HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ウルトラマンA

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第14号:ウルトラマンA~サボテンダー3

サボテンダー④
「さぼてん超獣 サボテンダー」

本当にケバケバしい姿をした超獣でした。
サボテンダーが登場した話を見てるだけで、これはサボテンの超獣なんだということはわかりましたけど、単に宇宙怪獣にサボテンを合成したものと思っていました。
サボテンダーの身体に生えていた多数の棘はミサイルと化し、長く伸びる舌は離れた位置にいる敵を絡めとるばかりか、身体を密着させればサボテンダーの背中の棘はショック閃光を発して様々な戦い方ができる能力がありました。
泡状の溶解液を吐いたり、身体を樽のように丸めての体当たりなど、宇宙怪獣の部分が前面に出ていとは言え、実はサボテンという植物要素があったなど、信じられないよ宇な感じでした。
サボテンの芯は吸水性に優れた面もありますけど、ニワトリや果ては人間の食べる焼き鳥まで食べてエネルギーにしてしまうなど、植物だけでは合点がいかない面もありました。
サボテンダー①
サボテンダーはサボテンを超獣合成機でヤプールがハリネズミと合成させた超獣だったんですね。
つい最近まで知りませんでした。
サボテンという外見の能力に動物性を持たせるには、やはり素体としての同部tsが必要でした。
インパクトとしては弱かったですけど、仮面ライダーにおけるゲルショッカー改造人間のように複数の動植物を融合させて、一方の外見を強調させてもいいと思うんです。
複数の動植物を癒合させてしまうと、どちらかの要素が弱まってしまいますが、インパクトが弱くなってしまった方がもう一方の要素を支えるのではないですけど、サボテンダーの外見的なインパクトは全身に生えていた棘にあったと思うんですが、その強烈さをハリネズミ的要素が支えていたようにも見えました。
サボテンダーが体を丸めて体当たりするところなどは、ハリネズミの魅力満載でした。
こうしたところをウルトラマンAならではのサーキュラーギロチンという大技が、とっても生えて見せるほど重要な要素だったと思いますね。
サボテンダー⑥



ウルトラ怪獣第13号:ウルトラマンA ~ユニタング4

ユニタング①
「くの一超獣 ユニタング」

特撮番組は忍者が好きかもしれませんね。
忍者にモチーフを求めた怪獣や怪人は結構あったと思いますが、忍者が忍者たる所以に至るまで思いを寄せたものは少ないです。
忍者好きは者は特撮も好きになる傾向があったと思いますが、そういうところに目が行ってしまい、忍者を忠実に、、、というところが残念だった気もします。
ウルトラマンAに登場した超獣ユニタングもそうでした。
忍者の女性版のような「くの一」なんていう肩書を持ってたものだから、なんで宇宙怪獣に忍者の要素があるんだろう、なんて思いましたけど、肩書だけのようでもありました。
ユニタングは女子大生10人の合体超獣でした。
超獣になってからよりも、人間体でいた時の方が忍者的行動は多かったと思いますけど、極端に言えば10人もの女子大生のサイクリング部員に化け、追いつめられると超獣に合体してしまう能力こそが忍者的だったのかもしれません。
ユニタング
超獣はヤプールによって地球生物と宇宙怪獣が超獣製造機で製造されたものであるところ、蟯虫のような悪辣な顔から白い糸を履くユニタングを見てただけでは、モチーフとなった地球生物が分かりませんでした。
しかも、女子大生に化け、果ては合体していた証なのか、ユニタングの胴体には9つの乳房がありました。
ユニタングの顔と胴体に目が行ってしまい、どんな地球生物なんだろうということはどっかにいってしまいそうでしたけど、ユニタングの履いていた白い糸は口だけではなく、両手からも出していて、よくよく見てみると蜘蛛のようでもあるなと思ったら、どうも女郎蜘蛛だったらしいですね。

10人の女子大生のうち9人が胴体、司令塔役の1人が頭の角に合体し、ユニタングとなっていました。
その角が厄介で、ユニタングの打ち出した白い糸に絡まれ、角からのショック光線で攻められるというもので、もともとが合体超獣だったためか、切断技を得意としていたウルトラマンAのマルチギロチンでバラバラにされても合体復活してしまうという厄介さでした。
こういうケースの場合、バラバラになった状態では攻め切れないため合体して一つになった時が攻め時ですけど、燃やし尽くてしまうかすべて溶かせればと思っていたところ、ウルトラマンAはストップフラッシュでユニタングの動きを止めたうえで、ウルトラシャワーで溶かしてしまいました。
ウルトラシャワーと聞くとウルトラ水流みたいだなと思いますが、強力な消化液だったのは新たな驚きでもありました。
ユニークな超獣・ユニタング。
もう一つ言えば、決め手に欠ける超獣だったと思いましたね。
ユニタング②



ウルトラ怪獣第12号:ウルトラマンA~ザイゴン5

ザイゴン①
「犀超獣 ザイゴン」

犀超獣 ザイゴンはサイがモチーフとしてあり、その突進力にモチーフを求めたんでしょうけど、ザイゴンを考案した方の脳裏には闘牛があったんでしょう。
赤いものを見ると以上に興奮し、突進していくシーンは、闘牛に他なりませんからね
闘牛が鼻先でマタドールを跳ね上げてしまうシーンはマタドールの代名詞みたいなシーンでしたけど、サイの超獣であったザイゴンには強力で立派な一本角をつけてしまうことで、長寿を演じたかったんでしょう。

ザイゴンもまた、四つ足怪獣であるところ、膝をつくことなく、それはとにかく前に突進していくことだけに賭けていた象徴だったかもしれません。
新宿高層ビルを突き刺し、赤いものに興奮した状態ではさしものウルトラマンAもザイゴンには叶わなかったのかもしれません。
ザイゴンの突進に際して障害となってしまうものは、その突進力と強力な火焔ですべて振り払ってしまうようでした。
ザイゴンの火を吐くシーンをよくよく見てみると、口ではなく鼻先から噴いているようです。
それだけザイゴンの鼻息も凄かったかもしれませんが、サイと宇宙怪獣の合成超獣でありながら、地球怪獣のような感じもありました。
ザイゴン④
ウルトラマンAの初期、多分ヒッポリト星人が出てくるまでは、結構な名作怪獣が出てきています。
闘牛がモチーフのような犀超獣 ザイゴンもまた、外見上一本角が見事な名作怪獣の一つでした。
超獣でありがちななんでもかんでもというところが少なく、一本角に象徴されそうな突進力と火焔攻撃は、それだけでもかなりな強力さを感じていました。

その昔、初代ウルトラマンが怪獣ジラースを倒したウルトラ霞切りのような動きで、ウルトラマンがザイゴンを仕留めたウルトラナイフも、この時ばかりは実に味がりました。
ザイゴン⑧



ウルトラ怪獣第11号:ウルトラマンA~アンチラ星人3

アンチラ星人
「アンチラ星人」

初代ウルトラマンにはザラブ星人が化けたにせウルトラマン、ウルトラセブンにはサロメ星人が作り上げたニセウルトラセブンというロボット、だけど、帰ってきたウルトラマンにはニセモノが出てきませんでしたね。
後にウルトラマンAにはエースロボットというニセモノが出てきますが、そのウルトラマンAには超獣ザイゴンを操ったアンチラ星人がなんと、帰ってきたウルトラマンの人間体・郷秀樹に化けて正義の面を被って人間を騙そうとしていました。
ウルトラHEROのニセモノではなく、その人間体のニセモノ。
郷秀樹は結構な正義漢でしたけど、MATで殉職した設定になっていて、そこを巧みに突いたものとなっていました。

アンチラ星人はまるで違う姿にまで化けてしまう変身能力がありましたけど、元の姿に戻った気の戦闘能力がまるでない侵略宇宙人でしたね。
変身能力と人間を騙してしまう高い科学力はあったみたいですけど、攻撃能力がないところを補う別の力が欲しかったところです。

帰ってきたウルトラマンはウルトラマンAの直前で活躍したウルトラ戦士であり、この頃正式にウルトラ兄弟が設定された頃でしたから、ウルトラ戦士はお互いがお互いをよく知っていなければならないはずでした。
帰ってきたウルトラマンにはまだ正式な呼称がありませんでしたから、帰マン、新マン、ウルトラマン二世など様々な呼び方をされていたのは仕方のないところでしたけど、ウルトラマンAの人間体である北斗星司が郷秀樹の姿を見て、まるでわからないところは大いにおかしかったですし、それこそ本来が超人であるウルトラ戦士の人間体でしたからテレパシー交信で探りを入れるようなことは当たり前のところでした。
利き手が違ってとか、好物をわかっていなかったことで周囲の人間に不思議がられてアンチラ星人は正体を現していきますが、そういうことの前におかしなところが全面に出てしまいました。

これはリアルタイムで見ていた頃も多いいにおかしいと話題になったものです。

ウルトラ兄弟の正式設定は、細部にまでわたって決められておらず、とりあえずゾフィからウルトラマンAまでは兄弟以上のものだということだけだったということなんでしょう。
アンチラ星人①






ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンA~ガマス3

ガマス
「忍者超獣 ガマス」

カメラに写されるとそのネガに潜り込んで焼き増しされた写真の数だけ増えてしまうという超獣ガマス。
それだけでもとんでもない能力だというのに、焼き増しで増えただけ武器も増え、その武器は槍、まきびし、八方手裏剣に吹き矢と数多く、それは忍者の特徴そのものであり、この辺りから忍者超獣とされているようです。
忍者超獣だからこれだけの武器を備えさせたと考える方が正解だと思いますが、ガマスは蘭の花と宇宙怪獣の合成超獣で、持っていた武器とは何の因果もなかった感じがします。

蘭の花が一つの要因となった超獣ですが、花から受ける可憐さとは裏腹な姿をし、おそらく飛行能力を有したそれこそ鳥獣のようなところもありましたけど、花から想像する可憐さと忍者のようなすばしっこさとは無縁のような姿からは、その設定は想像さえもできませんでした。
多種多様な武器そのものは牽制技であって決め技ではなく、やっぱり最も目立ったのはその存在を焼き増しして増やせるところにあったのでしょうね。
ガマス①
ガマスを製造したヤプールとしてもそこは分かっていたはずで、TACの演習中にガマスを登場させたのも、ガマスの情報をTACに会えて流すことで、TACを内部から壊滅に追い込むと同時にウルトラマンA打倒を図ろうとしたところ、民間の週刊誌記者に撮影されてしまったことから作戦の路線変更を余儀なくされていました。
でも、これはヤプールが地球征服を狙うにはこれ以上ない効果をもたらしそうな展開であり、最初からこの路線でいってたとしたら、手のつけられない状況になっていたんでしょうね。

ガマス登場の話は、ガマスという超獣の存在よりも、ウルトラマンAがこれまでに使ったことのない大技を使うらしいという噂が流れて、番組中はそこをしっかり見ようとしてその点ばかり気にしてた記憶があります。
パンチレーザースペシャル、これは確かに大技である媒体を通して分身してしまう能力を有したガマスには有効であり、期待以上の大技でありましたね。
ガマス④






ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンA~メトロン星人Jr4

メトロン星人Jr①
「メトロン星人Jr」

ウルトラセブンに登場した知略を駆使し、それ相応の武力を持ちながら武力を使わずして地球侵略をしようとしたメトロン星人の息子が、メトロン星人Jrでした。
ある意味、侵略行為にセンスを感じたメトロン星人の息子とは思えない狡猾かつ卑劣で好戦的な宇宙人がメトロン星人Jrだったように思います。
ヤプールとはどんな関係にあったのかは分かりませんが、妖星ゴランの接近に伴った混乱状況を利用し、超獣ドラゴリーを前面に押し出して、卑劣な行為を送り返しました。
正に似ても似つかぬとは、このメトロン星人とメトロン星人Jrのことを言うのでしょう。

ヒラヒラした両腕先からはショック光線と電撃する能力を従えながら、実は死体に憑依して騙すことを得意としていた宇宙人だったように思います。
等身大から巨大化する能力もあり、様々な能力があった上に騙しの知略もあったとは、侵略宇宙人の典型であったのかもしれません。
多分、超獣ドラゴリーが登場せず、怪獣ムルチも出てこない単独の展開だったならば、その卑劣な知略に騙されそうに放っていたんでしょうけど、能力は多岐に及びながら決定打に欠けるところはウルトラマンAに善戦していただろうとは思いますが、武力では叶わなかったと思いますね。
正にヤプール、超獣ドラゴリーありきの宇宙人だったように思えました。
メトロン星人Jr
メトロン星人とメトロン星人Jrを思うと、遥かかなたにあった思われるメトロン星という星は、どんなところだったのでしょうね。
そこに生きるものは騙し騙され、人を信じる思いなどなく、裏切りと卑劣さを基本とした騙しの民族が巣くう星だったのかもしれません。
それだけ外敵に様々な状況から攻め込まれていた過酷な星だったのかもしれませんけどね。
うM78星雲の光の国が、このメトロン星を知らぬはずがなく、多分マークはしていたんでしょうけど、地球にやってくることは予想できなかったのかもしれません。
ウルトラマンAのバーチカルギロチンで真っ二つにされて最後を迎えていましたけど、きっちりメトロン星人Jrを倒していなければ、強敵であった超獣ドラゴリーに向かっていけなかったということと騙され、危険な展開の中、こうした大技で倒すことは当然のことだったと思いますね。
メトロン星人Jr③






ウルトラ怪獣第8号:ウルトラマンA~ドラゴリー4

ドラゴリー②
「ドラゴリー」

「怪獣対超獣対宇宙人」というタイトルで出てきた超獣がドラゴリーでした。
同時に出ていたメトロン星人Jrが知略と策に長けた様な宇宙人なら、超獣ドラゴリーは与えられた知能は低レベルだったものの凄まれるような怪力と凶暴さが最大の特徴でした。
怪獣ムルチの下顎を引き裂き、それはムルチの足元まで行ってしまった演出は、特撮番組としてはあり得ないような演出で、トラウマになってしまった人も出てしまっていましたが、超獣の持つ怪力には怪獣は及びもつかないと言うことを表現したかったのでしょう。

肉厚で重厚な感じがしたドラゴリーは、頭部が小さく客分に行くに従って広がっていくような様は三角形の超獣でしたけど、身体の中ほどから生えていた大きな団扇のような手先は、本当に分厚くてこれで打たれてしまうと強烈だろうなという感じがしましたね。
おそらくこの手に象徴されたようなドラゴリーの怪力・剛力は、フルパワーのウルトラマンAも太刀打ちできず、ドラゴリーがその団扇のような手で打ちのめすシーンが何度かありました。
そして印象的だったのがドラゴリーの牙でした。
超高音火炎を吐くドラゴリーは、体温が非常に高く、そうした特殊な器官が体内にあったのでしょう。
その象徴がこの牙で、触れただけで燃え盛ってしまうほどの高温の為に炎のようなオレンジ色をしていました。
剛力とそれに伴う火炎の超獣がドラゴリーとなってたわけですが、妖星ゴランが地球に迫り、その切迫感と相まってメトロン星人Jrと好対照的であったドラゴリーは名作超獣だったのかもしれませんね。
ドラゴリー⓵
ヤプールが、地球上で生きていた蛾と宇宙怪獣を合成させて製造した超獣がドラゴリーということでした。
あの団扇のようなところに蛾の要素があったのかもしれません。
ドラゴリーがウルトラマンAをエネルギー切れに追い込んだ時点で一旦はドラゴリーが飼ってしまった陽に見えたところ、妖星ゴランの爆発によりウルトラマンA[のエネルギーホールに光のエネルギーが集約されて、、、ということがなかったら、「怪獣対超獣対宇宙人」という三竦みの構図はあったものの、ウルトラマンAは敗れ去るところでした。
復活したウルトラマンAの戦いぶりを見ても、パワーではかなわないため、瞬発力による技の切れと超能力を駆使させることでようやく仕留めたような感じがしました。
ドラゴリー⑥

ウルトラ怪獣/ドラゴリー/ソフビ/フィギュア/エクスプラス/X-PLUS

新品価格
¥45,002から
(2018/4/2 20:57時点)








ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン~ウルトラマンA5

ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン④
ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン⑥
ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン⑦
「ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン」

「vertical(バーチカル)」とは「縦(たて)」のことで、相手を縦に真っ二つに切断するエネルギーの消耗が激しいウルトラマンAの大技でした。
胸の前で交差した腕を上下に素早く伸ばして右手刀と左手刀の間に大きな三日月型のエネルギーによる切断型を作り出し、敵に発射して縦に真っ二つにする強力技でしたけど、胸の前で交差した腕を上下に伸ばす時に思い切り全身のエネルギーを集約してカッター状の型にするときは力感が籠っていたようでしたので、多分、連射が効かず、十分なネルギーを保有してないと放てない技だったのでしょう。

ディファレーター光線は各ウルトラ戦士の体内で精製され、独自のエネルギーとなっていきます。
体内をめぐり循環するのがエネルギーですから、身体を支え強化していくのに大事な役目を負っていると言うことになります。
ウルトラ戦士は超能力戦士ですから、著能力を発揮するにしてもその循環力が問題であるところ、循環するエネルギーが研ぎ澄まされ身体のどこかの部分をスパークさせることで体外に放出されるのが光線技ということになりますね。
光線とは流れ出るもので塊ではないですし、ある程度固めないと光線で敵を切断するわけにもいきません。
ある程度固めて切れ味を持たせる、それが切断技になりますけど、ウルトラマンAの大きい特徴はそうした切断能力を持たせてエネルギーを固めるところにあったような気もします。
「ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン」は、大型のエネルギー固定化の切断技というところからしても大量のエネルギーが必要だったはずで、それを切断する能力に長けた形にしたのはエネリギー消費量は生死にかかわるものだったかもしれず、そういう意味でも大技であり、強力切断技だったということになるでしょう。

バッドバアロン、フブギララ、キングカッパーに対してこの「ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン」を決めていましたけど、何と言ってもメトロン星人Jrを真っ二つにしてしまったところが、十分な迫力と力感があって最大の見せ所でした。
ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン
ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン①
ヴァーチカル(バーチカル)・ギロチン③

RAH リアルアクションヒーローズ ウルトラマンエース 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥27,800から
(2018/2/24 22:34時点)



メディコム・トイ RAH ウルトラマン・エース 全身可動フィギュア 未開封

新品価格
¥38,900から
(2018/2/24 22:35時点)






ウルトラ怪獣第7号:ウルトラマンA~ブロッケン5

ブロッケン
「ブロッケン」

一度はウルトラマンAを敗退に追い込みそうになった超獣ブロッケン。
口というか鼻先から放つ火炎、両手先から放っていた破壊光線だけでも苦戦させるのに十分な武器だったのに、まるで四角で蠢く様なブロッケンの尻尾からは高熱光線を放っていました。
ブロッケンはまるでケンタウロスのような井出達で、初代ウルトラマンの初期に出てきた怪獣ドドンゴのようでした。
ブロッケンの巨体は、前半分だけでも結構な丈があって、受け止めるのにも余ってしまうほどの胴体力による威圧感があったと思われますから、その背後の尻尾が2本もあって攻撃を仕掛けられると、まるで不意を突かれたようになってしまい、ブロッケンからすると効果が上がる武器だったと思います。
生き物は基本的に二本足か四つ足歩行で前に進むものですから、そういう動きを予想して相手をするものと思いますけど、超獣ブロッケンはあくまでヤプールに作られた怪獣を超えた超獣でしたから、その動きをある程度予想して戦うことは、ウルトラマンAでなくてもかなり困難なことだったと思います。
所だウルトラマンが怪獣ドドンゴと戦った時のように馬乗りになるのも戦い方の一つであり、ブロッケンに対してもウルトラマンAは過去のウルトラ戦士の戦い方を学んでいたのか、ブロッケンに対して同様の戦い方をしていました。
しかし、そこは怪獣を超える超獣が相手でしたから、初代ウルトラマンがドドンゴを相手にした時以上の動き、暴れる馬以上の難解な動きと迫力がブロッケンにはあったと言うことなのかもしれません。

本来の姿だけでも印象的であったブロッケンですが、ヤプールに作られてとは言え、人間の姿にも擬態していました。

闇の指令を受けて暗躍していた人間体ブロッケンは、その手に口と目が露出し、そこだけが本来の姿になっても同じでした。
ですけど、両手先にもう一つの顔が2つもあったと言うことになり、相手にすれば何処からでも攻められてしまうような気配が漂い、これも気味の悪いブロッケンの大きな武器でした。
ブロッケン①
しかし何といってもその姿が印象的で、カッコいいものでした。
ブロッケンは、ブロッケン現象とは無関係かもしれないですけど、ウルトラマンAに登場した超獣だけではなく、ウルトラシリーズにおいても結構な名作怪獣だったと思います。

何とも強力そうな感じはその姿から感じられましたけど、2本の尻尾とそこから放たれる高熱光線、鼻先からの火炎だけでも迫力満点でした。
ブロッケン胴体力を図ろうとすると、ウルトラギロチンは効果満点で、この技でしか倒せなかったんでしょうね。
ブロッケン⑤

RAH リアルアクションヒーローズ ウルトラマンエース 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥27,800から
(2018/2/8 22:07時点)





ウルトラ怪獣第6号:ウルトラマンA~アリブンタ5

アリブンタ
「アリブンタ」

超獣アリブンタの主はギロン人でしたね。
でも、超獣アリブンタは肉食のアリと宇宙怪獣を合成させて登場してきたいわばヤプールの作り出した生物でした。
他の人が作り出したものを他の他人が飼ってるような、そんな現象でした。
ギロン人はヤプールとどういう関係にあったのかは定かではありませんが、存在感の規模からしてヤプールの配下にあったギロン人がアリブンタの指揮権を譲ってもらって操っていたと考えられます。
基本的にアリブンタは肉食ですが、好んで血液型がO型の女性を引きずり込んで食料のようにしていたのは、ギロン人独特のこだわりだったのかもしれません。

アリブンタは地中に住む蟻の超獣でしたから地底怪獣が基本であり、ギロン人も地底人。
この地底に潜む生物が地上に住む人間を引きずり込む蟻地獄の演出の仕方は、まるで威厳空間を演出してるようで、そこに超獣アリブンタへの期待感が高まりました。
口からは蟻特有の蟻酸を吐いて人間の身体どころか鋼鉄までと化してしまい、これだけでも地底怪獣特有の能力でしたが、地底にもぐる術を持たないウルトラマンAは地底戦の経験がないことを思うと、この強力蟻酸だけでも充分戦えそうな要素はありました。
アリブンタにはキレイな眼がついていますが、光の差し込まない地底においては基本的にこの目は不要であったところ、アリブンタは両手先から獄炎を発し、光の代わり自ら放つ炎の灯りで目が鳴らされていたのか、地上戦に打って出てもちっとも見劣りはしませんでした。
きっと、ヤプールは地底でのアリブンタの能力でウルトラマンAを地底に引きずり込んでと閉じ込めておいたとしても、地上において戦闘状態になることを予想していたんでしょうね。
でも、地底での動きを見るにアリブンタはやはり地底怪獣であり、地底での行動をもっと見ていたかった気がします。
アリブンタ②
アリブンタの基本的な要素となった肉食系のアリは、南米産のアリだそうです。
その画像を見たわけではありませんが、牙の生えたような口を持つ表情は目の煌めき党は裏腹に凶暴そうに見え、アリブンタの背中に立つ大きな器官は、蟻酸かあるいは火炎を発するエネルギー要素となるモノを精製してた者ともいますが、アリブンタの身体全体のバランスからして、これは見事な出来栄えだったと思います。
主であったギロン人の出来栄えがもう一つであったのに対し、アリブンタ自体は名作怪獣となりうるものであり、役割どころとしてギロン人の存在を喰ってしまったような感じがありました。

だから、ギロン人との頭部のぶつかり合いで最期を迎えてしまったのは、何とも惜しく物足りなさが残りました。
メタリウム光線によっても撃破されなかったですしね。
アリブンタ④

ウルトラ怪獣シリーズ 64 アリブンタ

新品価格
¥12,000から
(2017/12/11 22:04時点)



RAH リアルアクションヒーローズ ウルトラマンエース 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥14,800から
(2017/12/11 22:04時点)



大怪獣シリーズ ウルトラマンエース 登場ポーズ版 (PVC製塗装済み完成品 一部組み立て式)

新品価格
¥29,800から
(2017/12/11 22:06時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第15号:ウルトラセブン~アイロス星人
  • ウルトラ怪獣第15号:ウルトラセブン~アイロス星人
  • ウルトラ怪獣第15号:ウルトラセブン~アイロス星人
  • ゲルショッカー改造人間第15号~ハエトリバチ
  • ゲルショッカー改造人間第15号~ハエトリバチ
  • ゲルショッカー改造人間第15号~ハエトリバチ
  • ウルトラ怪獣第15号:初代ウルトラマン~ミイラ人間
  • ウルトラ怪獣第15号:初代ウルトラマン~ミイラ人間
  • ウルトラ怪獣第15号:初代ウルトラマン~ミイラ人間
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ