HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

仮面ライダーX

仮面ライダーSpirits~機鎧(きかい)の海4

仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海
「機鎧(きかい)の海」

仮面ライダーSpiritsで描かれる物語の中で、貴重で重いキーパーソンの櫃である銀のドクロが初めて出てきたのは仮面ライダーX編でした。
スペインのとある港町を舞台とし、滝和也が初めてダブルライダー以外の仮面ライダーにあったのもこの話ですね。
仮面ライダーは皆、改造人間になることについては想いの根っこがいくつかありました。
仮面ライダー1号は信じていた科学者、仮面ライダー2号は自らの境遇、仮面ライダーV3は家族、ライダーマンは自らが裏切った組織の大幹部。
仮面ライダーXに至っては自らを改造人間とすることで命を救うことになった父親、そして敵組織に入り込んで殉職した恋人とその妹。
愛する者を失うことは数では測れませんが、仮面ライダーXは時を追うごとに犠牲者が増え、それが皆自分にとってはかけがえのない者だったという重みは、見方を変えれば恨みつらみはとにかく深かったということになるのかもしれません。
液体金属のようなもので精製されていた銀のドクロは、人の怨念や恨みをエサにして成り立って、その怨念や恨みも敢えて自分が姿を取り戻すかのように人に仕掛けていくことで自分の姿を形成したモノであることがこの物語では描かれていました。
バダン改造人間バラロイドは、そうした銀のドクロの想いを支えていたにすぎず、でもその支えこそがバダンが後に表舞台に出てくることの引き金になっていました。

液体金属のようなドクロの銀は、仮面ライダーXが銀のマスクの仮面ライダーであったことに呼応するかのような設定でしたけど、でも仮面ライダーXの恨みつらみは初の巨大幹部となったキングダークという銀の巨人にもあったということを合わせて考えると、頷けるところがほとんどでした。
仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海②
スペインのとある町の息子夫婦を失った老人に、神敬介は自分の父親をダブらせていたと同時にその老人の息子夫婦に恋人を思い浮かべさせられた気分だったかもしれません。
仕掛けられた罠に、恨みが積み重なりそこに後悔の念も重ねていったことで怨念になり、それはまるで写し鏡のようにバラロイドに利用されて銀のドクロに反映していきました。
だから、同じような境遇と自分が近寄った人の犠牲を防ぐためにも仮面ライダーXが密かに調査していた想いとその行動は、実に意味ある事でした。
銀のドクロは後にバダンのアマテラス復活の際に騒動を起こしていますが、その時も仮面ライダーXの行動があったことはこの時の戦いと無縁ではなかったんでしょうね。

「機鎧(きかい)の海」とはうまく名付けたものです。
初のメカニックライダーであり、深海開発用改造人間であった仮面ライダーXがようやく初お目見えしたのは銀の牛をライドルホイップで切り刻んだシーンでしたけど、まさしく秀逸でした。
銀のドクロの精製の意味を知った仮面ライダーXが、クルーザーを駆って海中からキングダークの顎を叩いて空中高く舞い上がり、Xキックを決めてバラロイド諸とも銀のドクロを破壊したシーンと合わせて、実に印象的でカッコいいシーンでしたね。
仮面ライダーSPIRITS~機鎧(きかい)の海③

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥11,965から
(2017/10/8 23:47時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥7,799から
(2017/10/8 23:47時点)



ソフビ魂 VOL.28 仮面ライダーX

新品価格
¥18,186から
(2017/10/8 23:49時点)



GOD改造人間第4号~メドウサ3

メドウサ⑥
「メドウサ」

ギリシア神話怪人が仮面ライダーX当初のコンセプトとすると、神話上神のような存在が意識されるところ、ゴルゴーン三姉妹の三女・メドゥーサがモチーフであったメドウサは、神というより神話上の怪物がモチーフのようでもありました。
幼い頃にも文献等で振れていたギリシア・ローマ神話上の神々・怪物の中で、特に怪物として想いに残っていたのがこのメドゥーサでした。
人の生き血をすすり、髪の毛は蛇、青銅の腕に黄金の翼、そして敵を石に変えてしまう第三の眼の瞬き。
それらが全て取り込まれていたGOD改造人間メドウサ。

得も言われぬ雰囲気を出すのが第三の眼であり、仮面ライダーX放映の当時か、その後だったかに「三つ目が通る」という漫画もありました。
神々にも人間にも眼は2つしかありません。
眼力というのは現実の世界にもありますけれど。特撮の世界でもこの眼力を有した怪人は存在感が如実に出たものでした。
だから余計に、普段は伏せられている第三の眼はその瞼が開けられると2つの眼の眼力を超えたところにある超能力を発揮しそうで、存在感共に恐怖感を与えるものでもありました。

GOD改造人間メドウサは、生き血をエネルギーとし蛇の毛髪は、その一本一本がメドウサの分身であり、しかも飛行能力があるのは結構見事な翼の為でしたけど、なんだかモチーフそのものの出来栄えのようでもありました。
メドウサ登場のきっかけはαガスという人を狂い死にさせる毒ガスダッシュの為でありましたけれど、目を瞑ってるだけでも相手の恐怖感を与えていた第三の眼がある限り、そういうきっかけがなくても強力怪人だったかもしれません。
相手に与える影響というのは戦う上でかなり重要な要素であり、それをもっていたメドウサは仮面ライダーXと戦う前にやることがあったような気がしてました。
モチーフと同様、メドウサの第三の眼相手を石化させる特殊光線を放つものでしたが、これほど強力で効果満点の武器がありながら、それを使うことなく仮面ライダーXのXキックを喰らって、瀕死の状態になってしまいました。
Xキックを喰らって瀕死の状態になりながら、ここにきてようやく使った第三の眼を使ったものの、祖rを交わされてしまうのは当然の状況でした。
宝の持ち腐れだったかもしれません。
せっかくの能力も、使いどころを誤ると能力的に高いものがあったとしても敗れ去ってしまう格好の例だたかもしれません。
Xキックで瀕死の状態になりながらも最後の攻勢をかけ、エネルギー切れで潰えたのはメドウサの能力が高かった証拠だったかもしれません。
メドウサ③
メドウサ④

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,180から
(2017/8/17 22:41時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220 NO. 32 仮面ライダーX 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥35,158から
(2017/8/17 22:42時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥11,369から
(2017/8/17 22:43時点)


Xキック~仮面ライダーX5

Xキック
Xキック①
「Xキック」

仮面ライダー初のメカニックライダーであった仮面ライダーX。
深海開発用改造人間=カイゾーグということでしたから、深海における水圧にも耐えられる強靭な身体は、それまでの仮面ライダーにはなかったものと思われます。
ロボットではなく、カイゾーグというアンドロイドでしたから、装甲的に優れながらそれをどう生かすのかというのが仮面ライダーXの大きなポイントだったと思います。
パワーがありながら柔軟性に欠けそうに思いがちなところ、ライドルという万能武器を携え、棒術に長けていたと頃を見ると、仮面ライダーXにはその柔軟性も多分にあったと思いますね。
その顕著なところが、ライドルスティックを使ったXキックでした。
思うにライドルスティックをその性能を生かして、十分に使い切ろうとした必殺技がXキックだったんじゃないかと思います。

仮面ライダーと言えば、必殺技はライダーキックでした。
念を込めてとにかく打ち込むライダーキックもあれば、バリエーションを多く含ませながら放つライダーキックもあり、どれも威力を上げよう、場面に応じた技にしようとしたものでした。
バリエーションを富むものとして昇華したのが仮面ライダーV3のキックでしたね。
仮面ライダーV3のキックはバリエーションに飛んでいたものの、基本のV3キックはその威力をどうにかしようという場面が見られませんでした。
一方、仮面ライダーXはまるで鉄棒を行う体操選手のように、空中で静止状態にあるライドルスティックを用いて回転を繰り返すことで身体に遠心力を持たせ、そのままキックを放つことで威力を発揮しようとしていたようでした。
多分、ライドルスティックの両持ち手には、電磁力が働き、大気中の電子と反発し合うことで空中静止状態を作っていたかと思いますが、この電磁力自体がライドルの最大の魅力を引き出していたと思います。
その電磁力はライドル自体にあったものと仮面ライダーXの身体に溜め込まれていたものと双方あって、Xキックを放とうとするとき、電磁力が倍化し、さらに最大限溜め込まれた遠心力と相まって威力を発揮していたものと考えられます。
Xキック②
Xキック③
Xキック④
Xキック⑤
Xキック⑥
仮面ライダーも仮面ライダーXまでくるとメカ的要素の技術的向上があって、仮面ライダー1号、2号、仮面ライダーV3では、コンバーターラングとエナージコンバーターとに分けられていた機能がすべてバックル内に小型化され組み込まれていたことからすると、仮面ライダーXが素直にらいらーキックを放とうとしても、それまでのライダーキックよりも威力がUPしていたと考えられ、そこにXキックでしたから尚更威力が上っていた者と思われます。
メカ的な技術が上がって制作されていた仮面ライダーが仮面ライダーXと言えど、Xキックを放とうとしていたのは仮面ライダーX自身なのですから、その想いが進化していた身体について行けたかどうかは、結構多くの戦いを経て時間が経ってからだと思いますね。
Xキック⑦
Xキック⑧
Xキック⑩
Xキック⑪

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥12,800から
(2017/8/13 22:16時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥17,700から
(2017/8/13 22:29時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥11,374から
(2017/8/13 22:30時点)


GOD改造人間第3号~ヘラクレス5

ヘラクレス②
「ヘラクレス」

ギリシア神話上、最大の英雄も、仮面ライダーXという番組では悪役改造人間でしたね。
見るからに怪力・剛力の持ち主で、ヘラクレスは円形の盾と懇望が良く似合っていました。
仮面ライダーXは今でこそメカニックライダーの走りとされていますが、深海開発用改造人間でとんでもない重圧にも耐えられる身体組織からも、仮面ライダー2号以来のパワー系仮面ライダーだったと思っていました。
その仮面ライダーXをも上回る怪力・剛力を見せていたヘラクレスは、非常に見応えある改造人間だったと思います。
面白かったのはヘラクレスのデザインでした。
「獅子の頭を兜として被る」というギリシア神話上言い伝えられた設定が生かされたデザインだったんでしょうけど、それは歴戦を戦い、ギリシア神話上英雄という名を欲しいままとしたヘラクレスの生き様が現れてもいるようでした。
この獅子とは人食いライオンのことで、その体皮は鋼鉄よりも硬いとされていたこともあって、ヘラクレスは怪力・剛力の改造人間であったということの他に、非常にタフであったということも言えそうです。
まさしく一つの表情に2つの顔があるような圧迫感は、そのまま存在感の強さになり、怪力・剛力の持ち主だということが表現されていたように思いますね。

ヘラクレスが登場した話は、展開的に陳腐なものでしたし、よくある仮面ライダーの話のようでしたけど、パワー系仮面ライダーが、新組織の怪力改造人間に苦戦し、それでも挑んでゆく展開は何度見ても見応えがあったものでした。
しかし、ここでヘラクレスが使っていた作戦は人質を取る、騙すなど仮面ライダーXをも凌駕する圧倒的なパワーを持ちながら、姑息な手段に終始してしまったからこそ、まだ戦歴の浅かった仮面ライダーXが対抗できていたものと思いますね。
ヘラクレス⑧
最後にヘラクレスは、Xキックに敗れ去ることとなりますが、でも簡単に敗れ去ることなく、よく見てみると2度Xキックを喰らっています。
1度目のXキックを喰らった後、その反動で仮面ライダーXの背後に移動したものの、その動きを見切られ2度目のXキックを決められます。
そこで息絶えることなく、ヘラクレスは「ヘラクレスの死に様を見よ!」と叫び、腰の短剣を引き抜いて仮面ライダーXに立ち向かい、交わされると同時に泡を吹き炎に包まれて、遂に最後の時を迎えていました。
ここのヘラクレスの非常なまでのタフさがあったと思うんですが、仮面ライダーの決め技ライダーキックを2度喰らっても爆死しなかった改造人間は、ヘラクレスの前にも後にもいなかったように思いますね。
ヘラクレス①

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥11,380から
(2017/6/14 20:07時点)



マスカーワールド限定 S.I.C. 仮面ライダーX  原作ver.

新品価格
¥9,800から
(2017/6/14 20:07時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥12,000から
(2017/6/14 20:08時点)


GOD改造人間第2号~パニック4

パニック②
「パニック」

今の時代でも、このパニックという言葉はよく使われます。
当たり前に陽につ、っていまけどこの言葉もギリシャ神話の神・パーンから来てることはよく知られていないかもしれません。
ギリシャ神話等の寓話などに興味があったり、宗教の根っこに少しでも興味があって掘り下げていくと辿りついたりするのですが、仮面ライダーXで神話怪人が起用されたことでギリシャ神話を見直し、そこで改めて発見ということもありました。

キリスト教の世界では、「羊」やそこに出てくる「羊飼い」は神と人間の関係性をあらわすキーワードとして多用されているようで、それは羊飼いの群れを監視する神として半獣神パーンという設定があり、その姿は上半身は人間、下半身は山羊の姿で山羊の角を持っているというユニークなものでした。
半獣神パーンは羊飼いとして常に笛を持っていて、その笛はフルートやパイプのようなものでしたけど、その一方パーンがテューポンという怪物に襲われた際、上半身が山羊、下半身が魚という理解不能の姿に変身して逃げたという話は、そのまま説明がし切れない混乱の象徴の様なもので、それを指してパニックということになったようです。
この話と要素の全てが仮面ライダーXの第2話で採用されていますが、これも自分の知らぬ間に改造人間=カイゾーグとなり、仮面ライダーXとして戦わなければならない状況がまだうまく呑み込めずに、うっかりするとパニック状態になりそうな主人公が、悲観的になりそうな心情をうっかりこぼしてしまったがために、頼るべき父親の存在を消してしまったことで人間ではないことに自信を持つという展開になっていきます。
ダブルライダーから仮面ライダーV3に至るまでは、時として人間でありながら人間でない改造人間の悲哀が語られることはありましたけど、ここにきて人間でないことについての自身を持つというエポックメイキング的な要素が織り込まれ、パニックという改造人間の登場はそれだけではない気の惹かれる面白い要素が盛り込まれていました。
パニック
ハーブの音色は人の心を惑わし、言葉巧みに心乱れた者たちを操ろうとしたパニックは、その笛であるハーブだけではなく、額の袖に生えた二本の角の根元からミサイルのようなものを発射することで戦闘力も保とうとしていました。
しかし、GOD改造人間のやることとしてはまだまだ規模的に小さく、ギリシャ神話の神々の要素は設定だけで印象的に小さいイメージがあったこともあって、クルーザーアタックで倒されて行ったことは痛快なことでもありました。
パニック③

S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥4,118から
(2017/4/24 22:40時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥10,920から
(2017/4/24 22:41時点)



ZIPPO 仮面ライダージッポーフェイス モノクロームバージョン 「仮面ライダーX」

新品価格
¥19,500から
(2017/4/24 22:42時点)


ライドルスティック~仮面ライダーX5

ライドルスティック⑤
「ライドルスティック」

仮面ライダーが武器をも持つ。
そんなことは考えたこともありませんでした。
超人でありHEROであるのが仮面ライダーであり、仮面ライダー自体が信じられなく位憧れたカッコいい武器であり、決め技自体でもありましたね。
様々なバリエーションがあったとは言え、ライダーキックは憧れまくった必殺技だったし、ライダーパンチはこれ以上ない喜びを引き出してくれましたからね。
今にして思うと、仮面ライダー自体がライダーキックやライダーパンチに象徴されるようにキレてカッコい生体兵器のようでしたから、仮面ライダーの体自体が結構な武器だったわけですね、
そんな仮面ライダーが手に武器を携えるなんて、多分誰も思いもしなかったと思うんですよ。

それでも時代は変身ブームからロボットアニメに移っていこうとした時代でしたから、仮面ライダーも何らかのあらしい機軸を打ち込まなければなりませんでした。
そんなところから仮面ライダーが武器を持つという発想になった者だと思います。
けれど、その武器は仮面ライダーより前面に出てはならず、あくまでも引き立て役でならなければならなかったはずです。

ライダーマンがアタッチメントという脱着式の武器を主武器にしていたことにヒントがあったようですが、このアタッチメントを身体から離してということでは機軸になり得ません。
仮面ライダーの身体の中心であったベルト、そこから引き出す形で武器を取ること自体は仮面ライダーを意識しながら武器で立ち回る姿に特徴が出て、かなり画期的だったと思います。
引き出した武器が仮面ライダーの人間体が会得していた武術、柔道、空手、剣道等を利したものだったから余計に馴染んでたように見えたし、とある説では仮面ライダーXの人間体は沖縄棒術の使い手であったと言われていたようですから、このライドルの登場は何とも言えない基軸になってたように思います。
取ってのところについていた4つのボタンのうち、「S」マークのボタンを押すことでライドルはライドルスティックに変形しますが、このライドルスティックでGOD戦闘工作員や怪人たちと経ちまわることが多かったところから、ライドル4種のうち、ライドルスティックを持った仮面ライダーXの姿が特に光って見えましたね。
ライドルスティック③
棒術の象徴の様なライドルスティックでの立ち回りは、打つ、突く、回すことで棒術を演じていました。
これは仮面ライダーX独特の動きを象徴したような動きだったわけですけど、ライドルスティックでの立ち回りは正に攻防一体の動きでした。
ライドル脳天割りは攻め。
ライドル風車(火炎返し)は防御。
ライドルバリアは攻防双方交えた特殊技。
何とも言えない味を出していましたね。

このライドルでの技は、仮面ライダーXの代名詞のような技・武器でありながら、仮面ライダーXの存在を打ち消すようなものではなく、あくまで仮面ライダーXあってのものだったところが最高の魅力でした。
身体から離して使う武器を携えた仮面ライダーは今の時代珍しくもなんともなくなってしまいましたが、これでは仮面ライダーが仮面ライダーとしての魅力を失わせることにもなり、この仮面ライダーXの時のライドルスティックのような在り方が最高だったと思いますね。
ライドルスティック⑥

RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥12,000から
(2017/4/7 23:03時点)



ZIPPO 仮面ライダージッポーフェイス モノクロームバージョン 「仮面ライダーX」

新品価格
¥19,500から
(2017/4/7 23:05時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,690から
(2017/4/7 23:06時点)



GOD改造人間第1号:ネプチューン4

ネプチューン①

「ネプチューン」

仮面ライダーは仮面ライダーV3までは、設定も物語にも連続性がありました。
仮面ライダー1号、2号が主人公であった時代から、その後継者たる仮面ライダーV3へ。
その時代が終わるとどうするのかと思いましたけど、主人公たる仮面ライダーの立ち位置に変化を持たせましたね。
仮面ライダーXは深海開発用改造人間・カイゾーグであり、水圧で足つぶされそうになる深海においても地上と変わらず能力が発揮できるというHEROでした。
こうした立ち位置の在り方の変化は、後の密林の仮面ライダーアマゾン、大空のスカイライダー、宇宙空間での仮面ライダースーパー1という具合に大きく影響を与えていきますから、仮面ライダーXの登場の仕方は大事なこととなりました。
深海開発用改造人間と言っても、深海において仮面ライダーXが存分に能力を発揮して活躍するシーンの演出はなかったのですが、海と関連付けられたせいか、仮面ライダーXが最初に対峙したGOD改造人間第1号のモチーフは、ギリシャ神話で言えばゼウスに次ぐNo2の大海の神であるポセイドン、ギリシャ神話の後追いのローマ神話ではネプチューンでしたね。
当たり前ですが、仮面ライダーX第1話でしたから、HERO登場の話で大半が占められ、間隙を縫うようにネプチューンが絡むという展開であり、それはかのショッカーやゲルショッカー、デストロンという暗黒結社であった悪の組織が明るくなった感じのところ、新たな組織GODの存在はそれ以上に暗黒結社であることを印象づけることとなって、効果的ではありました。
大海に泳ぎ、潜りながら相手に迫って溶解液を吐き散らし、目的を次々に遂げようとするネプチューンの行動は、ローマ神話の神がモチーフでありながら、いかにも仮面ライダーという物語の怪人らしいところでしたね。
三叉の矛は、ギリシャ神話のポセイドンも攻撃時に持っていて使いまわしていたということもあり、神話上ネプチューンの存在はポセイドンと同等のようなものでしたから、如何にも神話怪人第1号らしく、いい味を出すことに一役買っていたように思いますね。
ネプチューン⑤

ギリシャ神話やローマ神話の神々を改造人間という怪人のもちーふにするなんて、どういう具合に考えたんでしょうね。
動植物の一つ、二つ、動植物と機械、そして単一動植物へ、ときた怪人の流れは、いきなり神々へ転化しました。
仮面ライダーの立ち位置と同時に怪人のモチーフも転化が図られたわけですが、これほど面白い転化はなかったと思います。
ただ、企画立案した人たちの研究心が浅はかで極端に言えば思いつきが若干広がった感じがあったのものですから、そのモチーフは生かし切れず、神話怪人の話自体が途中半端で終わってしまったこと自体は残念でした。
その分、GOD改造人間ネプチューンの登場は、登場シーンが少なかった割には印象的で、当時の仮面ライダーXという新しいHEROの導入部分として思う時、非常に意味が濃かったと思います。
ネプチューン②

メディコムトイ 東映レトロソフビコレクション ネプチューン

新品価格
¥19,000から
(2017/3/1 22:12時点)



S.H.Figuarts 仮面ライダーX & クルーザーセット

新品価格
¥13,449から
(2017/3/1 22:12時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダーX (リニューアル版) 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥12,987から
(2017/3/1 22:13時点)


プロフィール










現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

ギャラリー
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • ウルトラ怪獣第5号:帰ってきたウルトラマン~デットン
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • デストロン改造人間第5号~マシンガンスネーク
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
  • ウルトラ怪獣第5号:ウルトラセブン~ゴドラ星人
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ