HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ウルトラマンネクサス

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ネクサスハリケーン~ウルトラマンネクサス5

ネクサスハリケーン
ネクサスハリケーン①
ネクサスハリケーン②
ネクサスハリケーン③
ネクサスハリケーン④
「ネクサスハリケーン」

大気の成分がどうであれ、大気の中では大気そのものを操ると大きな武器になります。
ウルトラマンネクサスが武器とした光は、そのままウルトラマンエクサスのエネルギーであり、それまでのウルトラマンに比しても光の純度が高く、それでいて光を光量子という物理に置き換えて考えられていたのではないかと思います。
ウルトラマンネクサスのエネルギーであり武器としていた光を光量子と考えなければ、具体的に大気と交えて考えられないでしょう。
光量子という光が大気に嵐を巻き起こそうというのは、光を理論的に手にできる具合に考えなければならず、それでいて光というのはエネルギーとして考えた場合、純度が高ければそれ以上のエネルギーを生まないわけですから、光が大気に嵐を巻き起こすことはとんでもない現象だと思います。

ネクサスハリケーンはウルトラマンネクサスがエネルギーとしていた光を操って大気の中にハリケーンを巻き起こす技ですから、超人以上の超人でないとできなかった技だと思いますね。
このネクサスハリケーンはハリケーンを発生させるまでのウルトラマンネクサスの腕の動きで光の渦を巻き起こそうというのが分かりますが、それで発生させた光の渦の中の風力は、光の速さ並みだったとお考えると、このネクサスハリケーンに巻き込まれて地中に埋め込まれてしまったペドレオンは、軟体ビーストだっただけに身体の冶具が定まっておらず、余計に踏ん張ろうとしても踏ん張り力のポイントを定める前に巻き込まれてしまった感があります。

わずかな腕の動きでも、それで発生させられた大気の渦は光というエネルギーで巻き起こされたこと事と相まって、見た目以上の威力があったネクサスハリケーンは、対ペドレオン戦の1回しか使用されませんでしたけど、メタフィールドという光の戦士特有の世界を作り出すことと比例するかのように純度の高い光エネルギーを自在に操っていた必殺技として、非情に印象に残るものでした。
ネクサスハリケーン⑤
ネクサスハリケーン⑥







スペースビースト第6号~ノスフェル5

ノスフェル⑥
「ノスフェル」

皮下筋肉むき出しのドブネズミのような姿をしたノスフェルは、まるで地獄の番人か使者の様でした。
底知れぬ存在感とパワーは、その両手の鋭い爪に象徴されたいましたけど、そこに信じられないほどのスピードも併せ持ち、あっという間にその鋭い爪で自分が意識あるうちに存在を消されてしまうような感じで見入ってしまいました。

パワーとスピード、これは相手に恐怖を植え付けるには十分すぎるもので、極端に言えば生命力の強さがそう感じさせたのでしょうけど、地獄の番人か使者でしたからね。
生命力どころじゃなかったかもしれません。

ノスフェルの体内には再生器官があり、ここを破壊しない限り何度でも蘇ってしまうことはその再生器官が体内にあるものでしたから、よくよく科学技術を駆使し、何度も相対時しないと分かるものではありませんでした。
ノスフェル登場のストーリーその点がキーであり、そこから生命力に裏打ちされたような恐怖感を感じさせていました。
ノスフェル③
スペースビーストは宇宙の果てから降り注いできた闇の存在のようなものです。
この世には光と闇に存在が分けられますが、生きとし生ける者が希望を感じる光に向かっていくというものではないらしく、闇の中でうごめくものがおり、光が感じられない闇の中にいるものですから邪悪な存在となり、真逆の存在を引きずり込むような性質があるようです。
闇の一つの象徴が地獄のようなところですけど、スペースビーストがやってきてしまった根っこは、その地獄以上の存在感があるところだったのかもしれません。
ザ・ワンが分子レベルで散らばった末に直接ビースト化してしまった一つにノスフェルがいたんでしょう。

恐怖と生命、闇、邪悪さと捕食といったすぺーうビーストの要素が、ノスフェルには満載でした。
人の心にさえ乗り移ってしまう始末の悪いビーストは、伸縮自在の下で相手を捉え、捕食までしてしまうものでしたけど、やっぱりキーは再生器官を直接破壊し、その末にノスフェルの肉体を破壊し尽くさないといけなかったことに尽きるでしょう。
ウルトラシリーズも昭和の時代で再生器官があった怪獣がいましたね。
ウルトラマン80の時のサラマンドラもそんな怪獣でしたけど、闇に支配されて操られてしまっていたノスフェルにはかないません。
ウルトラマンネクサスという番組の趣旨に最も似合っていたスペースビーストの一つだったと思いますね。
ノスフェル②







スペースビースト第5号~ラフレイア4

ラフレイア①
「ラフレイア」

高度な知性を持った生命体が感じてしまう恐怖とビースト振動波が融合してしまうことで生み出されるスペースビーストは、恐怖を媒体としてではなく、根本としていることから恐怖を感じる知的生命体自体を餌としまい、情報を得ていくことで急速に成長していく、言ってみれば非常に始末の悪い生命体でした。
恐怖を土台としていたわけですから、そこから生み出されるスペースビーストに動物型も植物型もないし、ペドレオンのような軟体ビーストもいたわけですから、何がどうなってスペースビーストになってもおかしくないわけです。
どうしても地獄の番人のような動物型のスペースビーストが想像されますが、ペドレオンのように区別できないところから始まりましたから、そこが面白く興味が注がれるところでした。
宇宙のどこかで咲く花というより、地獄のどこかで潜んでいるような植物が連想されたスペースビースト・ラフレイア。
日中はどこかに潜んでいながら、夜になると行動して恐怖を誘う植物型のスペースビーストでした。

大きな花弁が特徴的でしたけど、雌しべと雄しべを思わせる花芯が、猛烈な毒素を含んで花粉を吹き出し、それは付着すると異常なまでの高熱を発する上に、可燃性があったことと水素のようにとにかく軽量なもので付着しやすい性質を持っていたことから、ウルトラマンネクサスのメタフィールドのような閉鎖された空間や異空間で仕留めようとしないと、被害が甚大になるところでした。
ラフレイアを見て恐怖を感じる前に、ラフレイアによって自らの意識がなくなる前に身体を炭化されて失ってしまうようなもので、スペースビーストとして恐怖を餌とするより、ダークファウストによって恐怖感を植え付けられて指示に従っていたように感じました。
ラフレイア②
メタフィールドは、ダークファウストの登場によりダークフィールドに転換され、ラフレイアは指示者によって自らも有利な空間で戦えると思われました。
確か、2度ウルトラマンネクサスとは戦える場面がありましたが1度目はウルトラマンネクサスとダークファウストの戦いに加入せず、2度目でようやくダークファウストの指示に従うように介入していました。
ラフレイアは存在自体が非常に恐ろしいもので、実態を知るに至って恐怖を感じるビーストだと思いますが、あくまで植物型であり、自らが人を捕食するわけではなく、そうしたこともあって肉弾戦のような戦いはできないビーストだったのかもしれません。

ウルトラマンネクサスとダークファウストの初めての戦いにおいて、ダークファウストに使われたビースト、それがラフレイアであり、ウルトラマンネクサスではなく、人間の手というかビースト殲滅用の武器によって爆死してしまったということは、防御面に脆さがあったということかもしれません。
ラフレイア③








スペースビースト第4号~ガルベロス5

ガルベロス
「ガルベロス」

冥界は、地球であっても地球外であっても変わらないのだろうか。

生という一線を越えた向こう側の世界は知る由もなく、想像の世界だけです。
超新星大爆発によって宇宙に飛散した粒子がビースト誕生の要因となり、地球にやってきてしまったことを思うとスペ-スビーストは地球外生命体であり、地球上における生命体の要素は無関係だと思っていました。
しかし、冥界にその要素を求めるとなると、地球も地球外もそれこそ関係ないこととなります。
ネーミングからしてそうなのですが、地獄の番犬という冥界におけるモチーフは、畏怖感というある種存在感の大きさに震えが来そうでした。
それがガルベロスだったんです。
イメージ的に怪獣という枠に収まり切れないガルベロスは、まさしくスペースビーストであり、捕食ということ以上に催眠波動で死んだ人間を操って人を襲わせたり、幻覚を見せたりするという信じられない能力までありました。
何をしても強烈なイメージしかなかったガルベロスは、3つの頭部を持ち、そのうちの一つは腹部についていて目がないものであり、不気味さと存在感が共存し、ガルベロスの持っていた底知れぬ畏怖感はそんなところに原因があったのかもしれません。

ガルベロスの吐く火炎は地獄の業火のようで何でも焼き尽くし、長い腕は地の底まで届きそう、強烈な尻尾でたたきつけられてしまうともう二度と立ち上がることは不可能に思え、それはガルベロスは何度でも蘇ってしまうという能力に裏打ちされていたように思えました。

デザイン的にも秀逸で、名作に入るスペースビーストだったと思います。
畏怖感はその存在感と幻覚によってもたらされ、得も言われぬ恐怖感はさすがに地獄の番犬ケルベロスをモチーフにしただけのことはあったと思います。
初めはコアインパルスで、次にオーバーレイシュトロームでやられましたけど、そこに持ち込むまでのシーンやウルトラマンネクサスにとって決め技中の決め技でようやく仕留めたところまで追ってみると、スペースビーストの中でもかなり強敵のビーストだったんでしょうね。
ガルベロス⑤
ガルベロス③



スペースビースト第3号~バグバズン4

バグバズン
「バグバズン」

スペースビーストは、地球上の生物とは全く別の異形獣だと思っていたことがあります。
ULTRAMANに登場したビースト・ザ・ワンにそれは始まりましたが、舞台がウルトラマンネクサスに移ってのスペースビーストはCGで描かれたペドレオンでした。
完全に異形という感じのスペースビーストは、従来見てきた怪獣とも違います。
ウルトラマンAに出てきた超獣はヤプールによって地球生物と宇宙怪獣が融合されたものでしたけど、スペースビーストはその宇宙怪獣とも違ってたような感じがしてました。
異形であり異質である地球外生命体は、高い知性と信じられない肉体を持ち、それは地球での生物に対する考えを思い切り変えていたもので、それが宇宙からやってきてしまったところに悲劇あり、怪獣というよりは獰猛なエイリアンという感じがしました。
スペースビーストは異形の異星獣というだけではなく、地球外生命体が地球生物を捕食することでその特性を生かしたものがありました。

その初めがバグバズンだったということです。
バグバズン⑦
甲殻類の地球生物を捕食したことでその特性を出したバグバズンの姿は、甲虫とゴキブリを併せ持ったような姿をしてました。
頭部が2つあると言っても過言ではないその身体は、もう一つの武器となる尻尾に噛みつくことが家蔵な顎がありました。
上部の顔と尻尾の顔、特に顎の力に特徴があったバグバズンは、噛みつく力が強く、甲殻類の特徴のような硬い体表と共にバグバズンの大きな特徴でした。
捕食が全てのようなビーストだったバグバズンは、その噛みつく力が強かったことに最大の能力がありました。
しかし、捕食すれど金属類は吐き出してしまうことについては捕食の好みがあったらしく、それは人間を捕食してた影響だったかもしれません。

そんなバグバズンの姿は、見るからに思った以上の好印象のスペースビーストだったわけで、直接ウルトラマンネクサスに倒されることはなかった上に、当初は圧倒されていたことからビーストとしての戦闘能力は高いものではなかったかもしれません。
しかし、このスペースビーストは見るものをどうこう考えて作られたわけではなく、作り手のこだわりが想いきり出ていたビーストだったと思いますね。
バグバズン⑥

ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス (ジュネッス)

新品価格
¥43,700から
(2018/3/6 22:26時点)



ウルトラマンネクサス TV COMPLETE DVD-BOX

新品価格
¥17,388から
(2018/3/6 22:28時点)



スペースビースト第2号~ペドレオン(フリーゲン)4

ペドレオン(フリーゲン)①
「ペドレオン(フリーゲン)」

不定型であって軟体のような身体をしていたペドレオンは、その身体の95%が水分であり油を好む発火性の液体海獣のようなものでした。
特撮というのではなく、CGの成せる技なんでしょうけど、CGで作られたような怪獣としては後にも先にもこのペドレオンが最高作品だったと思います。

設定として身体のほとんどが液体であったペドレオンが、飛行形態となって能力を発揮するという展開はこれも予想が出来ませんでした。
ペドレオン(フリーゲン)は、ペドレオン(グロース)に飛行形態ということでしたけど、ペドレオンはクライン形態だけでもそれまでの怪獣とは一線を画したようなスペースビーストとしての魅力がありました。

攻撃されてもそれを学習して防御策を講じるかのようにしてくるペドレオンは、エタノールを求めて行動することを基本としながら触手を伸ばして人間を捕食すること自体、禁じ手を踏むようなスペースビーストでした。
全身これエタノールのようなペドレオンは、動きますから体内のエタノールは揮発し、ガスが出てしまうことからこれを利用したようなフリーゲン形態があったとしてもおかしくはないと思います。
けれど、それはクライン状態であるならまだしも、グロース形態でそうなってくること自体、結構な驚きでした。
グロース形態はクライン状態の集合体ですから、各クラインとクラインの継ぎ目にガスが出てしまう要素があったのかもしれません。
集合体として動くことで、その継ぎ目には電気が走り、ガスが発火するかのように浮遊力を持って飛行する、、、そんなところなんですかね。

クラインからグロース、グロースからフリーゲンと様々要素が出てきて次への展開に行かされていたペドレオンは、まさしく傑作スペースビーストでした。
ペドレオン(フリーゲン)③

ウルトラマンネクサス ウルトラ怪獣シリーズN 1 ペドレオン

新品価格
¥4,450から
(2018/1/16 22:01時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス (ジュネッス)

新品価格
¥10,760から
(2018/1/16 22:02時点)



ウルトラヒーローシリーズ 17 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥30,942から
(2018/1/16 22:02時点)


コアインパルス~ウルトラマンネクサス5

ウルトラマンネクサスは、昭和のウルトラマンの匂いを継承しつつ、全く新しい見栄えのするウルトラマンだったと思います。
深く追求しようとすれば一層深くなるほど、ウルトラマンネクサスの織りなした世界は深く広いのでしょうけど、キリが無くなるような気もしますね。
このウルトラマンは、画像や物語の設定、展開上、幼少の者を対象とせず、ある意味趣味の広がる世界をマニアックに作っていったところに面白さがあったように思います。
ウルトラマンネクサスは元はウルトラマン・ザ・ネクストから始まって、アンファンス形態を土台とし、ジュネッス、ジュネッスブルーと適合者によってその形態を変えていき、最終的には伝説上のウルトラマンノアまで昇華していったのですから、どの形態がどうのとかどの必殺技がどうのということは、ウルトラマンノアを除いて言えないのかもしれません。
しかし、ウルトラマンネクサスのどの形態での技も斬新的で見映えがし、至極強烈だったような印象を受けました。
昭和のウルトラマンを継承してたというのは、決め技のポーズが初代ウルトラマンやウルトラセブンのものと酷似していたことと、胸のエナジーコアに初代ウルトラマンのカラータイマーに相当するコアゲージが現れるところでした。
設定上、昭和のウルトラの世界の中心であった光の国を中心としながら、そこから果てのない裏宇宙まで進出し、伝説的存在のようになった物語の展開の終着点のようなところがウルトラマンネクサスの物語には散見され、ともすると昭和のウルトラの世界を盛大にひねった感じもするのですけど、元をただせば光の国に超人が現れた現象を基にしていたと思います。
だから、余計に面白かったというところですが、もうここまで来るとマニア向けですよね。
クロスレイシュトロームやオーバーレイシュトロームと言った決め技は初代ウルトラマンやウルトラセブンを継承してたようにも見えますけど、どこかそうしたところから昇華したことでウルトラマンネクサスの持っていたエネルギーの純度が思い切り高かったのではないかと感じました。
敵は悪魔そのものであり、その悪魔が闇を利用し、歪んだ人心をも利用したことで出現させたスペースビーストは、それだけ強力であったということで、対抗するには純度の高いエネルギーでなければならなかったというところでしょうか。
コアインパルス
コアインパルス①
コアインパルス②
コアインパルス③
コアインパルス④
コアインパルス⑤
昭和のウルトラマンではウルトラマンAにタイマーショットという決め技がありました。
カラータイマーから放たれる光線技ということは、それだけエネルギーを生み出す心臓に近い器官から発射されていたと言うことで、ひょっとしたらウルトラマンAの持っていた決め技の中では最も効果があった光線技だったのかもしれません。
そのカラータイマーに相当するコアケージを取り囲むエナジーコアから放たれていたウルトラマンネクサスの決め技がコアインパルスでした。
タイマーショット同様、ウルトラマンネクサスの心臓に直結していたと思われるエナジーコアから放たれていたわけですから、純度は思った以上に高かったと思います。
エナジーコア全体でコアインパルスは放たれていたのですが、このエナジーコアの中にコアゲージがあり、それがコアインパルスの核のようになっていたところから見ると、もの凄いエネルギー量でしかも純度が高かったと言えそうです。
このコアインパルスは2度しか使用されていません。
そういうところからして、ウルトラマンネクサスの全エネルギーのほとんどを消費してしまいそうな技でしたから、打ち損ないとか効果が上がらなかったということは許されず、その使用には慎重さが必要だったのかもしれません。

実に印象度の高い光線技でした。

ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス (ジュネッス)

新品価格
¥10,760から
(2018/1/7 22:06時点)



ウルトラヒーローシリーズ 17 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥30,942から
(2018/1/7 22:07時点)



ウルトラマンネクサス ウルトラ怪獣シリーズN 2 ガルベロス

新品価格
¥5,280から
(2018/1/7 22:08時点)


スペースビースト第2号~ペドレオン(クライン)5

ペドレオン(クライン)②
「ペドレオン(クライン)」

エルボレイ・シュトロームによって分子レベルの粉末状態となったザ・ワンの身体は、粉末状態となっても生き長らえていたようで、分子の一つ一つが環境や状況によって分子が一つでも集合体となっていても、それこそザ・ワンの気が基となっていたのか、得体の知れないものとなっていたようです。
ウルトラマンネクサスの話は、進行していくと共に、そうした分子状態となっていたザ・ワンの細胞以下のものが時間をかけて様々な形になっていったようです。

スペース・ビーストの気味の悪さは人間を捕食する姿がまるで悪魔の様であったところにありましたが、その第1号となってガソリンスタンドに現れペドレオンの姿は、正式な形状を持たないゲル状の怪物でした。
触手が生え、伸縮自在のその触手により人間を捕獲して食べてしまうその姿には、これまでにあった怪獣の概念を覆してしまうものだったと思います。
そこには気はないように見えましたけど、ゲル状の身体の何処にそんなものがあったのか分かりませんけど、人間の捕食行為そのものには理解し難い気が合ったと思われます。
エタノール等発火液体を摂取することもありましたから、滅多なことで発火攻撃は出来ないものの、ペドレオンがクラインという小さい形状の時こそが攻め時だったんでしょうね。
ただ、このペドレオンを始めとしたスペース・ビーストは学習能力があって、1度攻められて傷ついたことからその要素を学び、同じ攻撃の2度目以降はしっかり対処してしまったところに殲滅しきれない原因がありました。
ペドレオンがまだクライン状態の時にアンファンス状態のウルトラマンネクサスが登場してパンチでつぶしていましたけど、それでも完全に殲滅は出来ていなかったようです。
ペドレオン(クライン)
従来の怪獣は空想の産物でしたけど、その中には宇宙怪獣もいました。
それでも怪獣の形状は決まっており、その中で異空間を発生させたり異空間との扉の役目を果たしたりということはありましたが、それでもはっきりした形状を持たなかったペドレオンは、これまた時代の進化に伴う空想の産物でした。
CGという撮影技術の賜物だったかもしれません。
広大な宇宙の中には、人智を超え空想の域も超えてしまうものがあるのかもしれず、そうしたところに従来の怪獣とスペース・ビーストのラインがあったのかもしれません。

そういうことを思い起こさせてくれたペドレオンは、ある意味NewHEROのようなものだったかもしれません。
ペドレオン(クライン)③

ウルトラヒーローシリーズ 17 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥11,910から
(2017/11/16 21:54時点)



UHSN1 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥8,888から
(2017/11/16 21:55時点)



ウルトラマンネクサス TV COMPLETE DVD-BOX

新品価格
¥19,212から
(2017/11/16 21:56時点)


クロスレイ・シュトローム~ウルトラマンネクサス4

クロスレイシュトローム(ジュネッス)②
クロスレイシュトローム(ジュネッス・ブルー)③
「クロスレイ・シュトローム」

ULTRAMAN・THE・NEXTは地球にやってきたというものではなく、ザ・ワンを負ってる最中に地球にやってきてしまい、デュナミストにで出会えなかったらその姿がなかったものだと思います。
そのデュナミストもULTRAMAN・THE・NEXTに完全に融合するまでには至らず、そんな状況でよくザ・ワンを倒せたものだと思いますね。
ULTRAMAN・THE・NEXTにしてもアンファンスはもちろん、ジュネッスに至ってもやっぱり不完全体であったと思いますが、より進化したか、或いは地球環境に順応した姿がうウルトラマンネクサスだったような気もします。
決してULTRAMAN・THE・NEXTの進化体がウルトラマンネクサスではありませんが、ザ・ワンが分子レベルまで殲滅しても滅亡したわけではなかったところに、ULTRAMAN・THE・NEXTが地球に留まらなければならなかった理由があったわけです。
異星人が異星に長く留まることは、その星の艦橋に順応しなければならず、そうなると体に変化をきたしますから、外見的にも様相が異なってきます。

ULTRAMAN・THE・NEXTのエルボレイ・シュトロームは、それを放っている時間が長めで、破壊力によってザ・ワンを殲滅させたというよりも、光量子の量と流れるような勢いよって分子レベルまで細分化させたという方が良いような感じがします。
ウルトラマンネクサスは、ジュネッスやジュネッスブルーに発展した時、破壊力が増した必殺技が披露されましたけど、アンファンスからそこに至るまで基本的に底辺に流れる光量子エネルギーがあったはずです。
いわば、ジュネっスやジュネッスブルーはULTRAMAN・THE・NEXTの強化体のようなものですから、ULTRAMAN・THE・NEXTからウルトラマンネクサスのジュネッスブルーに至るまでの根底には同じ要素があったということです。
その発動がクロスレイ・シュトロームではなかったのかということですね。

初代ウルトラマンや帰ってきたウルトラマンのスペシウム光線のような両手をクロスさせることでウルトラマンネクサスから発射されるクロスレイ・シュトロームは、ULTRAMAN・THE・NEXTやウルトラマンネクサスといった戦士がどこかでM78星雲人と接点があったということの現れであり、これがウルトラマンネクサスの基本的な流れであったということになることと思います。
ULTRAMAN・THE・NEXTのエルボレイ・シュトロームが環境順応の中でスムーズな光の流れとなったのがウルトラマンネクサスのクロスレイ・シュトロームであり、アンファンス、ジュネッス・ジュネッスブルーのどの携帯からでも発射できたことは、エルボレイ・シュトロームの流れをくむ基本的光線技だったということになろうかと思います。
まるで居合抜きの抜刀の如き構えから発射されるクロスレイ・シュトロームは、地球における格闘技の奥義にどこかでデュナミスト自体が振れていた証拠かもしれず、その奥義の構えによってエネルギー集約が果たされ、腕先をクロスさせることで一気に発火・発射されるものだったかもしれません。

それでもあくまでウルトラマンネクサスの基本技であって、ビーストをこれだけで倒すことはありませんでした。
ただ、使いようによってはビーストや闇と対等に近く戦うことができ、エルボレイ・シュトロームの環境順応番だったと言えるかもしれません。
クロスレイシュトローム
クロスレイシュトローム①
クロスレイシュトローム②

UHSN1 ウルトラマンネクサス(アンファンス)

新品価格
¥9,111から
(2017/7/14 22:46時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス (ジュネッス)

新品価格
¥9,429から
(2017/7/14 22:46時点)



ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス ジュネッスブルー

新品価格
¥8,980から
(2017/7/14 22:46時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • 仮面ライダーSpirits~共闘・旅立ち
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンガイア~レザイト
  • ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンガイア~レザイト
  • クライシス怪人第11号~スクライド
  • クライシス怪人第11号~スクライド
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ