HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

仮面ライダーSpirits

仮面ライダーSpirits~密林の破壊獣4

仮面ライダーSPIRITS~密林の破壊神
「密林の破壊獣」

バダン側の3大幹部のように感じられたニードル、アスラ、プアゾンが初登場となった「密林の破壊獣」。
バダン怪人としてはトカゲロイドが出てきました。
でも、この話のキーとなったのは天才科学者ビクトル・ハーリンであり、子供でありながらIQ300のこの天才は、ギアナ高地の悪魔の食卓(デビルス・テーブル)に人知れない環境・状況で生息してきたラスト・バタリオンと呼ばれた怪獣たちの遺伝子操作によって導き出された生命体でした。
バダンはそのラストバタリオンに目をつけ、またビクトル坊やは未知の生命体が生息する悪魔の食卓に興味を持っていたことから、バダンと仮面ライダーアマゾンによるビクトル坊やの争奪戦みたいな展開となりました。
ラストバタリオンの染色体は地球上のどの生命体にも属さない独自のもので、そのラストバタリオンの存在自体を解明し利用しようとしたことからバダンはトカゲロイドと謎の円盤軍を悪魔の食卓に派遣していたわけです。
ここを侵食する以前に、バダンは3大幹部を含め何体かのバダン怪人を出現させていましたから、このラストバタリオンは後の暗闇大使の復活や新たなバダン怪人を作り出そうとして利用されようとしていたものと思われます。
そこに目をつける者は一切排除する、、、それでトカゲロイドはビクトルに目をつけ、抹殺を図ったわけです。
そこに仮面ライダーアマゾンがビクトルのガイドとして登場。
そこを襲う最中に、トカゲロイドの携行させていたムシビトと行動を、ビクトルの気一つで静止させたことから、ビクトルの生成過程に気が付いたバダンが、生きたままの捕獲を目指し、捕獲することでラストバタリオンを意のままに操ろうとしたわけです。
これを仮面いライダーアマゾンが許すわけもなく、ましてやビクトルがまだ9歳の子供であったことも効いて、ビクトルを守る、救うための行動に出ていったわけですね。

面白かったのは、このムシビトのデザイン。
何処かライダーっぽいこのデザインは、仮面ライダーアマゾンの没デザインだそうで、うっかりすると見逃しそうなこのデザインは、この作品を通しての作者の仮面ライダーに対するこだわりなんでしょうね。
仮面ライダーSPIRITS~密林の破壊神④



























バダン幹部の力は、絶大にも見え、それはトカゲロイドが弁えていたこととは次元が違いました。
ビクトルを守る、救うという純粋な想いを抱いていた仮面ライダーアマゾンの心は何時しかビクトルにも通じ、それが仮面ライダーアマゾンの理解しがたい行動となってビクトルを救うわけですが、ここで同時に一旦は仮面ライダーアマゾンの大切断によって真っ二つにされたトカゲロイドが、ニードルの与えた力で復活を果たし、何度切断され食いちぎられてもそれを意に返してはいませんでした。
それどころか巨大化するとともに意識を変えられて怪獣とされたトカゲロイドに対し、それならば神秘の破壊の力を使うことで対応しようとした仮面ライダーアマゾンは、ギギの腕輪とガガの腕輪を合わせることでインカパワーを発動し、スーパー大切断でトカゲロイドを仕留めました。

この話には、まだ続きがありそうな気がしています。
地球上の生命体にも属さない独自の染色体があるラストバタリオン。
ビクトル坊やが言ってましたね、「一つの例外を除いて、、、」と。
これが何を意味していたのか、まだ面白味は続いています。
仮面ライダーSPIRITS~密林の破壊神③

S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾン&ジャングラーセット

新品価格
¥17,724から
(2017/10/10 00:53時点)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン Amazon.co.jp (R) EDITION

新品価格
¥7,774から
(2017/10/10 00:54時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーアマゾン 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥14,000から
(2017/10/10 00:54時点)


仮面ライダーSpirits~機鎧(きかい)の海4

仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海
「機鎧(きかい)の海」

仮面ライダーSpiritsで描かれる物語の中で、貴重で重いキーパーソンの櫃である銀のドクロが初めて出てきたのは仮面ライダーX編でした。
スペインのとある港町を舞台とし、滝和也が初めてダブルライダー以外の仮面ライダーにあったのもこの話ですね。
仮面ライダーは皆、改造人間になることについては想いの根っこがいくつかありました。
仮面ライダー1号は信じていた科学者、仮面ライダー2号は自らの境遇、仮面ライダーV3は家族、ライダーマンは自らが裏切った組織の大幹部。
仮面ライダーXに至っては自らを改造人間とすることで命を救うことになった父親、そして敵組織に入り込んで殉職した恋人とその妹。
愛する者を失うことは数では測れませんが、仮面ライダーXは時を追うごとに犠牲者が増え、それが皆自分にとってはかけがえのない者だったという重みは、見方を変えれば恨みつらみはとにかく深かったということになるのかもしれません。
液体金属のようなもので精製されていた銀のドクロは、人の怨念や恨みをエサにして成り立って、その怨念や恨みも敢えて自分が姿を取り戻すかのように人に仕掛けていくことで自分の姿を形成したモノであることがこの物語では描かれていました。
バダン改造人間バラロイドは、そうした銀のドクロの想いを支えていたにすぎず、でもその支えこそがバダンが後に表舞台に出てくることの引き金になっていました。

液体金属のようなドクロの銀は、仮面ライダーXが銀のマスクの仮面ライダーであったことに呼応するかのような設定でしたけど、でも仮面ライダーXの恨みつらみは初の巨大幹部となったキングダークという銀の巨人にもあったということを合わせて考えると、頷けるところがほとんどでした。
仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海②
スペインのとある町の息子夫婦を失った老人に、神敬介は自分の父親をダブらせていたと同時にその老人の息子夫婦に恋人を思い浮かべさせられた気分だったかもしれません。
仕掛けられた罠に、恨みが積み重なりそこに後悔の念も重ねていったことで怨念になり、それはまるで写し鏡のようにバラロイドに利用されて銀のドクロに反映していきました。
だから、同じような境遇と自分が近寄った人の犠牲を防ぐためにも仮面ライダーXが密かに調査していた想いとその行動は、実に意味ある事でした。
銀のドクロは後にバダンのアマテラス復活の際に騒動を起こしていますが、その時も仮面ライダーXの行動があったことはこの時の戦いと無縁ではなかったんでしょうね。

「機鎧(きかい)の海」とはうまく名付けたものです。
初のメカニックライダーであり、深海開発用改造人間であった仮面ライダーXがようやく初お目見えしたのは銀の牛をライドルホイップで切り刻んだシーンでしたけど、まさしく秀逸でした。
銀のドクロの精製の意味を知った仮面ライダーXが、クルーザーを駆って海中からキングダークの顎を叩いて空中高く舞い上がり、Xキックを決めてバラロイド諸とも銀のドクロを破壊したシーンと合わせて、実に印象的でカッコいいシーンでしたね。
仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海③

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥11,965から
(2017/10/8 23:47時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥7,799から
(2017/10/8 23:47時点)



ソフビ魂 VOL.28 仮面ライダーX

新品価格
¥18,186から
(2017/10/8 23:49時点)



仮面ライダーSpirits~右腕の記憶4

仮面ライダーSPIRITS~右腕の記憶
「右腕の記憶」

ライダーマンと言えばデストロン大幹部ヨロイ元帥。
斬っても切り離せそうにもない運命にあったこの2人は、「仮面ライダーSpirits」でも当然のように描かれましたね。
大幹部候補であった者と自分の身分を脅かす存在と勝手に思い込んで、罠を仕掛けた大幹部。
ライダーマン誕生もヨロイ元帥の罠によるものでしたけど、ヨロイ元帥が追い詰められていったのもライダーマン出現によってのものでした。
だから、双方ともお互いに気にせずにはいられない存在だったわけですけど、「仮面ライダーSpirits」ではライダーマンが姿を消してしまった後の後日談を描くという方法が取られていました。
「仮面ライダーSpirits」は仮面ライダーZXを生み出したバダンとの攻防を描くものでしたけど、ライダーマン編はそれとは一線を画したような内容でした。

仮面ライダーは死なん、、、というのは、後日仮面ライダーZXが残した言葉ですが、仮面ライダーV3の時もそれが生きてました。
仮面ライダーV3誕生の時、窮地を救おうとして仮面ライダー1号、2号がカメバズーカを太平洋上まで連れ去りましたけど、原爆の爆発の影響を受けたはずのダブルライダーは後に生還してました。
これに表されるように、プルトンロケットを人類に影響がないところまで操作し爆破させたライダーマンは、きっとどこかで生きていると持った人は多かったと思います。
仮面ライダーXの映画版の時にいきなり復帰を果たしたライダーマンは、それまでどこでどうしていたかが分かりませんでしたね。
タヒチからの生還ということでしたから、「仮面ライダーSpirits」ではプルトンロケットを爆破させた後タヒチに流れ着いたところから始まっていました。
プルトンロケットを被害がないような状況で爆破させたものの、自分の記憶まで失っていたライダーマンは、唯一の自分のものとしてそのヘルメットを持っていました。
言うなればライダーマンの記憶を奪ったのはヨロイ元帥であり、プルトンロケット作戦失敗で結局仮面ライダーV3に倒されてしまったヨロイ元帥はライダーマンによって倒されたようなものであり、お互いがお互いを強く意識せざるを得ない関係にありました。
だからなのか、倒されたはずのヨロイ元帥の別個体が記憶を失っていたライダーマンを執拗に追っていたのも、そういう浅からぬ関係にあったためでしょう。
その失った記憶を呼ぶびもどす大きな要因が、一つはヨロイ元帥による切迫感、もう一つはヘルメットでした。
仮面ライダーSPIRITS~右腕の記憶①




























「仮面ライダーSpirits」のライダーマンには、独自のいろんな設定が施されていました。
アタッチメントを起動させ様々なスタイルに変えていくのは、肘の源に小さなカセットを入れ込むこと。
ドリルアーム起動に電気使用をえんじなかったこと。
実写版では描かれなかったマシンガンアーム。
こういう設定こそ、「仮面ライダーSpirits」ならではのものでした。
ましてライダーマン単体で敵を倒すこともなかったのが、因縁めいたヨロイ元帥を倒してしまうところまで演じきったのは痛快そのものでした。

気になったのは、ヨロイ元帥がライダーマンの存在よりもその脳髄を求め、次なる組織への土産として狙っていたことでした。
デストロンの次の組織となると仮面ライダーXの敵となったGODということになりますが、実はもう既にバダンは動いていて次の組織とはバダンだったという具合に考えた方が、つじつまが合ってきますね。

こういう隠された設定は、正に「アイタ、ペアペア」なのかもしれません。
仮面ライダーSPIRITS~右腕の記憶②

新 仮面ライダーSPIRITS(15) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

新品価格
¥617から
(2017/9/29 22:51時点)



仮面ライダーSPIRITS 全16巻 完結セット (マガジンZコミックス)

中古価格
¥1,100から
(2017/9/29 22:52時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX ライダーマン (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

中古価格
¥13,000から
(2017/9/29 22:53時点)


仮面ライダーSpirits~熱砂のプライド4

仮面ライダーSPIRITS~熱砂のプライド
「熱砂のプライド」

仮面ライダーSpiritsの物語も、仮面ライダーZXが主人公との触れ込みはあったものの、当初しばらくに間はどういう具合に進行していくのかが分かりませんでした。
仮面ライダースーパー1の敵組織ジンドグマが壊滅してから数年後、現代の要素を絡めながら仮面ライダー1号から順次、どんな具合で各仮面ライダーたちが時を過ごしていたのか、そしてBADANが何をたくらみ、どんな具合で暗躍していたのかが少しずつ明らかになっていきます。
仮面ライダー2号の「たった一人の戦場」においてはバダンの改造人間クモロイドのような怪人が登場し、想いもつかない武器の開発のため、内戦状態にあった国で暗躍を続けました。
これは仮面ライダー2号によって殲滅させられましたが、大量の改造人間の素体を安置し、起動させるためのプラントの構築のため、黒いピラミッドを構築しようとしていました。
バダンは、様々な作戦を同時に進行させようとしていましたが、仮面ライダーV3登場の「熱砂のプライド」においてはゾンビのような不死の改造人間を何体も起動させ、その素体を集めて安置するシステム・黒いピラミッドを起動させていましたが、この時既にタカロイドが暗躍してその任を負っていました。
しかし、目的はそれだけではなく、人間がスサノオと呼んだ神を大首領JUDOとして、この世に復活させようとしていたことは、黒いピラミッド起動の話の中で、少しだけ顔を出していたように思います。
大首領JUDOをこの世において復活させようとまずその肉体を作り出す動きとして仮面ライダーZXを作り出す動きはあったのでしょうけど、まだ具体化はしていなかったように思います。
大首領JUDOの肉体の変遷を、歴代の仮面ライダーに求めていたのは、ひょっとして結構後になってからかもしれません。
しかし、自分たちがそのボディを敢えて作り出すことよりも仮面ライダーのボディに求めていたのは、仮面ライダーV3の精神を乗っ取り、風見志郎としての記憶を追いやろうと画策していたことに現れていました。

仮面ライダーSPIRITS~熱砂のプライド①
改造人間の安置システムとしての黒いピラミッドの登場に目が行きそうな仮面ライダーV3登場の話は、実は場バダンがウソと真の話を織り交ぜながら、大首領JUDO復活のための仮面ライダーV3の身体の乗っ取りにあったと感じますね。
死なないゾンビのような改造人間が、意思を持たずプログラムされたままの動きを取っていたことは、自らの意思をしっかり持っていた仮面ライダーV3としては厄介なものだったかもしれません。
そこで逆ダブルタイフーンの使用は、話の進展としてはかなりの部分で大きな割合を占めていました。
3時間は変身できない、、、このため風見志郎は仮面ライダーV3に変身することなく精神を追いやられそうになっていましたが、この辺りは初めて自ら改造人間になることを願った末の仮面ライダーであった風見志郎の精神力の強さがモノを言い、バダンの狙い通りにはなりませんでした。

そこで初めて姿を現したがタカロイドでした。
まるで墓荒らしの素性が出てしまったタカロイドは、どれとは裏腹にプライドが高そうなバダン改造人間でしたけど、これもまたしっかりしたプライドを持った仮面ライダーの象徴の様であった仮面ライダーV3の存在が対比的でした。
空を飛べる飛べないが改造人間の差を生むわけではなく、そこをどう工夫するのかが肝であり、だからこそタカロイドを葬ったV3マッハキックの演じ方は見事でした。
仮面ライダーV3の脳波によって飛んできた愛車ハリケーンのタイヤの回転を利用してブーメランと化した仮面ライダーV3。
方向転換も可能となった鋭い回転上の動きは、早すぎてタカロイドもそのV3マッハキックの餌食になったのは当然のことだったかもしれません。
そしてそういう肉体を持ち得たこと自体が仮面ライダーV3のプライドでもあったことを忘れてはなりませんね。
仮面ライダーSPIRITS~熱砂のプライド②

新 仮面ライダーSPIRITS(16)特装版 (プレミアムKC 月刊少年マガジン)

新品価格
¥1,048から
(2017/9/27 22:13時点)



仮面ライダーSPIRITS 全16巻 完結セット (マガジンZコミックス)

中古価格
¥1,100から
(2017/9/27 22:13時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーV3 (リニューアル版) 『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

中古価格
¥15,650から
(2017/9/27 22:14時点)



仮面ライダーSpirits~たった一人の戦場5

仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場①

「たった一人の戦場」

「確かにあの姿になったあいつは、あの兵士達と同じバケモンかもしれねえ。
 しかしよ‥‥一文字の心は人間のままなんだよ‥‥」
「あいつは怒りのスイッチが入ると顔面にキズが浮かびあがる‥‥改造手術の名残でな‥‥」
「あいつはそれを見られるのをキラった‥‥異形の証を‥‥
 平気じゃねえんだ、あいつは‥‥一文字は‥‥どうしようもないくらい人間なんだよ!!」
仮面ライダーの漫画版で、改造手術の名残として顔面にその刻まれてしまった後が浮かび上がるというシーンがありました。
本当に随分と前のことなので、ほとんど忘れてしまいましたが、この傷が浮かび上がるというのは本郷猛だったか一文字隼人だったか、そこははっきり思い出せていません。
しかし、「仮面ライダーSpirits」の作者は、本当にそう言う細かいところを効果的かつ印象的に表現していて、そこに目が惹かれるのです。
普段は浮かび上がらない傷も、感情が高揚すると浮かび上がってしまう、、、仮面ライダーSpiritsは、陽の目を見ることが出来なかった仮面ライダーZXに焦点を浴びせていますけれど、それも仮面ライダースーパー1がジンドグマを倒して蘇った平和の中、何年も経った時点で、歴々の仮面ライダーは何をしていたのかと言ところから始まっています。
仮面ライダー2号こと一文字隼人は元々カメラマンでしたから、戦場カメラマンとなり、しかも内戦やゲリラ行為が横行する国の中で、傷者を救う者のサポートをし、笑顔を忘れてしまった子供たちのその原因を探っていました。
ここに組織が悪の組織として形成されていこうとするバダンが絡むわけです。
新たな悪の組織が陰で蠢くことに気づきながら正体を確かめられないまま、内戦を防ごうと戦場になっている国にやってきていたわけです。
戦う者から武器を取り上げ、ディアブロと揶揄されながらも、子どもたちが笑顔を失ってしまった原因をそこに求めながらも浮かび上がりそうになる感情を抑え、滝和也が更に絡んでいきますね。
子供たちが悪の組織の犠牲となりそうなところで、ようやく仮面ライダー2号が登場です。
悲劇を目の前にしながらそれを防ごうと、戦士としての姿を現し、胃にそぐうものではないにせよバダンの配下になってしまった者たちを、ライダーパンチやライダーチョップで蹴散らしていく仮面ライダー2号は、人間でありながら人間でないと言った一文字自身の言葉とは裏腹に痛いほど人間であり、苦悩しながら戦っていたことの真実が、先に書いた滝の言葉に表されています。
仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場
子供たちの得我を取り戻すには、その国を戦場に変えてしまった要因を打ち破り、徒に規制は出させないように戦うしかなく、それが砲弾を自らの身体を盾に防いでいたシーンやライダーパンチを力一杯打ち込む姿の表現されています。
敵のリーダーはクモロイド。
クモロイドの吐く錦糸状の糸は多量で鉄製であったがために思った以上に丈夫なもので、放とうとしたライダーキックを打ち込もうとした姿のまま、仮面ライダー2号は絡めとられます。
しかし、そこは歴戦を戦い抜いてきた戦士である仮面ライダー2号ですから、無理をしていたんでしょうけど、クモロイドの攻撃まるごと打ち破るライダー卍キックでクモロイドを倒しました。
これで、自分たちをしっかり救ってくれた仮面ライダー2号こと一文字隼人の前で子供たちは笑顔を取り戻しました。

まだ、仮面ライダーSpiritsが始まったばかりの頃で、描かれる物語が何処に向かっているのかなど分かりませんでしたけど、こういう仮面ライダーが見たかったんだよなと悦に入って最初に感動していた話でした。
仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場②
仮面ライダーSPIRITS~たった一人の戦場③

仮面ライダーSPIRITS 仮面ライダーボトルキャップ付き キャラクターコレクション 全6種コンプリートセット

新品価格
¥3,800から
(2017/8/25 21:58時点)



新 仮面ライダーSPIRITS コミック 1-13巻セット (KCデラックス 月刊少年マガジン)

新品価格
¥8,048から
(2017/8/25 21:59時点)



石ノ森ストア限定 S.I.C. 仮面ライダー2号 ダークヘルメットVer.

新品価格
¥8,977から
(2017/8/25 22:01時点)


仮面ライダーSpirits~摩天楼の疾風5

仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風
「摩天楼の疾風」

もう、長きにわたって連載されている仮面ライダーSpirits。
連載されていた月刊誌が変わってしまったこともあって、今は新・仮面ライダーSpiritsとなっていますが、面白さは変わりません。
仮面ライダーZXが主人公ながら、それまでの9人もの仮面ライダーも作者の独自の解釈を織り込みながら見事に描かれており、実写版では描き切れなかったところと描くことが出来なかったところも見事に表現されています。
その上、昔懐かしの部分をきちんと押さえながら、今現在のエッセンスも絡みあって、読みごたえがあります。
仮面ライダーZXは10人目の仮面ライダーですから、前史というか、その前に9人の仮面ライダーが織りなした歴史があります。
その1ページ目が仮面ライダー1号だったわけです。

仮面ライダー1号、仮面ライダー2号がショッカー・ゲルショッカーを壊滅に追い込み、ダブルライダーの相棒だった滝和也がニューヨークに帰還してからのところから「摩天楼の疾風」は始まりました。
あの時から何年経ったのだろう、、、そんな思いがこの物語にはありました。
暗黒結社をダブルライダーと共に葬るという大功労者でありながら、舞台裏に追いやれてしまった滝は、その地位に甘んじていたわけではないでしょうけど、無理に理解を求めていたわけではなく、伝説となってしまいそうな自らの道のりを彼なりに伝えていこうとしていたように見えました。
伝説となってしまいそうな要素の中には悪の秘密結社のことまで蓋がされそうになっていましたけど、それは人間が犯してしまった過ちも一つの要因でありながら、それを隠そうとした愚行にも似ていました。
けれど、光が続くように闇の存在も時の経過の中で、その姿を変えて噴出しようとしていましたね。
後に現れてくるバダンがそれですけど、その前史のようなところが大コウモリ怪人を通して描かれていました。
漫画ならではの演出の仕方でしたけど、闇夜が最も似合った改造人間・蝙蝠男がその主なモチーフであったことは、昭和の仮面ライダーを見ていた者だったら分かることでもありました。
ニューヨークのスラム街が舞台となったこともあって、この大コウモリ怪人には吸血鬼にも似た暗闇怪人のような匂いがしました。
怪人・改造人間は時に人間の姿であるものの、人間の力など全く寄せ付けない能力を持っていたわけですから、「摩天楼の疾風」で描かれた大コウモリ怪人は実によく表現されていたと言ってもいいでしょう。
そして、仮面ライダーの最大の相棒であった滝も、仮面ライダーのことを思いやりながら自らの手で事件解決を図ろうとし、またもや戦いの中に飛び込んでいこうとしたのは、滝ならではの展開でもありました。
窮地に追い込まれた滝の前に現れたHERO、それが仮面ライダー1号であったわけです。
仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風①
長い時の中で何をしていたのか、知る由もなかった仮面ライダー1号。
でも、その感覚はさらに研ぎ澄まされて滝の目の前に姿を現していました。
信じる者は救われる、ということだけでは足りないと思わせた仮面ライダー1号の口からは、滝に向けて滝が救われるような名セリフが飛び出しました。
「今夜は俺とお前でダブルライダーだからな。」

大コウモリ怪人の翼攻撃をかわして、放たれたライダーキックの前には大コウモリ怪人がバダン怪人に準じた存在とは思えないほどの強力さがありましたが、これも仮面ライダー1号の進化の具合だったかもしれません。
戦闘感覚はさらに研ぎ澄まされ、ニューヨーク摩天楼の中でサイクロンを駆り、戦う仮面ライダー1号はまさしく疾風のようでした。
最後の仕上げとして放たれた電光ライダーキックは、滝の意地と相まって最高の演出でしたし、昭和の仮面ライダー好きならば、唸るようなシーンでもありました。
大コウモリ怪人が倒されたこと自体は当然でしたけど、ここから仮面ライダーSpiritsの物語が始まっていきます。
その最初の演出としてはこれ以上ない物だったと思いますし、これが無かったらこの漫画をここまで読んでいなかったかもしれません。
仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風②
仮面ライダーSPIRITS~摩天楼の疾風③

仮面ライダーSPIRITS画集『改造人間』

新品価格
¥6,800から
(2017/8/5 23:46時点)



仮面ライダーSPIRITS超絶黙示録 (KCデラックス)

新品価格
¥4,942から
(2017/8/5 23:47時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダー新1号&新サイクロン号 セット

新品価格
¥7,998から
(2017/8/5 23:49時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ