HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

仮面ライダーストロンガー

ストロンガー電キック~仮面ライダーストロンガー4

ストロンガー電キック
ストロンガー電キック①
ストロンガー電キック②
ストロンガー電キック③
ストロンガー電キック④
「ストロンガー電キック」

仮面ライダーと言えば、大ブームとなったのは変身ポーズでしたけど、これでもかと放たれたライダーキックは昭和のHEROの中でもウルトラマンのスペシウム光線と並んで、非常にポピュラーなものとなりました。
どうも今でもこのライダーキックをベースにした決め技は採用されてるようですけど、仮面ライダー旧2号から仮面ライダー新1号へと舞台が移っていった時から、破壊力・パワーから技のバリエーションに目が移っていきました。
バリエーションの豊富さは仮面ライダーV3の時が最高でしたけど、仮面ライダーXが出てきた時からライダーキックを放つ前の前振りが採用されて行きました。
仮面ライダーXのXキックは、ライドルスティックを鉄棒のように持って回転を繰り返すことで遠心力と破壊力を高め、敵怪人めがけて放たれるライダーキックであり、これは仮面ライダーXの最もエネルギーが集約される前振りであることと、当時流行った体操の鉄棒競技が影響していたようです。
正式にメカニックライダーの流行となった仮面ライダーXの跡を継ぐような仮面ライダーは仮面ライダーストロンガーだと思うんです。
電気改造人間であった仮面ライダーストロンガーはメカ的要素が高くないと迸るような電気エネルギーを体外に放出できないはずだからですが、ここでも仮面ライダーストロンガーが放つライダーキックは、ある意味独特なものでした。
体内の電気発生装置から身体中を流れる電気エネルギーを体外でスパークさせないと電気の威力を高められないためか、仮面ライダーストロンガーのライダーキックにも前振りがありました。

大きくジャンプして空中前方回転をし、体内の電気エネルギーを高めた上で、右手を左腕の二の腕あたりにあててそこでスパークを発生させ、更に空中前方回転を繰り出す中でスパークした電気エネルギーを全身に回した上で威力を高めてキックを放つ。
これが仮面ライダーストロンガーのライダーキックであったストロンガー電キックでした。
ストロンガー電キック⑥
ブラックサタンの改造人間も、動物的要素をベースにしながらサタン虫に支配された状況で対外的にもメカ的要素が多く、伝導率が実に高かったために、このストロンガー電キックは非常に有効でした。

仮面ライダーストロンガーの前期t、というかデルザー軍団が出てくるまでは決め技になっていましたね。
ストロンガー電キックは前振りが大きかったのも特徴でしたけど、身体中に流れた電気エネルギーが10万ワットの電撃に至るまでそれ相応の時間がかかったことは、空中前方回転が繰り返されたことでわかることでしたけど、多分、ここに至るまでの仮面ライダーたちが放ったライダーキックの中では最も時間を要した決め技だったかもしれません。
ただ、それだけに威力が高く広範囲に影響が及んだため、キックがまともにヒットしなくても触れるだけで充分効果が上がる技でしたし、触れずとも許容範囲にいれば効果が期待できたキック技でした。
デルザー軍団には通用しなかったのですけど、これって絶縁体を装備していた改造魔人が多かったためともいえそうですが、そのデルザー改造魔人登場までは十分な威力を発揮し、ブラックサタン大首領まで倒していましたね。
ストロンガー電キック⑦
ストロンガー電キック⑧

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥15,260から
(2017/9/10 02:03時点)



RAH220 No.59 DX 仮面ライダーストロンガー チャージアップVer.

新品価格
¥19,999から
(2017/9/10 02:04時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,500から
(2017/9/10 02:05時点)


ブラックサタン改造人間第4号~奇械人ゴロンガメ3

奇械人ゴロンガメ①
「奇械人ゴロンガメ」

どうも亀の怪獣や怪人を見てしまうと、大怪獣ガメラを思い出してしまいます。
奇械人ゴロンガメも、頭や手足を甲羅の中に引っ込めて、敵に回転しながらぶち当たってくるという攻撃法がりましたしね、そういうところは時が経っても大怪獣ガメラがモチーフになっていると思います。

奇械人ゴロンガメはゾウガメがモチーフなだけあって、如何にも丈夫そうな身体と甲羅を持っていましたけど、甲羅自体は合金製で鋼鉄よりも硬いとされていたようです。
それだけの武器というか身体能力を持っていたのなら、その甲羅を前面に押し出したような攻撃法を用いれば展開も変わったかもしれませんが、ブラックサタンの改造人間は奇怪な動植物の要素を前面に押し出した理解のしにくいところに特徴がありながらも、人間の要素、改造素体で削られているところが多かったかもしれません。
ブラックサタンは奇械人スパークの製造失敗を経て電気改造人間仮面ライダーストロンガーを生み出してしまいましたけど、この電気をとにかく防ぐことが妥当仮面ライダーストロンガーであるところ、そういう戦術はとらずに軽視していたようなところが多くみられました。

奇械人ゴロンガメは緑色の猛毒液を吐き出能力があったところはいいとして、鋼鉄よりも硬かったはずの素の甲羅は絶縁状態になっていたのでしょうか。
甲羅が絶縁体となっていたとしても腹部はどうかと思う時、どうもそういう対策は取ってなかったように思われます。
作戦的に交通網麻痺の作戦を取りながら、その作戦リーダーに奇械人ゴロンガメを使ったことが大きなミスだと思うんですけど、それは対仮面ライダーストロンガー以前に鈍重な感じが強く、とても7ブラックサタンオートバイ部隊にはそぐわなかったと思うんですよね。
甲羅が中心である上半身と、甲羅から抜け出している手足の軟弱さが好対象的で、頭や手足を甲羅の中に引っ込めて、敵に回転しながらぶち当たってくるというところだけが特筆できそうな改造人間であり、絶縁策を取らなかったところが電気ストリームを喰らって敗れ去るという結末になったと思われます。
奇械人ゴロンガメ④
奇械人ゴロンガメ③

RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,500から
(2017/8/27 22:28時点)



リアルアクションヒーローズ DX 城茂&チャージアップパーツセット (仮面ライダーストロンガー) 12インチアクションフィギュア

新品価格
¥19,832から
(2017/8/27 22:29時点)



RAH220 No.59 DX 仮面ライダーストロンガー チャージアップVer.

新品価格
¥19,999から
(2017/8/27 22:29時点)


ブラックサタン改造人間第3号~サソリ奇械人3

サソリ奇械人
「サソリ奇械人」

仮面ライダーシリーズも仮面ライダーストロンガーまで来ると、改造人間のモチーフも去ることながら、設定自体に行き詰まりが明らかとなってきていました。
サソリ奇械人は、その名の通りまさしく奇怪な感じがアリアリで、歴代のサソリの改造人間よろしくコテコテ感が如実に出ていました。
特に顔面の部分ですね。
これはサソリがモチーフなので当然のようでしたけど、それ以外の部分、両腕を除いた胴体から脚部に関してはあっさりしてしまったものでした。
思うに、ブラックサタンとは仮面ライダーストロンガーだけが突出してしまい、どうしてもそこを超えようとする改造人間が作り出せず、また、敵である仮面ライダーストロンガーをどうにかしてやろうという意気込みもあまり感じませんでした。
幹部であったタイタンだけがそれを感じる存在であり、その配下であった奇械人にはそれが乏しいことがもう一つ盛り上がり感を作り出せなかった要因でしたけど、これは奇械人とはどういう改造人間なのかに専心してしまった毛化なのかもしれません。

サソリ奇械人は左腕が大きな鋏で、切断力は抜群だったんでしょうけど、この鋏を伸縮自在の腕で至近戦でも距離があっても効果が発揮できるように設定されていました。
でも、その伸縮自在の腕がおもちゃのマジックハンドのようであったところに、魅力半減の要素があったということになると思いますね。
今に時代と違って、低予算で作ろうという時代でしたから、アイデア自体でどうにでも効果が出そうではありましたけど、いくら行き詰まり感があったからといって、おもちゃの世界まで取り込んでしまうのはどうかと思います。
手作り感満載で、アイデアの勝負ということは、リアルさが売りの時代でもあったということであり、そこにおもちゃの世界を取り込んでしまっては、面白さも半減してしまうと言うものです。
サソリ奇械人の左腕はハサミであることに対し、何故か右腕はサソリ麻酔銃であったという矛盾。
バランスが取れませんでしたね。

サソリ奇械人はまだ仮面ライダーストロンガーが始まって第3話目という時期であり、効果を早急に求め過ぎていたのかもしれません。
ブラックサタンレインジャー部隊の構成メンバー育成のための作戦とはいっても、いつも用いられる設定であるならば、もっと見応えのある展開であって欲しかったと思いますね。
サソリ奇械人④
サソリ奇械人①

S.H.Figuarts 仮面ライダーストロンガー 全高約14cm & カブトロー 全長約19cm セット ABS&PVC製 フィギュア

新品価格
¥14,200から
(2017/6/22 22:38時点)



リアルアクションヒーローズ DX 城茂&チャージアップパーツセット (仮面ライダーストロンガー) 12インチアクションフィギュア

新品価格
¥19,821から
(2017/6/22 22:39時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220 DX 仮面ライダーストロンガー 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥5,500から
(2017/6/22 22:39時点)


ブラックサタン改造人間第2号~奇械人オオカミン4

奇械人オオカミン②
「奇械人オオカミン」

奇械人とはナニモノ?、、、というイメージは、仮面ライダーストロンガーの最後までつきまといました。
まあ、最後は改造魔人とか半機械人とか、デルザー軍団の怪人でしたけどね。
見た目はウルトラシリーズにおけるウルトラマンAに登場した超獣のような感じでしたかね。
ケバケバしい感じが強く、従来の改造人間とは異なる要素が多くありましたけど、前作の仮面ライダーアマゾンでは獣人でしたから、余計に際立った感はあります。
昭和の仮面ライダーは設定として己や敵は改造人間であるということがあって、仮面ライダーアマゾンでの獣人が思ったほど受入れられなかったところから、元々の設定に立ち返った上で独自性を出そうとしたんでしょうけど、仮面ライダー初期のリアリティはなくなりました。
特撮シリーズを続けていく難しさはこういうところにあって、今の平成の仮面ライダーというのも同じようなものがあって難しさがありますけど、そこに気が付いているかどうかでシリーズの芯みたいなものが決まってきます。

奇械人は、見た目ケバケバしくそれは何らかの独特の特徴を有しつつメカニカル的要素が多かった改造人間で、主役の仮面ライダーストロンガーもカブト虫のパワーを極端に取り込んだ電気改造人間でした。
第2話で出てきた奇械人オオカミンも、狼の俊敏性を取り込んだガス改造人間で、自らをガス化できるという能力は俊敏性を極限まで高めようとしたものだったかもしれません。
奇械人オオカミンが自らをガス化して、どんな隙間からも忍び込むシーンは、その昔ゲルショッカーにナメクジキノコという改造人間がいて、自らをゲル状にして同様の能力を発揮したことを思い出させてくれました。
ただ、こういう信じられない特殊能力っがあるのなら徹底して使うべきで、奇械人オオカミンも最期は仮面ライダーストロンガーのストロンガー電キックで敗れ去りますけど、自らの身体をガス化という気体化できる能力を存分に使っていれば、戦闘能力で劣っていた部分を補って余りある展開が出ていたのかもしれません。
奇械人オオカミンは口から小型ロケットを放つ能力もありましたけど、元来がガス改造人間ですから設定的にはかなり無理があるところ、ブラックサタンの改造人間は奇械人ですから、メカニカル要素も表現しておかないと、ということだったのかもしれませんね。
奇械人オオカミン③
奇械人オオカミン登場の話は、仮面ライダーストロンガー登場の経緯紹介と、その相棒となったタックル登場の話が「メインとなっていましたから、奇械人オオカミンはいわば脇役的存在となっていました。
止む無いことでしたけど、物語的にもう一捻りできるエッセンスは奇械人オオカミンにはあったと思うんですよね。
奇械人オオカミン

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥15,500から
(2017/5/4 12:46時点)



RAH220 No.59 DX 仮面ライダーストロンガー チャージアップVer.

新品価格
¥45,200から
(2017/5/4 12:47時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダーストロンガー 全高約14cm & カブトロー 全長約19cm セット ABS&PVC製 フィギュア

新品価格
¥12,240から
(2017/5/4 12:48時点)


エレクトロファイヤー~仮面ライダーストロンガー5

エレクトロファイヤー⑥
エレクトロファイヤー⑦
エレクトロファイヤー⑧
「エレクトロファイヤー」

仮面ライダーストロンガーはカブト虫のパワーと電気エネルギーを取り込んだ改造人間でした。
昆虫の王・カブト虫の象徴のようなパワーを仮面ライダーストロンガーに感じることは少なかったですけど、当初の決め技がストロンガー電キックでしたし、電気エネルギーを利用した様々な技が披露されましたから、電気アリキの改造人間という印象はかなり強いです。
電気と言っても日常に使うものなれど、現実にも漏電やショートなどで火の気が上がることがありますし、感電することで危ないこともありますから、人間の作り出すエネルギーの象徴のようなところが多分にあります。
その電気の改造人間ですから電気を利用した技があって当たり前のようですが、歴代の仮面ライダー、特に初期の頃は5万ボルトの電気にも平気でいられる改造人間であり、兵器と化したその肉体から繰り出される技は、電気パワーが源でありながら隠された超能力のようになっていました。
仮面ライダー旧2号も放電能力でショッカー改造人間を仕留めたことがありましたし、仮面ライダーXもエレクトリックパワーがありました。
けれど、電気をメインに表舞台に引き上げたのは仮面ライダーストロンガーでした。
その仮面ライダーストロンガーの繰り出す技の中でも1,2を争う様な有名な技だったのがエレクトロファイヤーでしたね。

仮面ライダーストロンガーのベルト・エレクトラーには常時5万ボルトの電圧が帯電されていることから、エレクトロファイヤーは最低5万ボルトの電圧があったということになります。
手先のアームを擦り合わせて作り出した電気エネルギーを、大気或いは大地等の導電体を通して離れた敵に流し込む技がエレクトロファイヤーでしたし、手先のアームはエレクトラーが源のはずですから5万ボルトということになろうかと思いますが、導電体を通して電気を流し込む最中に空気中などから電気を取り込むところもあったと思われますから、5万ボルト以上の電圧があったと考えた方がよさそうです。
変身前も手袋を外すことで使用可能らしかったですね。
仮面ライダーストロンガーは他の仮面ライダーに客演した時、エレクトロファイヤーのポーズをとりながら“電ショック!”と叫んでいたことから、混同する向きも多かったと思いますけど、あくまで電ショックは導電体を使わない感電技だと思います。
そこをしっかり区別して演じて欲しかったと思いますね。

エレクトロファイヤーは決め技としてではなく、時に繋ぎ技のように使われていましたけど、敵型改造人間との格闘において仮面ライダーストロンガーに形成有利となるよう、或いは一層戦いの流れを引き込む独特で電気改造人間らしい技でした。
水中で使われたものは決め技となりましたけど、それについてはまた後日書こうかと思います。

それまでの仮面ライダーとは見かけが異質な感じの仮面ライダーが仮面ライダーストロンガーでしたけど、このエレクトロファイヤーを放つシーンは、象徴的でいかにもカッコいい仮面ライダーであったところがその地位を上げてくれたと思いますね。
エレクトロファイヤー⑨
エレクトロファイヤー⑩

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥13,800から
(2017/4/28 23:14時点)



リアルアクションヒーローズ DX 城茂&チャージアップパーツセット (仮面ライダーストロンガー) 12インチアクションフィギュア

新品価格
¥19,813から
(2017/4/28 23:15時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダーストロンガー 全高約14cm & カブトロー 全長約19cm セット ABS&PVC製 フィギュア

新品価格
¥12,280から
(2017/4/28 23:15時点)




ブラックサタン改造人間第1号:奇械人ガンガル3

ガンガル④
「奇械人ガンガル」

前作仮面ライダーアマゾンで原点回帰を狙ったものの、当初から物語が24話ということだったにしても短編で終わってしまった感じがありました。
その中でも昭和の仮面ライダーの大きな一つのコンセ、プトであった改造人間という要素については、そこでも踏襲されたものの、短編だったせいもあってどこか中途半端な感じになったようです。
ここをどう考えるかということになりますけど、ここまで来ると変身HEROもののコンセプトにもアイディアが尽きて、考えの展開が図れなかったかもしれません。
獣性からいきなり高く飛んでメカニック的要素を思い切り出しながら、これは単純な改造人間ではないよと言いたかったのかもしれません。
それが仮面ライダーストロンガーにおけるブラックサタンの奇械人。
歴代の組織の改造人間たちも手を変え品を変えということでここまできていましたが、改造人間という設定そのものがかなり突拍子のないもので、変身ブームと相まって登場当初は斬新性がいい形で出ていましたけど、かなりイメージとしては奇怪な感じがありました。
だから、奇械人と言われてもそんな感じもせず、どこかユニークな視点は、その昔漫画の世界にあった要素のようなものを感じました。
ブラックサタン改造人間第1号であり、奇械人第1号であった奇械人ガンガルは、全身スプリング人間と言ったところで、実はメカニック要素が多いところに特徴があったとは言え、ここまで来ると漫画の世界のようでした。
まだ、撮影技術も映像技術もそんなに進んでいなかった時代ですから、漫画の世界で生きていた斬新性を自社の世界で描くのは、かなりの難しさがあって、追いついてなかったとみるべきでしょう。

漫画を見過ぎた昔の子供たちは、その漫画の世界に影響されて足の下というか靴の下に強烈なスプリングの効いたバネをつけて飛び跳ねれば、思い切り高くそして速く走れるのだろうと思ったことがあると思うんです。
それを仮面ライダーの世界で描いてみたら、奇械人ガンガルになってしまったというところでしょうかね。

漫画の世界そのままに身体中のスプリングをいかした奇械人ガンガルのパンチやキックは、目にも止まらぬ速さと強力さがあって、特に腹部にあった奇械人ガンガルのミニチュア版のようなところは「ガンガルバズーカ」で機関砲を発射するだけでなく、仮面ライダーストロンガーですら見きれない強力パンチを打ち出す攻撃武器でした。
漫画の世界と言っても手塚治虫の世界ではなく、それこそ石ノ森ワールド全開の世界でしたから、仮面ライダーシリーズの世界でもこういうモチーフと設定は当然のようにアリだったんでしょう。
奇械人とは実は改造人間でありながら奇抜なもので、ウルトラシリーズで言えばウルトラマンAでの超獣のようなものだと思います。
一つのコンセプトとモチーフを長く演じていくのは難しいものだということをここでも思い知らされたような気分になりました。
ガンガル①

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーストロンガー (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥14,800から
(2017/3/13 22:32時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダーストロンガー 全高約14cm & カブトロー 全長約19cm セット ABS&PVC製 フィギュア

新品価格
¥11,800から
(2017/3/13 22:33時点)



仮面ライダーストロンガー DVD全4巻セット

新品価格
¥54,500から
(2017/3/13 22:34時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ