HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ザラブ星人

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第24号:初代ウルトラマン~にせウルトラマン5

にせウルトラマン④
「にせウルトラマン」

ウルトラシリーズ初のウルトラ戦士の偽物は、ザラブ星人が化けたにせウルトラマンでした。
地球人を欺き、自分たちの味方と見せかけて、地球人の見方であった初代ウルトラマンの∃を虐げるためにザラブ星人が初代ウルトラマンに化けて登場しました。
ウルトラマンの偽物が出たということは、当時かなり話題になりましたね。
今でこそ、ウルトラマンも仮面ライダーも偽物がつきもののようになりましたけど、当時はまさかウルトラマンの偽物が出るなんて、という想いがあったことでのインパクトは、偽物第1号ならではの専売特許だったのだろうと思います。
にせウルトラマンは、あくまでザラブ星人が初代ウルトラマンの外見だけ化けてということでしたから、スペシウム光線を発射するなどの初代ウルトラマンの超能力は持ち合わせていません。
しかし、人類の味方だったと信じられていた初代ウルトラマンが、意味なく街を破壊するなどの行為は地球人にとっては相当なインパクトがあったはずです。
人間が等身大以上の巨人を見上げた場合の姿と、いわゆる思い込みの世界で脳裏に描くウルトラマンは同じようで違っているのかもしれません。
しかし、にせウルトラマンがいきなり登場したのは夜だったということもあって、にせウルトラマンを見る目は脳裏に焼き付いていた思い込みの目だったのかもしれません。
赤黒く光るつり上がった目、尖った耳、鋭い顎、身体に走る黒いライン、カールしたつま先等々、本物の初代ウルトラマンとの違いはいろいろあったのですが、イメージで見ようとする姿の前にそういう細かいところまで目が届かなかったのかもしれませんね。
番組中の科学特捜隊にとってはウルトラマンを見る目も、にせウルトラマンを見る目も違いはなかったのかもしれません。
どちらにしても、特殊能力に長けた宇宙人であったことは同じですが、純粋に人類の味方であろうとした本物と邪な気で化けていた偽物との間の差は、特に目に出ていたと思います。
見ていた自分たちも一見して、目が歪んでいるとかバランスが崩れているとか、様々な意見があって、一見して偽物だということの認識は持ちましたから。

でも、正義の味方の偽物の出発点はここにありました。
ザラブ星人の罠から脱して本物の初代ウルトラマンがにせウルトラマンの前に養生したときは痛快でした。
偽物に本物の戦闘力は全く及ばず、戦闘においては本物の初代ウルトラマンが圧倒していました。
スペシウム光線を喰らったことでにせウルトラマンがザラブ星人の姿に戻りましたが、ザラブ星人の変態能力には宇宙人ならではの超能力を感じていましたね。
にせウルトラマン⑥
にせウルトラマン②






ウルトラ怪獣第23号:初代ウルトラマン~ザラブ星人5

ザラブ星人⑥
「凶悪宇宙人 ザラブ星人​」

狡猾な豪悪宇宙人でした。
宇宙のどこからかやってきて、人知れずどころか自分たちは地球人類より文明が進化しているとして、何処からか発生した放射鵜の霧の中を蠢く謎の宇宙人が、われらは兄弟だと言われてもうのみにすることはできなかったはずです。
自分たちより文明が進んでいるという言葉の前に目がくらんだ状態の科学者たちにとって、我々は兄弟という言葉は甘言です。
兄弟だけにブラザーならぬそれがザラブ星人であったことは、ザラブ星人の言葉はそのまま逆さまの気が込められていました。
さすがに地球外の言葉を地球人にわかるように話すことはできませんでしたけど、謎の翻訳機を使って意思疎通を図ろうとし、そこを使って地球人を騙しのリードを仕掛けようとしていましたね。

知力は高く身体能力が高かったのは、等身大から巨大化まで自在であり、放射能の霧を発生させそれを浴びてもなんともなく、その放射能の霧を晴らすことも自在であったところに現れていました。
まだ宇宙進出など夢のような時代に、そんな姿を見せられると進んだ文明に憧れるように信じてしまいそうになります。
土星に向かってしまったロケットを誘導してしまなど、地球人を信じ込ませようとした姿には焦りはなく、騙すことに欠けては天下一品だったような気がします。
このザラブ星人が登場した時分は、既に初代ウルトラマンは地球人にとって侵攻に対象に値する存在でもあり、地球人が対峙しようとしても叶わぬ怪獣を倒してくれる初代ウルトラマンは、正に光の国の使者であり、守り神のようになっていました。
その初代ウルトラマンに化けてしまうザラブ星人の騙しの巧妙さは、ザラブ星人登場の話の大きなポイントでしたね。
守護神を蔑むことで初代ウルトラマンへの信用を失わせ、ザラブ星人に目を集中させようとしたことはその狡猾さと侵略宇宙人ならではの高い身体能力にあふれていました。

バルタン星人は気が狂った一人の科学者のために故郷を失い漂浪していたという分りそうな背景がありましたが、ザラブ星人は諸に侵略行為に生きる極悪宇宙人でした。
身体能力に長けたバルタン星人、知略に優れたメフィラス星人、その間に位置していたのがザラブ星人だった、という具合にザラブ星人を理解していましたね。
ザラブ星人④
ザラブ星人③






プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンダイナ~姑獲鳥
  • ジンドグマ改造人間第2号~ジシャクゲン
  • ジンドグマ改造人間第2号~ジシャクゲン
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンティガ~ウェポナイザー
  • ウルトラ怪獣第24号:ウルトラマンティガ~ウェポナイザー
  • ネオショッカー改造人間第24号~マダラカジン
  • ネオショッカー改造人間第24号~マダラカジン
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ