HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

バダン

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

バダン改造人間第6号~トカゲロイド4

トカゲロイド
「トカゲロイド」

バダンの制作した改造人間は、強化兵士とUFOサイボーグに分かれるみたいですね。
強化兵士をより強化したのがUFOサイボーグらしいですけど、時空魔法陣に潜む謎の力を使って生み出される八日改造人間らしいですね。
そうなると、時空魔法陣とは何かということになりますけど、複数の場をつなぐ異次元トンネルということだけではなく、そこにはバダンという暗黒組織が構築されるまでの過去の秘密結社が積み上げてきたデータをベースに活用できる優秀な科学者たちの脳を並列に直結させたデータベースが潜むものらしいですね。
歴代の秘密結社は、単に暗躍してたわけではなく、敵となった仮面ライダーとの闘いの中で得られたデータを積み上げてきたわけで、それを瞬時に活用し、生かしていくには優秀な頭脳は一つでは足りるはずがなく、並列的に人的コンピューターのようにしておく必要があったわけです。
でも、この仕業は人間のやれることではありません。

その時空魔法陣の神秘的なパワーで生み出されたUFOサイボーグの第1号がトカゲロイドであったみたいです。
トカゲもトカゲ、エリマキトカゲを素材としたトカゲロイドは、これもまた素材となった人間は別にして、かなり優秀なUFOサイボーグだったみたいです。
仮面ライダーZXのTV版では、ライダーマンのロープアームで投げ飛ばされて最期を迎えるという悲哀にも似た最後でしたけど、強力そうな長い槍を持って、その使い手のようでもありました。
披露されることはなかったですけど、トカゲロイドの口からはレーザーのような超高温火炎が放射され、それは首の周りについていた鋼鉄製の襟巻が太陽光を吸収し、その襟巻を収縮させることで、火炎放射の威力を調整できたらしいですね。
意外と超高温火炎放射をできる改造人間はそれまで出ていなかったみたいで、歴代の組織が積み重ねたテクノロジーが、ここにきて開花したようですが、これはまるで等身大の怪獣みたいでした。

こういう強力な武器を持ったバダン改造人間を向こうに回して、仮面ライダーZXがどう戦ったのか、実写版で見てみたかった気もします。
トカゲロイド③






バダン改造人間第5号~カマキロイド4

カマキロイド
「カマキロイド」

仮面ライダーZXを生んでしまったバダンは、それまでの悪の秘密結社の流れの終着点であったようです。
ショッカーから始まった秘密結社はブラックサタンを経てデルザー軍団で終結を見ましたが、脈々と流れていた闇の存在は消えることはなく、ネオショッカー、ドグマ、ジンドグマと流れていきました。
基本的には動植物と人間の融合が基本としてあって、そこに内蔵されるメカはその特徴を増幅させていたと思われますが、特に強化されていたと感じたのは、ショッカーからゲルショッカー、そしてデストロンと組織が改変されたときですね。
モチーフとしてはそこから上昇することなく、洗脳や宗教、拳法などを織り込んで改造人間としての強力さを上げていたものの、生体改造技術が上昇したという感じはなく、そのままジンドグマまで行ってしまった感じです。
具体的には言いようがないのですが、そうした歴々の改造人間を生み出すにあたって、築き上げられたテクノロジーは、バダンの出現で急に上がったようです。
何度やっても失敗する秘密結社も、積み重ねてきたものがあったようで、そのいい例が仮面ライダーZXだったと思います。
単なる小型原子炉を有した改造人間というのではなく、そこから生み出される動力の増幅法がそれまでの仮面ライダーとは違っていたようです。

いわゆるバダン強化兵士というのはその流れに沿って生み出された強化改造人間で、歴々の秘密結社が積み重ねてきた生体改造技術が進行した結果だった気がします。
そのバダン強化兵士の最後に登場したのがカマキロイドだったということですね。
カマキロイドの左腕は1m以上もあった切断機器でしたけど、これだけでもそれまでのカマキリ型改造人間には見られなかったことです。
なかなかカマキロイドをじっくり見る機会はないのですけど、そうした表立った武器も身体の至る所に強力なバネが仕込まれ、奇襲に長けた強化兵士だったようで、忍者ライダーとされる仮面ライダーZXの向こうを張ったような感じがしました。
しかも、カマキロイドの右手中指からは麻酔ガスのような毒ガスが噴射され、いつの間にかやられてしまうようなところは仮面ライダーZXの煙幕発射装置に似た感じがあり、なんとも得体が知れない武器でした。
カマキスパイラルという鉄糸制の格子鉄線は、実に繊細でありながら丈夫極まりない武器であり、相手の動きを封じて止めを刺そうというものであり、マイクロチェーンを連想させていたのかもしれません。

一つ一つの武器が強力であり、まさしくそれは強化兵士と呼ぶにはふさわしいものだったのかもしれませんね。
カマキロイド④





バダン改造人間第4号~ジゴクロイド3

ジゴクロイド
「ジゴクロイド」

仮面ライダーZXには、それまでの仮面ライダーのように話が連続した番組がなく、雑誌連載や各種イベントで取りあげられていただけのことでしたし、リアルタイムでは触れることができませんでしたのでほとんど知りませんでした。
折に触れ、情報に触れることでイメージは湧いてきましたが、でも具体化するのは難しく、想像の域はでません。
そんな中でイメージを膨らませ、TV特番で演じられたものを見ていると、特にジゴクロイドはバランスの良くない改造人間でした。

アリ地獄がモチーフであるジゴクロイドは、頭部についていた大きな鎌のような器官が大きすぎた故にジゴクロイドの頭部も身体に比してバランスを失わせるような大きなものでした。
それでいて仮面ライダーZXとバイクチェイスを繰り返すような俊敏性もあったようで、身体のアンバランス感を補って余りある胴体力を持っていた改造人間だったかもしれません。
自ら巣を作りそこに敵を引きずり込むだけではなく、自ら積極的に打って出るスタイルは、その鋼鉄で固めた様な丈夫なボディ相まって仮面ライダーZXを大いに苦戦させたようです。
必殺ZXキックも電磁ナイフも通用しなかったジゴクロイドのボディは、バダン改造人間がよりメカニック的になっていたことの証でしょう。
しかも、そのボディいと頭部につく大きな鎌は、実は切断能力に長ける巨大なハサミであり、同じようなハサミが腕にも脱着式の武器としてついていたところに、攻撃能力の高さも伺えます。

仮面ライダーZXの特番では、メカ的要素の高かったジゴクロイドが、まさしく生体能力が高くメカとは無縁であった仮面ライダーアマゾンと戦っていたことが多かったのは何ともユニークであり、雑誌上ではZXキックも電磁ナイフも通用しなかったジゴクロイドとの戦いの結末はどんな具合だったのだろうと思うと結構興味が惹かれるところかもしれません。
ジゴクロイドの腹部には、ドクロをイメージした模様があり、これぞ悪霊の姿のようにも見えましたけど、ジゴクロイドを始めとしたバダン改造人間には謎が多いですね。
ジゴクロイド①

S.I.C. 仮面ライダーZX

新品価格
¥14,980から
(2018/2/28 22:11時点)



ハイパーヒーローシリーズ 仮面ライダー ZX (ゼクロス)

新品価格
¥9,990から
(2018/2/28 22:12時点)





バダン改造人間第3号~カメレオロイド3

カメレオロイド
「カメレオロイド」

仮面ライダーZXは雑誌紙上だけの仮面ライダーということで始まったものの、TV番組用の特番が一つだけありました。
この特番一つで、仮面ライダーZXの全てとかバダンという組織を全て描くことは叶わず、デザインや雑誌だけのバダン改造人間は何体かいましたね。
以前と取りあげたクモロイドもそんな一つでしたけど、カメレオロイドも同様でした。

バダン強化兵士といっても、通常の暗黒組織における改造人間の強化版のようで、人間を素体としてそこに取り組んだ動植物の特徴を特に一見敵にも能力的にも秀でたものに仕立て上げたものだと思います。
バダンはショッカーに始まった暗黒組織の究極の先のような組織ですから、科学的にも相当進んだものと思いますが、そこで作り出した怪人というべき改造人間はメカで固めてしまいとロボットになってしまい、究極の現場においての判断意思が働かなくなりますから、やっぱり大首領の意思の下、世の中を席巻しようとしたら人間を素体としてメカを働かせようとしたサイボーグ=改造人間の方が、応用がきいて洗脳したこと以上の知恵が出たと思います。
まあ、見た目、そういうことがあったとしたら、もっと仮面ライダーを苦戦させたのでしょうけどね。

サイボーグでありながらバダンまで暗黒組織が進んでしまうと、メカ的要素が前面に出てきてしまう強力なイメージがあります。
そのイメージが強かったのがクモロイドでしたが、逆にイメージとして改造するにあたって持ち込まれた動物的要素が強く、それでいて強力なものがあったのがカメレオロイドでした。
動物的要素の強かったバダン改造人間は結構珍しいことだったと思うんですけど、カメレオン型の改造人間をショッカーから見てきてしまった影響があるのかもしれません。
カメレオン男、ヒルカメレオン、、、というショッカー等に所属した改造人間は、生物的であり、それでいて怪人足りえたのは、その能力が動物的でありながらもとにかく人間離れして、想定以上の興味が湧くものだったからかもしれません。
何故かそうしたことがカメレオロイドにオーバーラップしてしまったのは、ネオショッカー改造人間ガメレオロイドの影響もどこかにあったためかもしれません。
周囲の風景に同化してしまい、人知れず長く伸びる舌が強力な打撃用の武器として打ち込んでくるところにカメレオン型の改造人間の特徴があると思います。
そんなカメレオン型の改造人間の行きついた先が、カメレオロイドじゃなかったのかと勝手に想像してたわけです。

でも、雑誌等においては長い槍を構えようとしていたカメレオロイドの腕は万力型であり、強力そうであってそれは実はカメレオンの隠された能力と思うのも一興ですが、どこかユニークで、特に仮面ライダーXXの特番に出してしまうと他のバダン改造人間の中でも浮き上がってしまいそうな感じがありました。
カメレオロイド①

S.I.C. 仮面ライダーZX

新品価格
¥18,974から
(2018/1/10 22:37時点)



S.H.Figuarts ヘルダイバー

新品価格
¥8,600から
(2018/1/10 22:38時点)





バダン改造人間第2号~ドクガロイド3

ドクガロイド
「ドクガロイド」

仮面ライダーZXは特別番組以外は物語が放映さず、スチールのみだったためそれほど知る材料を持ってません。
仮面ライダーお歴史を紐解くとき、仮面ライダーストロンガーとスカイライダーの間に感じる溝は結構大きかったと思います。
低予算でもいいものを作ることに大きく気が働いて番組が作られていたことは、主人公たる歴代の仮面ライダーとその敵である暗黒結社の改造人間の姿を見ていれば分かる、感じるところがあります。
これがスカイライダーの番組を見てると、いいものを作る気概が一つ落ちてしまい、とにかく仮面ライダーをやるんだと言うことのみで番組が作られていた感があります。
これはデザインはともかく、その造形が劣る一因となり、気概があっても見劣りがするものが出来てしまいます。
ネオショッカー、ドグマ、ジンドグマと見てきましたけど、そういう感じを持ったことは続きました。
スカイライダー、仮面ライダースーパー1という主人公自体の造詣も、そこに来るまでの手作り感とリアルさが失われていました。
低予算からはそういうものしか作れない。
これは番組担当の美術会社が変わってしまったことと無縁ではないでしょうね。
少なくとも仮面ライダーが始まった頃の、必死の手作り感はこの頃になるとほとんど感じませんでした。

仮面ライダーZXの頃はもう自分が大人の世界で必死にやっていこうという時でもあったので、仮面ライダーどころではなかったのですけど、遠くで気にはなっていました。
当時は調べるとか動画を見るような手段はありませんでしたから、仮面ライダーZXの動画を見たのは随分と時間が経ってしまいました。
仮面ライダーZX自体は設定もデザインもよかったと思います。
しかしバダン改造人間を見てると微妙なものがありました。

歴代の組織は動植物の特殊な能力を人間に植え付けることで怪人を作ってきましたけど、それはバダンにおいて人間の要素よりも動植物の特殊能力が大きな要素を占めていました。
クモロイドもそうでしたけど、ドクガロイドもその特殊能力がの占める割合が高まったことで、バダン改造人間のデザインそのものも随分と変わったような気がしました。
ここに仮面ライダーを放映歌開始から見てきた者にとって、なかなか受け入れ難いものがあったんです。
デザインの崩れは、いかなる理由があってもなかなか、、、ということです。

ドクガロイドは毒蛾の改造人間ですから、その毒の威力がどの程度だったかによって特殊能力の程度が図れます。
飛行能力まであったその翼からは毒鱗粉がまき散らされ、瀕死の状態になった人間から生き血を吸うためにドクガロイドの鼻のような器官が長く伸び、吸血と同時に人間に卵を産み付けて繁殖しようとするため、バダン初の女性型改造人間であったはずでした。
生き血と女性、これがドクガロイドの体色の赤につながっていたのかもしれません。

そういう設定はそれまで見られたようなものだったかもしれませんが、バダンという新たな組織の改造人間としてはメカを内蔵した改造人間の割には繁殖行為をなすという矛盾が如何にも改造人間という感じがしてよかったとは思うんです。
でも、いくら考えてもそのデザインの衰えとか物足りなさは拭えませんでした。
そうしたことが拭い去れたドクガロイドの姿は、漫画ですが仮面ライダーSPIRITSにありました。
数少なかったものの、これなんだよなと思いましたね。
ドクガロイド

S.I.C. 仮面ライダーZX

新品価格
¥31,706から
(2017/11/7 22:06時点)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーZX

新品価格
¥7,010から
(2017/11/7 22:07時点)


仮面ライダーシリーズ ワールドコレクタブルフィギュア vol.5 KR034 仮面ライダーZX

新品価格
¥27,048から
(2017/11/7 22:08時点)


at=1ZQYLC+4V1GMQ+249K+BWGDT" alt="">

プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ネオショッカー改造人間第10号~カニンガージン
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンレオ~ケットル星人
  • ブラックサタン改造人間第10号~奇械人ハゲタカン
  • ブラックサタン改造人間第10号~奇械人ハゲタカン
  • ウルトラ怪獣第10号:ウルトラマンタロウ~アリンドウ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ