HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ドグマ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ドグマ改造人間第16号~ロンリーウルフ3

ロンリーウルフ①
「ロンリーウルフ」

見たこともないヘタレ改造人間でしたね。、ロンリーウルフは。
でも、ヘタレ以上に物語る¥李の設定が間違いでした。

出来たばかりの妖刀ドグマンを目ガール将軍が帝王手エラーマクロに献上するための運び屋としての役目をロンリーウルフに与えていました。
運ぶだけの役目を妖刀ドグマンを自分に与えられたものとご欠きしてた時点で十分ヘタレでしたけど、「中身を抜いて剣を血で汚すな!」とメガール将軍に強く言いつけられていたにもかかわらず、妖刀ドグマンに魅入られるように殺戮をして妖刀ドグマンに血を浴びせてしまったロンリーウルフ。
単に人に乗り移るだけの能力しかなかったロンリーウルフが、妖刀ドグマンを持つだけで魅入られてしまったのか、ドグマンの強烈な妖力に取り込まれたといったところで、それ位の妖力を秘めた刀なら、なぜロンリーウルフに運び屋としての命を与えたのか、不思議なことでした。
明らかにロンリーウルフは妖怪刀ドグマンを持つには力不足であり、元からヘタレなところ、余計にヘタレぶりが顕著でした。

持ってる妖力がそれほどまでに強く、刀自身が血を欲していたのなら血を浴びることで妖力が上がり、ヘタレなロンリーウルフ自身が強力ドグマ改造人間に変貌してしまうといった方が、見どころが増えていたかもしれません。
ドグマが生み出したドグマ改造人間がロンリーウルフでしたから、少なくとも何かしらのドグマ拳法の使い手であったところを見たかったところで、刀だけに剣道の使い手にロンリーウルフが乗り移って、、、という展開は余計な要素を持たせてしまった感じが強く残ってしまいました。
その延長で真剣白刃取り習得のシーンが物語の肝だったのでしょうけど、妖刀ドグマンを持つことで強力ドグマ改造人間に変貌する中でも十分演じることができたでしょうね。
ロンリーウルフ⑤



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥50,635から
(2019/7/29 22:02時点)


ドグマ改造人間第15号~オニメンゴ4

オニメンゴ①
「オニメンゴ」

オニメンゴが登場した話は、低年齢層に近づきすぎてチンケなものでしたけど、オニメンゴを改造人間ではなく怪人としてみてみるととにかく出来のいい怪人だったと思います。
改造人間は仮面ライダー草創期の頃から、改造人間都会人の区別がなく、混同したものでした。
改造人間のモチーフとなった動植物が現実にあるものとしたら、その特性を人間に植え付ける、或いはその逆でそのための生体手術が必要となりますね。
手を変え品を変えて、様々な改造人間を生み出し、そこにメカという金属を持ち込んだり、改造人間のコンセプトを変えて出現させてみても、改造素体の範囲を広げなければいけなくなったことが、現実の動植物だけじゃなく、空想のものまで手を広げることとなりました。
いつの仮面ライダーだったかは思えてはいませんけれど、空想の生き物をモチーフにしたものが時々出てきましたけど、生体手術など考えられない空想の生き物にモチーフを求めたものが、いわゆる怪人ではなかったかと思います。
怪人の一つの考え方ですけどね。

オニメンゴは鬼がモチーフでした。
鬼に棍棒とマサカリはつきものでしたし、オニメンゴは投げマサカリは百発百中の腕を誇る怪人でした。
しかも一本角い一つ目、ここに仮面ライダーシリーズに登場しそうな演出がありました。
子供を操るいわば催眠光線のようなものがこの一つ目に込められ、オニメンゴから離れて子供の手に入ったこの一つ目は触れただけで、子供はお任免後の意のままになって、その一つ目から破壊光線まで出していました。
鬼をモチーフにし、仮面ライダーに登場する怪人とするにはオニメンゴは、かなりいい出来であったと思いますね。
性能と演出を思えば結構な強力怪人だっただけに、仮面ライダースーパー1も「スーパーライダー稲妻落とし」という強力そうなキック技を使わざるを得なかったということかもしれません。
オニメンゴ②
オニメンゴ④



S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥12,586から
(2019/6/17 21:50時点)


ドグマ改造人間第14号~ライオンサンダー3

ライオンサンダー④
「ライオンサンダー」

主人公が親友と思っていた人が、実は強烈なコンプレックスから恨みを抱いて闇の組織に身を落とすということは仮面ライダーという特撮番組ではよくあったことだと思います。
仮面ライダ1号が登場して早くも第3話でそれが出てきた話がサソリ男登場の話。
仮面ライダーXを作り上げた神敬介の父親の親友が、実は仮面ライダーXを倒そうとした闇の組織・GODの総司令だったなど、演出の差こそあれ、いろんな場面で出てきました。
仮面ライダースーパー1でもこのテーマは採用されたものの、主人公が勝手に親友と思い込んでいたようでもありました。
闇の組織ドグマに身をとしたものは能力だけでなく、知力でも上回ろうとして、その男にドグマが充てこんだ素体がライオンでした。
ライオンは改造人間としては表現するのは難しいのかもしれません。
他の動物以上に体力に優れ、胴体力に勝っていた面はありましたけど、狩りは雌任せで特に俊敏性があったわけでもなく、それでも百獣の王と称されたことが変に表現はできないといったところだったんじゃないかと思います。
ゲルショッカー時代にライオンの体力を利したクモライオンが登場しましたけど、ライオン単体では表現しづらいところ、何体かの動植物素体をもって合成改造人間を作り出すことがもっともだったと思います。
けど、ライオンに何を持ち込むかが問題だったわけです。
ライオンという扱いにくい素体に組み合わせるのはメカだろうと思ったところで出てきたのが、仮面ライダースーパー1のドグマ改造人間としてのライオンサンダーでした。ライオンサンダー⑦
ライオンサンダーの額の水色の部分からは、人間を自在に操る「C光線」という光線を発射し、左手の甲にあるダイヤルで時間調節をしていました。
しかも時間調節を最大にすると、「C光線」は破壊光線と化し、さらに両腕には「ライオンサンダー鉄の爪」という鉤爪がついており、上顎の牙を取り外すと長剣「ライオンサンダー電磁剣」となるなど、武器は多種にわたりました。
これもライオンサンダーの素体となった人間の知力が優れ、それを生かすための能力の発揮法だったんでしょうけど、もう一つの素体がライオンだったところにミソがあったようです。
ライオンサンダーという名だけを聞いたとき、稲妻が閃きました。
すなわち雷です。
雷や落雷は現実の世界でもまだ解明されていませんが、そのイメージは鮮烈で強烈なものがあります。
破壊光線も大変な威力があったのでしょうけど、知略を圧倒するような破壊力とイメージをライオンに組み合わせるにはサンダー、すなわち落雷の衝撃をそのまま当て込んで演出したほうがよかったと思います。

それでもやっぱりライオンを改造人間に持ってくる難しさは確かにあったと思いますね。
ライオンサンダー①






ドグマ改造人間第13号~ムカデリヤ4

ムカデリヤ①
「ムカデリヤ」

大戦時の兵器を作り出した科学者の中には、過去に例を見ない天才肌の科学者がいたのかもしれません。
昭和の時代に描かれたウルトラマンや仮面ライダーの中には、そうした存在にフューチャーされて設定されたものもあって、そういう意味ではまだ戦後は続いていたのかもしれません。
仮面ライダースーパー1でムカデリヤが登場した話では、そうした科学者は処分されて何故か脳だけが保存され、それをなんとドグマが盗み出して蘇生させるという暴挙に出ていました。
これは得も言われぬ兵器を作り出した科学者の脳について、兵器を作り出したことだけにドグマが注目していた末に起こされたことだろうと思います。

いわゆるスーパー兵器で倫理観など越えてしまう様なものを作り出してしまう科学者は、どこか狂っていて端からでは分からず、理解不能なことを考えているものだと思います。
この科学者は人間を笑い死させる恐怖の毒ガス「Rガス」を作り出し、それをムカデリヤに仕込んで散布しようと画策しました。
これはドグマの狙いでもあったわけですが、ドグマはこの作戦で人類を死滅に追いやり世界征服を画策しようとしてその科学者を脳だけから蘇生させ、その作戦の遂行上、一つの手段方法としてムカデリヤを作り出したわけです。
ドグマが大きく抜けていたのはこの科学者の脳の中には兵器を作り出すことだけが詰まってたわけじゃなかったところにあって、「Rガス」を発明、その効果を知るところとなって、その作戦以上の行動に出ていました。
当時のドグマの大幹部は目ガール将軍であり首領はテラーマクロだったわけですが、この二人を亡き者にしようとしてムカデリヤを取り込んでしまいました。
ドグマもただの暗黒結社ではなく、それを見越していたのはさすがでしたけど、悲運だったのは科学者に取り込まれていたムカデリヤでした。
上司であったメガール将軍やテラーマクロの転覆をはかろうとしたのは紛れもない事実で、悪の組織のによる改造自体が完全に済んでしまった改造人間の組織の裏切りは、ゲドンの時のヘビトンボくらいしか思い浮かびません。
組織を裏切り追いつめられ、仮面ライダースーパー1には倒されようとする状況は科学者に丸め込まれていたとはいえ、自分の意志と行動で作ってしまったものであり、ここまで追い込まれればいくらムカデムチや毒素の仕込まれたトゲ毒針やトゲ爆弾を持っていた上に「Rガス」が体内にあったとはいえ、倒されていくのはある意味自滅だったのかもしれません。

上司に逆らう悪の組織の改造人間という意味では貴重な存在だったかもしれず、ドグマ改造人間に仕込まれていたはずの「服従カプセル」も、改造の具合によっては間違いが起きてしまい、ほとんど無意味なものとなってしまうことをムカデリヤで表していたのかもしれません。

しかし、デザイン・造形がいい改造人間でもありました。
ムカデリヤ②
ムカデリヤ⑥






ドグマ改造人間第12号~ギョストマ4

ギョストマ⑦
「ギョストマ」

拳法で仮面ライダースーパー1の人間体を圧倒したのは、ライギョンでありギョストマであったその人間体でした。
人間体同士の拳法の戦いはギョストマの方に軍配が上がりましたけど、これは仮面ライダースーパー1の人間体であった沖一也の心に大きな波風を立てたようです。
如何に拳法家とはいえ、そのこぶしに与える影響は心からくるものですから、心に影響が出れば当然のように拳にも影響がでるわけですが、師匠の教えがあったとはいえ、その壁を乗り越えて拳法の心を見出したのは沖でした。

一方、仮面ライダースーパー1を倒すためとは言え、ライギョンに寄生してその結果を出したライギョンの人間体はドグマの作戦とはいえ、その拳法の力に溺れ、しかも溺れていたことにも気づかず、自ら打ち立てていた拳法を失うことになりました、

仮面ライダースーパー1の決め技としては異色のスーパーライダー梅花二段蹴りでギョストマは倒されますが、そういうこともありましたけど、秘密結社の改造人間が別の改造人間に寄生して、仮面ライダーの技を見抜こうとしたという異色な設定に気が捕らわれました。
雷魚の改造人間であったライギョンはその姿からして強そうに見えましたけど、仮面ライダースーパー1との戦いではほとんど無抵抗のまま倒されていましたけど、これは仮面ライダースーパー1の技を見抜こうとしてたんですね。
ですけど、仮面ライダースーパー1は仮面ライダー足りえるために赤心少林拳を身に着け、奥義を極めようとしたところにその真価があったわけですが、ギョストマはライギョンに寄生して仮面ライダースーパー1を見詰めながらも表面的」なことにとらわれ、赤心少林拳が拳法足りえる芯まで見抜けてはいませんでした。
幻魔光線など人知を惑わせる武器を持っていましたが、ギョストマは憲法の使い手としては人間体の方が優れ、赤心少林拳の極意の一つを会得した沖に敗れたことで逆に心が乱れてしまったため、ギョストマになってからは只のドグマ改造人間でしかありませんでした。

改造人間が二段変身するかのように寄生して身を潜めていたギョストマは、改造人間としての設定は思い切り斬新的なものでしたけど、その能力を生かすにはもう一つ押しが足りない改造人間でもありました。
ギョストマ⑥
ギョストマ④



ドグマ改造人間第11号~ライギョン4

ライギョン
「ライギョン」

ドグマ改造人間ライギョンの正体は、ギョストマでした。
人間の姿からライギョン、そしてギョストマへと極端に言えば二段変身の様でしたけど、拳法家という人間の姿は強烈なものがあり、そこからライギョンでしたからとてつもなく強力なんじゃないのかという気もしてました。
改造のモチーフが雷魚だったこともあって外見的には見事な造形であり、そこから来そうなイメージも相当なものがありました。
ドグマは仮面ライダースーパー1の力を身をもって知ろうとしたのでしょうけど、ライギョンを肩を並べる強力改造人間に仕立て上げようとすれば出来てたんじゃないでしょうか。
ライギョンの人間体は拳法家でしたけど、そこにドグマ拳法を交えなかったからこそ疑いも薄れ、そこからギョストマが現れる疑いも感じさせないという効果があったかもしれません。

ドグマにとって仮面ライダースーパー1は最大の敵であり、倒さなければ理想郷も叶わないということから念には念を入れてというところだったかもしれませんが、それでもギョストマの存在は軽いものではありませんでしたね。
ライギョン③
改造素体でもある人間が改造されているのですから、そこから怪人に変身していくことはそれまでもよくありました。
けれど、怪人が更に強力怪人になっていくことはそうなかったと思います。
よくよく考えてみれば、スゴイ改造技術だと思いますよ。
ギョストマが単なる改造人間でなかったことは、武器として「ライギョン火花電流」というものが持たされていたことにも現れていました。
呆気なく倒されたようで、実は仮面ライダースーパー1の力を図ることについての役目は果たしていたのかもしれませんね。
「スーパーライダー閃光キック」で呆気なく倒されたように見えて、結構見事な捨て石ぶりだったようにも思えました。
ライギョン②



ドグマ改造人間第10号~ジョーズワニ3

ジョーズワニ②
「ジョーズワニ」

ジョーズワニにはⅠ世とⅡ世がいましたね。
通常の人間の中でも肉体的に強固であり何らかの格闘技を行っていた者か、或いは犯罪者のような荒くれ者に改造手術を施すことで、他の動植物の優れたところを導入し、必要に応じてメカを取り込む者が改造人間であり、いわば、人間の強化版でありながら人間の力が及ばないものでした。
歴代の暗黒結社の生み出す改造人間はどれもそこに基本があったと思うのですが、いつしかどんな特徴を打ち出す改造人間なのかに焦点が移ってしまい、基本が置き去りにされたような感がありました。

ジョーズワニという改造人間を生み出しながらも、それとは別に「強化用人工細胞X9」を発案した科学者とドグマは結託しようとして、取り込んでしまいました。
演出は拙いながらも、「強化用人工細胞X9」とは外気に触れるとあらゆる生物を喰らい自己増殖してしまうものでしたから、ドグマがこれを手に入れたことは改造人間の肉体を飛躍的に向上させることが可能となったということですから、ジョーズワニⅠ世の強化版がジョーズワニⅡ世ということになります。
一旦作り上げた改造人間を強化させることはどの組織も、どこかに忘れていた改造人間の根っこだったような気がしてましたから、ジョーズワニⅠ世の強化版がジョーズワニⅡ世ということはどこか久しぶりに覚えた感動みたいなものがあったような気さえしてました。
演出が拙く、制作サイドではそんな気さえなかったでしょうから、漫画チックにはなってしまいましたけど、仮面ライダーという枠には何年経っても表現できるものがあるんだという気になりました。

仮面ライダースーパー1のエレキハンドや冷熱ハンドの超高温火炎が通用しなかった初めてのケース。

演出さえもっと現実感と臨場感が出せれば、ジョーズワニⅠ世・Ⅱ世登場の話はもっと見応えがあったでしょうね。
「強化用人工細胞X9」が外気に触れるとあらゆる生物を喰らい自己増殖してしまうとは言っても、根っこが細胞というものであるならば、冷却には盲点があったはずで、仮面ライダースーパー1がフルパワーで冷熱ハンドの冷凍ガスを浴びせられれば、「強化用人工細胞X9」が活動停止状態になるのも理にかなっていると思いましたしね。

それにしてもジョーズワニのネーミングはもっとどうにかできなかったのか、と今でも思いますね。
ジョーズワニ⑤
ジョーズワニ①






ドグマ改造人間第9号~バクロンガー3

バクロンガー
「バクロンガー」

左腕の大きな鋏が厄介でした。
鼻先から放たれる大砲バクロン砲も結構な武器でしたけど、こういう武器からの砲撃は仮面ライダースーパー1ほどの俊敏性があればかわせるものでしたから、接近戦に持ち込もうとしたとき、どうしてもバクロンガーの大きな鋏は切断力と打撃力を思うと、これを何とかしないと厄介なドグマ改造人間だったと思います。

仮面ライダースーパー1にはファイブハンドがりましたから、レーダーハンドで破壊するかパワーハンドで行うかというところでしたけど、戦闘中に確実にバクロンガーの鋏を破壊するにはパワーハンドが有効でしたね。

触れる者すべてに悪夢を見せてしまう夢薬は、テニスボールに含まれていて軽量性よろしくドグマにとっては有効であり、人間にとっては厄介な代物でした。
悪夢を見せて絶望感に苛まれるこの夢薬は、人間よくよく観察して研究しないと作ることなどできはしないもので、それはそれは厄介でしたけど、この効用に立ち向かうべく精神の鍛錬でそこを打開しようとしたことは、格闘技で成長を見せようという仮面ライダースーパー1という物語にはあるだろうな、という展開でした。

でも、この夢薬の効用による局面を打破すれば、バックロンガーの鋏に衝撃を与えると、スーパーライダー月面キックという強力技を使わずとも倒せるたと思えるほどのドグマ改造人間だったと思いますね。
バイクを駆使するなど、それなりの身体能力はあったと思いますけどね。

幻獣「獏」がモチーフであったこの改造人間。
でも、見た目がほとんどロボットめいたところが、「獏」を連想させずらい改造人間でした。
バクロンガー②







ドグマ改造人間第8号~ガニガンニー3

カニガンニー②
「ガニガンニー」

ドグマが開発を進めている千人を一度で倒せる特殊銃SW砲製造に必要不可欠な“メラン鉱石”を、鉱石研究所から強奪する「M作戦」遂行の任を負わせようと作り出された改造人間がガニガンニーでした。
面白かったのはそれまでの改造人間は、例外はあったものの人間に動植物の特徴を移植して昇華させようとして作り出されたのが改造人間でした。
仮面ライダーも御多分に漏れず、そのラインで出てきた改造人間でした。
ところがガニガンニーは、カニそのものであり蟹の複数体でしたけど、その蟹は日本海やオホーツク海で生きた蟹を捉えて怪人化したものではなく、食用の蟹を強奪して作られたものでした。
基本的に食用でしたから、ガニガンニーの改造素体であった蟹に生気はなく、どうやって怪人化したのかについては興味がわくところです。
ドグマが改造人間製造の際に必ず使っていたのは、服従カプセルであり、これが作用して裏切り行為が出来ないようにしていました。
ところが、ガニガンニーはその服従カプセルが埋め込まれない状態でアジトから脱出してひと騒ぎを起こしていたのですが、蟹そのものに知力があったとは考えられないのですから、この服従カプセルの埋め込み土台として人間の脳が植え付けられていたものと思われます。
そうでないと、ドグマ拳法の一つであるような「千手地獄突き」は突使えかったはずで、低いながらも人間の知力は埋め込まれていたのであり、蟹そのものだけということではなかったと思います。

ただ、スペック的にはガニガンニーの甲羅はとにかく頑丈なもので仮面ライダースーパー1の攻撃を受け付けず、甲羅の反対側の腹部もそれと同様に頑丈なものでした。
その上、大きな蟹バサミの切れ味は抜群で、ドグマ拳法の一つ「千手地獄突き」を生み出して、強力な武器でした。
しかも、蟹らしく毒性の強い泡地獄という白い泡を吹き出し、一時的でしたけど仮面ライダースーパー1の機能を停止させるほどでした。
こういうことからも、まともに服従カプセルがしっかり埋め込まれてガニガンニーが作られていたならば、仮面ライダースーパー1と言えど、緒戦は危なかったかもしれません。
福寿カプセルの埋め込みに失敗し、まるで蟹そのものに押さない知能だけがあった状態で仮面ライダースーパー1に手の内を知られた時点で、再戦となれば知力で勝る仮面ライダースーパー1の敵ではなかったと言うことかもしれません。
悪の秘密結社が改造人間を作り出そうとする時、わずかな失敗も許されないことを別の局面から」見せられたような話でした。
カニガンニー①






ドグマ改造人間第7号~スネークコブラン4

スネークコブラン
「スネークコブラン」

スネークコブランが登場した話は陳腐なものでしたけど、そういうことは置いといてもこの話の主人公であったドグマ改造人間スネークコブランは、デザイン的にも造形的にもかなりの傑作だったと思います。

ヘビというかコブラに関する改造人間は、古くはショッカー改造人間がいました。
低予算で優れたものを、、、という意味では、このコブラ男はかなりの傑作であり、出来が良すぎて改造コブラ男まで出てきました。
コブラに限らなければ、先日書いた仮面ライダーアマゾンに出てきたヘビ獣人も出来は相当よかったと思います。
ヘビは嫌われもののイメージが強く、それは粘着性を感じるところとその動きがクネクネして捉えどころがない感じでいてそれでいて殺傷能力が強いところなんでしょう。
そういうところを踏襲してしまうと、かなり造形と物語の構成が難しくなってしまうところがあり、例外もありましたが、ヘビとして嫌われそうなところを上手い具合に外していたような感じがします。

スネークコブランはネーミングがもう一つだったものの、コブラ男同様左腕がコブラハンドとなっており、怪力と島つける能力に優れていましたけど、このコブラハンドがやられても再生能力があったということ、やられてしまったコブラハンドもスネークコブランの首輪で操作可能だったという優れた能力を持っていました。
ドグマ改造人間でしたから、ドグマ拳法から派生したような蛇拳でも持たせればもっと設定的・物語的にも面白く工作で来たと思いますけど、歪んだ理想郷を作ろうというドグマを表現しようとして逆に見栄えのした改造人間スネークコブランをもってきたのに、それを生かせなかったのは残念でした。
スネークコブラン③
幻覚・幻惑技だったコブラ吹雪の舞という技をつかっていましたけど、ここに蛇拳を絡ませれば最も白かったかもしれません。

個人的にはショッカー改造人間コブラ男がお気に入りでした。
仮面ライダーV3の時にも、デストロン改造人間マシンガンスネークという出来栄えのいい改造人間もでていましたから、そこを踏襲してきたような感じがスネークコブランにはあったと思います。
もっと、その存在が際立っていれば、と思うんですよね。
スネークコブラン①

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥25,294から
(2018/2/26 21:30時点)









プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ