HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ライダーパンチ

ライダーパンチ~仮面ライダー2号5

仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場
「ライダーパンチ」

仮面ライダーと言えば、決め技はライダーキックとなります。
仮面ライダーはバッタの改造人間であり、その脚力に最大の特徴がありますから大きなジャンプの後、決め込むライダーキックにはインパクトが大きかったのも、理屈的に当然ですし、理屈抜きでもその通りだと思います。
でも、仮面ライダー旧1号の頃はライダーキックが最大の決め技というより、天才科学者が仮面ライダーに改造された所以である豊富なバリエーションの中の一つの技だったような感じがありました。
その仮面ライダー旧1号打倒のため、ショッカーによって作り出されたのが仮面ライダー旧2号だったはずです。
仮面ライダー旧2号の基本的なスペックは仮面ライダー旧1号と同じでしたが、言ってみれば仮面ライダー旧1号が旧型であり、仮面ライダー旧2号が新型となりますが、身体の胸部あたりのコンバーターラング周辺と腕部の人工筋肉の量がかなり強化の意味を込めて増やされていたということです。
スポーツマンでありながら天才科学者であった仮面ライダー旧1号に対し、格闘家であった仮面ライダー旧2号は、特に突きや蹴りの技にその特徴が出ていました。
バリエーションの豊富さはなかったものの、一つ一つの突きや蹴りの技が強力になった分、決め技としてライダーキックが頻度高く使われたことで、仮面ライダーの代名詞のようになっていきました。

それでもライダーキックが通用しない展開は特に仮面ライダー旧2号初期によく見られ、これは格闘技に優れながら改造された自らの身体とその能力に戸惑いが残り、実戦経験もほとんどなかったことから能力が十分発揮されなかったことに要因があったように思われます。
そんな中、技のバリエーションを増やそうにもそんな余裕などなかったわけですけど、毎回くり返し繰り広げられるライダーキックには見るべき大きな魅力がありました。
と同時に、特に上半身の強化が図られた仮面ライダー旧2号の魅力には腕力がありました。

一文字隼人は空手・柔道の有段者であったこともあって、その腕力をベースにした技に特徴がありました。
人間体でもその構えは独特でしたが、仮面ライダーに変身すると人間体であった時の特徴をベースに更なる強化がなされ、特にライダーパンチには従来感じられなかった力感がたっぷりとありました。
カニバブラー戦ではライダーキックで倒し切れなかった展開で、カニバブラーに押され気味になってもそこから繰り出されたライダーパンチには、その時点でのライダーキック以上の力感と破壊力があったという具合に感じられました。
まさしく、渾身の一撃だったんでしょうけどね。
ショッカー発の大幹部を倒したのもライダーパンチの応用編でした。
それでも、インパクトとしてはライダーキックで倒し切れなかったカニバブラーに打ち込まれたライダーパンチの方がありましたね。
ライダーキックが仮面ライダーの決め技として確立していったのは仮面ライダー旧2号によってでしたけど、実はそれと同じくらいインパクトの強かった技がライダーパンチであり、これがなかったら只の殴り技になるところでした。
ライダーパンチ〔旧2号〕
ライダーパンチ〔旧2号〕①
ライダーパンチ〔旧2号〕②
ライダーパンチ〔旧2号〕③
ライダーパンチ〔旧2号〕④

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー旧2号 Ver.2.0 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥16,999から
(2017/7/15 23:48時点)



仮面ライダー ライダーマスクコレクション vol.3 仮面ライダー旧2号 通常台座

新品価格
¥5,980から
(2017/7/15 23:50時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダー旧2号 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥10,980から
(2017/7/15 23:50時点)


ライダーパンチ(仮面ライダーBlack)5

ライダーパンチ(BLACK)
ライダーパンチ(BLACK)①
ライダーパンチ(BLACK)②
ライダーパンチ(BLACK)③
ライダーパンチ(BLACK)④
「ライダーパンチ(仮面ライダーBlack)」

ライダーパンチと言えば、仮面ライダーの基本技ですね。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号もこの技を使ってましたけど、特に腕力に優れていたとされた仮面ライダー2号はカニバブラー戦の時に決め技として使っていました。
これはリアルタイムで見ていて意外な嬉しいシーンでしたけど、ライダーパンチが決め技として使われたのはこの時だけのように思います。
、、、あ、仮面ライダー1号にも後にありましたね。
パンチ技の応用で発展した技が決め技になったこともありましたけど、これって仮面ライダー1号、仮面ライダー2号はバッタの改造人間であり、特に脚力に優れていたという特徴があって自然にキック技が決め技となっていったことによる繋ぎ技がライダーパンチになってしまったことによるものだと思います。
キック技の方が派手で見栄えがすることが大きいと思いますけど、放映してるカメラのアングル次第でリアルに、より見栄えがする方法が取られていたこともありました。
ここから、何年も経って仮面ライダーBlackの技を見た時、多分以前出来なかった撮影技術がうまくハマったシーンが決め技のライダーキックへの連携で見て取れました。
それが仮面ライダーBlackのライダーパンチだったんですね。

キングストーンの発するエネルギーで仮面ライダーBlackへ変身していきますが、この時のエネルギーを右の拳に集約し、ジャンプ一閃、相手に突撃するように繰り出すパンチ技でした。
後にライダーハンチは、装甲の強固なゴルゴム怪人に防がれたことにより、全身を屈伸することで威力を何倍にも強化したライダーパンチが編み出されていました。
キングストーン自体、この世を凌駕するほどの魔力があったものですから、そこから生み出されるエネルギーに仮面ライダーBlackの肉体、特に常人の30倍の力を有していた強化筋肉・フィルブローンが無ければ、ライダーパンチまで持って行けなかったでしょうね。
これは見映えが特にしましたね。
仮面ライダー1号、仮面ライダー2号で演じたかったライダーパンチは、この時の仮面ライダーBlackのライダーパンチのように身体から噴き出るほどの体内エネルギーで拳が発行してしまうほどの威力があったんだということを演じたかったんじゃないかと思います。
それが仮面ライダーBlackまできてようやく実現していたということじゃないかと思います。
これは次のライダーキックで更なる演出が施されて行きますが、それもこの時のライダーパンチ無くして有り得なかったことかもしれません。
ライダーパンチ(BLACK)⑤
ライダーパンチ(BLACK)⑥
ライダーパンチ(BLACK)⑦

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーブラック 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥22,786から
(2017/5/28 21:53時点)



RAH DX 仮面ライダーBLACK(Ver.1.5)

新品価格
¥76,537から
(2017/5/28 21:54時点)



仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥17,198から
(2017/5/28 21:55時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ