シェルター③
「虫歯怪獣 シェルター」

防空壕と間違えそうな名の怪獣でした。
怪獣もいわば生き物ですから、何かを食べて生存してるのでしょうけど、シェルターの場合は身の回りに大量の魚を引き寄せて食していたようですね。
ZATが放った水中ロケットを誤って口の中に入れてしまったのがシェルターの悲劇でした。
怪獣は身体と知能は比例しないようです。
水中ロケットを食べてしまうことなどありえないことですが、悪意がないとか事情があったなどと悠長なことは言ってられなかったはずです。
シェルターはこの水中ロケットがなんと歯の間に挟まり、それを引き抜こうとして麻酔なしで歯を引っこ抜けれたショックで上陸し暴れてしまいました。

なんでも、このシェルター以降、ウルトラシリーズでは悪意のない、或いは事情のある怪獣は倒すことなく、いわば怪獣保護の方向へ行ったそうですけど、これが特撮番組を漫画チックにしてしまった大きな要因だったのでしょうね。
シェルターは、結局水中ロケットを撃ち込まれて爆死してしまいますが、ウルトラシリーズと言えどその第1期では倒そうとする対象が怪獣のなのであって、怪獣を倒すことでのその後の被害が想定されていたでしょう。
シェルター②