光の国の出身ではありません。
出身そのものは分かりませんけど、少なくともM78星雲の光の国のように他の悪意に満ちた者たちに常に狙われるような地域の出身ではなかったみたいですね。
それでも程度の差こそあれ、光の国の住人が超人に変わっていく要素の影響を受けていたからこその姿であり、やっぱりウルトラマンなんですよね。
慈愛心の程度の差で光の国のウルトラマン、光の国ではないところのウルトラマンコスモスという具合になるんじゃないのかなと思います。
そのウルトラマンコスモスが慈愛の心を留め置きながら、慈愛の心以上に敵を攻略するような攻める気を高めることでエネルギー主体となったのがネイバスター光線、エネルギーではなく極限まで攻める気を高めていって昇華させたのがブレージングウェーブ じゃないかと思います。
ウルトラマンコスモス・コロナモードの最強の技はネイバスター光線とされているようですが、光線の質によって評価が分かれるところなんじゃないかと思います。

ブレージングウェーブ は気を高めて昇華させポーズをとって構えていくところで発火し、敵を圧倒して消滅させるものですから、純粋な光線技というより圧殺波動と見た方が良いんでしょう。
気の集中は、エネルギー光球が出来て大きくなっていくところで高まり、強力波動を生み出す様子がよくわかります。
これも根本的には慈愛の心がなければ生み出されないものかもしれず、伸びしろの大きさというか無限の可能性のようなものを感じてしまうところがブレージングウェーブ の魅力だったのかもしれません。
ブレージングウェーブ
ブレージングウェーブ②
ブレージングウェーブ③
ブレージングウェーブ⑤

ウルトラマンコスモス ビッグサイズソフビフィギュア (コロナモード)

新品価格
¥8,880から
(2018/1/5 22:28時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥11,800から
(2018/1/5 22:28時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥183,100から
(2018/1/5 22:29時点)


ウルトラ怪獣第5号:ウルトラマンコスモス~カオスバグ3

カオスバグ④
「カオスバグ」

廃棄物はいわゆるゴミです。
当然ながらそこには生気はなく、無機質であるものにカオスヘッダーが取りついた意味が分かりません。
争いの続くとある惑星に秩序をもたらすために作られた人工生命体がカオスヘッダーでしたけど、作られたものといのは作る方の気持ちが働き、気が付けばそれは想定したものではないことの方が多く、時として暴走してしまいます。
秩序とは、複数の命あるものの間に作られるものですから、敢えて秩序を作ろうとするとか制御しようとするときに予想外のことが起こって当然のことです。
一方が作られたとはいえ生命体である時に、もう一方が無機質であれば、それは取りつく理由にはならないのです。
カオスヘッダーが取りついた廃棄物は不法投棄されたものですから、この場合不法投棄し者の悪意に取りついてしまったと言うことになるでしょう。
もともとカオスヘッダーは実態を持たないものでしたから、その悪意に興味を持って取りつこうとしたときは見た目が蛍のように小さく発光するものでした。

それが融合していき、カオスヘッダーの持つ元々の能力が巨大化して武力が前面に出てしまったのが怪獣カオスバグだったように感じますね。
こうなれば、いくら慈悲深いウルトラマンコスモスと言えど、その想いは通じるはずもなく、ルナエキストラクトも通じることもありませんでした。

結構な強力怪獣になってしまったカオスバグは、もはや武力でしか沈静化できず、ウルトラマンコスモスの物語では結構珍しい怪獣ではなかったでしょうか。
触覚から破壊光線を発射し、敵の攻撃は吸収してしまう上にそのエネルギーを尻尾に溜め込んで手先から破壊光線として発射していました。
見た通り蛍がモチーフとなったカオスバグは、コロナモードにチェンジしたウルトラマンコスモスのネイバスター光線で倒されましたけど、ウルトラマンコスモスは武力が高かったこともその特徴の一つでしたから、こういうシーンを見たかったのも確かなことでした。
カオスバグ⑥
カオスバグ①

ウルトラマンコスモス ビッグサイズソフビフィギュア (コロナモード)

新品価格
¥8,880から
(2017/11/14 22:12時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥9,560から
(2017/11/14 22:12時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥183,100から
(2017/11/14 22:14時点)


ウルトラ怪獣第4号:ウルトラマンコスモス~イゴマス3

イゴマス②
「イゴマス」

最初から戦うことを良しとしないウルトラマンコスモスは、それでもウルトラシリーズの一つでしたから怪獣や宇宙人だけではなく、ロボットも出てくるだろうと思ってました。
ただ、どんな具合でロボットを出してくるのか、、、それは早くもウルトラマンコスモス第4話で出てきました。
搭乗したロボットは、イゴマス。
なんと玩具のロボットが電池切れと言うことでの展開でした。
万能言語解読装置を内蔵して、あらゆる言葉を解釈できるということでしたけど、イゴマスには心があった模様です。
特撮ものに登場するロボットには心があるという設定がよく見られますが、心という概念をメカに置き換えることの不思議さは、いつも感じてます。
でも、それがないと物語が進まないのも事実でした。
イゴマスは自分に主人がおり、特殊電池で動くと言うことも理解できていたようですけど、製造年月日が古く、自分の動力源であった電池がもう製造されておらず、やむなく廃棄されていたことから怒りという感情が出て暴れたようです。

元から身長70メートル位あったイゴマスが、暴れると怖いものがありますが、そもそもその身長を有していたイゴマスを玩具としていたビビン星人って、どれだけ巨大なんだと思いましたね。
それでも自分が玩具であり、子どもたちの存在があって自分があるということも根幹としてあったため、ウルトラマンコスモスに自分の破壊を願っていたという絡みでした。
ここでウルトラマンコスモスが破壊してしまっては、ウルトラマンコスモスの存在自体が危うくなるところでしたから、コスモリダクターでイゴマスを地球人に見合うよう小さくして、電池切れで動かなくなっても子どもたちの玩具として存在し続けるようになったのは、本来の玩具の役目に立ち戻ったということでしょうね。
イゴマス

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥10,700から
(2017/9/18 18:20時点)



ウルトラマンコスモス コアモジュールシステム テックライガー 1号

新品価格
¥3,800から
(2017/9/18 18:22時点)



京本コレクション ウルトラマンコスモス(ルナモード)

新品価格
¥24,500から
(2017/9/18 18:23時点)



ウルトラ怪獣第3号:ウルトラマンコスモス~スピットル3

スピットル①
「スピットル」

襟巻怪獣と言えば古くは初代ウルトラマンの時にジラースがいましたね。
首周りに特徴のある怪獣はジラースにとどまらず、ガボラやケムラーなどがいましたけど、首周りの襟に特徴がありながら、しっかり怪獣然としたデザインから出てきてる見応えのある怪獣たちでした。
どの怪獣も楽しめたし、本気で見入ってしまいましたけど、そこから35年も経って襟巻怪獣が見られるとは思いませんでしたね。
それがスピットルでした。
時代が平成に入り、ウルトラマンネオス、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナと出てきましたが、そこに登場した怪獣たちのデザインにはもう一つの感じがあったものの、ウルトラマンガイアではストーリーはともかく、怪獣たちに目を見張るものが出てきて、それはそれは喜ばしいと思っていました。
一時ブームになったエリマキトカゲは時代が昭和でしたし、時代が変わると共に当然のようにブームが去って、そこにはエリマキトカゲの影は見ることが出来なくなりました。
ジラース、ガボラ等々はエリマキトカゲがブームになるずっと以前のものでしたから、やっぱりこうした怪獣たちが出てきた初代ウルトラマンの時の怪獣は名作だったと思います。
怪獣のデザインがよくなったウルトラマンガイアの時に、ひょっとすると襟巻怪獣みたいなものが出てくるかなと思いましたけど、根源的破滅招来体という前提があった物語の展開上、エリマキトカゲのようなペットではなく、強力怪獣をと考えられていたとしてもおかしくはないですね。
ウルトラマンコスモスは、怪獣を懐柔して同じ地球に住む仲間としていこうとした側面が大きかったことから、いわゆるペットがモチーフの元となったのかもしれません。
スピットルのモチーフがそこにあったかどうかは分かりませんが、エリマキトカゲの突然変異体とされたスピットルの姿を見るに、一時でも夢中になったペットを思いさせるのは姿だけではなく、全体的にその影響があったと思いますね。

飛行機の爆音に驚いて、それを敵視して溶解液を吐き出すのは、昔の要素に満ちた怪獣らしいと思います。
でもそこはウルトラマンコスモス登場の怪獣で、初めてカオス化しなかった怪獣でしたから、後頭部近くに麻酔を打ち込まれて鎮められた結末は、やっぱりなという感じがありました。
スピットル②

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥11,260から
(2017/7/19 20:22時点)



ウルトラマンコスモス コアモジュールシステム テックライガー 2号

新品価格
¥4,980から
(2017/7/19 20:24時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

中古価格
¥49,800から
(2017/7/19 20:25時点)


フルムーンレクト~ウルトラマンコスモス(ルナモード)3

フルムーンレクト④
「フルムーンレクト」

慈愛のウルトラマンとされたウルトラマンコスモスは、それまで登場したことのない蒼い姿をしたルナモードがメインの姿であるウルトラマンでした。
ウルトラマンとか仮面ライダーに代表される特撮HEROは、怪獣や怪人を武力や超能力で打ち倒すことに見応え感と面白さがあったと思いますし、それに間違いはなかったと思います。
あくまで、画面の向こう側の作られたものですから、当然のように現実のものとは違った世界のものですが、よりリアリティを追求してたことは、特撮の世界の基本であり、魅力の根幹です。
ウルトラマンコスモス自体はリアルに見ていたわけではないですが、見返してみると、どこか現実と特撮の世界が区別されているようで混在してる要素も多かったです。
ウルトラマンや仮面ライダーを見て、それを真似るというのは昔も今も同じようなものですが、それを区別させるのは番組制作者ではなく、保護者の役目であるはずです。
それが保護者が責任を果たさず、番組自体に影響が出て、こうした慈愛のウルトラマンが出てきてしまったことは、現実と特撮という空想の世界の区別がなされない世の中になってしまったという想いが強くありました。

そういう声を無視して、単に慈愛のウルトラマンというのは面白い感じがするコンセプトでもあります。
ウルトラマンコスモスは様々なモードを用い、場合によっては武力に訴えることを主としたモードも後に出てきましたが、慈愛、、、これが蒼い姿であることの結びつきに面白味があったと思います。
ウルトラマンと言えば基本的に体色は銀であったところ、燃え盛る闘志も持ち合わせ、それが赤の要素となっていたことにより、攻撃用の超能力が発揮されることに魅力がありました。
ここを反転させた設定のウルトラマンがウルトラマンコスモスですから、主だった姿のルナモードが蒼い姿であったことは、設定も体色も能力もそれまでとは反転した設定であったということです。
その蒼に象徴される慈愛の武器が、怪獣を懐柔させるが如く使われたフルムーンレクトでした。
フルムーンレクト⑤
フルムーンレクト⑥
フルムーンレクト⑦
フルムーンレクト⑧
フルムーンレクト⑩
これは攻撃用ではなく、両手を斜め上に揚げた後、右の手のひらを前に突き出して放ち、相手の高ぶる感情を鎮静化させて大人しくさせる興奮抑制光線ということでした。

これって、地球の弟のようである月のまだわからない未知の力を感じさせていたと思います。
地球と月は、引力や重力関係があるように、もともと武力に秀でた超能力戦士であったウルトラマンコスモスだったからこその決め技だったという具合に考えますね。
闘って武力を発揮させることで怪獣を倒すこのみならず、怪獣を大人しくさせて沈静化させることも超能力者の役目だとしたら、ウルトラマンコスモス(ルナモード)の登場は非常に面白味があったということです。
従来の光の国からやってきたウルトラ戦士と違い、M78星雲の使者ではなかったところにウルトラマンコスモスの斬新さがあったということになるかもしれません。

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥9,360から
(2017/6/18 22:24時点)



京本コレクション ウルトラマンコスモス(ルナモード)

新品価格
¥40,000から
(2017/6/18 22:26時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥183,100から
(2017/6/18 22:26時点)


平成ウルトラ怪獣第2号:ウルトラマンコスモス~ゴルメデ(カオスゴルメデ)3

ゴルメデ④
「ゴルメデ(カオスゴルメデ)」

ウルトラマンコスモスは特撮の神様円谷英二生誕100周年記念で制作されたウルトラマンでしたね。
だからウルトラマンコスモスの顔自体のデザインは、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイアと来た顔自体の変化は取り入れず、敢えて初代ウルトラマンのようでもありました。
怪獣の設定そのものは、それよりも前のウルトラQを意識して、第1話に登場したリドリアスはリトラ、第2話に登場したゴルメデはゴメスを意識して制作されたということです。
ですからゴルメデは古代怪獣ということになりますね。
ゴルメデの身体つきを見てると、胴体と尻尾が異常なくらいに太く、怪力というか剛力の持ち主のような印象を受け、如何にも地球の地底で眠っていた怪獣が目覚めさせられ、元からの乱暴者がそのためにいたずらに暴れようとしていた印象があります。
でも、古代怪獣というほど、太古の昔から生きながらえてきた怪獣という感じはしませんでした。

ウルトラマンコスモスは、怪獣を倒すというより捕獲すべきとしたものでしたから、リドリアスのような無邪気で友好的な感じがする怪獣を地球産の生き物として捕獲し、生活圏を与えようとしたのは分かりましたけど、ゴルメデのような乱暴で凶暴そうな怪獣を捕獲していこうとするのは、どこか理解ができにくいところがあったと思います。
以前に捕獲しようとしてうまくいかなかった怪獣が、目覚めさせられたのはカオスヘッダーの意思によるものということでしたけど、自らの意思ではなく、別の要素で目が覚めてしまったところに捕獲の意味があったのでしょうかね。
それでも、あのゴルメデの吐く火球と光弾配力たっぷりで、その剛力と合わせてなんとも組しにくい怪獣でした。ゴルメデ②
そうした要素を持ったゴルメデに目を付けたカオスヘッダーは、ゴルメデの要素だけを引き抜き凶暴化した別個体を作り上げていました。
それがカオスゴルメデでしたけど、なんともこの辺りにはカオスヘッダーの無慈悲なものが出て、しかも用無しとなったゴルメデを始末してしまったところには、カオスヘッダーの残虐さもあったと思います。
ここには、捕獲する必要性は全くなく、コロナモードにチェンジしたウルトラマンコスモスに強烈に倒されたのも当然の成り行きでした。

ウルトラマンコスモスは慈愛を基本線としながらも、牙をむく敵には敢然と立ち向かうウルトラマンということが、ここから明確になっていったと思いますね。
カオスゴルメデ①

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥8,030から
(2017/5/24 17:30時点)



ウルトラマンコスモス ビッグサイズソフビフィギュア (コロナモード)

新品価格
¥3,800から
(2017/5/24 17:31時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥188,300から
(2017/5/24 17:32時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ガランダー改造人間第7号~イソギンチャク獣人
  • ガランダー改造人間第7号~イソギンチャク獣人
  • ガランダー改造人間第7号~イソギンチャク獣人
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンA~ブラックビジョン
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンA~ブラックビジョン
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンA~ブラックビジョン
  • GOD改造人間第21号~ガマゴエモン
  • GOD改造人間第21号~ガマゴエモン
  • GOD改造人間第21号~ガマゴエモン
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ