HEROブログ~憧れた風と光の戦士たち

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

変身

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

セタップ~仮面ライダーX5

セタップ
セタップ①
セタップ②
セタップ③
セタップ④
「セタップ」

仮面ライダーは目かを肉体に内蔵させて融合した改造人間でした。
人間体から仮面ライダーへと姿を変えていくには、自らの意思で体内メカを起動させる必要があったわけです。
仮面ライダー旧1号はベルトのタイフーンに風を受けなければいけないという受動的変身でしたけど、仮面ライダー旧2号から、今にして思えばやっと能動的変身が可能となったわけです。
いわゆる変身スイッチを入れるため、流れるような一定のポーズをとったわけですが、これがスゴク受けたわけで、仮面ライダーと言えば変身という構図はこの時出来上がりました。
大きなブームもあったことから仮面ライダーの代名詞のようになりましたけど、メカ内蔵の改造人間が本来の姿を現すわけですから、当然と言えば当然のことで、これがなければ面白くなかったかもしれないと思うと、とても貴重なことでした。
仮面ライダー旧2号から再登場を果たした仮面ライダー新1号へ変身ポーズは受け継がれ、その仮面ライダー2号と仮面ライダー1号の変身ポーズを併せ持った仮面ライダーV3の登場は、やっぱり仮面ライダーと言えば変身だよなと思わせたものです。
その後に登場した仮面ライダーXはその変身ポーズが非常に斬新的なものでした。
仮面ライダー1号のような変身ポーズの構えから、メカが前面に出てきて、それを利用した変身プロセスでしたけど、これがセタップ(Set Up)でしたね。
仮面ライダーXがメカニックライダーの走りと言われる所以はここにあったはずです。
セタップ⑤
セタップ⑥
セタップ⑦
1.一定のポーズ及び「セタップ(Set up)」のかけ声と共に、首から下に専用スーツとベルトが出現する。
2.続いてベルトの左腰に取り付けられたレッドアイザーを右手に、右腰に取り付けられたパーフェクターを左手に両腕を交差してした掲げ、レッドアイザーを頭部正面に構える。
3.レッドアイザーが変化してXマスクが出現し、顔に半分ずつ自動装着される。
4.パーフェクターを口に装着することによって体内メカが起動し変身完了。
変身直後にライドルホイップで「X」の字を描きながら「Xライダー」と名乗る。

以上が変身完了までの流れですけど、1の一定のポーズで首から下の変身はあっという間に完了し、問題は頭部変換でした。
この胴体部分の腰のあたりには、仮面ライダーXのエネルギー源である風力・水力を取り込むための風車があるベルトが取り付けられていますが、仮面ライダーXはいわゆるハイブリットライダーの走りでもあったので、この一定のポーズは大事だったわけです。
レッドアイザーが頭部に装着された段階で仮面ライダーXは太陽光エネルギーをマスク部分から取り入れ可能となるわけですが、ベルトから取り入れられる風力・水力エネルギーとマスク部分から取り入れられる太陽光エネルギーが融合されなければ、仮面ライダーXは斬新なメカニックライダー、ハイブリットライダーになり得ません。
この複数のエネルギーを融合させるためにパーフェクターが最後に口の部分にドッキングされるわけです。

このドッキングによってハイブリットエネルギーが生み出され、仮面ライダーXの体内を駆け巡るわけです。

昭和の仮面ライダーの中では道具を使った変身をしたのは仮面ライダーXとライダーマンだけでした。
純粋な仮面ライダーではなかったライダーマンは、肉体の一部改造と強化スーツでライダーマンになっていくことを思うと例外のような気がします。
その他の仮面ライダーは変身ポーズのみで変わっていったわけですから、仮面ライダーXの前半におけるこのセタップ(Set Up)は非常に斬新で印象的でした。
セタップ⑧
セタップ⑨
セタップ⑪
セタップ⑫
セタップ⑬



変身!~仮面ライダー2号5

変身
変身①
変身②
変身③
ウルトラマンも人間体から光の戦士へと変身してましたけど、「変身」とは言わなかったこともあって変わってHEROとして登場すること自体は話題になりましたけど、ブームというわけでもありませんでした。
昭和40年代に起こった変身の大ブームは、仮面ライダー2号の登場によってもたらされ、仮面ライダーと言えば変身というコンセプトは現在に至るまで続いています。
仮面ライダー旧1号は、ベルトのタイフーンに風を受けることでHEROに変わっていったのですが、そこには多分変身という明確な概念はなかったと思います。
仮面ライダー旧1号の人間体である本郷猛役の俳優が、番組中にバイク事故を起こして急遽仮面ライダー2号搭乗が余儀なくされ、紆余曲折を経てようやく仮面ライダー2号の人間体である一文字隼人役演じる俳優が決まったものの、その俳優が実はバイク免許を持っていなかったことによる苦肉の策が変身ポーズを生んでいました。
当初は仮面ライダー2号もバイクに乗りながら変身という仮面ライダー1号と同様の変化を考えられていたものの、免許を持たないことは後になって判明したため、能動的変身というショッキングな展開がなされたものです。
一文字隼人を演じた俳優さんは、風邪を受けての変化というある種受け身で変わっていくのを嫌い、自らが自らの意思で変わっていくということを望んだため、技闘を担当した方を中心にスタッフが必死にそのポーズを考案したそうで、大ヒット番組「柔道一直線」の影響が多分にあったそうです。
仮面ライダー大ブームは、仮面ライダー2号の登場によりもたらされたものですが、この変身という概念が変身ポーズの考案と導入によりもたらされたことは、今にして思えば大変なインパクトがありました。

この頃は既に仮面ライダーをリアルタイムで見てましたけど、全身黒っぽい仮面ライダー1号どころかその人間体であった本郷猛が番組の中で見られなくなり、そこに正体不明の一文字隼人が出てきて、ニヒルに気合いが入った状態で変身ポーズを取った時は、何が起こっているのか分からずに見ていました。
なんか、むちゃくちゃカッコいいと感じたのは自分だけではないことは、翌日学校に行った時点で分かりましたね。
仮面ライダー1号、2号の登場の頃は、メディア的に貧相な時代でしたし、今のように何がどうなのか分からないほどの情報は得られない時代でしたから、大きなインパクトになったことは当然でしたけど、スタッフサイドでは産みの苦しみは多分にあったでしょうね。
変身④
変身⑤
変身⑥
右に向けて水平にそろえた両腕を体の前で反転させ、体の左側で力こぶを作るように立てるというのが仮面ライダー2号の変身でしたが、初めての変身ポーズをとる時、一文字隼人役の俳優さんは手順を誤ってしまい最初にベルトのタイフーンを露出させてから両腕を右に向けて・・・というところ、ベルトの露出を忘れて変身ポーズに入ってしまい、両腕を右に向けて水平にそろえた両腕を体の前で反転させる途中でベルトを露出させてから両腕を体の左側に落としていく具合となってしまい、これは気合が入り過ぎたための誤りでしたが、放送ではそのまま放映されることとなり、それが余計にインパクトを引き出したようです。
仮面ライダー旧1号にはなかったシャッターがタイフーンの中で開くというのもインパクトがあり、そこでジャンプして風邪を受けることで風力エネルギーを蓄えるということで返信していきましたね。
何故か、この仮面ライダー2号の変身ポーズの後に仮面ライダー1号の変身ポーズが出てきたのですが、後の仮面ライダーはほとんど仮面ライダー1号の変身ポーズが踏襲されていました。
でも、この独特だった仮面ライダー2号の変身ポーズは大好きで、よく真似して遊んだものです。
変身ポーズは、子供にとって単純であった方が真似しやすいことも、大ブームを轢いだす大きな要因になっていたようにも思われます。

仮面ライダーはメカ内蔵の改造人間でしたから、変身ポーズをとることは体内のスイッチを入れることおになり、「変身!」と叫ぶのは脳改造を施されていない改造人間が仮面ライダーでしたから精神統一を図るための一つの雄たけびみたいなものだったんでしょうね。
様々な要素と思考を取り込みつつ、この変身ポーズはすべての始まりであり、大ブームが巻き起こったのも今にして思えば、必然だったかもしれません。
何故なら、この変身ポーズ導入は強いHERO像を我々に与えてくれたのですから。
変身⑦
変身⑧
変身⑨
変身⑩
変身⑫

RAH220 No.42 一文字隼人 (仮面ライダー旧2号)

新品価格
¥14,500から
(2017/3/19 23:25時点)



RAH リアルアクションヒーローズ 220DX 仮面ライダー旧2号 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥10,980から
(2017/3/19 23:26時点)



RAH リアルアクションヒーローズ DX 仮面ライダー新2号(Ver.2.5)『仮面ライダー』1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

新品価格
¥17,300から
(2017/3/19 23:26時点)


プロフィール

モン太











現在の閲覧者数:



にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


エンターテインメントランキングへ

Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4 <完>

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

タグクラウド
ギャラリー
  • ネオショッカー改造人間第18号~オオカミジン
  • ネオショッカー改造人間第18号~オオカミジン
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンレオ~ボーズ星人
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンレオ~ボーズ星人
  • ブラックサタン改造人間第18号~奇械人電気エイ
  • ブラックサタン改造人間第18号~奇械人電気エイ
  • ブラックサタン改造人間第18号~奇械人電気エイ
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンタロウ~ケムジラ
  • ウルトラ怪獣第18号:ウルトラマンタロウ~ケムジラ
最新コメント
最新トラックバック
Amazonライブリンク
記事検索
  • ライブドアブログ