HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

仮面ライダーBlackRX

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

クライシス怪人第16号~ネックスティッカー3

ネックスティッカー③
「怪魔ロボット ネックスティッカー」

ネックスティッカーは、展開式の頭部で肩のアンテナを伸ばし、洗脳ヘルメットを被せた人を目から発信する信号で意のままに操れる上に、目からは破壊光弾、手から衝撃波を放つといった具合に多種多様な能力を持ち、怪魔ロボットということもあって怪力の持ち主でもありました。

仮面ライダーBlackRXにおけるクライシス皇帝の娘・ガロニア姫を死なせてしまったことによる替え玉騒動は、仮面ライダーBlackRXだけではなく、ロボライダー、バイオライダーと登場し、マリバロンの策略のもと仮面ライダーBlackRXの親しくしていた家族の娘や霞のジョー、怪魔ロボットとしても強力なデスガロン、トリプロン1号2号3号とその合体体、色濃く変わるシーンとそれに応じた演出がありすぎて、ロボライダー登場に合わせたようなネックスティッカーという怪魔ロボットは、その存在感が薄くなってしまいました。

仮面ライダーBlackRXを大いに苦戦させていたデスガロン、トリプロンは3体もの分離帯で活動していたなど、目立つ要素がありましたけど、ネックスティッカーは霞のジョーを意のままに操っていたものの、洗脳メカが破壊された上にロボライダー登場で自慢の攻撃が全く通用せず、しかもロボライダー唯一のロボイザーを駆る突進とマシンガン攻撃で片腕を吹っ飛ばされたところに、ボルティックシューターで完全に破壊された最期までの流れは、仮面ライダーBlackRXと霞のジョーを引き合わさるために過ぎず、ネックスティッカーの存在感を示すようなことはそれほどありませんでした。

様々な要素がストーリー上絡んだ上に、主役・脇役・適役も様々な設定と活動をさせたために、影が薄くなってしまった悲哀を感じてしまう怪魔ロボットでした。
ネックスティッカー
ネックスティッカー②



S.H.フィギュアーツ ロボライダー

新品価格
¥3,963から
(2019/8/5 21:21時点)



クライシス怪人第15号~トリプロン3

トリプロン③
「トリプロン」

怪魔ロボット・トリプロンには1号、2号、3号とありましたね。
空中を飛んで威嚇していたトリプロン1号、左右非対称だったトリプロン2号3号。
トリプロン2号3号は個別でも合体しても手先についた鋏を武器に行動していた姿はよく見えていましたけど、ここに空中を飛んでいたトリプロン1号が合体して、カニのごとき行動をしていたのにはちょっぴり驚きました。
仮面ライダーの敵はやっぱり改造人間、或いは怪人とすると2者1体となるケースは非常に少なく、やって2体の怪人が共同戦線を張るという具合のものがほとんどだったと思います。
共同戦線を張っていても、どちらか一方の存在が強くなってしまうケースですらあまりなく、各個で存在感がしっかりあったと思います。
だから、怪人ももう一つの主人公だと言えたと思います。
しかし、仮面ライダーシリーズも進むうちに仮面ライダーの存在は当然ですが、敵の改造人間や怪人についてはその上司である幹部の存在が強いか、或いは怪人編成自体が多岐にわたったせいで怪人そのものの曽於在韓が薄れていたと思いますね。

仮面ライダーBlackRXではクライシス帝国自体が謎に包まれいた感じが強く、謎の世界から出てきた怪人は4大隊長自体の存在が強かったために怪魔戦士事態の存在感が薄れてしまった感が強まってしまったことは否めませんでした。
より個性が求められるところでしたが、怪魔戦士事態の存在が強く出たケースは少なかったと思います。
従来、いわゆる怪人でしたから何体出てきても合体などありえないところでしたけど、トリプロンは怪魔ロボットでしたから、1号2号3号と出して、合体させることもアリだったんですね。
個別でも、合体しても行動できるのはロボットならではのことだったと思います。
トリプロンの登場した話は、ガロニア姫をうっかり死なせてしまったマリバロンの失態を隠そうとする戦略とバイオライダー初登場の話が合わさったような話でした。
倍ライダーの存在インパクトとガリニア姫にまつわる戦術が幾重にも張り巡らされていてマリバロンの存在が強くなってしまい、トリプロン登場前のデスガロンですら、ちょっと薄れてしまっていた感がありました。
トリプロン自体は面白かったのですけど、ロボットでありマリバロンの存在が強すぎてトリプロンの存在感が薄くなってしまったことが惜しい気がしました。
トリプロン1号②
トリプロン2号3号③



S.H.フィギュアーツ バイオライダー

新品価格
¥4,400から
(2019/6/24 21:53時点)




クライシス怪人第14号~デスガロン4

デスガロン③
「怪魔ロボットデスガロン」

仮面ライダーBlackRXは、太陽の光で仮面ライダーBlackを大幅にパワーアップさせた戦士です。
でも、その仮面ライダーBlackRXでも正攻法、正面から戦えば敗れていただろうと思わせる怪魔ロボットがいました。
それがデスガロンです。
この頃のクライシス帝国はまだ仮面ライダーBlackが戦っていたシャドームーンを知らずにいたと思われますが、デスガロンはシャドームーンを彷彿とさせるものがありました。
額から破壊光線を発し、背中には一対のブーメランを持ち、光線銃も装備するなど仮面ライダーBlackRXのパワーをも上回る怪力とも合わせて、いかなる戦闘法も取れて、さすがにクライシス帝国が仮面ライダーBlackRXを詳細に分析し対抗させたものでした。
破壊光線もそうでしたが一対の大きな鎌のようなブーメランは、個別に手でも扱える武器で、正面から戦いを挑むにはとにかく厄介だったと思います。
俊敏性や装甲にも長けていたこと、それと最後にはロボライダーに敗れますが、その時の潔さと使命感の強さは、怪魔ロボット大隊の隊長ガテゾーンですら及ばないような戦士としての存在感の強さがありました。
そう、四大隊長を凌駕するような存在感の強さがありました。
デスガロン⑨
仮面ライダーBlackRXに登場し敵対したクライシス帝国の怪人・ロボットたちの中にはデスガロンのようなものが得として出てきて、四大隊長の指示というよりもクライシス帝国のためという忠実性にあふれた怪人・ロボットが出てきました。
クライシス帝国の奥の深n、クライシス皇帝→ジャーク将軍→四大隊長という構図はひょっとするとクライシス帝国勢力の半分にも満たなかったのではないかとも思えました。
デスガロンは、怪魔界飛行チャンネルの存在を仮面ライダーBlackRXに見抜かれて怪魔界に乗り込まれたことで、力と存在感は圧倒的なのに、まるで作戦遂行上の小さな駒として扱われてしまったことが不憫にさえ思えました。
これは四大隊長のミスにもよることでしたから、なおさらです。

二段変身であった仮面ライダーBlackRXのロボライダーへの変身は、その装甲がデスガロン以上のものであったこととそれを知らなかったことによる驚きとうろたえによりデスガロンは窮地に追い込まれますが、敗れ去るまでに陥ってしまったのはマリバロンの失墜を覆い隠そうとしたクライシス抵抗上層部の行為そのものの中で、デスガロンがさらに怪魔界飛行チャンネルの存在を利用されてしまったことが重なってしまったある意味悲劇のようなものでした。

シャドームーンと似ていたような気がしたのは外見だけのことでした。
デスガロン④



仮面ライダーBLACK RX Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

新品価格
¥18,131から
(2019/4/29 13:43時点)





クライシス怪人第13号~フラーミグラーミ3

フラーミグラーミ
「怪魔異生獣 フラーミグラーミ」

怪魔界と地球上の現実はどう違うのだろう、ということは、仮面ライダーBlackRXを見始めた時からの違和感みたいなものでした。
クライシス怪人が徐々に登場してくるにつけ、その上司である四大隊長の差が激しいものであって少しずつ垣間見えるようになりました。
これは別の世界で、怪魔界に住む者というより支配してる者が地球に乗り込んでくるという類で、それは正に侵略しようとしていることだっただろうと思います。
侵略とは自分がいた世界の範囲を無造作に広げようとするものでしたけど、クライシス帝国は自らの世界の滅亡を目の前にして地球に乗り込んできてしまい、果ては怪魔界と地球上の世界を置き換えようとしました。
フラーミグラーミが登場した話は、その異なる2つの世界の置き換えを図ろうとして、怪魔界と地球を入れ替える次元転換装置を起動させるためのGクリスタルを巡る攻防でした。
Gクリスタルを開発した科学者は、異なる世界の入れ替えを知らずか反対していたため、クライシス帝国側は力づくというより騙しによる懐柔を図ろうとして、クラゲのような井出たちのフラーミグラーミを使わしました。

フラーミグラーミは怪魔界のクラゲのような身体のほとんどが水分である軟体獣だったかもしれません。
自分の姿自在に姿を隠す事というより保護色化し、姿を消して敵の不意を突いて伸縮自在の触手と、触手から放つ電撃で攻撃能力がありましたが、よくよく考えてみれば大隊長ゲドリアンの配下にいた怪魔異生獣で、言われるままの思慮不足で、持って生まれた、或いは植え付けられた特殊能力もわずかな隙を作ってしまい、そこを仮面ライダーBlackRXにつけ込まれてしまった感じでした。

次元転換装置は世紀の大発明ではありましたけど、2つの世界をつなげてしまえば2つの世界が大爆発を起こして無に帰してしまうという代物で、それを面ライダーBlackRXに叫ばれて知らされても、もう後戻りできずにいました。

ここが怪魔異生獣たちの共通した欠点でしたけど、能力的には立ち入ることのできない優れたものを持っていただけに惜しかったと思いますね。
フラーミグラーミ②






クライシス怪人第12号~ズノー陣3

ズノー陣
「ズノー陣」

怪魔妖族という魔力を持った一族の設定は、いかなる現象も取り扱えるからそれは仮面ライダーという設定の中では独特でしたね。
夢の世界に潜り込んで暗躍する、或いはその世界に引きずり込んだり夢を見せて自分に有利に事を運ばせようとしたりすることは、怪魔妖族が登場する仮面ライダーBlackRXが出てくる前までもありました。
夢の世界の象徴のようなバクという動物がいたりしますから、バクの改造人間やバク型怪人が夢の世界で暗躍することが多かったですけど、怪魔妖族の魔力の一つとして夢の世界での魔力の発揮はバクを使わずとも、、、になりますから、意外と画期的なことだったかもしれません。

その怪魔妖族の怪人がズノー陣でした。
夢の世界にだけ存在し得て、現実の世界に存在しにくいズノー陣は、見た目、まるでエイリアンのようでした。
夢を見る者の夢の世界を操作できるなどという力は、まさしく魔力であり妖力であり、それはまさしくエイリアンのようでしたけど、そこが怪魔妖族の一員たる所以なんでしょう。
ズノー陣は夢の世界を征服しているかのように夢を見る者のその世界で夢を見る者を翻弄するかのように、頭部と胴体を分離してみたり、夢の世界で負わせた傷が現実の世界でも同様の事態を起こしてみたりと妖力発揮し放題だった上に現実の世界になかなか姿を見せないとなると、ズノー陣を倒すには夢の世界に行かなければならないとは何ともし難いところです。

怪魔妖族の大隊長でもあったマリバロンがゲリラに手を下さなければ、夢の世界への侵入装置など発明されなかったわけで、いくらズノー陣が夢の妖力を使うとなっても、同じ世界に仮面ライダーBlackRXがいたりすれば勝敗の先は見えていたような気がします。
とんでもない妖力をもったズノー陣の足を引っ張ったのがその上司であったマリバロンとは、仮面ライダーBlackRXの世界でも現実の世界でも同じことです。
ズノー陣1



クライシス怪人第11号~スクライド3

スクライド②
「怪魔ロボット スクライド」

見た目が完全にミイラ男でしたね。
ミイラ男を施した改造人間や怪人はそれまでも見ましたけど、それでもミイラ男然とした怪人等であり、正体は怪人であることははっきりしてました。
しかもミイラ男という妖怪の存在に捕らわれ、改造人間とか怪人のうまみはなかったように感じました。
でも、現実感のあった改造人間や怪人よりも、得体の知れない妖怪の魔力には感じるところがありましたけどね。

仮面ライダーBlackRXはそれまでの仮面ライダーとは一線を画して見なければなりません。
仮面ライダーBlackRXの前身は仮面ライダーBlackですが、まるで違う仮面ライダーの様です。
仮面ライダーの世界に初めて正式に宇宙というか異次元世界を持ち込んできたわけですが、そこには主軸となる4大隊長とそれを統率していた将軍がいました。
仮面ライダー史上、初めての試みでしたけど、そのためかなり違和感をを感じつつもどこか惹かれるものがありました。
そんな将軍と4大隊長ですら恐れたという怪魔ロボットがスクライドだったようです。
仮面ライダーの世界観に宇宙とか異次元を取り込んだこと自体に違和感がありましたけど、ましてやスクライドはミイラ男然としたロボットがその正体でしたから、違和感も相当なものでした。
一般に考えられそうなロボットとしての姿より、得も言われぬミイラ男然としていましたが、能力としては優れ過ぎた能力があってロボットとしてストレートな能力でしたから、その違和感も逆にとらえていてもよかったと思います。
優れ過ぎた能力は将軍や4大隊長ですら恐れ、クライシス工程の怒りを買ってスクラップ状態にされていたというのですから、スクライドの自我意識が少しでも自惚れたものでなければ、仮面ライダーBlackRXの叶うと頃ではなかったと思いますね。
鈎爪や機銃に変化する右手、腿からのミサイル、腹部から発射する機銃とメタルテープ、目からのビームといった多彩な武器に、人間を取り込んだスクラップ達を操る能力があって、仮面ライダーBlackRXと言えど正式には覚醒前でしたから、その時点での全能力を出せたとしても危ういところでした。

まるで人造人間のようなスクライドは、それでもロボットでしたから電波が大きく作用していたことが、妨害電波で攪乱してしまうところはロボットの宿命のようなものでしたね。
多種多様の能力はジャーク将軍や4大隊長が恐れたということにつながっていましたが、よくよく観察できていれば制御出来たところ、錯乱状態にまでなってしまうところを見ると、ジャーク将軍や4大隊長には大いなる能力があったとは言え、十分に対抗できる素地を感じさせたのも、このスクライドだったような気がします。

しかし、スクライドの能力とその姿は前衛的過ぎて、受け入れずらいところが多々あったというのは見事な欠点でしたね。
スクライド④



クライシス怪人第10号~ドグマログマ3

ドグマログマ②
「ドグマログマ」

仮面ライダーBlackや仮面ライダーBlackRXに出てきた化け物は、改造人間というより怪人という感じが強いです。
仮面ライダーBlackRXに登場したジャーク将軍率いるクライシス帝国の4大隊長には、怪魔界の感じを醸し出すそれこそ妖怪のようなものやロボットめいたものも登場しましたけど、主人公であった仮面ライダーBlackRXはコンセプトが改造人間であったこともあって、やっぱりどこかで改造人間というコンセプトが使われていました。
4大隊長のうち、ゲドリアン率いる怪魔異生獣は怪魔界の生物に改造手術を加え、知性と戦闘能力を与えたもので、変身・憑依・毒・物質操作等々の多彩な特殊能力を持っていましたね。
怪魔界とは太陽を挟んで地球の裏側に存在した特異な世界だったみたいですが、基本的には地球でいうところの人間が怪魔界にはいたものの、独特な環境により独特な生物がいたようです。
その怪魔異生獣の一匹がドグマログマでした。
決まった身体の形を持たない不定形生命体で、まるで化け物や妖怪の様でありましたけど、そう思われてしまうことを嫌うプライドが高い怪魔異生獣だったようです。
スライム状になったり発光したりして移動するドグマログマはまさしくグロテスクで、コンセプトはどうであれやっぱり怪人と持った方が良いようです。

不定形生命体でありながら噛みつき攻撃も行うドグマログマは、下部の巨大な口から吐き出す霧状の体液で、人クローン人間を作り出す能力があったことが最大の特徴でした。
こういうことでもない限りニセモノは作り出せそうもありませんが、仮面ライダーBlackRXに至るまでの仮面ライダーでもショッカーライダーやニセXライダー、ニセアマゾンライダーにニセスカイライダーと主人公であった仮面ライダーのニセモノがおおくありました。
能力は仮面ライダーと同等に加えて、怪人特有の能力を有したりしてましたけど、これって改造人間にはメカ的要素があったことの裏返しのようでしたね。
ドグマログマは怪魔異生獣ですから、メカ的要素というのではなく、怪魔界独特の生物が有していた独特の能力で作り上げたもので、それは外見的にすっかり似せることはできても性質までは同じにできず、そのため仮面ライダーBlackRXよりも周囲にいる人間のクローンを作り出すことで惑わす展開に出ていたのかもしれません。

でも、このドグマログマがゲドリアンの指示で繰り出したこの作戦自体は面白く、またドグマログマ自体がゆにーくであったためか、肝心の名前が覚えられず仕舞でした。
いわば不完全なクローン創出能力あったためか、キングストーンフラッシュですべて暴かれてしまったところで勝負ありでしたね。
ドグマログマ






クライシス怪人第9号~アッチペッチー3

アッチペッチー③
「アッチペッチー」

熱帯植物でありながら、割とポピュラーな植物サボテンは、時に犬や猫のようにペットとして扱われることがあるようです。
身近な植物ということになるのでしょうか。
植物がペットのような寄り添う存在とは、なかなか考えにくいところがあると思いますが、昭和の仮面ライダーシリーズでは植物型改造人間や怪人としては、よく出てきた方だと思いますね。
仮面ライダー2号が初めてまともに渡り合った改造人間もサボテグロンという改造人間でしたけど、そこから始まって、時には人間をサボテン化する怪人もいました。
仮面ライダーBlackRXでは、怪魔異生獣としてアッチペッチーが出てきました。
アッチペッチーはサボテン型異生獣ということでしたから、サボテンそのものが異生獣となったわけではないようですが、それでも地球におけるサボテンとはかなり違っていたようです。
植物が異常発達して人間を食べてしまうとは、それは怪人というより異星の怪獣のようで、アッチペッチーはまさしくそうした能力を有するクライシス帝国に存在するサボテンがモチーフの怪魔異生獣でした。

生きる植物、知性をゆする植物としてのクライシス帝国のサボテン、アッチペッチー。
サボテグロンのように純粋にサボテンの怪人とは考えない方がよかったみたいですね。
口に当たる部分から吐き出す触手状の鞭や、身体に生えた巨大なトゲをミサイルの様に飛ばしていく能力がありましたが、それはアッチペッチーに知性が備わっていないとできないモノのはずです。
知性があったから、ゲドリアンの命を受けてクライシス帝国の労働力であり、しかも食料となるべきサボテン人間を作り出そうとしていましたが、食料獲得も狙いであったところに物語のミソがありました。

ただ、アッチペッチーは完成体ではなく、そのために人間をサボテン人間に変えたとしてもすぐに戻ってしまうという落ちまでありましたが、これは高温多湿を好むクライシス帝国のサボテン怪人だったからのことでしょう。

まだ、クライシス帝国と地球の環境の違いをしっかり弁えて遣わされた怪魔異生獣というものではなかったよう
です。
アッチペッチー






ボルティックシューター~仮面ライダーBlackRX4

ボルティックシューター
「ボルティックシューター」

ハイブリットな仮面ライダーならではの技が、仮面ライダーBlackRXの決め技に3つありました。
バイオライダーに関してはハイブリット館というよりもそれに伴う超能力感がありましたけれど、通常形態のリボルケインはその最たるものでした。
仮面ライダーが武器を持つというのは仮面ライダーBlackRX以前では仮面ライダーXのライドルがありましたけれど、仮面ライダーXにしてもマスクで得る太陽エネルギーとベルトから得る風力エネルギーがパーフェクターのところで融合される言わばハイブリットエネルギーの走りのようなものでした。
それでもライドルはハイブリット感が固形化されたように、ライドルスティック、ライドルホイップと形状は変わるものの、あくまで棒状を主とした武器でした。
仮面ライダーBlackRXのリボルケインはそこから更に進化を見せ、エネルギーがそのまま棒状となり、打撃・切断もありましたけど、リボルケインを構成するエネルギーの高度な熱があらゆるものをあっという間に溶かしていくようにもみえました。

こうなるとハイブリットエネルギーが固形化されるのではなく、光線となって発せられるところが見たくなるものです。
仮面ライダーBlackRXには、基本形態のほかに2つの形態がありましたけど、バイオライダーとは対極の特徴を持ったロボライダーがありました。
まさしく非常に強固であり怪力の持ち主であったロボライダーは、柔軟性がないと言えばなかったのですが、その怪力ぶりと強固さはそれまでの仮面ライダーにはなかったものでした。
昭和の仮面ライダーはメカが内蔵され特殊能力の強力さがありましたけど、改造人間という人間であったことが基本でした。
ハイブリットとなせる技とは言えロボライダーとなると、改造人間という基本からは遠く離れてしまった感があります。
けれど、作られたものではなく、そういう要素が基本としてありながらもキングストーンの本来の宿り主から与えられた神秘的なパワーが地球という枠を超えたものであるならば、ロボライダーという形態はありなのかもしれません。
ロボットも定められた能力の域を超えることなく行動しますが、ロボライダーの核になる部分には人間として意識があったはずですから、決め技も生み出せたとも思います。
それがボルティックシューターという超兵器から発せられるハードショットでした。
ボルティックシューターから発射されていたのはハイブリットエネルギーでしたから、これは光線銃ということになりますけれど、エネルギー砲と見た方がよかったかもしれません。
ボルティックシューターにはハードショットの他に、ポイントシュート(局所攻撃)、連続シュート(マシンガン的な用法)、オープンシュート(拡散攻撃)、サンシャインシュートなどの多彩な光線を発射できたらしいですが、そこはうまく演出されていなかったため、ほとんどわかりません。
立派な決め技と思いますけど、どうしても仮面ライダーBlackRXのイメージとしてリボルケインにそれを求めてしまったがために、ボルティックシューターは決め技として使われたことがほとんどなかったのは残念でもありました。

でもその強力さも去ることながら、ハイブリットエネルギーの象徴のようなわざとして非常に見栄えのする技でもありました。
ボルティックシューター②
ボルティックシューター③
ボルティックシューター④
ボルティックシューター⑤
ボルティックシューター⑥
ハードショット⑨







クライシス怪人第8号~ガイナマイト3

ガイナマイト②
「ガイナマイト」

甲殻類生物の特に甲殻が優れているところを中心にメカ的な技術を施したクライシス怪人が、ガイナマイトだったと記憶してます。
海兵隊長ボスガン率いる怪魔獣人大隊に所属した怪人が怪魔獣人であり、それは異界クライシスの地球人類では考えられない環境による異要素を身に着けていた怪人であり、いわゆる特殊能力に優れていて基本的に怪力の持ち主だったように思っていました。
ガイナマイトの外見を見てると、どうしてもその特殊能力を引き出すためのつなぎの部分に目が行ってしまい、そのつなぎの部分はメカ的要素がかんじられました。
クライシス怪人は異環境による身体の変異を大きく引き出したものであって、あくまで怪人であり、仮面ライダーBlackの時のゴルゴム怪人という割と改造人間に近い怪人とは一線を画すものだと思っていましたけど、ガイナマイトhは改造人間でしたね。
甲殻類といってもそれはカニであり、身体の右半身上部はカニであり、特に、右腕はカニの特徴である鋏を誇大に改造して切れ味鋭い武器となり、仮面ライダーBlackRXを大いに苦戦させていました。
何故かガイナマイトの頭部もカニ的でしたけど、その代々の能力は溶解液の噴射であり、仮面ライダーBlackRXの身体を溶かしていたことに、その能力の強烈さが出当て板と思います。

ガイナマイトは人間とクライシス人から生まれた子供が、天才的思考と能力を十分に発揮する前にその子を拉致して、クライシス帝国に引き込むことを使命としていましたけど、ガイナマイト自身は身体的能力に優れていたもの、いわゆる超能力などはなかったということは、力づくでその子を拉致しようとしていたんですね。
ガイナマイトはいわゆるクラシス怪人というよりクライシス的要素を散りばめた改造人間であり、天然の特殊能力がなかったところに、その上司であるボスガン自身がクライシス人を十分に把握しておらず、子供だけに力づくで行こうとしたところに、そもそもの間違いがあったように思います。
仮面ライダーBlackRXを苦戦させたガイナマイトもその子によって行く手を阻まれ、怯んだところをRXチョップで大きな鋏を叩き折られ、RXキックを叩き込まれたところにリボルケインを差し込まれて決着がつきました。

この物語は、その子がどうなるかがメインであり、それにまつわるものとしてガイナマイトが出てきたのであり、この時ばかりはクライシス怪人も脇役にすぎませんでした。
ガイナマイト①



プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ウルトラ怪獣第17号:ウルトラセブン~キングジョー
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ゲルショッカー改造人間第17号~ナメクジキノコ
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
  • ウルトラ怪獣第17号:初代ウルトラマン~ぺスター
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ