HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ウルトラマンコスモス

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

平成ウルトラ怪獣第2号:ウルトラマンコスモス~ゴルメデ(カオスゴルメデ)3

ゴルメデ④
「ゴルメデ(カオスゴルメデ)」

ウルトラマンコスモスは特撮の神様円谷英二生誕100周年記念で制作されたウルトラマンでしたね。
だからウルトラマンコスモスの顔自体のデザインは、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイアと来た顔自体の変化は取り入れず、敢えて初代ウルトラマンのようでもありました。
怪獣の設定そのものは、それよりも前のウルトラQを意識して、第1話に登場したリドリアスはリトラ、第2話に登場したゴルメデはゴメスを意識して制作されたということです。
ですからゴルメデは古代怪獣ということになりますね。
ゴルメデの身体つきを見てると、胴体と尻尾が異常なくらいに太く、怪力というか剛力の持ち主のような印象を受け、如何にも地球の地底で眠っていた怪獣が目覚めさせられ、元からの乱暴者がそのためにいたずらに暴れようとしていた印象があります。
でも、古代怪獣というほど、太古の昔から生きながらえてきた怪獣という感じはしませんでした。

ウルトラマンコスモスは、怪獣を倒すというより捕獲すべきとしたものでしたから、リドリアスのような無邪気で友好的な感じがする怪獣を地球産の生き物として捕獲し、生活圏を与えようとしたのは分かりましたけど、ゴルメデのような乱暴で凶暴そうな怪獣を捕獲していこうとするのは、どこか理解ができにくいところがあったと思います。
以前に捕獲しようとしてうまくいかなかった怪獣が、目覚めさせられたのはカオスヘッダーの意思によるものということでしたけど、自らの意思ではなく、別の要素で目が覚めてしまったところに捕獲の意味があったのでしょうかね。
それでも、あのゴルメデの吐く火球と光弾配力たっぷりで、その剛力と合わせてなんとも組しにくい怪獣でした。ゴルメデ②
そうした要素を持ったゴルメデに目を付けたカオスヘッダーは、ゴルメデの要素だけを引き抜き凶暴化した別個体を作り上げていました。
それがカオスゴルメデでしたけど、なんともこの辺りにはカオスヘッダーの無慈悲なものが出て、しかも用無しとなったゴルメデを始末してしまったところには、カオスヘッダーの残虐さもあったと思います。
ここには、捕獲する必要性は全くなく、コロナモードにチェンジしたウルトラマンコスモスに強烈に倒されたのも当然の成り行きでした。

ウルトラマンコスモスは慈愛を基本線としながらも、牙をむく敵には敢然と立ち向かうウルトラマンということが、ここから明確になっていったと思いますね。
カオスゴルメデ①

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥8,030から
(2017/5/24 17:30時点)



ウルトラマンコスモス ビッグサイズソフビフィギュア (コロナモード)

新品価格
¥3,800から
(2017/5/24 17:31時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥188,300から
(2017/5/24 17:32時点)


平成ウルトラ怪獣第1号:ウルトラマンコスモス~リドリアス4

リドリアス②
「リドリアス」

怪獣とはその設定上、人間に敵対する巨大生物というのが基本としてあったと思うんです。
でも中には人に友好的な怪獣もいたりして、元々の設定とは逸脱したところにも面白味があったんですね。
逸脱すると言っても逸脱の仕方や演じ方なんかもあるんですけど、初代ウルトラマンにでてきたピグモンは設定も演じ方も良かったですね。
ウルトラセブンの時のカプセル怪獣、ウィンダム、ミクラス、アギラは人に友好ということよりもウルトラセブンの意思を十分にくみ取った戦う怪獣で、それが人の為でもありました。
その後にも友好怪獣というか人のために戦う怪獣はいましたけれど、設定も演じ方もピグモンやカプセル怪獣が最たるものだったという具合に思えます。
時代も平成に移り、どうも人のために動く怪獣というのがはっきりしなかったのですが、ウルトラマンコスモスの登場で一変しました。
ウルトラマンコスモスは暴れる怪獣を懐柔すべくあらゆる方法をとって人にやさしい怪獣を導き出そうとしてました。
時にそれはやり過ぎの機械が多く、怪獣とは、とかウルトラマンとは、とかいう具合に見る人にとっては不満もあったと思います。
不満も当然ですし、自分もウルトラマンコスモスを見始めた頃はこれはどういう番組なんだろうと疑心暗鬼にもなりました。
その第1号怪獣がリドリアスだったわけです。
多分地球産の怪獣なんでしょうけど、ウルトラマンコスモスの人間体である青年に通じ合っているような感じは、自分が自分で分からず混乱してる状況にこの青年が友好的に接して荒ぶる心を打ち溶かしていくような輝石を持っていたからなんでしょうけど、それでもその輝石を持つ以前に更なるきっかけがあったんでしょうね。
怪獣は巨大であるだけで取っ付きにくいものだと思います。
そこを満足させようとするために、おとなしく人懐っこい部分があったリドリアスを凶悪化させる設定としてカオスヘッダーがあり、カオスヘッダーが憑依することで怪獣が凶暴化していく様が描かれたんでしょう。

でも、ウルトラマンコスモスとはどんなものかということとこの番組で演じたかった方向性みたいなものは、第1話におけるリドリアスの行動と変貌でほとんどわかりましたね。
カオスリドリアス④
カオスヘッダーはなんにでも憑依してましたけど、当初は怪獣に取りついて混乱を招きだすとい展開が多く、憑依されてしまう怪獣の方も、それなりの能力がないと憑依されなかったかもしれません。
怪獣としてのリドリアスを見ると、飛行能力に長け破壊光線を吐くなど凶暴になりそうな能力もあって魅力は多くあったかと思います。
だから、カオスリドリアスになっても見栄えがしたと思うんです。
こうした怪獣を扱い、ウルトラマンコスモスの披露した能力を見るに番組としてのアピールに関してはこれ以上なかったという感じでした。
リドリアス③

ULTRA-ACT ウルトラマンコスモス ルナモード

新品価格
¥8,499から
(2017/3/23 22:28時点)



京本コレクション ウルトラマンコスモス(ルナモード)

新品価格
¥40,000から
(2017/3/23 22:29時点)



ウルトラマンコスモス 10周年DVDメモリアルBOX (期間限定生産)

新品価格
¥188,300から
(2017/3/23 22:30時点)



プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ウルトラ怪獣第22号:ウルトラQ~ボスタング
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンメビウス~クロノーム
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンメビウス~クロノーム
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人
  • ダークザギ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ