HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ボガールモンス

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンメビウス~レッサーボガール3

レッサーボガール⑦
「レッサーボガール」

捕食時には瞬時に大口を開き、背中の羽根状の器官で空間を食い破るかのようにして、空間の歪みに消える能力、、、レッサーボガールは知能性能的にボガールモンスよりも劣るとされたからことから、そのネーミングとなりました。
確かにボガールモンスには擬人化を始めとしたさまざまな能力があり、捕食の際に背中に広げた羽根状の器官で捕食するのも得意な能力だったと思います。
次元が異なる能力は、捕食自体を大きな口で行いながら、ボガールモンスで言うところの背中に広げた羽根状の器官は次元を食い破るためもので、それで捕食行為自体を見えずらくするものでした。
喰らう器官と思いがボガールモンスとレッサーボガールとでは食い違っていたという事だろうと思いますが、能力自体は次元の狭間を利用するという特異な能力がレッサーボガールには本能的に備わっていたのでしょう。

通常は人間大であり、何体かの者でつるむように行動し、そのうち一体でも死んでしまうと捕食の対象になってしまうのは、共食いのようなものです。
それで巨大化して本物の怪獣になってしまい、次元を食い破る能力まで発揮してしまうところに、知能の低さと怪獣としての怖さが同居していました。
共食いは知能が低い、或いはない獣が行う事ですから、知能的にボガールモンスより劣っていたというのは確かにそうでした。
ただ、それは獣としての本能に近いところのことであり、怪獣としての怖さはウルトラゾーンというある種の異次元に存在してたことで増長し、ある種の納得感があったと思います。

レッサーボガール登場の話は、ウルトラマンメビウスが地球に向かう最中に人間の姿を有するにあたってのモデルとされた人間登場の話でしたけど、ウルトラゾーンという異世界がレッサーボガールと相まっていましたが、ウルトラマンメビウス序章の主力怪獣はボガールモンスでしたから、同種のレッサーボガールを登城させたこと自体には納得感がありました。
非常にユニークな怪獣でしたけど、怪獣は本来捕食に走っていた時代があり、それが獣であるということからも
怪獣らしい怪獣だったと言えるのかもしれません。
レッサーボガール⑥

ウルトラアクト ウルトラマンメビウス ウルトラマンメビウス 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥9,593から
(2020/1/28 22:16時点)





ウルトラ怪獣第9号:ウルトラマンメビウス~ボガールモンス4

ボガールモンス
「ボガールモンス」

捕食が第一義であったボガールが、本能の赴くまま狡猾な悪知恵を伴って行動していたところ、捕食という本能だけで存在してしまったのがボガールモンスだったように思います。
怪獣の中には知恵を伴ったものもいました。
知恵ある生き物は、人間だってそうなわけですから、獣然とした怪獣の中にそうしたものがいたって可笑しいことではありません。
でも、そうしたものよりも本能だけで存在感がある怪獣の方が恐ろしく、また怖いものだと思います。
変な猿知恵など、本能には叶わないものですからね。
ボガールは怪獣を存在させては食べてしまうところに本能があったわけですが、従来は解呪だけを食べると思うところ、根本的には自分以外の生命体を喰らってしまうところに本能があったと考えるべきなんでしょうね。
ボガールモンス②
それでも身体の大きな怪獣を食べてしまうのは、その怪獣の生体エネルギーを一緒に捕食してしまうということですから、ボガールからボガールモンスに変異しても、その体内に蓄えられてしまったエネルギーは相当なもので、半端な動く火薬庫というものではないでしょう。
一発の核爆弾のようなその身体は、ただ倒せばいいというものではなくなっていましたね。
ウルトラマンメビウスですら食べてしまおうとしたボガールモンスは、かなり強力な怪獣とはなっていましたけど、ウルトラマンメビウスに倒せないほどではないと思っていたところ、そこが厄介でした。
そこに当時の地球防衛軍GUYSとウルトラマンメビウス、そしてハンターナイトツルギの連携が生きたわけです。

でも、この捕食をテーマとしたボガール、ボガールモンスの登場はとても興味が惹かれるものでした。
ボガールモンス④






プロフィール

モン太






現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ショッカー改造人間第22号~地獄サンダー
  • ウルトラ怪獣第22号:ウルトラQ~ボスタング
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンメビウス~クロノーム
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンメビウス~クロノーム
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人
  • ウルトラ怪獣第21号:ウルトラマンマックス~シャマー星人
  • ダークザギ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ