HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ゴルゴム

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ゴルゴム怪人第22号~ツルギバチ怪人3

ツルギバチ怪人②
「ツルギバチ怪人」

ハチ怪人の敵を討つという名目で登場してきたツルギバチ怪人。
ツルギバチという実在の動植物はおらず、架空の怪人でしたけど、剣+蜂という組み合わせの機械合成怪人のようでもありました。
蜂が根底にあるため飛行能力はあり、相手を指す針の代わりに切り刻む剣のような腕と相手の視界を奪うってしまう溶解液のような泡を吐く能力がありました。
三神官と共に鏡の世界を構成し、実は鏡の世界ならばもっと力が出せたのかもしれませんが。おれも三神官の自惚れない力が必要でした。
鏡の世界での幻惑行為で仮面ライダーBlackを苦戦させ、ロードセクターに鏡の世界を破壊されてからは仮面ライダーBlackの視界を吐き出す泡で奪っていましたが、思ってたよりもこれという能力がなかった印象です。

ツルギバチ怪人登場の話は、剣聖ビルゲニアによって幕が開けられましたが、人肌のような顔つきをしていた剣聖ビルゲニアが3万年前の創世王候補のようなお顔つきになって、いよいよ本来の姿と力を出してくるのかという気分にさせられた話でもありました。
そのためのお飾りというか前説のような感じがあったのがツルギバチ怪人であって、剣聖ビルゲニアとか三神官のしっかりした支えがあってこそのゴルゴム怪人のような気がしました。

スタイルは意外とよかったのですが、設定に物足りなさが残ってしまい、ゴルゴム怪人というにはインパクトが弱かったものでした。
ツルギバチ怪人①





ゴルゴム怪人第21号~タマムシ怪人4

タマムシ怪人②
「タマムシ怪人」

仮面ライダーの相棒は、いわゆるスーパーマシンでした。
いくつかの例外はあれど、仮面ライダーが変身すれば愛車も通常のマシンからスーパーマシンへと変貌する、これは超人・仮面ライダーでなければ乗りこなせないほどの強力バイクであったことの現れでしょう。
仮面ライダースーパー1の時にその相棒が2台となりましたが、愛車は仮面ライダーかに変身する前とk本的には変わらず、でも沖一也は赤心少林拳の極意をつかみかけて、その呼吸で変身へのポイントを押さえていましたから、その間合いでスーパーバイクも乗りこなせたんでしょう。
仮面ライダーBlackでも愛車が2台となりましたが、当初はバトルホッパーだけでした。
バイクと証せられるのは、後から出てきたロードセクターなんでしょうけど、これはロードセクターが夢のスーパーバイクであったからなんだと思います。
破壊力と速度で優れた面を見せたロードセクターに対し、バトルホッパーは応用力と足回りに優れたバイクでしたけど、それまで見せられていたスーパーマシンというよりはまさしく愛車であったと思えるのは、バトルホッパーは生体兵器・マシンという存在だったという事が言えると思います。
知能を備えた意思あるマシン・バトルホッパー。
これは仮面ライダーBlackのようにバッタがモチーフであったマシンなんでしょう。
メカだけでは破壊されると修復するのに人出はかかるし時間もかかるところ、知性のあったバトルホッパーにには自己修復能力もありました。
バトルホッパーはバッタがポイントである知性があったために付け込まれるところがあるかもしれない、それがタマムシ怪人の時にありました。
バッタに寄生して中枢神経を犯してしまうクローン虫を吐き出すタマムシ怪人は、その矛先をバトルホッパーへ向けていましたね。
やはりバッタがモチーフであった仮面ライダーBlackを見なかった不思議さはありましたけど、それだけ仮面ライダーBlackの能力が強力であったこと、そして正面から挑むのではなく仮面ライダーBlackの足元から攻めていく作戦をとったのかもしれません。
多少のクローン虫ならば振り払えて自己修復に時間もかからなかったところ、大量のクローン虫では中枢神経が無茶苦茶にされ、その状態ではバトルホッパーを仮面ライダーBlackだけではなく剣聖ビルゲニアが乗っても思うように走らせる子尾ができませんでした。
その上、タマムシ怪人は飛行能力があったこともあって、まさしく仮面ライダーBlackの足回りを攻めていたという見方もできるのかもしれません。
三神官が打倒・仮面ライダーBlackに専心していれば危うかったかもしれませんが、そこは三神官でダム破壊のためのミサイルなどを企てていたために、飛行中のタマムシ怪人の羽根がもがれ、形勢は完全に逆転していました。


自己修復能力のあったバトルホッパーは、破壊力に秀でたロードセクターとの衝突での破壊力で、クローン虫を焼き払い自分を取り戻していったのでしょう。
タマムシ怪人の作戦で窮地に陥ったバトルホッパーと、その窮地に立ち向かうロードセクターを見ていると、どちらも立派な仮面ライダーBlackの相棒に見えました。
タマムシ怪人





ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人3

アネモネ怪人
「アネモネ怪人」

ゴルゴム怪人には、長い時を生き永らえてきた生命力の強さをモチーフに求めることがあって、どうしても動物モチーフの方にいってしまいます。
でも生き永らえる中に植物があっても可笑しくないですね。
サボテン怪人のように。
でも、アネモネって可憐でかわいい植物というイメージが出てしまい、生命力の強さは感じられません。
アネモネの可憐な花びらを使って、ゴルゴム三神官が世の中を騙そうとしていたとしても、アネモネを怪人として出してしまったことは不思議というよりおかしいな、と思ったものです。

アネモネはきんぽうげ科に属する植物ですが、きんぽうげも可憐でかわいい鼻なのに毒性があるところがあって、それはアネモネも同じことだったみたいですね。
アネモネの茎の部分に毒性が認められていたわけですが、そうであればその毒性をアネモネの花粉に紛れ込ませ、花粉が降り注がれたところで吸引してしまった者には幻想が見えて、騙されてしまうというような能力があってもよかったと思いますが、アネモネ怪人は葉や棘を手裏剣のように投げつけていたところ以外は、その外見に異様な感じがあっただけでした。
アネモネ怪人のアネモネの部分は、発火性があったというところに、仮面ライダーBlackが変身する時のベルトが起動する際に火花が散ることが引火してしまうという三神官による口だけの騙しがあって、アネモネ怪人は巨大アネモネを召喚できる能力があったということでした。

あくまでこれは三神官による騙しであって、見た目の異様さと三神官がアネモネ怪人を擬人化して使っていたことによるものが大きかったですね。

アネモネ怪人は、初の女ゴルゴム怪人でしたけど、グルゴム怪人らしかったのはその姿だけだったような気がします。
アネモネ怪人④



仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥17,904から
(2020/1/18 23:07時点)





ゴルゴム怪人第19号~オニザル怪人3

オニザル怪人
「オニザル怪人」

剣聖ビルゲニアの登場は、同時に出てきた怪人たちを虐げていたということになり、怪人たちの主体性はより薄くなってしまいました。
オニザル怪人は剣聖ビルゲニアの補佐とする向きもありますけど、意志力が薄く本能の赴くままに近い行動をしていたオニザル怪人は、生来が怪人だったということの純度が高かったせいか、剣聖ビルゲニアに利用され、おいしい何処を持っていかれそうになってました。
サルならではのすばしっこさは、仮面ライダーBlackの目をもかすめ、背後を取るまでのものでしたけど、決め手がりませんでした。
オニザル怪人のようなゴルゴム怪人を登場させるならば、やっぱり決め手という強烈な武器を持たせるべきだったでしょうね。
それを持たせないばかりに仮面ライダーBlackは仮面ライダーに変身する前でも互角以上に戦っていましたし、いくらすばしっこいと言っても、仮面ライダーBlackのマルチアイやライダーセンサーを無視できないでしょう。
だから最後に剣聖ビルゲニアが決戦を挑むにしても、仮面ライダーBlackの能力を知らなさ過ぎた剣聖ビルゲニアが道具としてオニザル怪人を使いすぎた感が残りました。

昭和の仮面ライダーは、仮面ライダー自身も当然ですが、敵方怪人ももう一人の主人公です。
大幹部と言っていい剣聖ビルゲニアが目立ってしまって、時間を割かれた感が強かったオニザル怪人の登場した話。
オニザルはサルの一緒ながら現実にはそう言った類のサルは存在せず、かと言って妖怪鬼サルでもありませんでした。
見た目は、ゴルゴム歌人ならではの本能丸出しの感がありましたから、オニザル怪人を妖怪の世界からやってきた末裔として表現するのも面白かったと思いますね。
オニザル怪人③



仮面ライダーBLACK S.H.Figuarts ロードセクター

新品価格
¥10,400から
(2019/12/4 21:47時点)


ゴルゴム怪人第18号~クロネコ怪人3

クロネコ怪人
「クロネコ怪人」

創世王の命により復活した剣聖ビルゲニアは、ゴルゴム三神官が手を焼いていたブラック・サンこと仮面ライダーBlackを倒すための復活でしたね。
キングストーンを与えられず、横暴極まりないスタイルが創世王の逆鱗に触れて幽閉されていたのですから、創世王に対しても何かしらの邪なものがあったとは思いますが、復活の礼か、創世王には忠誠を期し、三神官には慇懃無礼な態度で接していました。
横暴さが裏側にある慇懃無礼差が、復活後の剣聖ビルゲニアだったのでしょうけど、たたただ横暴だった頃との差は用意周到さを見せたりしてるところにそれが見て取れます。
仮面ライダーBlackを探らないと、敵を知らないと手の打ちようもない状況で、捨て石のように使われたのがクロネコ怪人でした。

いくらゴルゴムの古代怪人とはいえ、長く鋭く伸びた爪でひっかき、俊敏性に長けて時に目から青い破壊光線を発するだけでは仮面ライダーBlackを倒すまでは至らないといのは明らかでした。
苦戦までも行かなかったと思いますが、このクロネコ怪人と仮面ライダーBlackとの「短い戦いで剣聖ビルゲニアは仮面ライダーBlackの何をどう見たのでしょう。
もっと胴体力をあげた怪人でなければ、仮面ライダーBlackの能力ですら図れなかったと思いますが、クロネコ怪人は剣聖ビルゲニアに命じられるまま戦っていたようですが、そこにはクロネコ怪人の石はどこにあったのでしょう。
古代怪人はよりモチーフの近く本能と命令だけで動くようですが、その命を出していた剣聖ビルゲニアに爆死させられたところに意思無き者の悲哀があったと思いますね。
クロネコ怪人②



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥24,800から
(2019/10/20 13:56時点)


ゴルゴム怪人第17号~バク怪人3

バク怪人

「バク怪人」

現実のバクは夢を食べるという事はありませんけど、日本や中国で古来から伝わってる獏という幻想の生き物は夢を食べるというまさしく夢のような生き物でした。
現実のものよりも幻想の中に生きている獏の方が、イメージとして先行していましたけど、幻想の中で言い伝えられてきた獏の方が現実のバクをモチーフにしていた感じがします。
良くも悪くもイメージとして夢を食べてしまうというところにバクの特徴が出てる気がしますけど、そういう夢のようなイメージを特撮の中に盛り込んでも面白いと思いますね。

仮面ライダーBlackはブラックサン・世紀王としてゴルゴムの生体手術で生み出されていました。
創世王候補としてですね。
創世王候補ですから、もう一人世紀王がいたわけで、それがシャドームーンでした。
太陽の石を埋め込んだブラックサンに対し、月の石を埋め込んでいたシャドームーンは覚醒するまで時間が必要で、長らく眠ったままの冬眠のような感じでした。
冬眠とすれば目が覚めるまで時間がかかりますけど、其れだけ体力も必要なわけで、意外と目が覚める前は弱体化しているのかもしれません。
三神官は少なくともそう見て判断したわけですから、眠ったままのシャドームーンの弱体化に歯止めをかけるべく、バク怪人を召喚していました。
このバク怪人こそが人の夢を食べる怪人で、夢を食べることで人の生命エネルギーを集約してシャドームーンに与える役目を負っていました。
シャドームーンも月の石を埋め込まれた人であったわけですから、血縁が大事で、その妹がターゲットとなっていたのもそういうことだったのかもしれません。
ですが三神官はそうしたことに気づかず、女の夢を集めようとし、その果てにシャドームーンの妹がいたわけです。

夢を食べて生命エネルギーを集めるなど、夢のような話ですが、バク怪人もゴルゴム怪人の一体ですから、夢物語も仮面ライダーBlackに気づかれたことで現実化し、ゴルゴム三神官の作戦もここで破綻していました。
夢の作戦は現実の世界にひき戻されることで破綻するのです。
現実のバクよりも夢の中のバクの方が夢があっていいような感じがするのですが、現実の前には勝てないと思いますね。
冬眠中のシャドームーンの弱体化はそう見えただけで、覚醒するには別のきっかけが必要だっただけです。
バク怪人は、三神官の誤解から生まれた幻想の中で悪戯に怪人化されて利用されてしまった、そんな感じがします。
バク怪人②



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥88,000から
(2019/9/13 22:59時点)



ゴルゴム怪人第16号~ハサミムシ怪人3

ハサミムシ怪人①
「ハサミムシ怪人」

地震を引き起こす、大地震にしてみたり地震を操ろうとしたりして世の中を大混乱に落としれるような作戦は、古くは仮面ライダー旧1号の時のショッカー改造人間・かまきり男から始まっていたのかもしれません。
割と印象的だったのは、仮面ライダーストロンガーの時のでるざー軍団の第2期に登場していた磁石団長とヨロイ騎士でしたけど、これは地震を引き起こすためのメカを使うことで一時仮面ライダーV3とライダーマンを捕虜としていました。
いずれにせよ、地震は自然現象ですから、それを予知するための自然科学者が人間の中にいてもちっともおかしくはありません。
その自信科学者をなんとか利用しようというのは秘密結社ならやりそうなことでしたけど、いつの間にか、それが地震を引き起こすメカや、地震自体を引き押してしまう能力を有する怪人が出てくることになってしまいましたね。

仮面ライダーBlackに登場していたゴルゴムの怪人・ハサミムシ怪人は、ハサミムシの怪人なのに地震を引き起こしてしまうかもしれない能力があったようです。
ゴルゴム怪人は人類がその姿を見せる前の何百万年も前から生息し続けていたわけですから、自然現象に寄り添うように生きてきたところが多かったのかもしれません。
秘密結社というか暗黒組織であるゴルゴムという組織は、怪人を利用して手なずけていたにすぎないかもしれず、怪人たちの固有の能力は自然に寄り添う時間んが長かったためにはっつし能力かもしれません。
怪人として生きてるところをゴルゴムによって改造され、利用されてしまったのかもしれませんが、その能力には驚かされるところが少なからずありました。
ハサミムシ怪人は、両腕のハサミを交差するとこで黄色い破壊光線を発し、それを増強することで地震を引き押してしまう能力が発揮されていたのかもしれません。

地震を利用するのではなく、引き起こす能力というのは自然の恐ろしい現象に近い存在でなければ分からないことで、ハサミムシ怪人はかなりの強力怪人だったということは仮面ライダーBlackといえど、単体では危うかったところに出ていたのかもしれません。
ハサミムシ怪人③



仮面ライダー レジェンドライダーシリーズ 仮面ライダーBLACK

新品価格
¥11,217から
(2019/8/1 23:06時点)


ゴルゴム怪人第15号~イワガメ怪人3

イワガメ怪人③
「イワガメ怪人」

イワガメなんて生物はいません。
イシガメはいますけどね。
ゴルゴムが出てきた太古の昔、今ではイシガメという亀は岩に亀が擬態するような感じだったかもしれませんね。
亀は万年といいますけど、ゴルゴムは何万年もの長い時を経てきたわけですから、亀もその姿を環境に応じて変えてきたのかもしれません。
亀の怪獣といえば、大怪獣ガメラがいましたけど、そこを怪人化してもどうしてもガメラのイメージが抜けないかもしれません。
昭和の仮面ライダーシリーズも第1期、第2期とその当時の秘密結社は亀型の改造人間を出すとき、亀の特徴を出しながらほかの要素も混ぜ込むということで、違った側面を出そうとしていました。
しかし、仮面ライダーBlackの時の秘密結社ゴルゴムは太古の昔から生き続けてきた怪人を出していましたから、純粋な生物としてのものを出すしかなかったかもしれませんね。

イワガメ怪人はそうした背景を帯びながら登場しました。
首や手足を甲羅の中に出し入れしながら攻撃防御を繰り返し、時にそのまま飛行したり、水中行動をしたりしていました。
強固な甲羅は仮面ライダーBlackの攻撃を受け付けもせず、まるでその甲羅は岩でしたね。
仮面ライダーBlackがマルチアイを使わずとも、攻撃ポイントは甲羅から身体を出した時の目や首といったガードを固められない部分ということは分りそうなものです。
そこにライダーパンチやライダーキックを叩き込むことで勝負をつけていましたけど、この頃になるとライダーチョップを使うことは滅多になくなっていましたね。
ライダーチョップは強烈な手刀のようなもので瞬時に繰り出せる業でもありました。
イワガメ怪人がひょいと甲羅から首を伸ばしたところにライダーチョップを見舞い、勝機を乱していく展開を見たかったような気がしました。
イワガメ怪人



装着変身 仮面ライダーブラック

新品価格
¥2,400から
(2019/6/20 21:38時点)


ゴルゴム怪人第14号~マンモス怪人4

マンモス怪人
「マンモス怪人」

氷河期末期に生息していたらしいマンモスは、強烈かつ生命力の強さを感じます。
呼称だけで存在感の大きさを感じるものですから、従来の仮面ライダーの闇の秘密結社が出してくる改造人間や怪人の中でも幹部クラスの強烈さを感じます。
仮面ライダーV3では大幹部キバ男爵の招待として吸血マンモスがでていましたけど、存在感はそれに見合うような気がしていました。
仮面ライダーBlackに登場したマンモス怪人は、従来の改造人間ではなく、太古の昔から存在していたとされるゴルゴムから出てきたという怪人としては十分意味ある事でしたし、マンモス怪人登場の直前で仮面ライダーBlackがパワーアップしていたことを裏付けるような登場でもありました。

マンモスは口の両脇から生えている大きな牙が印象的で、その牙と相まってマンモス怪人は怪力、長く強烈な鼻、そして口から出す強力な冷凍ガスと大気中の水分を凝結・瞬間冷凍することにより巨大な氷柱を生成・射出していました。
巨大な柱が目に留まりましたが、これは1,2本のみならず、何本も強烈に噴射し、この氷柱によって仮面ライダーBlackも磔のような状態にさせられましたね。
口からの冷凍ガスと大気中の水分を瞬時に凝固させ能力によるものだったのでしょうけど、いかにも太古に生息していたマンモスの怪人らしいものでした。
マグロのタウリンエキスをがぶ飲みしてマンモス怪人もパワーアップしていましたけど、その証のような武器でもありました。
ゴルゴムの三神官曰く、ゴルゴム最強の怪人ということでしたけど、マンモス怪人を差し向ける作戦がお粗末だったということと、まだ未成熟であったことから初戦では仮面ライダーBlackに敗れていました。
タウリンエキス吸入はパワーアップというよりマンモス怪人の持てる能力を佐田威厳に発揮させるものだったと言っていいのかもしれません。
このマンモス怪人に氷柱によって磔状態にされた仮面ライダーBlackは、パワーストライプスという技で窮地を逃れていましたが、これは新技であり、多分ゴルゴム三神官ですら知らなかった技だったのでしょう。
このパワーストライプスで局面急展開し、ライダーチョップでマンモス怪人の牙を叩き折ったところで、ほとんど勝負ありでした。

いかに強烈怪人といえど、急所はあるものでマンモスの怪人でしたからやはり牙にそれがあったということなんでしょうね。
マンモス怪人②
マンモス怪人④






ゴルゴム怪人第13号~カニ怪人4

カニ怪人④
「カニ怪人」

主な能力は口から吐き出す溶解液と両肩から生えていた節足を手裏剣のように飛ばしていたことにありましたが、なんといっても頑丈な甲羅が大きな特徴だったカニ怪人は、仮面ライダーBlackのライダーパンチやライダーキックを跳ね返していました。
いつの時代の仮面ライダーもほとんどがキック自体が決め技となっていましたから、秘密結社が改造人間や怪人を生み出すとき、このライダーキックをどう防ぐのかが大きなテーマになっていたはずのところ、そこを見の逃してしまったり、作戦遂行上視点が別のところへ行ってしまったりとキック防御がおざなりになってしまった点が結局は組織崩壊にまで行ってしまいました。
キック防御について印象的だったのは、ショッカー大幹部死神博士の正体であったイカデビルがキック殺しという体技に打って出たことですね。
ライダーキックが防がれてしまうということは仮面ライダーが敗れるということですから、イカデビルに対峙した仮面ライダー新1号は恐ろしいという信条で、それを打ち破るために特訓に打って出てましたね。
イカデビル以降の改造人間は皆キック殺しという体技を身に着けていたのかというとそうでもないらしく、それでも自分の身体の特徴で仮面ライダーのキックを防いでいた改造人間や怪人がいました。
デストロンの時のヨロイ一族サイタンクも装甲が非常に頑丈であったことから仮面ライダーV3がとんでもない大苦戦を強いられていました。

仮面ライダーBlackのときにはカニ怪人が出てきましたけど、カニ怪人の場合もその装甲である甲羅でライダーキックを防いでいましたね。
決め技を封じられる効果は、決め技を防ぐこと以上に心理的効果が大きく、でも仮面ライダーBlackが仮面ライダーである所以はそれでも決め技の効果を上げようとして特訓に打って出たことにありました。
カニ怪人はもちろん蟹型のゴルゴム怪人であり、海洋生物が元となっていたところ卵を産み付けるために地中を掘り進む能力や、火が弱点になtっていたというよくわからないところもありましたけど、仮面ライダーBlackが身体を伸縮させて空中バウンドのようにライダーパンチやライダーキックの破壊力を上げていたことで大いに記憶に残る怪人となっていました。
カニ怪人⑤
カニ怪人②






プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
  • ステップショット戦法~ウルトラセブン
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ