HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

ロボライダー

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

クライシス怪人第18号~クロイゼル3

クロイゼル③
「怪魔ロボット クロイゼル」

宇宙のどこかでは、二つの恒星に照らされる一つの惑星って、きっとあるんでしょうね。
特撮の世界も、それを地球外まで広げると一つは人工太陽となります。
それでも恒星よりは圧倒的に小さく、惑星との距離感で2つの恒星が並んでいるように見せているのでしょう。
仮面ライダーBlackは宇宙まで意識が行ってないものでしたけど、仮面ライダーBlackRXは太陽光線を浴びてキングストーンが覚醒したような仮面ライダーであり、その仮面ライダーBlackRXを襲ったクライシス帝国は太陽を挟んで地球とは正反対にあった惑星にあった帝国でしたから、当然のように宇宙も一つの舞台になっていました。
地球よりは科学力が進んでいたと思われますから、秘密裡に人工太陽も製造できたんでしょうし、なにより凄かったのは人工太陽と連動していた怪魔ロボットを作り出していたことです。
その怪魔ロボットはクロイゼルですが、クロイゼルは人工太陽を操作するキーを持っていましたし、クロイゼルのエネルギーはその人工太陽から得るものでしたから、果てなくエネルギー供給を得られるというわけです。

クロイゼルとの対決前に、仮面ライダーBlackRXはバイオライダーやロボライダーに二段変身できる素地を見出していました。
人工太陽を背負い常にフルパワーで来るクロイゼルには、パワーと装甲のロボライダーで対抗し、戦おうとしましたが、なんとパワー戦ではクロイゼルが上回っていましたね。
パワーで敵わないロボライダーは鳴かな見られませんでしたから、これはこれで貴重だったかもしれません。
クロイゼルの活動ねエネルギーの源となった人工太陽をどうするかに勝負の分かれ目があり、なんと地球人科学者が磁力砲という人工太陽を吹き飛ばしてしまうほどのものを開発していたために、その科学者と磁力砲をどうするかが物語の肝となってしまいました。
磁力砲がなければどうしようもなかったわけで、舞台が宇宙空間にあったかもしれない人工太陽まであったわけですがそれでも主役は仮面ライダーBlackRXでしたから、強敵クロイゼルを向こうに回してどう工夫して戦うのかというところを見たかったと思います。
ロボライダーに二段変身できる素地を見つけて間もなくの頃の強敵。
パワー戦で押されてしまったこと自体にクライシス帝国の意地があったのかもしれませんが、そのクライシス帝国に一度は変身機能を破壊された仮面ライダーBlackRXでしたから、ライダー自身の意地を見たかった気もします。
クロイゼル④



S.H.Figuarts 仮面ライダー ロボライダー & ロボイザー セット

新品価格
¥13,000から
(2019/10/22 18:27時点)


ボルティックシューター~仮面ライダーBlackRX4

ボルティックシューター
「ボルティックシューター」

ハイブリットな仮面ライダーならではの技が、仮面ライダーBlackRXの決め技に3つありました。
バイオライダーに関してはハイブリット館というよりもそれに伴う超能力感がありましたけれど、通常形態のリボルケインはその最たるものでした。
仮面ライダーが武器を持つというのは仮面ライダーBlackRX以前では仮面ライダーXのライドルがありましたけれど、仮面ライダーXにしてもマスクで得る太陽エネルギーとベルトから得る風力エネルギーがパーフェクターのところで融合される言わばハイブリットエネルギーの走りのようなものでした。
それでもライドルはハイブリット感が固形化されたように、ライドルスティック、ライドルホイップと形状は変わるものの、あくまで棒状を主とした武器でした。
仮面ライダーBlackRXのリボルケインはそこから更に進化を見せ、エネルギーがそのまま棒状となり、打撃・切断もありましたけど、リボルケインを構成するエネルギーの高度な熱があらゆるものをあっという間に溶かしていくようにもみえました。

こうなるとハイブリットエネルギーが固形化されるのではなく、光線となって発せられるところが見たくなるものです。
仮面ライダーBlackRXには、基本形態のほかに2つの形態がありましたけど、バイオライダーとは対極の特徴を持ったロボライダーがありました。
まさしく非常に強固であり怪力の持ち主であったロボライダーは、柔軟性がないと言えばなかったのですが、その怪力ぶりと強固さはそれまでの仮面ライダーにはなかったものでした。
昭和の仮面ライダーはメカが内蔵され特殊能力の強力さがありましたけど、改造人間という人間であったことが基本でした。
ハイブリットとなせる技とは言えロボライダーとなると、改造人間という基本からは遠く離れてしまった感があります。
けれど、作られたものではなく、そういう要素が基本としてありながらもキングストーンの本来の宿り主から与えられた神秘的なパワーが地球という枠を超えたものであるならば、ロボライダーという形態はありなのかもしれません。
ロボットも定められた能力の域を超えることなく行動しますが、ロボライダーの核になる部分には人間として意識があったはずですから、決め技も生み出せたとも思います。
それがボルティックシューターという超兵器から発せられるハードショットでした。
ボルティックシューターから発射されていたのはハイブリットエネルギーでしたから、これは光線銃ということになりますけれど、エネルギー砲と見た方がよかったかもしれません。
ボルティックシューターにはハードショットの他に、ポイントシュート(局所攻撃)、連続シュート(マシンガン的な用法)、オープンシュート(拡散攻撃)、サンシャインシュートなどの多彩な光線を発射できたらしいですが、そこはうまく演出されていなかったため、ほとんどわかりません。
立派な決め技と思いますけど、どうしても仮面ライダーBlackRXのイメージとしてリボルケインにそれを求めてしまったがために、ボルティックシューターは決め技として使われたことがほとんどなかったのは残念でもありました。

でもその強力さも去ることながら、ハイブリットエネルギーの象徴のようなわざとして非常に見栄えのする技でもありました。
ボルティックシューター②
ボルティックシューター③
ボルティックシューター④
ボルティックシューター⑤
ボルティックシューター⑥
ハードショット⑨







プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人
  • ゴルゴム怪人第20号~アネモネ怪人
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンダイナ~ギャンザー
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンダイナ~ギャンザー
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ドグマ改造人間第20号~バチンガル
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンティガ~ ゴブニュ(ヴァハ・ギガ)
  • ウルトラ怪獣第20号:ウルトラマンティガ~ ゴブニュ(ヴァハ・ギガ)
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
  • ライブドアブログ