ディグローブ
「超巨大天体生物 ディグローブ」

見た目、小惑星のようでしたけど確かに頭と尻尾が付いていました。
となれば、信じられないほど巨大な生物・怪獣という事になりますけど、当然のように小回りが効かないので攻撃性にはつながらず、どうして木星付近に現れたのか、が不思議でした。信仰進路を会えたこともそうだったんですけど、根源的破滅招来体によるものです。
ディグローブ自体には何らの意思なく、宇宙を漂浪する巨大天体生物といったところで、根源的破滅招来体に利用されてしまったいわば犠牲者。
これだけの巨体で、実は生物だったなんて信じられないことですし、人間にはまだまだ知らないことが多すぎるという感想を持ちましたね。
理論理屈はともかく、こんな巨体を地球にぶつけられてしまっては、地球は破滅してしまいます。
爆破してしまおうと地下深く眠っていたゾンネルを覚醒させ、ゾンネルの甲羅をこじ開けてこれも小型原子炉のようなエネルギーをディグローブにぶつけようとし、ウルトラマンガイアはその爆破の広大な影響をバリアによって食い止めようとしていました。

ディグローブが攻撃的でなかったことがある程度の救いになっていましたが、ウルトラマンガイアとウルトラマンアグルの地球という惑星に対する考えの相違がはっきりしていましたが、それはあくまでこの時点でのことです。

それにしても天体を怪獣に模してしまうとは、、、というのが率直な思いでした。
地球生成の頃、巨大隕石が地球に衝突したと言われていますが、それはまだ地球上に穂tの生物が発生しておらず、衝突によって気性も大きく変わって氷河期が到来してしまう事にもなったらしいですが、この時の巨大隕石を怪獣に置き換えて考察されたのがディグローブだったんでしょうね。
ディグローブ②