オニメンゴ①
「オニメンゴ」

オニメンゴが登場した話は、低年齢層に近づきすぎてチンケなものでしたけど、オニメンゴを改造人間ではなく怪人としてみてみるととにかく出来のいい怪人だったと思います。
改造人間は仮面ライダー草創期の頃から、改造人間都会人の区別がなく、混同したものでした。
改造人間のモチーフとなった動植物が現実にあるものとしたら、その特性を人間に植え付ける、或いはその逆でそのための生体手術が必要となりますね。
手を変え品を変えて、様々な改造人間を生み出し、そこにメカという金属を持ち込んだり、改造人間のコンセプトを変えて出現させてみても、改造素体の範囲を広げなければいけなくなったことが、現実の動植物だけじゃなく、空想のものまで手を広げることとなりました。
いつの仮面ライダーだったかは思えてはいませんけれど、空想の生き物をモチーフにしたものが時々出てきましたけど、生体手術など考えられない空想の生き物にモチーフを求めたものが、いわゆる怪人ではなかったかと思います。
怪人の一つの考え方ですけどね。

オニメンゴは鬼がモチーフでした。
鬼に棍棒とマサカリはつきものでしたし、オニメンゴは投げマサカリは百発百中の腕を誇る怪人でした。
しかも一本角い一つ目、ここに仮面ライダーシリーズに登場しそうな演出がありました。
子供を操るいわば催眠光線のようなものがこの一つ目に込められ、オニメンゴから離れて子供の手に入ったこの一つ目は触れただけで、子供はお任免後の意のままになって、その一つ目から破壊光線まで出していました。
鬼をモチーフにし、仮面ライダーに登場する怪人とするにはオニメンゴは、かなりいい出来であったと思いますね。
性能と演出を思えば結構な強力怪人だっただけに、仮面ライダースーパー1も「スーパーライダー稲妻落とし」という強力そうなキック技を使わざるを得なかったということかもしれません。
オニメンゴ②
オニメンゴ④



S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥12,586から
(2019/6/17 21:50時点)