HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ウルトラマンダイナ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第16号:ウルトラマンダイナ~ヒマラ3

ヒマラ①
「怪宇宙人ヒマラ」

事象や物質を美しいと感じることは、人間だけでなく地球外生命体にあっても節愚な事じゃありませんよね。
地球人類がようやく地球外の宇宙空間に出てた時、宇宙飛行士が「地球は青かった」と言ったのは、それ位地球は美しかったということの意味でしょう。
同じ地球人でも、それを美しいと感じる者がいればそうではない者もいます。
そして、表現が芳しくない者もいることは確かなことですが、宇宙人が地球人と同じような感覚を持った者がいても可笑しくはないと思います。
美に関して、どういうもの、事象を美しいと思うのかは様々あろうかと思いますが、まして宇宙を漂浪している宇宙人の中には、地球だけではなく、様々な惑星を見、立ち寄ってきた宇宙人なら地球人より目が肥えているのかもしれません。

美しいものを手に入れようとすることは奪取ということでなくても方法はあるはずですが、宇宙人に地球の常識を当て込むのは無理なことです。
宇宙人に美的感覚があってそれを手に入れようとすると、無理やり奪取しようとするか、謎の独特の方法で手にレようとするようです。
ウルトラマンダイナに登場した怪盗ヒマラは、異空間「ヒマラワールド」を作り出してテレポーテーションを駆使する宇宙人でした。
ヒマラワールドという異空間のなかにヒマラが美しいと感じた事象を縮小して閉じ込めてしまうといったところで、しかも美しい事象の中の邪魔をするものは排除してしまう宇宙人でしたね。
地球人類の中にも怪盗は様々いましたし、語られもしましたけど、怪盗ヒマラはテレポート能力があって異空間を作り出して箱の中に閉じ込めてしまうなど、漂浪宇宙人でないとできない能力で怪盗であろうとしたようです。

ただ戦闘能力には乏しく、異空間を作り出す能力やテレポート能力があるのならそれを駆使してとも思うんですけど、巨大化しするとかなり鈍ったようですね。
ウルトラマンダイナも特殊能力を兼ね備えた超人でしたから、その前にヒマラは美にこだわり過ぎたマヌケ者だったかもしれません。
ヒマラ②


ウルトラ怪獣第15号:ウルトラマンダイナ~ハネジロー5

ハネジロー③
「迷子珍獣 ハネジロー」

マスコット的な怪獣、、、怪獣って基本的に人の敵で、倒さなければいけない悪行を働いているものでした。
これって大怪獣ゴジラの存在が大きかったと思います。
そこに魅力があり、怪獣たるもの、そうしたところに見応えを感じていましたね。
怪獣への見方が変わったのは、初代ウルトラマンの時のピグモン、ウルトラセブンの時のミクラス、ウィンダム、千明のカプセル怪獣でした。
人の味方、友好性や悪の怪獣などを倒そうとする怪獣もいるんだ、そこに新鮮さと面白みを感じていたりしました。
ピグモンは等身大、カプセル怪獣は巨大怪獣という差やニュアンスの違いはあれど、怪獣が人の味方や対策を練る情報をもたらしてくれるというのは面白いと思いましたね。
これも折からの怪獣ブームの最中にあった初代ウルトラマンやウルトラセブンというHEROがあったればこそだったんでしょうけどね。

ここから昭和においては、セブンガー等の若干の例外は除いて、人の味方や人に愛される怪獣が登場しなかったのは、偏に怪獣ブームが去ったこともあったでしょう。
時代は平成に入り、怪獣のコンセプトも様々なものとなりました。
今のようなペットブームこそまだなかったものの、ウルトラマンダイナにおいてハネジローが登場したのは、怪獣のコンセプトをあちこちにおいていた賜物だったように思います。
マスコットのように愛される怪獣がいたっていい、そんな具合に考えていたかもしれず、ハネジローを見ているとどこかピグモンの存在が見えてきそうです。
ハネジロー②
ハネジローが登場したのは、怪獣モンスアーガーが登場した話のメラニー遊星でしたけど、遊星なのに人がひきつけられるような光景を演出していたメラニー遊星は、ハネジローが出てくる演出、設定だったような気がします。

ハネジローは実はファビラス星人の星にいたムーキッドだったということは、後にファビラス星人が登場したときにわかったことですけど、そこに至るまでまるで人のマスコット的な存在で、自分の記憶を映像化して投影したり、敵の弱点を透視、さらに束縛された相手を解放する青色解放光線を目から発射したりしていたところに愛される要素が散りばめられていました。
特に主人公に寄り添いながらのやり取りが可愛らしかったですね。

平成といってもウルトラマンダイナの頃は、まだ時代の駆け出しの時代でもあり、ハネジローのような怪獣は物物語の心の拠り所や緊張感を和らげてくれた存在としては非常にありがたかったですね。
ハネジロー⑥



111 まいご珍獣 ハネジロー

新品価格
¥8,000から
(2019/6/19 21:21時点)





ウルトラ怪獣第14号:ウルトラマンダイナ~モンスアーガー3

モンスアーガー⑤
「破壊獣 モンスアーガー」

モンスアーガーを作った、あるいは育て上げた宇宙人はついにその姿を現しませんでしたね。
宇宙のどこかで宇宙戦争が行われたいたとすると、モンスアーガーが眠っていた遊星が宇宙空間を流れ続けて、そのからくりを知らぬ生命体を迷い込ませていたが分かりません。
ある程度の科学力を持った惑星の生命体なら、この遊星には引っかかってしまうでしょうね。

遊星とは隕石のように流れていくか、あるいは惑星間恒星感の引力を失って流れていく惑星のようなものであり、常に遊星を取り囲む環境が変わってしまうため、自然環境が成立するわけがありません。
だから生命体が存在するはずもなく、いわばモンスアーガーを切り札として罠を張ったようなものだったと思います。
この遊星を利用した宇宙人はかなりの科学力を持っていたと思いますが、最後まで姿を現さなかったのはウルトラQの時のガラモンのような感じがします。
ガラモンを製造したのはセミ人間と思われるところ、実はそうではなく正体不明のままです。
モンスアーガーは合わせた両手から発射する強力な赤色光弾と300万馬力の怪力が主な武器みたいでしたけど、それより注目したのは装甲としての皮膚がかなり丈夫で、ウルトラマンダイナのビームスライサーすら受け付けませんでした。
常に変わる遊星環境からそうなってしまったのか、モンスアーガーが本当に生物とすれば曹宇考えも持てますが、怪獣うという生物であったかどうかも定かではないようです。
頭頂部の青い皿のような部分がモンスアーガーの弱点であり、ハネジローが示唆しなければ手の打ちようのない存在で、まるで河童のような感じもありました。

最終的にウルトラマンダイナ・ストロングタイプのストロングボムでこの青い皿が割られたことにより、モンスアーガーも遊星もろとも爆破してしまいますが、地球人の及ばない得体のしれない宇宙人の恐怖を味わったような感じでした。
モンスアーガー③
モンスアーガー⑦






ウルトラ怪獣第13号:ウルトラマンダイナ~デキサドル4

デキサドル
「高速怪獣 デキサドル」

結構、出来のいい怪獣でした。
ゼネキンダール人の強力念力で地上絵が具現化されたような怪獣でしたけど、地上絵には3体もの怪獣らしいデザインがありましたけど、具現化したのはデキサドルだけでした。
多分、3体のゼネキンダール人の念力を集合させても、地上絵は1体ずつしか具現化できず、ゼネキンダール人の念力もデキサドル1体を具現化するのが精いっぱいだったということは、地上絵の3体のうちデキサドルが最も能力が高く、力があったということでしょう。

宇宙人なのかなんなのかわからなかったゼネキンダール人は、古代にいたとされているみたいですが、アンデス地方でその遺跡を調査していた際に発見したクローン製造機とその中に残されていた毛髪によって蘇ってしまった生き物ですが、異常なまでに念動力に優れていたのは何万年もの間、生きながら死んでいた状態の中で復活を狙っていたからかもしれません。
そのゼネキンダール人と地上絵、デキサドルの間には何かしらの関係があったはずで、いわばデキサドルはゼネキンダール人が存在していた時代の高度文明の象徴なのかもしれません。
だから、デキサドルは胴体力に優れていた上に、鳥獣でもあったこことから飛行能力に特に優れた生命体だったということなんでしょうね。
デキサドルの目と眼つきは爬虫類そのもので、鋭い眼光はそれを現していた、、、そんな感じがしました。

デキサドルはもともと胴体力とスピードに優れていたところ、ゼネキンダール人の反対勢力が何かしらの力で封印し、何万年も経ってからゼネキンダール人によって蘇させられたときに何万年もの時間の中で、自然培養されたデキサドルの地は発火して異常能力を身に着けてしまったということかもしれません。
口からの青色拘束光線や青色破壊光線はその表れのようです。

ウルトラマンダイナのミラクル状態の超能力をも上回るデキサドルは、ゼネキンダール人の胴体力によってもたらされた超能力が身についたんでしょう。
だからゼネキンダール人が滅失してしまうと、振り子の一つがなくなってしまったようにデキサドルもバランスを失い、それとともにデキサドルの超能力も減退して隙ができてしまった、、、そこへソルジェント光線が撃ち込まれたことで倒されてしまったということでしたけど、結構な難敵でした。
デキサドル③
デキサドル④






ウルトラ怪獣第12号:ウルトラマンダイナ~ゼネキンダール人3

ゼネキンダール人②
「ゼネキンダール人」

ゼネキンダール人がデキサドルを率いて登場した話は、ナスカの地上絵がモチーフでしたね。
ナスカの地上絵も人が描いたのも不可思議な要素が多く、様々な説が唱えられています。
太古の文明って、あったかどうかもわからないですけど、その証のようなものは確かに現在しています。
ナスカの地上絵が何故あったのかということも去ることながら、誰が考え、何の狙いでだれが指示したのかを思うと、太古の文明人は人だったのか宇宙人だったのか、まるで分りません。
ゼネキンダール人は、古代文明人みたいでしたけど、それが人なのか宇宙人なのかの言及がありませんでした。
移籍に残っていた体毛からクローン技術で蘇ったのがゼネキンダール人でしたけど、念動力の威力がすごく念波攻撃はその最たるものでした。
クローン技術から蘇っただけに、見定めた相手のDNAをコピーし、その姿を盗み取ってしまう能力など、これが古代とはいえ人間の力なのかとさえ思っちゃいました。

デキサドルを出現させるときも、他に2体の怪獣を蘇えらせようとしてたなど、その念動力の威力は半端なく、人間のなせる業ではないような気がしたのは、ナスカの地上絵での諸説を見るとそんな思いもしたことと似ています。
様々な超能力のような念力を使い、宗教めいた行動で怪獣復活を狙ったのも、ひょっとして太古の文明人であったとされるゼネキンダール人は、ひょっとして地球上に人間が出てきたばかりの時、そこに目をつけて地球に飛来した宇宙人だったのではないかと思いました。
地球外生命体に宗教めいたことがあってもおかしくなく、地球上の人間にはない超能力を有していたなど、古代に生存していたとは言え、人間だったということで説明がつかないことが多くありました。

ナスカの地上絵から推測される分野に怪獣を持ち込むようなことはよく見受けられました。
ウルトラマンダイナはウルトラマンティガの続編みたいなものですから、邪神にまつわるようなことは時に見受けられました。
ゼネキンダール人は人でも宇宙人でもなく、闇の存在であった異文明人だったということになると説明がつくかもしれません。
ゼネキンダール人①
ゼネキンダール人④




ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンダイナ~ギアクーダ3

ギアクーダ
「吸電怪獣 ギアクーダ」

雷の閃光とともにいきなり現れた怪獣でした。
帯電体質のギアクーダは電気を帯びていること自体が本能であり、身体が電気をすしなってしまうと自らの意思とは無関係に電気を求めてしまうのでしょう。
電気はエネルギーであり、人間が人工的に作り出してしまったものが顕著ですが、天然の電気はより強力であるものの、偶然からしか人間はその電気を目にしたり抗うこともできませんね。
ギアクーダはその自然から生まれてまう電気に本質があるために、その電気なしにギアクーダは生きられないといういわば厄介な怪獣でした。
雷という大きな電気エネルギーの中から生まれたようなものですから、当初は強大な怪獣でしたけど、分離してしまえば人間大であるものの、帯電体質は巨大であろうと人間大であろうと変わらなかったようです。

電気がなければ生きられず、電気を求めて活動してしまうのは本能的でありながら純粋なギアクーダの意思ではなかったかもしれません。
自分の行動を止めるには自分ではどうしようもないことは本能による行動であったためですが、もはやウルトラマンダイナの超能力に頼るしかなかったかもしれませんね。

人間が電気エネルギーを生み出すため、あらゆる化石エネルギーを求めて地球の自然を枯渇に導くかもしれず、そこに警鐘を鳴らそうとして生み出されてしまった怪獣かも知れませんね。
人工的に作り出す光ではなく、それの源となった電気精製について問題視して登場してしまった怪獣、、、それがギアクーダだったのかもしれません。
ギアクーダ⑤
ギアクーダ②



ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンダイナ~ギャビッシュ3

ギャビッシュ①
「ギャビッシュ」

巨大化しなければ、その姿はまるでネコ科の小動物の様でした。
かわいい小動物は、人と共存してやっと存在感が出るものと思いますね。
人がいなければ、小動物は食べ続けてはいけず、人はその存在に大いに癒されるところがあります。
猫や犬も元々は野生の生き物で、そういう習性は抜け出せるものではなく、しかし、やっぱりそれだけでは長く生きられません。
人もテンパり続けていては疲弊してしまいますから、やっぱり癒しは必要です。
人も基本的には弱い生き物なのかもしれず、癒されるということは弱い部分にいい刺激が与えられているのかもしれません。
だから、可愛らしい姿をした小動物には騙される展開は、特撮の世界には結構あったりします。

ウルトラマンダイナに登場したギャビッシュは、ダイス星人を殺めたりしましたけど、見た目と違って結構狡猾で残忍な性格を持った怪獣でした。
しかも、かなり好戦的で、それを秘めながら騙そうとして騙すというとんでもない魔物のようでした。
口からは光線を、尻尾からは電撃を放ち、相手の光線を目から吸収し口から跳ね返すカウンター光線や鋭い牙など攻撃能力は多彩でありながら、人質を取って相手を黙らせてジワジワと攻めてくる。
それは、まるでその姿とは裏腹のようでした。

可愛らしい小動物は、結構好きで動画や写真はよく見たりしてました。
だから、そうしたイメージとは裏腹のギャビッシュは、ボクにとっては怪獣でありながら魔物の獣でした。
ギャビッシュ③






ダイナックル~ウルトラマンダイナ4

ダイナックル
ダイナックル①
ダイナックル②
「ダイナックル」

電脳巨艦プロメテウスの身体を乗っ取ったデスフェイサーが、強大な破壊力を持ったネオマキシマ砲は、本来人間が手にしちゃいけない武器だったかもしれません。
ですが人間がネオフロンティ時代に突入し、広大な宇宙に進んでいこうとすると必要なエネルギー要素であったことも確かなことでした。
ネオマキシマ自体が人間が触れちゃいけないのはその破壊力ということではなく、これと同等以上の破壊力で責められたとき人類には守るものがなく、それ位ハイレベルのエネルギー開発は、人類以外のものが気が付いてるはずだったはずということだったと思います。
そのネオマキシマ砲の本来の威力を最初に目の当たりにしたのはウルトラマンダイナでした。
この威力の前に戦うことに迷いが出ても当然のことでした。

最初の戦いで翻弄されてしまったデスフェイサーを追い込み、デスフェイサーが最後に放とうとエネルギー充填を図ってネオマキシマ砲を放とうとしたとき、最初の戦いで教訓を得たウルトラマンダイナはデスフェイサーに正面から飛び込み、タイミングよく右ストレートパンチを打ち込みましたね。
それがダイナックルでしたけど、見事な渾身のパンチでした。

ネーミングをどうにかしてほしかったと思うくらい、ウルトラマンダイナ・ストロングタイプの精魂込めた全身全霊のパワーを集約した右ストレートで、それは見事であったと同時に痛快でもありました。
肉弾戦においてはウルトラマンダイナ・ストロングタイプの最強の決め技の一つで、効果絶大のカウンターパンチでもありました。
ダイナックル③
ダイナックル④
ダイナックル⑤






ウルトラ怪獣第8号:ウルトラマンダイナ~フォーガス3

フォーガス
「フォーガス」

菌糸系といえばキノコ。
カロリーがまるでないキノコに代表される菌糸系のものに、知性、しかもはるかに高度な知性を持たせて怪獣化したのがフォーガスでした。
しかも、その知性はネットをハッキングして地球征服を狙ったりするほどの脅威で、その実体化は等身大の怪人体のものと巨大な怪獣体のものがあり、コアの部分を破壊しなければ何体でも出てきてしまう厄介なものでしたね。

植物に知性を持たせるということでは初代ウルトラマンの時にケロニアが登場し、吸血植物であったケロニアは悲境に潜んで長い時を経て人知れず知性が身についてしまった上に怪獣化してしまったものでしたけど、フォーガス誕生にはどこかでケロニアが影響していたのかもしれません。
ケロニアにも恐ろしい等身大がありましたからね。
フォーガスは、人類の知性と戦略をネットハッキングすることで利用し、人類が自滅するよう仕向けていましたけど、ウルトラマンダイナの時代はネオフロンティア時代ということでしたから、知性を持った植物怪獣を演じようとするとフォーガスのようになってしまうこともアリなんでしょうね。
菌糸系と言ってしまえば全体的に軽さが出てしまい、存在感が失われますから、もっとこの辺りに一工夫する余地はあったと思います。
その存在感を表現するをために、何故菌糸系植物が知性を有するに至ったのか、表してみるということも必要だったのでしょう。

高度な知性を持つに至った菌糸系植物は、何でもありのような行動をとるのは能力の多様化が出過ぎて焦点が定まらなかったということもありましたけど、ウルトラマンダイナ初期においては面白い感じがする怪獣でもありました。
フォーガス②
フォーガス①








ウルトラ怪獣第7号:ウルトラマンダイナ~シルドロン3

シルドロン
「変異昆虫 シルドロン」

ウルトラマンダイナ第5話に登場したシルドロンは、肩書が変異昆虫ということでしたけど、何が原因で変異したのかは分かりませんけど、変異し過ぎですね。
高純度エネルギーを欲していたこと自体変ですけど、それをエネルギーにした身体は突然変異体と呼ぶには過ぎたものだったように思います。
基本的に何かしらの昆虫であることは目に見えて分かりましたけど、甲殻類、甲冑という外骨格に特徴があり、主に両腕自体に特徴がありました。
強力な怪獣という感じはしませんでしたけど、額の緑の水晶体のような特殊器官で敵の攻めを予知するという予知能力と相まって、防御力に優れた感じがしました。
地球防衛軍の攻めは、その外骨格で防ぎ切れたでしょうけど、その気になればウルトラマンダイナの持ってる破壊光線等で打ち抜くことも出来たでしょう。

この変異昆虫シルドロンは、変異さが異常であり、身体の大きさ自体が巨大化してしまったこともあって、こういうタイプも怪獣と呼べるでしょう。
しかし、シルドロンの登場はシルドロンという怪獣が主役ではなく、その弱点であった腹部にどう必殺技を打ち込むかということに主眼が置かれていました。
ウルトラ戦士の必殺光線は基本的にストレート光線であり、それは一本線か複数線になるのかの違いはあれど、真っ直ぐ放たれるものだったと思います。
ただ、放たれる光線の速さがとにかく優れたもので、避けるに避けられなかったとすると、その必殺光線に耐えうる身体を持つか、それ以上の技を放つ、或いは必殺光線以上の速さを身に着けていたか出ないと防げなかったのだと思います。
脳波コントロールの効く技であれば、その動きにバリエーションが持たせられるでしょうけど、技自体が物理的なものでなければならず、光線技となると脳波でコントロールするわけにもいかなかったでしょう。
変化する光線・光弾となると、光線技の派生技であるウルトラスラッシュがありますが、光線がストレートに放たれず、変化するとなると随分と時間を待たなければなりませんでした。
シルドロンを仕留めたウルトララマンダイナのウルトラフォークは、ウルトラマンダイナが掌にエネルギーを貯めて球体にしたソルジェント光弾の源のようなものを、工夫を凝らしてシルドロンめがけて投げ込んだ光弾でしたけど、見せ球まで見せて工夫したのは野球というスポーツをある程度のレベルで知っていたからこその技でした。
野球を知らなければそれまででしたけど、必殺光線・光弾に変化を持たせた先駆けのような話でした。
それを際立たせるためにはシルドロンのような怪獣が必要だったということになるでしょう。
シルドロン①

ULTRA-ACT ウルトラマンダイナ (フラッシュタイプ)

新品価格
¥22,800から
(2018/2/27 21:48時点)



アクションヒーローシリーズ ウルトラマンダイナ

新品価格
¥7,611から
(2018/2/27 21:49時点)





プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ