HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ドグマ

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ドグマ改造人間第9号~バクロンガー3

バクロンガー
「バクロンガー」

左腕の大きな鋏が厄介でした。
鼻先から放たれる大砲バクロン砲も結構な武器でしたけど、こういう武器からの砲撃は仮面ライダースーパー1ほどの俊敏性があればかわせるものでしたから、接近戦に持ち込もうとしたとき、どうしてもバクロンガーの大きな鋏は切断力と打撃力を思うと、これを何とかしないと厄介なドグマ改造人間だったと思います。

仮面ライダースーパー1にはファイブハンドがりましたから、レーダーハンドで破壊するかパワーハンドで行うかというところでしたけど、戦闘中に確実にバクロンガーの鋏を破壊するにはパワーハンドが有効でしたね。

触れる者すべてに悪夢を見せてしまう夢薬は、テニスボールに含まれていて軽量性よろしくドグマにとっては有効であり、人間にとっては厄介な代物でした。
悪夢を見せて絶望感に苛まれるこの夢薬は、人間よくよく観察して研究しないと作ることなどできはしないもので、それはそれは厄介でしたけど、この効用に立ち向かうべく精神の鍛錬でそこを打開しようとしたことは、格闘技で成長を見せようという仮面ライダースーパー1という物語にはあるだろうな、という展開でした。

でも、この夢薬の効用による局面を打破すれば、バックロンガーの鋏に衝撃を与えると、スーパーライダー月面キックという強力技を使わずとも倒せるたと思えるほどのドグマ改造人間だったと思いますね。
バイクを駆使するなど、それなりの身体能力はあったと思いますけどね。

幻獣「獏」がモチーフであったこの改造人間。
でも、見た目がほとんどロボットめいたところが、「獏」を連想させずらい改造人間でした。
バクロンガー②







ドグマ改造人間第8号~ガニガンニー3

カニガンニー②
「ガニガンニー」

ドグマが開発を進めている千人を一度で倒せる特殊銃SW砲製造に必要不可欠な“メラン鉱石”を、鉱石研究所から強奪する「M作戦」遂行の任を負わせようと作り出された改造人間がガニガンニーでした。
面白かったのはそれまでの改造人間は、例外はあったものの人間に動植物の特徴を移植して昇華させようとして作り出されたのが改造人間でした。
仮面ライダーも御多分に漏れず、そのラインで出てきた改造人間でした。
ところがガニガンニーは、カニそのものであり蟹の複数体でしたけど、その蟹は日本海やオホーツク海で生きた蟹を捉えて怪人化したものではなく、食用の蟹を強奪して作られたものでした。
基本的に食用でしたから、ガニガンニーの改造素体であった蟹に生気はなく、どうやって怪人化したのかについては興味がわくところです。
ドグマが改造人間製造の際に必ず使っていたのは、服従カプセルであり、これが作用して裏切り行為が出来ないようにしていました。
ところが、ガニガンニーはその服従カプセルが埋め込まれない状態でアジトから脱出してひと騒ぎを起こしていたのですが、蟹そのものに知力があったとは考えられないのですから、この服従カプセルの埋め込み土台として人間の脳が植え付けられていたものと思われます。
そうでないと、ドグマ拳法の一つであるような「千手地獄突き」は突使えかったはずで、低いながらも人間の知力は埋め込まれていたのであり、蟹そのものだけということではなかったと思います。

ただ、スペック的にはガニガンニーの甲羅はとにかく頑丈なもので仮面ライダースーパー1の攻撃を受け付けず、甲羅の反対側の腹部もそれと同様に頑丈なものでした。
その上、大きな蟹バサミの切れ味は抜群で、ドグマ拳法の一つ「千手地獄突き」を生み出して、強力な武器でした。
しかも、蟹らしく毒性の強い泡地獄という白い泡を吹き出し、一時的でしたけど仮面ライダースーパー1の機能を停止させるほどでした。
こういうことからも、まともに服従カプセルがしっかり埋め込まれてガニガンニーが作られていたならば、仮面ライダースーパー1と言えど、緒戦は危なかったかもしれません。
福寿カプセルの埋め込みに失敗し、まるで蟹そのものに押さない知能だけがあった状態で仮面ライダースーパー1に手の内を知られた時点で、再戦となれば知力で勝る仮面ライダースーパー1の敵ではなかったと言うことかもしれません。
悪の秘密結社が改造人間を作り出そうとする時、わずかな失敗も許されないことを別の局面から」見せられたような話でした。
カニガンニー①






ドグマ改造人間第7号~スネークコブラン4

スネークコブラン
「スネークコブラン」

スネークコブランが登場した話は陳腐なものでしたけど、そういうことは置いといてもこの話の主人公であったドグマ改造人間スネークコブランは、デザイン的にも造形的にもかなりの傑作だったと思います。

ヘビというかコブラに関する改造人間は、古くはショッカー改造人間がいました。
低予算で優れたものを、、、という意味では、このコブラ男はかなりの傑作であり、出来が良すぎて改造コブラ男まで出てきました。
コブラに限らなければ、先日書いた仮面ライダーアマゾンに出てきたヘビ獣人も出来は相当よかったと思います。
ヘビは嫌われもののイメージが強く、それは粘着性を感じるところとその動きがクネクネして捉えどころがない感じでいてそれでいて殺傷能力が強いところなんでしょう。
そういうところを踏襲してしまうと、かなり造形と物語の構成が難しくなってしまうところがあり、例外もありましたが、ヘビとして嫌われそうなところを上手い具合に外していたような感じがします。

スネークコブランはネーミングがもう一つだったものの、コブラ男同様左腕がコブラハンドとなっており、怪力と島つける能力に優れていましたけど、このコブラハンドがやられても再生能力があったということ、やられてしまったコブラハンドもスネークコブランの首輪で操作可能だったという優れた能力を持っていました。
ドグマ改造人間でしたから、ドグマ拳法から派生したような蛇拳でも持たせればもっと設定的・物語的にも面白く工作で来たと思いますけど、歪んだ理想郷を作ろうというドグマを表現しようとして逆に見栄えのした改造人間スネークコブランをもってきたのに、それを生かせなかったのは残念でした。
スネークコブラン③
幻覚・幻惑技だったコブラ吹雪の舞という技をつかっていましたけど、ここに蛇拳を絡ませれば最も白かったかもしれません。

個人的にはショッカー改造人間コブラ男がお気に入りでした。
仮面ライダーV3の時にも、デストロン改造人間マシンガンスネークという出来栄えのいい改造人間もでていましたから、そこを踏襲してきたような感じがスネークコブランにはあったと思います。
もっと、その存在が際立っていれば、と思うんですよね。
スネークコブラン①

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥25,294から
(2018/2/26 21:30時点)









ドグマ改造人間第6号~アリギサンダー3

アリギサンダー
「アリギサンダー」

ドグマ改造人間は、ユートピアを作り出そうとするドグマ拳法の使い手であることが基本であった方が見応えがあったような気がします。
赤心少林拳の使い手である仮面ライダースーパー1が赤心少林拳を極めようとして最後までそれを貫いたことに対して、ドグマ改造人間は時としてドグマ拳法がどこかへ行ってしまったかのような展開も結構ありました。
ドグマ拳法ったってどんな拳法なのかははっきりしませんでしたし、テラーマクロがカイザーグロウになった時位でしたけど、それでも仮面ライダースーパー1に対抗したような独特な拳法の使い手であって欲しかったように思っていました。
ドグマ拳法は中国拳法を軸としながら、あらゆる格闘技の妙技を取り込もうとしていたのか、アリギサンダー登場の時はボクシングでした。
従来の改造人間とは違って、頭部の突起物から蟻をモチーフにした改造人間らしlく、蟻酸のような溶解液を発射する特徴も見せていましたけど、ボクサーがアリギサンダーに変身することで、よりボクサーとしての能力を強力にしていたようです。

アリギサンダーは左拳が通常のものに対し、右拳がまるでハンマーのような塊になっており、これがボクサー上がりの改造人間としてよりパンチ力を増強させていたようです。
ボクサーですから防御面も抜かりはなく、合金だか鋼鉄だったのか分かりませんけど、身体を全体的に覆っていた鎧のような装備は、仮面ライダースーパー1のパンチもキックも受け付けていませんでした。
それほど防御においても強固であったわけで、仮面ライダースーパー1の放ったキックは、それまでのライダーキック並の威力があったはずですから、余計に際立ったものだったと思います。

この防御は、冷熱ハンドの超高温火炎と冷凍光線を順に浴びせたことで金属疲労を早めていき、脆さが出たところでダブルキックや日輪キックといった通常のキックよりも威力を上げたキックが放たれたためにアリギサンダーは敗れていきましたが、それ位防御面は強力であったと思います。
ボクサー上がりで攻撃面で優れた者が出がちなところ、よくよく見てみれば防御面に優れていた改造人間だったと思いますね。
これだけの防御力を持っていれば、かわすことなど思いもしなかったでしょうね。

でも、アリギサンダーという名からして、攻撃面での特徴として雷を意識した改造人間であればより面白かったかもしれません。
アリギサンダー①
アリギサンダー②

S.H.Figuarts 仮面ライダースーパー1&Vマシーンセット

新品価格
¥15,360から
(2017/12/28 22:09時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥25,974から
(2017/12/28 22:09時点)



035 仮面ライダーSUPER 1 仮面ヘルメット 1 / 1 特撮舞台コスプレ 純手作り磨いた

新品価格
¥24,300から
(2017/12/28 22:10時点)


ドグマ改造人間第5号~スパイダーババン4

スパイダーババン⑤
「スパイダーババン」

蜘蛛をモチーフにした改造人間は第1話に出てくる傾向はありましたけど、それでも仮面ライダースーパー1まではと考えると、仮面ライダー1号の時の蜘蛛男、仮面ライダーアマゾンの時のクモ獣人だけです。
でも、そこにこだわりがるわけでもなく、蜘蛛型の改造人間ということから戦闘力というよりは人知れずどう行動するのかに興味があったのがスパイダーババンでした。
蜘蛛型改造人間は当然のように吐き出す蜘蛛糸に特徴がありましたけど、その蜘蛛糸がどれだけ丈夫なもので、粘着性があるのかどうかというところがポイントだったと思います。
クモ獣人はそうしたことよりも獣性をどれだけアピールできるかにありましたから、蜘蛛糸の粘着性に優れ吐き出す蜘蛛糸の量が豊富だっただけに、相手を絡めとる能力に優れていました。
そういう意味では先駆者的存在でもあった蜘蛛男が相手を絡めとることが主眼であり、戦闘能力はその次だったことが後々に影響していた感じです。
両者ともその蜘蛛糸は確かに丈夫でしたけど、相手を絡めとることに主眼が置かれていました。
スパイダーババンも同じような意味合いはありました。
ドグマのねらいであった黄金郷設立のためのモデルケースを作り出すため、こうした能力を持つ改造人間は必要だったのでしょう。
しかし、そうしたこと以上に見えない蜘蛛糸は鋼鉄製とは言え、その丈夫さは群を抜いていた感がありました。
しかもこれまで見られなかった蜘蛛の巣を連想される蜘蛛糸の使い方は、見事だったと思います。
スパイダーババン①
蜘蛛はもともと敵を絡めとるのではなく、自らが張り巡らせた蜘蛛の巣に敵が引っかかるのを待ち、引っかかった敵を餌食にする特徴があった昆虫です。
だから、こうした特徴を誇張した改造人間がこれまでそんなに出ていなかったことに不思議さを感じますが、スパーダーババンはそこをうまく、かつ強く表現できた改造人間だったと思いますね。

もう一つの武器であった刀はさほど印象には残りませんでしたが、見た目は蜘蛛が連想できるほどすんなりしたものではありませんでしたけど、必要以上に丈夫だった蜘蛛糸が視認しずらいものであったことは時代がもたらした前進だったかもしれません。
ただ、スパーダーババンはドグマA級怪人ということでしたから、戦闘能力という意味でもう一つ、強烈な武器が欲しかったですね。
スパイダーババン②

S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥9,100から
(2017/11/4 23:02時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥27,000から
(2017/11/4 23:03時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダースーパー1&Vマシーンセット

新品価格
¥15,400から
(2017/11/4 23:04時点)


ドグマ改造人間第4号~カメレキング5

カメレキング⑦
「カメレキング」

ドグマは基本的に理想郷たる王国を作り出そうとしていたので、盗賊の部分もあったと思うんです。
秘宝とか伝説の埋蔵金とかを奪取して、ドグマに黄金郷を作り出そうとするのはそれまでの悪の秘密結社とは異なるところです。
世界の眠る秘宝を奪取する為、カメレオンと忍者の末裔を合体させたのがカメレキングでしたね。
名前だけはウルトラマンAに出てきた超獣と同じでしたけど、仮面ライダースーパー1に出てきたドグマ改造人間の方は、秘宝を盗もうとした意図があったのだから忍者の末裔にその医術を期待して採用し、更に身体を保護色化できるカメレオンと組み合わせていたのは、目的意識がはっきりしていたのかもしれません。
でも、ドグマファイターと一緒になってモトクロス場に出てきたのは、逆に目立ち過ぎてよくわかりませんでしたけどね。
それでも、カメレキングの体色からカメレキングがバイクにまたがって疾走したりバイクテクニックを駆使しようとしたシーンは、ブルーバージョンを駆る仮面ライダースーパー1と相まって、良く似合っていました。

カメレキングは左腕先が脱着可能で、しかも爆弾となっており、口の中からは鋭い剣が出てきて大きな武器となっていました。
ドグマ改造人間と言えば、ドグマ拳法解きたいところですけど、忍者は神出鬼没であり何を仕掛けてくるのか分からないところに面白味があるので、カメレキングにはドグマ拳法は似合わなかったかもしれません。
腕爆弾も、普段は五本指のある腕先が爆弾と化す時何故か三本指となってみたり、口から剣が出てくるなど想像もできませんでしたから、忍者のエッセンスが組み合わされていたのは分かるような気がします。
カメレキング④
忍者の末裔が改造されたことで、元の人間の部分が断ち切られて怪人と化すのは、ある意味改造人間としての悲哀だったかもしれないのは、この改造素体の妹で表現されていました。
ドグマの指令を聴かざるを得なかったのは、指令に逆らうと自身の脳内コンピューターと連結して首を締めるリングが装着されていたためで、そのリングはカメレキングが倒されなければ外せない代物でした。
この妹に感じる悲哀は、実の兄が正体であったカメレキングの死が自らの生と引き換えになってしまっていたというところにありました。
この悲哀は、仮面ライダー1号や仮面ライダーXで表現された改造人間としての悲哀とは局面が異なり、改造人間が作られてしまったことに伴う状況の悲哀でした。
そういうところを強く感じさせなかったのは、実にカメレキングのデザインと造形が良く出来た者だったからかもしれません。

カメレキングは、仮面ライダーシリーズ第2期における傑作怪人だったと思っています。
カメレキング⑤

S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥8,572から
(2017/8/31 22:11時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥27,254から
(2017/8/31 22:11時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダースーパー1&Vマシーンセット

新品価格
¥13,800から
(2017/8/31 22:13時点)


ドグマ改造人間第3号~カマキリガン3

カマキリガン④
「カマキリガン」

ドグマ怪人は、組織の独自拳法であるドグマ拳法とメカニカル的要素が前面に出ていたところに魅力があると思っていました。
仮面ライダー自体が仮面ライダー1号からして肉体にメカを持ち込んだ改造人間であるところから始まりましたけど、より明確になったのが仮面ライダーXですね。
深海開発用改造人間=カイゾーグなんていう設定はメカ無くしてはありえないことでしたから。
しかも仮面ライダーXは沖縄拳法の使い手であったという隠されたような設定は、拳法の使い手であるという初の試みが隠され、しかもメカ的要素がある事が前提であった仮面ライダーXは見た目にはそういうことが感じられませんでした。
これって、あんまりメカが表に出てしまうと逆効果になりそうだということに配慮したことだと思うんですけど、仮面ライダースーパー1に至っても、そこは同じでした。
でも架空ではありましたが、赤心松林拳という拳法の使い手であるということが前面に出てきたことは非常に嬉しく思いましたね。
だからこそ、その敵であったドグマがドグマ拳法を使うのなら、徹底して押しまくってほしい願望がありました。
仮面ライダースーパー1の第3話に登場したドグマ怪人カマキリガンは、明らかにカマキリの改造人間でした。
瞬時に、勝負時にいきなりカマキリガンの手先に現れた大釜は、カマキリガンの唯一にして最強の攻撃用の武器でしたが、個の大釜を使うことで、よりカマキリの改造人間らしさが演出されていたと思っていたんです。
だからこそ、ここにドグマ拳法らしい蟷螂拳でも交えて独自の憲法の使い手であって欲しかったわけですが、何故かカマキリガンは拳法とは無縁のドグマ怪人でした。
カマキリガン
その代わりと言っちゃなんですが、その身体はカマキリガンの体内に仕込まれているメカが透けて見えて、しかも焦点の定まらない大きな目は、グルグル常に回っているようでしたね。
これって敵をに目くらましを食らわせるような催眠効果があったらしいですが、この催眠効果を使って大釜で仕留めるkとがカマキリガンの攻撃パターンであったようです。
しかし、カマキリガンが登場した時点でも、多分、ドグマは仮面ライダースーパー1を主においていたようなこともなく、従って実は同じ改造人間でありながらまだドグマ怪人は仮面ライダースーパー1に追いついていないということを見逃していたようです。
催眠効果など、高度な改造人間であった仮面ライダースーパー1に通用せず、自慢の大釜も仮面ライダースーパー1のパワーハンドで見事に折られていましたしね。
要するに主眼に置いていなかったため、仮面ライダースーパー1対策が取られていなかったことが、カマキリガンの能力が意外に乏しいことにつながり、ドグマ拳法を取得させていなかったことに現れていたように思いますね。

それでも体内メカが面白いように見えていたカマキリガンは、ここに至っての敵型改造人間としてはかなり出来が良かったと思わせられただけに、惜しいことをしたなと思いましたね。
カマキリガン①

S.H.Figuarts 仮面ライダースーパー1&Vマシーンセット

新品価格
¥20,400から
(2017/6/30 23:25時点)



S.I.C. 仮面ライダースーパー1

新品価格
¥9,290から
(2017/6/30 23:25時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダースーパー1 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥27,280から
(2017/6/30 23:25時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラセブン~チブル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラセブン~チブル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラセブン~チブル星人
  • ゲルショッカー改造人間第10号~カナリコブラ
  • ゲルショッカー改造人間第10号~カナリコブラ
  • ゲルショッカー改造人間第10号~カナリコブラ
  • ウルトラ怪獣第10号:初代ウルトラマン~マグラー
  • ウルトラ怪獣第10号:初代ウルトラマン~マグラー
  • ウルトラ怪獣第10号:初代ウルトラマン~マグラー
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ